夢魔の道具屋
夢魔の道具屋[ブラックウィング] :DMMでも配信中

最近、体験版の無いゲームがちょっと増えてる感じで、中には気になるのも幾つかあります。
特に本作、火照った肌がやらしそうなサキュバス・経営SLG・ギャンブル…!?
と揃えば、もうドリームは膨らむもの。
どんなものかと、さっそくやってみました…!

サキュバスが道具屋を運営…負かしたライバル店とは言葉バトル!?




サキュバスたる主人公は、勇者に片想い。
しかし肝心の勇者様は、どうも幼馴染の道具屋に気があるみたい…
ここで乙女心は「自分がNo1の道具屋になれば、振り向いて貰える!」と暴走、あらぬ方向へ向かったのでした…。



という訳で、ゲームスタート。
初めに「撃破対象」を決め(No1になる=他の道具屋を蹴落とす事なのだ!)
これにより、”◯◯日以内に””◯◯ゴールドを貯める”といった条件が確定。

全てのライバル店を倒すまで、撃破し続ける事となります。



道具屋の経営はおおまかに三つのフェイズに分かれています。
まず商品を売ること。
これは前もって、手持ちの道具をお店の棚に並べ(一つの棚に置けるのは、対応した2~3種のアイテムのうち一つだけ。人気度や単価でどれを置くか悩んだり)
準備OKとなったら、お店をオープン…

 空の棚の前に行った客は、残念がる… 序盤はクズ道具でもいいので、とにかく棚を埋めるようにしよう

するとわらわらと客がやってきて、勝手に商品を買っていきます。
ここは勝手に時間が流れるので、お金がばんばん増えていくのをぼーっと眺めてれば良いですが、時間経過で「客入りUP」スキル、アイテム消費の「時間延長」でちょっと干渉するのもアリ。

町の人と話したりすると、仕入先はどんどん増えていきます

売れた商品は減ってしまう。
そこで「仕入れ」の出番。
とは言っても難しい事はなく、仕入れ先を指定、日数経過の後に購入メニューが開く…、という塩梅。
なるべく人気が高くて単価の良い商品を選んだり、まとめ買いを…と考えたり。
(ちなみに撃破条件はトータルの売上ではなく、”現在所持のお金”なので、仕入れにお金を使いすぎると、一時的に目標が遠ざかるのに注意)



しかし「仕入れ」は毎朝しか出来ず、仕入れ先が遠いと結構な日数が掛かってしまう…
という時に、ギャンブル場が有効。
ここの「ガチャ」は店に陳列できるアイテムがランダムで手に入るので、レアなのだったり、まあハズレだったり…
なかなかの気分転換と、地味な効率UPに。

心理戦がそのまま距離関係になってるぞ、敵を選択肢で追い込んで落すのだ!

それらを繰り返し見事、条件を達成すれば、"ライバル店との交渉"に入ります。
これは撃破した相手が持つ「お宝」を、主人公はどうしても欲しい…のですが、しかし競争に負けた店主は、意地になっている。
それをなんとか譲るよう、説得するフェイズ。

選択肢で揺さぶりをかけ、どれだけ有利に立ったかで金額が決まるので、頑張りどころです。
(最高に上手く行くと無償。そうなると次の撃破の条件もラクに達成できる…)

片想いサキュバスはなかなかHで良いですね…

以上が一通りの流れ。
ターゲットが自動に決まるのではなく、自分で選べたり(普通は難易度順に選ぶでしょうが、それでも)
気分転換のカジノがそのまま店の役に立つ、”ただ勝つだけじゃなくその後の交渉がある”とか、なかなかSLG的なケレン味を感じましたね…。

絵は見た目通り、かなりの良い出来


Hシーンは約15。
発生条件は、一定ごとの日数経過と、ライバル店に勝利した時の2パターンのみ。
要は普通に経営してれば発生するので、やや”ご褒美エロ的”な感じもした。
(サキュバスである事は、特にお店の経営には活かされないのだった…。カジノで破産、他の子のエロとかも無し)



勇者を想い人に決めたものの、サキュバスの性として精液供給が必要なので、渋々同じ魔族に抱いて貰う、というシチュ。
3分の2くらいのシーンは異種姦となっており、敵モンスターもけっこう濃いめです。

テキストもやや短めですが(地の文がなく、短いセリフのみなので、ちょっと高まっていく感じがしないかな…)
CGのクオリティがかなり良い感じ。
嫌がりながらも汚い精液をたっぷり出される…というテイストが良し。

いかにもエロゲ的なラストのオチも含め、なかなかエロい出来となっていました。

体験版無しで、警戒していたけど…


3時間ほどのプレイでクリア。
体験版が無いので少なからず警戒していたのですが、まぁまぁ面白かった。
特に絵は、かなり良い仕事をしておられる。

結構厚めの塗りなんですが、Hシーン、立ち絵ともに差分が多くて割と驚き。

SLGの難易度はかなり甘めで、売上を伸ばすために特に悩む所もなく、敵の妨害とかのマイナス要素も無し。
一度感覚を掴んでしまえば、あとはまあ適当にやっても苦労しないと思う。(というか、ちょっと情報を一覧しにくくもあって、適当になりがち…)
さっくりSLGして、エロ見るには良いかなと。

ただその緩さゆえ、クリアする頃にはちょっとマンネリ感が出ちゃってたかな…。

うーん、交渉フェイズはむしろ吸収・合併の条件を話し合うとかって名目で、後に行くに従って複数店舗経営・自社製品の開発とかなってゲームテンポが変わっていったらどうだろ…みたいに妄想しますが、まあさすがにちょっと難しいか。
成否の影響範囲が大きいほど面白いとは思う…



ツクール的にちょっとぎこちない処理が目立つ所もあり。
商品を陳列する時に、セットできる品がある棚は光らせる、
他の棚に既にセットしてある商品は、選択肢の文字色を変える…みたいな細かい気配りで、もうちょい一覧性が上がった気もする。
あとは開店時の時間経過も、3倍速とか欲しいだろうね…