サボテンの分派であり、過去作を見ると[欲情勇者エリナの大冒険]は戦闘中のエロやおしっこメーター、[マジカルチェンジアリス]は主人公カスタマイズなど、実はなかなかエロ方向に意欲的なシステムを盛り込んでいるサークルさん。

そして今作は、サボテン系初の? 女主人公、寝取られのRPG。
なかなか良いタイミングで出すなあ…とさっそく予告版をやってみました。

人気寝取られシステムを踏襲しつつ、さらに充実




一言で言えば、”借金返済のために色んなバイトをしよう”という形式。
初めから町の色んな所へ行けるので、人に話しかけたり、お店の入り口を調べたりすると条件が提示され、満たしてればバイト開始。
そして色んなセクハラを受ける事になる…と。

バイトを受けよう(ちょっと分かりにくい…)

NTRとしては毎回一日の終わりに、想い人たる兄のパートがあって”今日の出来事”を報告したり、Hしたり。
つまりは[To H…]をかなり意識してるシステムと言えますが、
本家でも割とおざなりだった、OPで想い人との関係を割と描く、出来事を報告した時の会話パターンの多さや、マップチップもちゃんとしてたり(ラブホテルとかの空気感、大事ですからね…)更に充実させてる、と言えるかも。

初めが”お兄ちゃんとセックスしちゃった”から始まる「日記」。これが少しずつ綴られていくのは、寝取られとして良スパイス。

あとは主人公の「罪悪感」「欲求度」といった増減も一目瞭然で、淫乱度しかり、”やっぱ罪悪感が高いと、兄とのHもおざなりになったり、食事の用意もコンビニ弁当になるのだろうか…”とか想像させる所があり、こういうのは大事かなと。

宿題をやってあげるバイトを忘れて報復され… 乳踏み! いいとこ突いてくる?

反面、要は罪悪か欲求度を上げて、あとは曜日か衣装かくらいの条件チェックで、エロイベントを見ていくゲーム…という作業感もありそうかも。

そもそも本編のルーティンに入ると
「兄、無職なのに飯作られるまで待ってる(そもそも借金作ったのはコイツだし)」
「兄、いくら日にちが経ってもぜんぜん就職活動が成功する気配なし(そもそもバイトしながら就職活動すれば良いのでは…)」
とかが不満になってきて、まあそりゃ寝取られても仕方ないよなぁという自業自得感が…。

 

まぁそういう所も必要と言えば必要なのでしょうが、(マヌケ分の)割合多すぎでは、背徳としてはどうなんだろうとか、
複数イベントを並行的に見ていく形式上、特定の寝取り男のいやらしさ、しつこさが薄いのはどうだろ…とも思ったり。
(あとNTR、女と寝取り男と寝取られ男…で関係が終わりがちですが、意外に第三者の立ち位置も大事なのかも。
心配する女友達とか、寝取り男のヤリチンぶりを知ってる男とか、寝取り男の協力者とか…。
そういう所から関係が広がったり繋がったりするのも、エロイベント見ていく系としては、楽しみになるだろうなあと。
「お兄ちゃんの友達の家」とかもあったので、製品版ではどうなるか分かりませんが…)



ただ責め手が、家庭教師で面倒を見るショタ、介護のじじい、キモオタ…辺りの、性欲持て余しメンツは予想してましたが、”ダンディな喫茶店のマスター”って変化球にはちょっと驚き(主人公もちょっとトキメいてる描写あり)
バラエティとイベント数に富むってのはありそう(CG共通&差分はちょっと多いけど)

隙あらば”お兄ちゃんの触り方と、全然違う…”みたいな比較を抑えたテキストに、やたら感じやすい主人公もシコリやすいと言えばやすい。
駅の出入口には矢印、店の看板は光ってる…とかで、ほとんど詰まったり、取りこぼし無さそうのも嬉しいと思う。

着せ替え、衣装チェンジもあるよ

同じ箇所でも繰り返し足を運べばどんどん発展していき、そして罪悪度が落ちたり、お金で衣装買えるようになったりで、次のイベント条件も満たされていくと。

なんだかんだ次々とエロを見ていくのは楽しめるだろうし、「産婦人科」もある事から、やはり脅されっぷり、犯されっぷりのエスカレートにも拍車が掛かりそうでした。
(最終的に自宅で、兄に見せつけSEXとかあったら燃えますね…)