(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[Sexy GIRLS HUNT]
妖艶なお姉さん達がいかにもBFを誘ってるように見えますが、ツクール形式ではない、オリジナル度高いRPG。
マウス操作で、ざっくり言えばFLASH製のRPGとかそんな感じかな。

戦闘でぬるぬる動くのも、プログラム作品の賜物かなあ…と。
ただ要は戦闘、マウスオンでスフィア取っていくだけでエロが進行するので、そんなに駆け引きは無い?(事前のアイテムとかが大事?)

[MoCon]
淫乱になっちゃった魔女見習い。中出しを誘い、出産しまくるんだ! というミニRPG。
即触手や異種姦プレイを楽しめるみたい。
体験版の時点でエロさの煽りが上手いという…
(1作めの主人公に、2作めの苗床エッセンスを混ぜた…という感じも)

しかしこうして見ると、ドットのキャッチーさってホント凄いな…と思う。
3Dに比べると十数年以上前の方法にも限らず、見た目的には勝ってる部分も多々あり。温故知新的な…。
できれば出産エロとかもイラストじゃなく、ドットが良かったかな…

暇だからゲームでもするかさんが書いています:
http://hima-game.com/archives/68402781.html

[天堂院姫乃の、その日限りの事件簿]
学園探偵よろしく、校内で起きた自殺の謎を追う…というRPGで、地味ぽく見えちゃいますが、実は立ち絵・歩行グラがかなり可愛かったり、証拠アイテムを集め、提示して追い詰める戦闘とか、丁寧に作られてる感じで良いと思う。
(少なくとも、理不尽なフラグを求めて、あっちこっちウロウロ…って感じでは無い)

けっきょく最後はエロ頼みになるのはお約束ですがw
仕方なしのエロにお嬢様がなんだかんだエッチになっていく、というのも嬉しいものですよ。

[田舎でふぁっく -田舎の生娘とかを超能力でやりたい放題-]
表紙から過去作のCG集と似た感じで見落としがちでしたが、これもRPG形式。
と言っても町をうろついてターゲットに声を掛け、催淫で即ヤリ…というほとんどADV風ですが。

エロ描写はかなり濃厚で、乳なぶりからフェラ、本番でイカせまくる…を気前良くCG変化で追って、SEとかもエロさを出してるなと…
「体験版で既にシコれる」ってのは強いかも知れない。
なるほどこういうエロを描くサークルなのね、とRPGから入る人も割と居るのかな…と。

[エルフクライシス〜エルフの姫巫女の大冒険〜]
ヨガチカ系サークルだけど正直、制作能力上がってるな…と思った。
ARPGってあんがい冒険したくなる世界観の提示が大事かもと思っていて、のっけからCG集[負け戦]シリーズのような、エルフの里に豚野郎が侵略してきて輪姦まつり、その中で救おうと立ち回る主人公…とワンテンポを挟んだのが上手い。
(結局は敵わず、まずは精霊の力を集めよう…という普通の冒険になるにしても、掴みとして大事)

あと宝箱を開けるのに決定キーじゃなく、攻撃して開ける…としたのも、案外大事なトコかも知れない。
ARPGシステムとしては[みだら忍法帖 さくら 〜隠密仕事人〜]とかみたいな感じ(同じスクリプト素材)

[美人警察]
なにげに珍しい、婦警さんのエロACT。
これはDQNに負けて犯されちゃう…みたいなシチュがそそる訳です。

ステージ中のやけにぬるぬるしたアニメも良い…ですが、同じくらいの労力をエロドットにも欲しかった気がする(犯されながらのセリフや、犯されるパターン数とか…? フェチ的には犯された後の脅迫とかあると興奮)
あと一面からして、空中から飛来してくるカラス、坂を下ってくる犬(無視してふり切っても追ってきて、大量に溜まる)
ボスは球を弾き返して当てる…
って倒しにくさは、けっこう玄人向けぽい手触り。

たぶんエロACTに手を出す人は、割と豪快・爽快というのを期待してる気がする…。
普通に拳銃ばんばん・警棒でバキバキって物が見たかったかな、とも。(掴まれて武器を取り上げられると、めっちゃ弱くなる…、なんとか落ちてる警棒を拾い直さないと犯されてしまう…とか [モモコ百烈拳]ぽくもあるか)
2面以降はわからないけど。

[まん○はち○こに勝てない]
子鹿のように覚束ない足取りの主人公を操作し、逃げる水着姿の女性を捕まえよう…。
主人公の操作は、車を走らせる要領に同じく。←→で向き調整し、↑で前に進ませる…(行き過ぎると旋回して戻らないといけない)
バックエンドで小さめに繰り返される罵倒音声、ほぼゾンビ扱いな追跡者(何百人単位にするとカオス)
シュールな感じですが、Unity・リアルタイム3Dを活かした、女の子のリアルな逃げ方、モーションの臨場感は素晴らしい。

操作的にもタックルだけキーがぽつんと離れてるのが面白くて、何とか追いつき、いざ押し倒すぞ、って肝心な時にちょっと手元を確認しなきゃいけないという。
その結果、タッチの差でかわされ、ブザマに地面にダイブ…となるもどかしさが、逆に興奮を呼ぶ。

押し倒してからは容赦なく膣でちんぽを擦れば良いみたいですが、体験版の時間制限では大体そこでタイムアップ。
ついJoytoKeyか何かでゲームパッドに割り振れば簡単になるかな…と画策させる、ハマるものがあり。

[玩具女教師]
過去作[パラレルファンタジーIF]の主人公(アティ先生)の、スピンオフ的な作品。
テキスト量といい、シーンを選んで見るだけのスタイルといい、ほとんどADVチックな寝取られ劇場。
それに合わせて前作[淫禍の大太刀]を半額にしたり、本艦のパラレルファンタジーIF自体もアップデートでバージョン表記がまだまだ上がり続けてたり、なかなか継続するプロジェクトとして上手いですね…

[サクリファイスボディー〜古代迷宮に封じられた禁断の肉体改造秘術〜]
トラップにハメる過去作[堕淫発情迷宮〜試される光と闇の女騎士ふたり〜]とかと違い、純然なADV…ですが、
僧侶・騎士・魔法使いの仲の悪い3人がダンジョンの罠にどう対処するか、ゲームブック風に選択肢を求められる、(大体ケンカして)失敗すると肉体変異、いやらしい大きさのお胸になったりするぞ…と。
ADVとして進めていくなかで”立ち絵がじょじょに変化していく”…というゲーム感覚も嬉しい。

昔から肉体変異モノをやってるだけあり、冒頭に複乳・脱肛・フィストで膣内の鍵を取り出すんだ、みたいな完全堕ちした犠牲者を見せて「自分たちもこうなるのか…」みたいな淫靡な空気にするのも良い煽りです。

最近やってることを一言で




うおー、俺は何をやってるんだー

メルマガだと毎週、もっと詳しく書いてます。