[Bullet requiem -バレットレクイエム-]とかでも思ったのですが、アニメと言えば乳ですね。
乳が揺れ動く…乳動きをアニメでトレースする…、それだけでも何か心洗われる物があります。
油断するとぽよんぽよん弾むGIFをずーーっと眺めてるから困る。

という訳で、体験版をやったら存外に(乳アニメに)惹かれてしまい、やろうと思っていた本作をプレイしてみました。

人知れず3日間に渡る睡眠姦…。生意気おっぱいにキモオタ兄さんの怒りが炸裂する…!


 

主人公の家へ数日間、居候することになった着衣巨乳っぱいの女の子。(息遣いで大きく上下にアニメ)
しかしこれが曲者で、主人公の母親には愛想よく、裏でキモオタニートの主人公を徹底的に罵倒してくる…という悪い子だったのです。

怒り心頭の主人公が、かつて手に入れた睡眠薬の存在を思い出し…レッツ睡眠姦、となるまでそう時間は掛かりませんでした。

主人公の性欲が上がる選択肢=視姦なので、プレイヤー的にもムラムラを募らせつつ…

流れとしては、昼のADVパート→夜の犯しパートと3日間に渡って繰り返し、じょじょに過激なプレイが可能になっていきます。

小編ながらもゲームぽさを与えているのは、昼のADVパートの選択肢などにより「性欲ゲージ」が上下、夜に選べるプレイが決まる、という事。
例えば2日めでは「パイズリ」と「挿入」が可能になりますが、性欲ゲージが100%近くないと「挿入」が選べません。
逆にパイズリに必要なのは大体70%くらい、それより下でも上でもダメ…とちょっと調整に苦労します。
しかも性欲を溜めすぎると、今度は「いよいよ挿入かとちんぽを取り出した時に、ズボンにこすれた刺激で自爆」というみっとも無い事態に。



エロプレイは全部で8つ(うち3つは、顔射か口かといった差分)
2日めで見事中出しを決めれれば最終日にスク水プレイも可能になり、おまけのがっつり犯し(更にエロシーン2つ)へも繋げれる…という仕組み。
とはいえコツを掴めばコンプもそれ程難しくなく、ほどほどのプレイ感を味わいつつ、エロが堪能できます。

抵抗できない女の子を好き放題する睡姦度高し。あと着衣っぱい


エロシーンとしては睡眠姦の色がかなり強い。
体験版で見た時、キモオタたる主人公が画面に映っていてイラッとしてましたが(他のシーンでも本番では覆いかぶさり、顔にまたがって無理矢理イラマさせる時も、ケツの主張が強い)
これらは全て”ツンツンしてる生意気巨乳が、キモオタ主人公に抵抗できず犯されている”という睡眠姦のためかなと。

恐らく3日間に日を分けたのも、”今は理不尽に罵倒してるクソ女だけど、昨晩はあんなにズボズボ中出しされてたんだよなあ…(ニヤニヤ)”という気持ちを煽るため。

横から見てもすさまじいオッパイである

アニメをウリにした作品には割とテキストが寂しい物がありますが、本作はそれなりに多いのも良い。
主人公が興奮してくると
「妊娠! 妊娠! 種付け!」「ママにしてやるからな! 産経婦にしてやるからな!」
というキモオタ特有の身勝手さが炸裂し、いよいよ一方的な睡眠姦である、という事を煽ってくれます。

おっぱい的にもかなり大きさを主張しててグーですが、一点注意なのは、着衣で犯すシーンがほとんどな点。
「着衣越しのおっぱい揺れに美しさがある」という自分のような者は良いですが、乳首を吸ったりイジったり…は期待しない方がいいかと。
乳房の大きさアピールであって、乳首込みの責めプレイではないんですね(フェチな差である…)

犯されながら、苦しそうに喘ぐボイスもあり

アニメもコマ数は少なめですが、丁寧に動かしてると思いました。
(スク水の後背位でひしゃげる乳をアピールしつつ、それだと顔が見えないので、カットインを挟んで見せてくれるとか、心配り)

価格的にも、好みの嗜好でさくりと一シコリしたい時に、相応しい内容だと思いました。