Ethereal LegioN
Ethereal LegioN[酸遁]

サークルさんの初作、[BARRAGE!]はやや粗い感じがするものの、”道中、犯されている女性隊員を助ける””助けた隊員と一緒に進む!”
という所がエロくも面白さある感じで、フェチな層にヒット。

さて第二弾の本作は…更にACT+NPCという解釈が大胆に進められていたのです…!
という訳で予告版をプレイです。

NPCをたくさん召喚して進む、横ACT




よっしゃ横エロACT…と進んだら即ヤラれ、初めは面喰らいましたが、つまりはこれ、「どのように戦力を投入するか」というゲームなのですね。

事前に2スロットに妖精をセットしておいて、MPの続く限り投入。
(同じ妖精を何体も出現させるのもアリ)
予告の範囲だと巨大な岩系の妖精を盾にし、その後ろに炎の遠距離部隊を配置する…とかそんな感じ。

 ボス戦もあるよ 不用意に近づくと…あーあ…

MPは敵を倒したり、アイテムで僅かばかり回復…という塩梅なので、なかなかリカバリーが効かず、戦力の割り振り方でかなり違ってきそう。

いわばRTS風とも言えますが、敵の群れとの距離感ひとつでかなり変わってくるので、主人公の補助的な攻撃で相手をふっ飛ばしたり、積極的に動いたりも重要、という辺りがまさにアクション。

 小さいドットながら、たぷたぷ胸が動いてあんがい雰囲気出てます

エロ箇所としては、主人公自体は激弱なため、ダメージが蓄積すると脱衣、さらに全裸状態で敵に接触されると、虫等にへこへこと犯されて、汚液をぶち撒けられてしまう。
そのままHP0まで削られると、ステージごとの敗北CGと。

ドット自体は小さめなんですが、ステージ1からかなり敵種が多くて、これはアニメ数に期待が持てるかな、と思いました。

メニューの遷移はちょっとわかりづらいかも…

そしてステージ中で敵が落とす宝石を集めると、メニューで新しい妖精・ギャラリーの購入が可能に。
新しい妖精が増えれば当然戦略が広がりますし、これは嬉しいやり甲斐。
クリアステージに再び挑む稼ぎプレイもOK、一つのステージにはHARD、INFERNO難易度も用意されてる…という設計もされてるのでした。
(難易度高い方がじゃんじゃん稼げますし、1面でも今までのやり方は通用せず、新しく雷系の妖精が活躍…と広がりが)

ステージ間デモも。ちなみに主人公も、デフォだとFFの黒魔術師みたいな影キャラだったり

なるほど、なかなか穿ったACTだな…、こういうのもありかと。新鮮でした。
(元ネタありそうな感じもしますが)