(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[露出クエスト〜日常と非日常の境界線〜【露出スニークRPG】]
アクションキーに露出コマンドを割り振ったり(スカートだけめくるとか、全部見せちゃうとか、自慰とか)
パーツごとの着せ替えもして…というカスタムな自由度、
そして好きに「依頼」を請け、指定の場所での条件を満たす露出を狙う。
見つかるとレイプされてしまうので、一応気をつつ…という感じかな。
(”後ろ向き”の立ち絵もあって、お尻も観察できる凝り方…)

割と露出ゲーのシステムとして、一歩コマを進めた目新しさがあるかも。
その分、露出への戸惑いとか踏み出すドキドキ感が薄くてカジュアルになっちゃってるけど、まあそういうディティール系は[COSPLAYED1〜TSD区民館編〜]が良いかな…。

露出システムの偉大な先達は、ACTカテゴリなので地味に忘れられがちですが
[NAKED ORDER]
あと、素材絵なのでこれも目立たないですが
[露出調教FULL PACKAGE]
も強制露出させるという形で、当時のエロRPGの流れを汲みつつ、割と今に繋がる可能性あるかなあと。

[黒竜騎モンスターズ(ver.2)]
女の子モンスターと交渉してエロ、仲間へ。そうやって作った自分の軍団で、トレーナー同士のバトル。
強化のため、再度モンスターとHして孕ませることもできる…と、
なんだかポケモン+メガテンと、エロRPGの企画を良い所取りしたような作品。

体験版始めたばかりだと不思議とちょいだるい感じもしたけど、トレーナー戦の半ATBなチームバトルを経験すると、仲間にした女の子の長所や短所が見えて一気に「負けられねえ」と熱くなる…
割と女の子絵やカットインを書きまくってるのも丁寧かな。

[誰かの指輪の物語]
ツクール初作という文字を見るとちょっとほっこりしたり…。
とりあえず女の子と旅すがらHしつつ一本道というシンプルだけど、見ての通り割とCG力は高め。
そしてHシーンボイスあり。価格も安い(756円)
今後が楽しみかも。

[サイバーくノ一アヤメX]
ニコニコ自作ゲームフェス第二回で敢闘賞を獲ったあの作品がR18で帰ってきた!
(感想URL:http://blog.livedoor.jp/becomegame/archives/1767705.html

という事で、全年齢のフリーゲームだった時から暴力解禁、ボスを倒せば乳ぶりーん、ザコ敵を蹴散らせば首がすぽーん、
何も考えずにプレイできてあぁ楽しい…な横ACTです。

男モードも追加、ボス後に女性幹部を拷問するリョナモードも。
作者さんの過去作でいうとベルトアクションの[フェイタルファイト]ぽいですが、”その感じ”をもっと分かりやすく、その上に個別のエロシーンも…ってのは、かなり贅沢感ある。

[CaptureGirl!]
2年半前の前作[ロストラディアント]がRPGツクール製だったのに対し、今作はUnity、リアルタイム3Dで女の子を追い掛け回してレイプする奴。

制作としては「まるで違う」ことが予想され、その苦労を想像すると涙を禁じ得ない…
逃げる女の子のスカートのめくれ方が布シュミレートだったり、こだわりの部分も感じられる。

[まん○はち○こに勝てない]
を連想したかな…
とりあえずこれだけの物を作れた事で、次回作から持ち味を出せる余裕も生まれるかなと。注目ですね…(まだあと、3Dモデルみたいな関門もあるんですけどね…)

[金のために鐘は鳴る]
基本的には乙女向けだけど、気の利いたクオリティの作品。

ワルなおっさん、元教授の知的なホームレスのおっさん、今は酒浸りだけどマッチョで逞しいおっさん、たまに若い正統派イケメンがいても、絶望的に間が抜けてる…と、なかなか偏ったメンツ。
”だめんず”とはよく言ったもので、なにか女性がハマりそうな妙味を感じる…。
エロRPGとかと違って、女主人公がてきぱきと物事を決めていくのも、見てて気持ちよかったりする。
(女性が大事にされる感じのHもなにか新鮮…)

ゲーム的にも、手軽に戦闘と錬金って部分を楽しめるよう作られてると思った。
(もしかして[えれめんつ!]の人かな…?)

ティラノスクリプト製で、スマホでも遊びやすそう。
うーむ、このツールも一年くらい前に見た時はあまりピンと来なかったのが、最近ちょっとずつ良い作品が出てきてる…。
http://tyrano.jp/
サイトとかも取っ付き易くなった。

ツクールMVと言い、いよいよ同人スマホエロ時代の夜明けは近い…?

ここでDLsiteのURLから、DMMを探せるよ


http://kirara111.sakura.ne.jp/php_test/afi/make/
WM1762449


最近やってることを一言で



マップエディター、うおおお

だが111のそんな密やかな達成感とは別に、世間は猛烈なスピードで進んでいくのだ…

英語版ツクールMVの発売まであと一週間を切りました。
http://store.steampowered.com/app/363890/
予約すると10%安いっていうから買いましたよ…、初めてsteamインストールしたわい…

http://www.4gamer.net/games/312/G031261/20151016045/
日本語版は二ヶ月遅れとなる模様。なんでや

twitter見てると、次々と技術屋の人間のガタッ(椅子)って様子が見られる。
Rubyでゲームを作るって案外珍しかったのだが、まあ今やプログラム界の裏番長ことJavaScriptとなった事で(表はJava)
規制緩和的にすごい逸材がぶわーと参入するのかも知れない。

それがエロにまで波及するかは分かりませんが。
「敗北エロは勝った時でも回収できるのが無難」
「淫乱度は10区切りとか、明らかに変化したことが分かる仕組みが欲しい」
「BFは負けてからの”おかわり”を重要視する向きも(そもそもBFの説明が必要?)」
みたいに、エロゲのセオリーを誰かまとめておくとこれからの人が助かるかも知れないね(もちろんそこを破る興奮っていうイレギュラーもあるんだけど)

メルマガだと毎週、もっと詳しく書いてます。