BibleViolet (製品版)

RPG, R18製品版の感想

ちょっと珍しい探索システム

前作[ゆうしゃれべる1]をプレイした時もむちむちビッチと、ちょっとこだわったゲーム性…という感じを覚えましたが、今回はまさしくその二点が顕著。
まず探索システムが、ツクールとしてはかなり変わり種。

ダンジョン探索

ダンジョンを奥へ奥へと行きたいのは常ですが、何か一つ調べたりするたびに、行動値代わりのSPが減少。
これが0になれば自動的に外へ退却してしまう…という縛りがあります。
そして戦闘で減ったHPを回復しようとスキル使うのもSP、アイテム入手しようと壺を割るのもSP…とすぐ退却の憂き目に。
あっという間に引き返しては、次はもっと奥まで行ってみようとまたトライ、広い一フロアを調べ尽くすまで、何度も往復を繰り返すことに。
そうこうする内に自然と能力UPのポイントが溜まってたり、手に入れたアイテムを鑑定したら新しい装備で嬉しかったり、
素材から戦闘スキルを生み出したり…という、流れるようにじょじょに強くなるのが肝でしょうか。

戦闘はオート

一番代表的なのは敵との戦闘がオートで済む・ボタン一つでいつでも逃亡可能…って所ですが、メッセージ表示なども”画面を止めない”事を意識してて、そして一回の探索時間の短さ。
ちょっとカジュアルゲーぽい感じもする手触りになってます。(難易度NORMALでプレイ)

充実の下品で濃厚なビッチエロ

そしてそれだけ回転の早いテンポの中で、エロも矢継ぎ早に出食わす事となります。
戦闘中に敵を誘惑してエロ、そしたら即出産してエロ、宝箱調べたら罠でエロ、敵に負ければ共通エロ。
しかも前作は淫乱度による変化でしたが、今回はのっけから魔女・ビッチ、まったくむちむちと肉が自重しません…。

スライム1 スライム2 スライム3食い込みまくったパンツ、汁まみれに!

予告の範囲で言うと、それぞれのエロが流れ作業になっておらず、一つ一つのシーンにコンセプトが感じられたのもツボ。
例えば出産なんかはエロRPGだと割とプリッとこなす主人公も居るなか、
苦しみながら「おまんこの手前まできてるぅう!」と叫び、あくまで羊水じゃなくまん汁という解釈で、産み落とすまでが長い上にそこが下品エロになってしまってるという、分かってる感。
表情差分にも凝っており、最早それはアヘ以上のアヘ顔に…。

出産1 出産2 出産3そして容易く妊娠・出産! 表情差分にこれだけ凝る人はなかなか居ない…

スライム姦は透明ゼリーみたいのが多い中、本作はくっさそうな黄色がかった白濁汁まみれに。
宝箱の罠なら、着衣の肉体を強調するように締め上げる変化球。
初めからビッチという事でまさに水を得た魚というか、今までより一段上のエロ尖りとなっていました。

製品版での伸び代はどうだろ?

という二点が個人的にはお気に入りですが、ただそれぞれに懸念も。
珍しいカジュアルぽいシステムは、ちょっと手応えの”掴みどころ”が無いような。
どうもここでばしっと強くなるぞ、というポイントがハッキリしない感じ…。
(それがカジャルゲーですよ、と言われたらそれまでですが…)
頻繁に引き上げるのは触れた通りですが、拠点に戻った後に思ったよりやれることが少なくて、余り強さが変わらない状況でまたすぐ出撃…となるのはちょっと。
(まあこの先、どんどん選択肢が増えていきそうでもありますが。
慣れればそもそも壺とかヘンに割らずに一直線、スイスイ最奥まで行けるようになる…?)

宝箱罠着衣強調…! SEやカットインもあって、下品で濃厚感が

あとエロは非常に好みですが、初めから痴態を晒しまくってるのもあって、ある意味で出オチ的になっちゃうのも難しいところ。
やっぱり何だかんだ、淫乱度でじょじょにスケベに→製品版でエロのピークを迎える…の牙城は強い。
ただそれを上回る更に凝ったエロシチュが窺えそうな気配もあり、気になる作品なのは変わらずです。

全体に、良いむっちむち×異種姦

出オチになるんじゃないかなぁと思ってたエロですが、主人公はドエロですが同時に魔術を極めたというプライドもあるので、お金を得るためのストリップでブー垂れてたら(「足太すぎだろ!」と罵られ、本人もまた気にしてる風なのが意外にツボ。逆に強調されるね…)
注射器一杯のザーメンで膣におしおき、アヘ顔晒す、みたいな捻り方があった。
個人的にはそんな対人エロをもっと見たかった所ですが、異種姦多め。
異種姦でも好奇心と色欲で相手を欲情させてはみたものの、触手には「冷静に考えてみればキモい」と述懐、その相手にあられもなく感じさせられて淫語オンパレード、
あと異種姦なのにサイズ差(モンスターの方が小さい)ってのも女体強調で、エロの捻りがあるなあと。
逆にワイバーンみたいな、普通なら一方的レイプだよねって所でも、自分から騎乗位で上になり腰を振る…とやはり毎回コンセプトを感じさせた。
エロテキストも、きちんと「卑猥な音」「相手の臭さ」に触れてるのが良い。
ダンジョンは全5Fですが階を降りるたびに新罠・新エロモンスターが入り、むちむちが気に入ってると「お、きたきた来ましたよ…」って気持ちに。

肉体変異肉体変異

あとはボスを倒すたびに、恋敵の子への呪いが発動。
爆乳化&射乳させたり、ふたなり化させたり、身体を操って売春させたり…
この「主人公の意志で、他の女の子を肉体変異させる」は割と新鮮だしえろいしで、もっと見たかったか?
(シーンごとに肉体はリセットされますが、どんどん異常を足していっても良いくらい…)

探索システムは及第点か…キャラの立ち回りがもっと見たかった!

ゲーム部分もじょじょに出来る事が増えて、遊ばせようというのが窺えた。
新しいアクセサリ・スキルがかなり追加されてお金や素材の意味が増したり、ボスも割と手強く、戦闘途中でスキル変更の必要に迫られたり。
抜群に面白い…訳ではないけど、きちんとステップを踏んで複雑になっていく。

孕み戦闘孕んだ状態でも戦う。そして相手の種族により産まれる子供が違うこだわり…

ただ一階一階が結構広くて迷いやすいのと、あっちこっちさせられる仕掛け、HP、SPの減少で引き上げ…ってのが重なって、割ともどかしさが辛かった。
勿論もどかしさが楽しい場合もあるけど、これは探索回数が減ってもほとんど意識しないので…。
引き上げると日付が進んでどこか変化がある…とか無い(ぶっちゃけ、別に小分けにして挑戦する意味が無い)
エロももう少し、RPG部にてっとり早いプラス効果が欲しかったかも。素材を売ってもかなり安い…
パラメーターの割り振りで探索の仕方が変わる…という手応えがきっと目標で、実際にそういうプレイ感も有るのだけど、やや気付きにくく、弱いように思いました。
(拾うお金とかも”運”で変わってたりしてたのかな?)
過去作と比べると、やや全体にこじんまりした印象ではあるかも。
(お手軽なRPGも好きだけど、エロは差分変化とか無いわけで、その分だけ)
EDは三種に分岐。
最初はなんだかんだ良い話に落ち着くかと思ったら、恐らくトゥルーエンドの主人公の開き直り方、あるいは不遇を愚痴ったりがなかなか面白かった。
ならばストーリーのところで、もっと主人公の悪っぷりや、実はカワイイ所とかを見たかった気もする。
過去作でキャラは一番立ってるかも、と思ったので…。
(相棒の本を進化させずクリアしちゃったけど、もしかして何かイベントあっただろうか…)

拠点で相棒の本に話しかける→「雑談」からサイドストーリーにIN。

アップデートストーリー1 アップデートストーリー2

今回は禁書を持ち出したライバル魔女を捕獲するよう、主人公にギルドから要請が来たぞという筋書き。
(主人公、ギルドとかに所属してたんや…)
かくて魔女VS魔女の戦いが始まるのであった…。
しかし敵魔女は得体の知れない禁書を持っているため、まずはその正体を探るべく周辺で聴き込み。
ちなみにストレートに突進すると即敗北、異型化エロである。

街エロ街で売春エロも(二段階変化)

そして街で売春エロ、ダンジョンでも新敵で新しい異種姦。どちらも二段階ある嬉しさ。
ちなみに出産も、ペガサスと蜂ではちゃんと描き分けられていた。
(せっかくのアップデートなので、もっと変わり種の異種を見たかった気も? 催眠してくる敵とかは良かったですが)
おほっ♥ イグイグッゥ♥ となるエロを挟みつつ、宿敵の魔女の情報を集めていこう。
クリア後データでプレイしたけど、大体30分ちょっとくらいで行けた。
ライバル魔女はエピソードや魔法演出で存在感もうちょっと出して良かった気もしますが、まあこれ以上はちょっと大変でしょうか…