このケレン味を楽しめ! ゲーム的には箱庭ゲーな感触も


主人公カットタイトル”供匹辰討覆辰討泙垢、一度死んで復活した、マーク2の意。続編とかじゃないです

徳川の世に蘇った織田信長により、半身を失ってしまった主人公。
平賀源内の手により、サイボーグとなりて復活する…!
復讐! 改造! ベルセルクか、あるいは百鬼丸か。

けれど主人公は飄々としてて(男主人公では珍しい、妻帯者でもある)
全体で言えば、まさに「粋でいなせな」ケレン味を楽しむRPGと言えるかも。

マップチップ建物はモノクロドット、遠景は墨絵のようになってるのです

見過ごしてしまいそうな所まで細かく作り込まれたサイバー+時代劇の町並み、非エロのCGとかもいちいち多くて、これはついテンションが上がってしまいますね。

ああこれがやりたかった事なんだね…と頷くし、胸を打たれざるを得ない。
(多分この部分、相当に労力が掛かってるはずです…)

  アドバイスからなぜか寿司発祥に立ち会ったり、ホームレスを助けたら実は老剣豪だったり、戦闘中の技カットもかっこいい。

江戸の町には賭場・湯(風呂)屋・風俗・茶屋とかもある広大さで、
「ちょっと一杯引っ掛けてくかあ」なんて呟けば、まるで気分は大江戸サイバーロマンですよ。

立て札を読んで寄り道の話を起こしたり、お金稼ぎに御庭番衆としての暗殺依頼(ここはあっさり悪人をぶっ殺し、天誅! とか出る訳で、気分は仕事人)、
肩で風切って歩いてるだけで、クエストに巻き込まれたり。

もはや箱庭ゲー!? って

表紙にありますが、なるほどそれも過言ではない、分かるよ…と。

立ち絵1 立ち絵2人物登場時には全身絵が。服部半蔵は鎖帷子+網タイツだけど、実は秘書風になってる。みんな気の利いたデザインで可愛いです

初めの一時間はまさにそんな感じでしたが、主君の家康から「SEX御免状」を授かり、
どうやら打倒信長のために各地の女の子大名と一発致すことが必要、と街道に出る事に。

エロシーンエロシーンは一度に2・3枚の基本CGを使って語られます。肉感的なアングル多し、局所の”刺し色”は確かにエロチック。

この街道、いきなり富士の樹海だの諏訪湖だの、各地へ足を伸ばせるのもあって、ここもまさに箱庭を志向してる感じ…なんですが、
いかんせん合間のイベントが少なく、ちょっとここから「あちこち行ったり来たりさせられる」感が出ちゃってるか。

その辺はあるいはアップデート事項なのかも知れません…。
とはいえこの雰囲気、ケレン味を楽しんでる最中です。



諸国漫遊、全国の風情。プレイして良かったなあという気分に


いわゆる箱庭ものと考えると、請けてるクエストの表示や、
天候とかのランダム、時間経過のイベントみたいな、小忙しさを促す部分に乏しいかも知れぬ。

高山ラーメン 京の都 グンマー女王京の都の風情がかなり良い。対照的なグンマー(そもそもほとんど言葉が通じない)

だが正味、半分くらい寄らなくてもクリアできちゃう町々まで作られてるってだけでも、良いものです。

自分は岐阜県出身なのですが、このゲームでの飛騨の名物は何かな、と注文してみたら出て来たのが「高山ラーメン」、”都会では無いが落ち着く街並み”みたいな扱いで(確かに岐阜市の辺りはそうかも)
なにかほっこりする物が。

逆に定番の、未開の土地扱いされるグンマー(隣国は『ギョーザー』)
はキレていい…。
(まぁバラエティ豊かではある)

ババア スカウト全国各地の女を、自分の風俗店にスカウトするシステム!

まあそんな感じで、かなりの物量グラフィックに裏打ちされた諸国漫遊気分、良いね…。
同人ゲーム的には「やりたい事をやった!」というのをひしひしと感じて、非常に好ましいです。


ひとまずクリアまでにプレイ6.5時間。
クリア後にエッチできる子も居たり(こっちのエロの方が濃厚なような)
シナリオ的にもアップデートが予定されてるそうで。

なんだかプレイして良かったな…、なんて思える作品でした。これが風情かあ…