今週発売した作品では
[田舎生活サバイバルRPG〜そのひぐらし〜]
[魔物娘都市のギャンブラー]
[ドラフリゾートファンタジー]
[Marionette Memory]
の感想を書きました。

来週は、
[神精伝]
[Dilemma〜リリスの胃袋〜]
とかが発売しそう…?

(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。



[魔王イリスの逆襲]

主人公が女の子魔王…というのは、実はそれほど斬新でもないのでしょうが、
さすが商業同人さん、絵のきれいさで完全にイメージ性が段違い。

ヒロイン像としては「世間知らずの、無力なのに偉そうな銀髪お嬢様」で犯されたらエエぞエエぞという感じに、
魔王が再興を目指すって事で、展開にスパイスが効くわけですね。

ただちょっとメニュー開く時とか…微妙に重い気もしますね…
(ツクールMVは発売から頻繁にアップデートされてますが、ちゃんと適応したのでしょうか…)

同じテイストでは
[世界征服!魔王ちゃん]
とかも、軍団率いたりで個人的には好き…


[女海賊ジェシカ 〜白濁の海に沈む若き肢体〜]

過去作[孤高の銃士ティナ 〜復讐に燃えし肢体は磔刑に晒される〜]をやりましたねえ…。
毎作少しずつ改善を重ねるサークルさんなので、人気の戦闘中犯されも継続、捕まって拷問されるモードも継続。
その上で今回はいきなり拷問からの脱出で始まったり、UIもかっこ良くなってたり、
戦闘中の拘束→抵抗するは選択肢じゃなく、スキルで任意になってたり…煮詰めてるのが窺えました。

あと地味に[孤高の銃士ティナ]は女ガンマンでしたし、今回は女海賊って事で、稀少ヒロイン像が嬉しい…。
(バッドエンドのうつろな顔とか、眼の下のほくろがなにか対比的で良い)
できればこの路線、続けていって欲しい…

ゲームとしては順調に良くなってると思いますが、ただ少しずつの改善…なので。
やっぱり初見のインパクトよりはだんだん薄くなっていくのが、辛い構造ですね…。
結局、「作品を練るより、手を変え品を変え(時にはサークルを変え…)の粗製濫造」が有利なようで悲しくなっちゃう。

あとまあ…正直、過去作をプレイしてると「今回もちょっとボリューム薄いのかな」って心配になったり。
つまりリピーターも厳しそうで、なかなか難しいスタンスかも…。
二~三作に一回は買ってくれるようなファンを作れたら、安泰なのでしょうが。


[オークと催眠と少女の眠る町]

前作[魔導学淫生マリネ]とか黄色評価なんですが、なんだろう体験版やると、テンプレぽい女主人公モノで手堅くまとめる新参サークルより、「やりたい事がある」ってのが伝わって来るというか…

町に居る人、誰にでも催眠を掛けられる(まだ幼児の男の子にも容赦なく掛け、妹を襲わせようとしたり?)
メインキャラは何回にも渡って心を侵食していく…。
このまま突っ張って欲しいところ。

まあこの手でエロいRPGは、[催眠貴族]でしょうか。
昼と夜とで人が違うぞ…とかは、[グールグーラ]ぽい感じも。


[風俗嬢ミハル☆]

エロRPGもいい加減、成熟してきましたが、いつの時代も「今走りだした人」ってのは居るもんなんだ
そしてその荒々しさゆえに、サンプル画で何か可能性を感じてしまうという…。
(体験版無いからだけど、スゲー振り幅でかくて、自由そうに見える…。引いては面白そうに…?)

風俗嬢でお金返済…までは分かるけど、エロイベントと並ぶ存在感のラーメンってなに?w 風俗嬢あるあるなの?w

すごい気にはなるんだよなあ…

7日間予告ランキングを覗き見!


DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ

退魔巫女遊戯

予告は8月なので、[退魔巫女物語]から2年ぶりの新作となりそうですね…。

今回も戦闘中エロで、凛々しいヒロインが追い詰められる嗜好の様子。
数々の状態が立ち絵に反映される、
最初のダンジョンさえ攻略してしまえば、その後は、好きな場所に向かうことが出来ます

ってのに意志が感じられますね。

つまり戦闘無し、エロイベントをただ見まくる女主人公モノとは逆…というか、戦闘中エロ&敗北エロを見まくるために動かす…ような?

これがツボな人は[風紀剣士アサギ][SNEAK IN DESPERADA 〜殺し屋少女・敗北陵辱RPG〜]とかも好きそう。

おねショタ剣戟ACT パレードバスター

絵は薄味ですし、けっきょく毎回、エッチなお姉さんの集団に誘惑されるショタという嗜好なんですが、
[王様はおねショタの夢を見る][戦うCG集]
といい、ゲームとしては本当にいつも鮮やかなインパクトを構築するサークルさん。

今回は主観視点のミニゲームACT…でしょうか、絵面になってみると「ああ良いなあ」「この手があったか」みたいな…。
抜群にセンスが良いと思う。

魔界境-コロナリアの冒険負けたら私どうなるの?-

前作[水の精霊とHな契約]はすごろく+RPGという形でしたが、
今回も、また一風変わったシステムが用意されてるらしく…(開発力の高さいいな…)
これは気になりますね。

何かころころした肉付きのSDキャラのエッチってのも、ちょっと珍しげです。

放浪都市

[BARRAGE!]は道中、犯されてる仲間隊員を助けて引き連れる特殊部隊ぽいACT、
続く二作目はその路線を更にミニマムに洗練させた[Ethereal LegioN]

そして今回の最新作は…、なるほど、地下シェルターでツナギ着た女性が、科学工作に勤しむような世界観のACTね!
これをエロに落とし込むとは、面白いなあ…
(そういえばエロRPGでも、メタルマックスみたいな舞台って無いんですよね…)

どうしても作品を重ねていくとイメージが被っちゃうなか、システムで・世界観で毎回違った印象を抱かせる、しかも突飛じゃなく、腑に落ちる感じがある。

このサークルさんもセンスあるなあ…と。

最近やってることを一言で


上記すばらしい作品を作る人達が居るのに、111はほんと、毎日感想を書くだけですよ…。
これでいいのかっっ

だがそうやって自分で自分を追い詰めてると、ますます動けなくなっていく。
最近は腰痛に加え、胃痛、足のしびれ、倦怠感が…

強制的にも休みが必要なんだ。
しかしそれだとゲーム制作はますます遠ざかる…ジレンマ…


メルマガだと毎週、もっと詳しく書いてます。