定期的な需要があるのが温故知新なのかも、だにゃ 今週のまとめvol.171

今週の作品まとめ

今週(1/23~1/29)発売の作品から。

今週よく読まれた記事

1位


2位


3位


4位


5位

(ブログに書かなかったけど)気になった作品

全部、体験版触った程度ですが。

[ゆきいろ*くえすと]

前作は、スチルが重要なノベルで4500DL超え。
そんな人のエロRPGが、しかも1000円を切る価格でリリース!
正直、表紙の生足をじーっと見てるだけで幸せになれる……。
中身的にはまあ、スタンダートなエロRPGという風情だけど、
なにげに戦闘中の拘束絵あり、敗北エロはミニドットで、犯された後の末路を負ったりもするコダワリが。
それぞれは「なんとなく良いな」の微差だけど、これだけ積もれば、それは立派な一本になるよなーと。
製品版の感想は(当ブログに感想寄稿下さっている)さたけるさんブログに書かれておりました↓


[アミィの催眠間違い探し]

容赦なくキモオタっぷりが描写された先輩に、じわじわと催眠エロされてしまう主人公……。
この子がまた判子型じゃなく、一癖ある感じのデザインで可愛いんだ。
内容的には前作[ヒイナとセクハラ間違い探し]から続投、「左右の部屋の間違い探しをしていくうちに、催眠がより進んでいく」というもの。
前作ではまだソフトだった催眠エロも、今回は常識破壊で人前での痴態などがあるようで……。
こちらも、さたけるさんがブログに書かれていました。↓


[超内気で人見知りでエロゲ好きな女の子が異世界に召喚された話]

このサークルさんは、けっこう面白い経歴を持ってる所で。
前々作の[売春っ子新妻るみか]は、いわゆる今のミニRPGのテンプレである「一つの村でエロイベントしまくり」の走りではないかな、と自分は思ってるんですが(しかもこの時期にNTRぽい嗜好も取り入れてるセンス)
更にその前となると、割と男臭い、勢いある独自システムのゲームも作っておられる。
[出たな!中に出すごろく 〜強制中出し団がゆく〜]とか普通に、今でも光る物があると思いますし、好きですねえ……。
かと思えば前作は、絵が一番大事なCG集で
[寝取られ老人介護]
2300DL以上売れるという成功を収めている。
(エロRPGでスタートして、ある程度上手くなった後にCG集を出すサークルさんって割といますが、上手くいく例は稀ですね……)
そんなサークルさんの最新作ですが、とにかく独白の多い内気キャラ、でも実は趣味はエロゲでHの素養はたっぷり、身体つきもエロイ……と前振りからの、そんな子が異世界に来てしまったので、断られなくてさんざん嬲られてしまうと。
このもじもじしてる所の可愛さ→流されてアクメを迎え、いかにも淫乱になりそう……な所とか、さすが前作CG集の力量で、シコッといけそう。
内容的には割と一本道ぽいRPGなのかな?
色々考えるとやはり気になる作品です。

[SACKMAN]

性の解放を唱える悪のアンドロイドの暴走を止めるべく、サックマンよ起ち上がるのだ……!
アンドロイド VS アンドロイドのBF(バトルファック)、突然「ちょっと待った!」「俺を忘れてないか」的に割り込んでくる人々、ロックマン風に初めに挑めるダンジョンを選べるのも良い。
この微妙に熱いノリ、好きだなー
うーん、なにか目から鱗が落ちた気分でした。
つい、BF=淫魔みたいに窮屈に考えてましたね……、こういうのでも良いと言うか、こういう発想があったのが昔のエロRPGなんだよな。
これがアリならBF神拳の伝承者とか、選ばれしビッチ聖闘士とかでも良いよなあ……
見てみたいなあ(売れるかは別なんだけど……)

[カルミア経営難]

地元を愛し、スラムに移り住んででもそこで生活していく事を選んだお花屋さん。
しかし無情にもスラムでは、訪問販売先でのセクハラは日常茶飯事、住人にぶつかるだけでレイプされ、あっという間に堕ちていくのでした……というエロRPG。
初めの良い子描写からの、「アヘ顔」「食ザー」「臭がる」となってしまう性嗜好が眩しい。
しかし今作、コアな嗜好が刺さるってのは分かるんですが、事前のお気に入り数はそれほど高くなかったのに、DL数の勢いが予想以上で驚きましたね……

[SelectWorld〜勇者アミルの選択〜]

目立たないけど、良く作られた作品だと思いました。
女勇者としての初めのステップ、まずお城に顔を出して挨拶して……という定番展開かと思えば、
「勇者の証として、王様と処女セックスしなければいけない(勇者候補は他にも二人居て、この時点で片方が脱落)」
「その後のチュートリアルでも、モンスターや罠に嵌り、犯される他の子を救うか迷ったり」
という、いわゆるエロRPGテンプレに添わない意外性が新鮮。
以降、ダンジョンのザコや罠は戦闘ではなくイベント形式、
選択肢で強引に振り払うか・魔法で抜けるか・身を任せるか……なんて、エロが絡む選択にばんばん遭遇して、エロ頻度も高い。
その上で、一つのダンジョン自体は短いので、ゲーム的にはメリハリ&テンポ良く遊べる……といった具合にも感心しました。
ネックなのは、イベントCGにちょっとムラがある事かな……、枚数自体はかなりありそうですが。
この遊んでて気持ち良い、驚きがある感覚。
前作から1年半くらい経ってるので、その間、けっこう作り込まれたんじゃないかなぁと。
「圧倒的に上手な絵」「目を引く斬新なシステム」
とかではないですが、もうちょっと売れて報われると、伸びそうな作者さん……という気配がしました。
感想書きました



[魔導学士レレア変態島からの脱出]

過去作品の傾向がばらばらで、ちょっと警戒しちゃうんですが、これに関してはなかなか。
島に漂流したぞって状況から、素材を集めてサバイバルしよう……みたいな欲しい要素を軽く抑えてて、更にそこからもう一捻り、二捻りがあり。
つまりもう一人、強い女騎士が漂流してるので協力しようとか、
どうしても辛かったら変態が住む村があるので、そこを頼ると楽になるとか(当然エロい事はされる)
初めのチュートリアルで、女騎士が住める所を一緒に探してくれるくだりで、
洞窟の奥の先住民の死体を見せないようにしてるんですよね……、
細かい気配りが感じられるセリフに、ぐっと来ました。
そんな女騎士がどうしようもなくなって、変態村を頼って弄られる(のを、覗いてしまう)ってエロシチュには、ぐっと来そうだったり。
島のサバイバルでは、最近では[Leviathan]とかが浮かびますが、積極的に同じ漂流者と協力していく、付かず離れずのその動かし方や、シチュが良さそうだなと。
これは良い捻りと、体験版では思えました。

[巨乳ブレイドN]

ツクールMVだが、レトロ!
という訳で、もうツク2000とかの時代……「レディソード」くらいからの伝統、”とりあえず町の女に話しかけると「犯す」という選択肢が出る”というストロングスタイル。
RPGとしてのバランスもレトロなので、割と進むに苦労しますが、少しずつ行動範囲を広げれば犯せる女がまた増えると思えば、頑張れるもの。
ツールがいくら進化しようが、シンプルだけにこういう需要は定期的にある、っていう事かも知れませんなあ……。
新しいシステムを追い掛けるのも大事、でもその陰で、温故知新も大事と。

[Island]

絵無しのエロRPG。
無人島にやって来たキャンプメンバーが正体不明の生物に遭遇というサスペンス風味に、道中の選択肢により、女性上位メインで搾り取られるエロシチュ……という、侮ってると結構遊び応えありそうな作品。
身体能力が高い元気娘な冒険家、完璧超人ぽいメイド、馴れ馴れしくて怪しい女発明家、
状況が状況、なのに自らエロしたがる女性たちって事で、割とキャラ立ちも活き活きしてる。
それが読む上での愉しみとなっていたり。
絵無しのエロRPGと言うと、[NTRPG2]みたいなNTRとかが席巻してる感じですが、もう一つ、M責め・言葉責めとかも悪くないですね……

[剣とバター〜勝てばラブラブ負ければ陵辱〜]

サンプルのなかなか綺麗なスチル、複数の声優さん、あとロゴの感じ……そしてSRPG。
これは商業ゲー? と見紛うほどでしたが、内容はSRPG studio製でした。
(ボイスもエロシーンのみかな……)
味方ユニットがやられると陵辱シーンへ、あとは面クリアで自動的に、助けた子とのエッチとなる様子。
ただ体験版範囲だと一つの面がそんなに大きくなく、それでいて、ほどほどに駆け引きが楽しめるのはちょっと上手いかも。
ステージ1から味方ユニットをたくさん動かさなきゃいけない……とかだと、ちょっとゲンナリするよね……。
(自分の[ゆきゆきてモンスター軍]でも、チュートリアル面では仲間を全員NPC扱いにして、動かせるのは主人公一人だけ、なんて工夫したものです)

[逆転FF7-2 – 逆転三重奏 -]

FF7×逆転裁判という、二大ビックネームのパロシリーズ第二弾!
ティファの無罪を証明するはずが、なぜか証拠品を選ぶうち、
「乳房が凶器の可能性が!」
「まずオナニーを見せて貰わなければ、シロとは言い切れない」などと公開セクハラの様相に。
正直体験版だけでも笑えるのですが、なんと本家に倣ったのか、全4話制。
価格もちょっと高めですが、その価値はありそうです。
スチルも多量、力入ってるなぁ……と分かるんですが、ただまあ、パロの上にパロってる感じだから、ノリが気になる人は気になるかも。
特に弁護士のクラウド・検事のセフィロス・裁判官のバレットの男三人だけのおバカなノリで盛り上がってる場面は、正直自分も辛かった。
エロだけ考えると、女性陣だけを起用して、名ばかりの裁判で一方的に陵辱するとかの方がシコれるんだけど、
男キャラ無しでは逆転裁判テイストにならないからね……、難しいところ。
ただニコチャン評価の高さが、買った人の満足度を表していそうかな。

暇だからゲームでもするかさんが製品版について書かれていました。

[L.F.O. -Lost Future Omega-]

全年齢向けゲーム。
サイバーテイストの中空を、奥へ奥へと疾走する3DのSTG。
ああこの感覚、「ナイトストライカー」+「REZ」かと思うと、かなり驚きがありました。

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ
破戒シスター

コミックボンボンとかジャンプ放送局とか、何かそういう明るい雰囲気のサークルさん、よんたび登場!
初作[まんじゅう十字軍]はまだエロRPG黎明期の頃。そのクオリティにやられたものですよ……
そして今作はまさかのゴシック・ホラー!?
でも、ぶたは健在…!?
前作から3年以上空いた訳ですが、楽しみになるコンセプトはさすがですねー
正義の国の第三王女と最後に残された聖なる光

初サークルさんで、まだ制作ツールも分かりませんが、何やら細かく章立てされたストーリー、敗北エロ専門?
ふりふりした服にも力が入った、乙女たちの絵が良い感じ。

最近やってることを一言で

今まで「予告で事前お気に入り1000超え」の作品を率先して見に行ってた訳ですが、近ごろはその指標もアテにならぬかな、と。
普通に500くらいでも自分から見たら面白い作品があって、発売したらDL数もじわじわ伸びる……ってのがありますし。
(今週で言うと、[SACKMAN]。
なんとなく気になってたけど、日々の忙しさにかまけてチェックしなかった……)
そういうのこそむしろ書いていかないと、いけないんじゃないか。
という事で、なるべく色んな予告版をやるようにしてます。
ただ書く時間が無いんで、もうメモ代わり位の感覚で書く訳にはいかんですかね……、予告だし、もう、「俺は見てるぞ!」的な声明代わりではダメ……かなあ……。
(たまにサークルさん側から”予告登録しましたので、ブログでアナウンスして下さい”と頼まれる事があって、そうか、予告ってあちら側からしたら、そのくらいの感覚でも良いのか……? とも)
書きたいんだけど時間が…。
感想寄稿的な体制的とも矛盾しそうだし……
メルマガでも毎週、面白いこと書いてます。

他の方のブログ

うちに毎回、良い文章を感想寄稿して下さっているさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。
今週は上記でもリンクした二つの他は、

ですね。
これは私のブログでも書いてますね 。
(おかげで「プチ・タカシバブル」な感じに?)
美麗なおねえさん、CG多量、お馬鹿な展開が笑える作品のようなので、見比べてみるのも面白いかと思います。