steamエロパッチ、エロRPG第三世代。業界再編なのにゃ… 今週のまとめvol.197

今週の作品まとめ

 
今週(7/31~8/06)発売の作品から。

今週よく読まれた記事

1位
http://super-game.net/archives/Alps_Danger_Woods.html
2位
http://super-game.net/archives/2043786.html
3位
http://super-game.net/archives/Sugoroku_Naked.html
4位
http://super-game.net/archives/WaterfallMaiden.html
5位
http://super-game.net/archives/text-novel7.html

(ブログに書かなかったけど)気になった作品

全部、体験版触った程度ですが。

[くノ一牡丹]

前作[赤首の闘技場]からもう約3年とは。過去作大ヒットの印象が凄すぎ、全然そう思ってなかった自分がおります……
一言で言うのなら、ゲーム形式上でのエロのツボを抑えたエロRPGサークルさんかと思いますが、本作は輪に掛けて、そこを試しておられるかなと。
つまり、くの一だお屋敷に潜入だ! という[オーレクタ砂漠の魔術師]的な雰囲気で遊ばせてくれながらも、やはり特徴的なのはエロ、
戦闘中に突然、QTE(短時間でのキー操作)を求められてエロられたり、
敵に捕まった拘束モードでは、誘惑で相手の隙を作りつつ、しかし本当に絶頂させられないように気を付ける……という駆け引きの選択肢が実に良い。
そうしたエロで昂ぶった所に、ストーリー進行上のアニメありの長エロシーンが適度に入り、測ったような万全なシコ体制。
立ち絵一つ取っても上手いですね……、町人みたいな地味めの着物の女の子って結構難しいと思うのですが、
着物のはだけで服の下の宝物、つまりは巨乳感を煽り、
さんざんイカされた後だと、絶頂とろ汁で透けたふんどし越しの陰毛……とかううーん、エロスを突いて来ます。
例えば拘束モードで、快楽に耽ってついおちんちん挿れられちゃったと、隙を活かして反撃するつもりが失敗、ボコられてからの挿入では当然、展開にもCGにも差分が発生。
そういう事なんですよね……、嬉しい所を抑えてますね。
何というか、”エロの取り回し利いてる感”が半端無いなと。
絵師としてはそんなに派手じゃないんだろうけど、ソシャゲ絵師がノベル型エロシーンでべったりとスチルをこなして、ポテンシャルを50%くらい削がれてる所を、この作品は100%で挑み、勝ってる感じ。
短い中で、ぎゅっとエロが作り込まれてそうでしたね。

[ナコの魔法と純欲の怪人]

[-堕ちモノRPG- 聖騎士ルヴィリアス]の方の最新作RPGですが、一説によれば「前作の売上を全部注ぎ込んだ」という事らしく、凄いRPGが来た! という他ない。
とにかくキャラ・マップ素材はオリジナル、ツクールMVだけど完全にそれを忘れさせる独自UI、
戦闘はテイルズみたいな複数人のアクションぽい横戦闘だぞ…!(全部マウスのみでプレイできるのも凄い)
そしてエロシーンになるとそこはもう本職ですから、正しくむちむちなCG、それは自然と母乳も出るし、アヘ顔、大量射精だ! のインパクト(オプションでOFFにも出来るけど、勿体無い感じさえ覚える)
何から何までがっちり、フルセットで作られたRPGという感じで、まぁプレイしてるとやっぱり新鮮味が違いますね、これは……
ちなみにDLsiteでの発売は18日らしいので、そちらではどれ程売れるか……。
リソースたっぷり掛けてて、元価格も高い訳ですが(でも考えてみたらエロあり、ほぼ完全オリジナルなRPGで2700円ってそう高くも無いか)
最近でも商業同人制作の、予算が大きい作品が歓迎されてて役割が変わっているようだ、と思った背景もあって、そろそろエロRPGも新しい世代に入って来てるのかなと。
大雑把に言えば、まず第一世代は元々フリゲを作ってたようなツクーラーが試しに始めたような黎明、
(間にDQエロRPGの時代とかも挟みつつ)次に市場が整ってきた頃に「元々CG集で売れてるサークルさんがエロRPGをやったら、それはもっと売れる」の理論で絵師さんたちが次々と参戦した第二世代、
そして今、市場が完全に広がり切ったがゆえにリソースを掛けてかっさらう、
大規模な第三世代なのかー? と。
まぁさすがに大型作品だけじゃなく、合間に安め価格でとりあえず作ってみた・アイデアを試すぞいってエロRPGも出るんでしょうが……、主流は大きい方に持っていかれそう……?
まさに世は業界再編……!?
すると、たまたまアイデアでヒットした小さい作品を大規模に仕立てるとか、
あそことここのサークルが組みたいみたいだけど(結構大きいお金が動くんで)仲立ちをしようとか、そういう間を繋ぐ組織があると、割と活性化を促すかも。
そこが新しいヨガチカのようになるのかも。ならないのかも……

[エンジェリック・フォース・ユキver1.01]

過去作、[二つの剣の物語]とか[SACRED EYES]とか、実に弾けんばかりの瑞々しい女体がシコでした。
そんなサークルさんの最新RPG。
変身能力を傷ついたヒーローから渡され、敵たる魔将四幹部の会合場面が……と、かなり戦う変身ヒロインの基礎を抑えててちょっと驚き。(過去作全てファンタジーだったので)
ゲームの流れ的には、街のあちこちで発生する異世界の門の噂を聞きつけては飛び込み、ダンジョン突破&ボス退治、あるいは魔将直属の怪人と直接対決。
前者は寄り道、後者はメインクエストかな……
ただまっすぐ倒せるほど甘くなく、昼間の街で買い物したり聞き込みしたりも必要と……。
[ゴーストパーティー]ぽい流れ)
エロ箇所はダンジョンの途中でエロイベント、戦闘中エロと敗北エロ多め、たぶん昼間の街でもエロありかな。
”魔物化、悪堕ち、催眠フタナリ”もあるぞに至っては、一作目[SACRED EYES]を彷彿とさせる……
個人的に絵が何となく薄味な感じになっちゃって寂しい……と思ってましたが、やっぱ戦闘ダメージで服ビリとか敗北スチルには、惹き付けられる物がありましたね。
(関係ないけど[ラフレシアブレイク]、やっぱこの方の絵だったのかなぁと思いつつ)

[白狼淫譚]

東方の二次創作RPGも増えてきました……、犬耳っ子の椛が異変の原因を調査すべく、あちこちへ行ったり戦ったりします。
ちぇんや藍など、他の獣っぽい子も協力するようです。
しかし初めからLV固定なので、武具が購入できるかが肝心。
その為のお金稼ぎで、のっけから村のあちこちでエロを見まくれる勢いは良いですね。
エロ絵の臨場感も、前作RPG[黒狐の村]と比べてもかなりの上達ぶりでニンマリ。
シコだと思うんですが、売上的には他の大作RPGの時期と被ったのは少し痛かったか。
東方題材である……って事は今やネックじゃないのかな、どうかな……

[魔法少女サラ 白濁に染まる褐色の肌]

片方の魔法少女が拐われたらもう片方が助けに行く、サークルさんのRPGシリーズも第四弾だ(有効活用するなあ……)
ただ今までは割と現代×魔法少女ぽい世界観だったのが、今回は今までの中で一番荒廃、世紀末のような舞台で、他の魔法少女の奮闘も言外で仄めかされる、その中で抜群に強いダークエルフ……とキャラ立ちしてるのはちょっと冴えてるかも。
物語展開も章立てっぽい?
いつもの戦闘中エロや、囚われて時間が経つと拷問が展開……というのに加え、最後の仕上げ的なエロとして”最終儀式”というのも導入した様子。

[女堕としタイピング Ver1.00]

む、ありそうで無かった「エロタイピング」!
ずばり辱めるワードをキーボードで打ち込んでいくと、立ち絵は脱衣するし、イベントCGもじょじょに進行してレイプですよと……。
まぁ「エロ見てる暇ねえ!」というツッコミは予想済みでしょうから、言うだけ野暮でしょうか……。
考えてみればサクラ大戦とかときめきメモリアルとか、ギャルゲータイピングには歴史があるので、もうちょっと凝れそうな気もしますが……。
あえてエロって事なら、催眠ワードとかそういう方向になるのかなあ……。
(しかし凝れば凝るほど、”タイピングソフトである”という体裁そのものが邪魔になってきそうなジレンマ)

[Dark Elf R-18 DLC]

これはかなり興味深い作品(パッチ)でして、まず[ダークエルフのヒストリア]を全年齢RPGとして、Steamに登録した訳ですね(英・中国語訳。翻訳の精度は余り高くないそう)
そしてこのエロパッチを外部サイト、すなわち英語版DLsiteとして売り出す……という流れ。
これって別に他の作品でも出来るんで、成功すればルート開拓、エロRPGサークル皆がイケるのでは……という事で、売上にかなり注目しておりました。
(あと日本語DLSiteの方でも売ってますし
で発売から2日、元々大型の作品であった事から考えると、このままでは少し厳しい数値か……という感じではあるものの、
このルートはほぼ初めて、端緒の作品という意味では、かなり意義があるかなと。
やっぱりみんな束になって、全体の売上が上がるものですから。
皆が同じ方法を使って、「日本のエロRPGパッチはここにある」と認知され始めたら、もっともっと売れる可能性も大。
世界規模のSteamの、その一角を占められるかも……。
(なおSteam版そのものは「1万DL売れた」そう。
価格が約200円って事を織り込んでも、200円の作品が一日で1万DL売れた……って事実はやはり凄いチャンスがありそうに見える。
DLsiteとの両取りも出来る訳ですし……)

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ
マグナ・フォルトゥナ〜偉大なる運命と永遠の少女〜

むっ? 初サークル、”本当に正統派な”ってエロRPGの予告が、なぜ事前お気に入り1100越えをするのだ……ですが、

【エロRPGレビュー】マグナ・フォルトゥナ〜偉大なる運命と永遠の少女〜 | ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜 – ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜

エロRPG「マグナ・フォルトゥナ〜偉大なる運命と永遠の少女〜」の感想です。フリーシナリオ、マルチエンディングでシナリオ分量も多め、エロテキストはネットリの長文。…

を見て納得、ソシャゲ絵師さんのサークルであると。
うーむ、みんな目敏いですなあ……。
霧の刹那のワルキューレ

おっ[ロリクエ2〜純白〜][堕ち姫ルーシア物語]などで有名なサークルさん。
これは過去作[夢の終わりのワルキューレ]の系譜で、ARPGかな。

BADENDの派生から始まる「絶望輪舞曲ゼツボウロンド」ステージの追加!
圧倒的肉棒郡から少女は逃げ惑う!

これは良さそうです、バッドエンド後のステージ……。
これだけで改善に心を砕いたのだなと分かるもの。
チャイナ・インフェルノ

これめっちゃ興味持ってます、3Dレンダリングぽいアニメに、chobitの動画観ると、なぜか中華工作員がブロック崩しみたいに飛ばされてるとか、後半になるとゲームシーン変わってSTG風になるとか、もうバカゲー(でもリョナ)確定って感じもしますが、
一方でゲームエンジンにBox2D(物理演算)使ってたり。
絵が描けないプログラマーが気持ち良い挙動のACTを作ろうとすると、実はけっこう条件が厳しくて、だからこそ3Dモデルだスケルタルアニメーションだ、ってなると思うんですが、もう一つ、物理エンジンって手もあるよなぁと考えてた所でしてね……。
銑鉄の探索者

鉄の廃材と、ツナギで汗かいた女性のレズと虫姦な、スローライフぽい前作エロACT[放浪都市]も独特でしたが、毎作面白いコンセプトで作られてるサークルさんだと思います。
(アクションゲームエディターで良くやるなぁ……と思いつつ)
今回は一作目[BARRAGE!]に戻って、割と普通のACT寄り、ただし色んな勢力がステージ上では入り乱れてる、という事かな?
いずれにせよ面白い物を見せてくれそうではある。

他の方のブログ

うちに毎回、良い文章を感想寄稿して下さっているさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

【エロRPGレビュー】エンジェリックフォース・ユキ(製品版) | ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜 – ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜

エンジェリック・フォース・ユキ変身ヒロインもののエロRPGは、近況だとダイジョビ研究所の「ナコの魔法と純欲の怪人」が注目を浴びていますが、古くから定期的にリリー…

上でも触れた、変身少女RPGの製品版の感想だ!
このスピード感、これはチェックせざるを得ないね
抜きゲーとして安定なシチュの数々、これは読んでるとやりたくなる。
そして悪堕ちの戦闘中エロもやっぱりあったんだ! 嬉しい。

【エロRPGレビュー】くノ一牡丹(製品版) / えのきっぷ | ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜 – ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜

エロRPG「くノ一牡丹」の製品版感想です。エロと直結するシコリティの高い簡単なミニゲームを大量に用意し、ストーリー上に配置することでクリアまで新鮮なエロを提供す…

こちらの製品版感想も勿論あるぞ!
体験版だとQTEエロは余り見られなかったし、これは有難い。
体験版の最後で既に堕ちていきそうな気配ありましたが、やはりと……。
ミニゲーム形式でエロを成立させてると、その変化も出しやすいんでしょうね。

2017年8月2日のエロRPGニュース | ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜 – ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜

「HAPPY LIFE、次回作「メルティス・クエスト」の懺悔室でシスターのお仕事イベントを公開」「111のデジ同人が初めて次回作の大幅な情報を公開」など本日のエ…

この間の111の記事に言及されているのでした。
でもまぁうん、あれだね……すじだからOKかと思ったんだけど、モザイク忘れてたね……w
(他にも色々アドバイス頂きました、感謝。)