haruhi「ハルヒ大作戦」
 ★★★☆☆(星、3,2)

 まずお値段が結構しっかりしてます。シェアゲーの場合、値段が違うものが同じ土壌・・・という訳にはいかないので(実際、家庭用でもシンプル2000シリーズだとそういう眼で評価をするでしょうし)それを計算に入れると、この星の数になってしまいました。


haruhi (1)haruhi(2)
 DLsitecomのサンプル画像はえろ絵だけですが、ジャンルはSTGということで、脱衣STGというモノを及ばずながら(本当に及ばずながら)開発する身の111、研究のために購入です。
 まずこれだけは言いたいです! ドットの鶴屋さんがぶさいくです!! 動き方もやけにきもいです! なにかアホな子、しかもかわいいアホな子じゃなくて、もっと重大な問題であるところの、身体障害者的なものが漂っています! ハルヒのドット絵は割とかわいく出来ているので(立ち方とかね)これはまさか、アンチ鶴屋さんの犯行によるものでしょうか。ドットでも、萌えドットはまた別の技術がいると言います。難しいかも知れません。
 ここまで書いておいて何ですが、111は原作とかアニメとか観たことがありません。なぜか英語版だけ少し観ましたが。

 さて内容としては、固定画面の中、上からわんさか降りてくる長門を危険ラインに到達させちゃダメ、といった感じ。初め攻撃手段は弾だけかと思いましたが、体当たりで倒せて爽快感○。ここで細かい事ですが、弾の効果音が、連打するにはふさわしくない気がしました。”撃ってる”感が少ないような。
 そして倒した長門はばんばん回転して手前に飛んでいくんですが、これは奥に飛んでいくようにした方が、守っている、っていう目的を明確にできたような。今まさに守ってる方向に敵が飛んでいく、ってうのは何だかなぁ、っていう。一瞬画面が隠れて、認識しにくくなるし。でも多分、手前のほうがハデな感じになるんですかね。試行錯誤の結果でこれなら、いいんですが
haruhi (4)
 あと1000体、2000体、なんていう数の割には、ちょっと単調さが目立ちまますね、大きい長門で変化を出そうとしてるのは分かるんですが、例えばアイテムも、みくるちゃんは取り逃がしちゃうと消えちゃって、敵が少なくてもどうしても取らざるをえない時があるんですよね。全体に爽快感はあるんですが、戦略性がないので1000体単位だと飽きてしまいます(鶴屋さんは画面に滞留しますので、そこは考えられていると思います)
 アイテム関連の効果は、キャラを取った時じゃなくて、敵を倒す度に溜まるメーターなりポイントなりで、任意のタイミングでボタンを押して使える、とかの方が良かった気が。(なるべく使うボタンを少なくする、っていう設計思想だったらいんですが。それに書いていて気づきましたが、今度は画面の変化自体が少なくなって、また違う飽きが発生するかも知れません)
 
 ともかく難易度上昇すると敵数が増えてそれがそのまま、プレイ時間増に繋がる、っていうのは避けなくちゃいけないと思います。出来るなら自分の腕それを縮めたい。鍛えた腕をみせたい。だってそれが高難易度、っていうものですからね。
 その意味ではそもそもプレイスタイルに幅が生みにくい、戦略性が少ない現状では、長くなってしまうのも仕方ないかも知れません。
 でも一つの案として、HITコンボで得点を増やすんじゃなくて、えろを早く見てーー! という目的からすると、コンボの分だけ+αで全体数を減らすべきじゃないでしょうか。
 得点を上げたって競う相手もいませんし、自機も増えないしでは、はっきりいって無意味さえ感じてしまうのです(○○HIT! っていう文字がぶるぶるする動きは爽快だと思いました。個人的に)

 
 文句ばっかり書いてきたんですが、やっぱあと○体でクリア! っていう時の敵の猛攻なんかは、かなり熱いです。ゲームオーバーになっちゃうと、ついもう1回やっちゃいますね。
 マニアックモードになると、初め加速モードから始まったり、アイテム出る間隔が多かったりして、ちゃんと練られている感じがしましたし。みくるちゃんを2つ取ってもゲージが回復しない、っていう不満点もLVUPとかで解消されていましたし。
haruhi (3)
 本作はえろSTG。えろ絵の話もしましょう。
 難易度が3つありまして、それをクリアするごとにご褒美にえろ絵です。
 一番難しいマニアックモードを突破すると、フラッシュのアニメーションのパスワードが手に入る・・・んですが、ちょっとしょぼいです。アニメというより、画像を重ねただけですね。絵はかわいいんですけどね、ゲーム中のカットインの絵といい。
 ううーん、画像閲覧も、画像一枚一枚でみたかったかな。マウスクリックで次の差分、という風にして欲しかった。
 あとこれって個人の嗜好ですかね、同じエロでもやっぱりご褒美! とかいってえろCGをでんと表示されるよりは、少なからず必然性、物語性を感じたかったですねぇ・・・。


 ついエロADVと比べて、ボリューム不足だなと思ったんですが(えろす的に)、それは間違いですね。えろ、そしてSTG、という合体したものを私は求めたのですから。
 ただやっぱり111、2時間ちょっとで全モードクリアできましたしね、正味、発射数は0だったし・・・これで1470円となると、うーん・・・