HEROINE HUNTING
HEROINE HUNTING[名無し&えびせん] :DMMでも配信中



罠やモンスターを召喚、ヒロインが奮闘するさまを悪の組織は楽しむのだ…!


悪の組織の支部長として、部下を使ってヒロインを倒す!
というコンセプトだけでもビンビン来ますが、
実際のゲームは「フロアに罠やモンスターを設置、のこのこやってきたヒロインを囲み倒し、リョナ陵辱」
という、昔で言えばSFCの[カオスゲート]かエロ同人なら[悪堕ラビリンス]みたいな、何かぜいたく感あるSLGとなっていたのです。
(さすがに部屋の新設や通路拡張は無くて、1フロア限定、言わばゲームステージ形式だとは思いますが)

設置モード設置しよう

ゲームはマウス操作だけで可能。
つまりあらかじめ罠やモンスターを購入、部屋にクリックで設置、あとは「次のシーン」を押せばヒロインが登場、戦い、追いつめられていく姿を鑑賞しよう…という具合です。

戦う細かくドットアニメしますよ

途中追加も可能なので、スライムどもを続々と投下、手も足も出ない所を楽しむも良し、罠にハメてじわじわいたぶるも良し。
見事HPを0に出来れば、そのまま無抵抗なヒロインを攻撃し続ける・あるいは犯せるモードへ。

エロシーン倒した後、無抵抗な敵をなぶるモードへ。(立ちとダウンで2種のエロがあり?)ドットの拡大も可能だ

…と、予告では一面なので簡単なものですが、一筋縄でいかなさそうな気配がチラホラと窺えたり。

例えばモンスターをたくさん投下するには資金が要りますし、
その上「モンスターを大量投下するほど、一体ずつの攻撃力が落ちる(上手く指示を出せない)」という仕様。
おまけに戦ってる所をよく観察してみると、囲んでもそんなに攻撃しまくれる訳ではない…
というか、ヒロインのキックでまとめて跳ばされてしまったりで、そんなに効率良くない事に気づくはず。

クリア後評価

クリア後の評価でお金が手に入りますが、
「途中追加」「モンスターが倒された数」はマイナス査定でもあり、
また今後ヒロインが同時に3人まで登場しそう? な所を見ると、”戦況を見ながらの判断・投下”が熱くなっていきそう。
(「仲間が犯されてもそっちのけで、扉を壊しに掛かるヒロイン」とか、動きで個性を感じたいところ…)

罠にハメるとかなりプラス査定のようですが、罠にも「一定時間で起動」「踏んだ時点で起動」がある様子で、
モンスターで足止めしたり、あえて逃げ回らせて誘導したり…がテクニックになるでしょうか。

エロCGトドメを刺したモンスターで変わる?

そしてステージクリア後は、エロCGのエロシーンに移行。
ここはずばり、シチュ的に丸呑みや異種姦が相当多そう…

という訳で、溢れんばかりの”ヒロピン愛”に期待したいですが…、
作品説明では「悪の組織」なのが、作品内では「魔王軍の支部」だったり、ステージ1の敵がエルフの剣士だったり…がやや心配。
(いやファンタジーだってヒロピンだとは思いますが、やっぱ、怪人とかそういうノリが欲しい…)

個人的には機械姦や洗脳装置とかも大好きですので、ぜひ期待したい所です…!
(悪堕ちした初めの方のヒロインを設置して、戦わせたい…)


のめり込んでエロく面白く。上手いドットとSLG感


エロドット好きにも色々あるもので、正直本作はあまり大きなドットでは無いですよね、
それで「シコれはしないかな」「エロCGに期待かな…」と思ってました、初めは。

2人めエロ2人めの赤髪の子はタイツ、ぷりぷりのお尻が眩しい訳です

しかし本作はエロドットこそがメイン。
小さいけどよく動くドットは、えぐい事をしつつも適度に緩和してて、一言でいうなら妄想が捗るデキなんですねえ…。

ゲーム的には女の子が複数参戦してからが本番って感じで、もうあっちで可愛く喘ぎ、こっちで悔しそうにダメージ、なんて姿を眺めるのが楽しくなります。
ちなみにCGはカットインのような扱い。
むしろエロドットの痴態を眺める途中に入ってきて嬉しい、って感じですね。

乱戦女の子3人ともなると、あっちこっちの戦い劇が楽しい。ドットも雰囲気に貢献

体験版ではモンスター配置して経過を窺うのみでしたが、新要素の解禁も相次ぎ、小忙しい防衛SLGテイストになっていくので安心。

「おひねり」ゲージが溜まるので適度に回収、ヒロインを各個撃破したいので罠で遠くへ飛ばして分断、
また一緒に召喚するとプラス効果のあるモンスターとかも考える…。
(クリアだけなら、それほど煮詰めなくてもざっくり行けちゃうバランスも有り難い)

フェチをシステムで表現する…大胆な展開、小システムの数々


苗床ラスボス色々なサブウェポンを駆使し、コアにヒロインズを近づかせるな! 大胆にシステムが変わっていく、熱い。

そして感動したのは、”システムから”ヒロピンというフェチズムを表現してる事ですね。

最後に向けての大掛かりな展開、最終兵器が完成するまでひたすら時間稼ぎをするんだとか、
最終兵器が苗床の女性で、動けないけど大量のHPをどう守るかが大事、
モンスターを産みまくったり(びくびくという震えがやばい)
不用意に近づいたヒロインを触手で投げ飛ばす…とか。
まんまエロRPGで言うラスボス、それを自分で操作して、指示出してる感。
これは面白いし、えろさもある。

3人めエロ3人めのグラちゃんは白い肌が眩しい。強調すべく、スカートたくし上げのアニメが細かいぞ

そういう大掛かりな所だけじゃなく、細かい実装も光ってる。

体験版では「エロは面が終わってからってスタイルか…」なんて思ってたのが、タコの拘束みたいな戦闘中のエロ技があり、
洗脳された子が他の女の子を攻撃、やり返して傷つけ合うとか(ちなみにその状態でエロらせると、女の子×女の子のレイプ強制という垂涎シチュ)
最終面勝利後も、わざわざヒロインたちを一人ずつ丸呑んでいくキー操作を設けたり、
また「エロはモンスターに犯させるだけか…」と思ってたら、直接いじめるコマンドもちょっとだけ追加されたり。

うん、こういうゲームの流れに寄り添う特殊実装は良い。
ドットの大きさも、「手のひらの上感」「”気が付いたら洗脳して戦ってる”とかを見つける喜び」というか、すごくこのゲームにフィットしてるんだなと…。

タイムアタックモードクリア後モードで鬼のようにモンスター召喚してみたり

回想によればドットエロは69。
量も多め、アニメもメリハリが利いてますね…。
このサイズじゃヌケないよーと言ってたのが、気が付いたら普通にシコってました。
妄想からドンドンのめり込むのは、まさにこのタイプのドットエロの醍醐味か…?

SLGとして考えると面数は少し少なめかもですが(全5面、約10ステージくらい)、クリア後にタイムアタックみたいな違う遊び方が追加されるのも気が利いてる。
雰囲気重視のドットエロ、ヒロピンフェチを大いに楽しもう…って所さえ抑えたら、あとは責めシチュ、システムでのフェチ表現、もろもろで感心しつつ、満足度かなり高くなっていきました。