Inn my wife 〜宿屋のネトラセ事情〜
Inn my wife 〜宿屋のネトラセ事情〜[Monoeye] :DMMでも配信中
*この感想は [弘前]さんに書いて頂きました。

借金のため、寝取らせ性癖のため、妻を他の男に抱かせに行かせるというミニRPG




美人で胸が大きい、夢の理想妻。
そんな妻が初恋の相手だという男がいる。
その男が、妻の寝取り役だ。
その男は「金を払うから妻を抱かせてくれ」と、宿屋の主人に頼んでくる。
幼馴染で共に宿を守ってきた仲の良い夫婦。
普通ならそんな頼みを受け入れるはずはない。
だが、その頼みを受け入れる事情があったのだ。

それは、お金が必要だという事。
お金が無ければ、宿を手放さないといけないのだ。


▲立ち絵もかわいい。表情などの差分が十分に用意されていて、気分が盛り上がる。

お金の為に仕方なく妻の身体を売る・・・ というシチュエーションかと思いきや、
お金の為というのは、夫の寝取らせ属性の性癖を満たすための口実・・・
しかもそれが妻にバレバレという一風変わった関係が愉しめる。

つまり、ゲームタイトルにある「ネトラセ」の通り、妻を寝取らせるシチュエーションを愉しめるわけだ。

妻「も、もしかして・・・させたいの? 宿を守るためとかじゃなくて・・・」
夫「・・・・・・す、すまん、何故か興奮してしまって」

だが、妻のことは心から愛していると誓う。
そのことに偽りはないようだ。

妻「でも興奮はするし、させてもみたい・・・の?」
夫「ああ・・・」
妻「どうしたらそんな風にこじれるのよ・・・もう」

こうして妻は「今まで以上に妻を愛すること」という条件で夫の為、宿の為に身体を売ることに。

 

しかも『お金の為に仕方なく』という口実がまったく嘘でもないため、その心理も生きてくる。

「今まで以上に妻を愛すること」などの台詞から感じることだが、この夫婦は、妻が夫の姓癖を受け入れてしまうほどに凄く愛し合っていることが分かる。

寝取らせる直前に妻が
「・・・嫌にきまっているでしょ。 あなた以外の人に抱かれるなんて・・・」
と言うのだが、夫のあそこが大きくなってるのを見せられる。
夫が喜ぶし、お金ももらえるということで
他の男にしぶしぶ抱かれることになるのだが
お相手が幼馴染ということを聞かされ、妻はさらに憂鬱に・・・

私もそうだが、お金の為に仕方なく
嫌がりながらも感じてしまう妻をみたいのではないだろうか?

こんなことは現実にはほとんどないだろう。
さすがフィクションだ。
このゲームはそういった夢(シチュエーション)を実現してくれる。
さあ、どうなる?
ワクワクがとまらない。
いや、ムラムラか。

もちろん、妻に感情移入するのも良い。
金で買った男の方になりきると、寝取り気分も味わえる。
つまり、寝取りと寝取らせを味わえてしまうのだ!

ちょっと軽い感じのノリで、気分が重たくならないタイプの寝取らせ方なので後味が良い。

妻に報告させ、また寝取り男にも聞き出して見えてくる昨晩の情事・・・




抱かせに行った後は、しばらく自室で待機する。
すぐに妻が戻ってくるのだが、その内容はあとから
妻と寝取らせた男から聞くことができる。

翌日宿の掃除に行くと、部屋に昨晩の情事の痕跡が残っていて
作者の細かいこだわりが見える。

 
▲イってないだと!? ほんとかな〜?

そうして男の部屋から戻ってきた妻。
乱れた服装が、何かがあったことを物語っている。
恐る恐る妻に何をさせられたか報告させるのだが、

口でさせられたり、無理やり服を脱がされたりという説明がエロイ!
妻は「え・・・、そんなことも話すの?」というが、素直に話してしまう。
素直に説明する妻はエライ!

それが想像力を掻き立てられ、なかなか興奮する。
妻の夫になった気分だ。

妻の「愛のないセックスでイッたりするもんですか!」というセリフに夫は
少し残念がる。 姓癖と愛・・・複雑なところですね。
一般的には嬉しい言葉なのですが。

妻はキスだけはしていないというので、やはり夫の事を愛しているのだろう。

そして、二人は愛をCG付きで確かめ合う。
「こんな風にあいつにされたのか?」という、確認も(笑)
こんなセリフ、一度は言ってみたい(笑)

 
▲どうだ、オレの巨乳美人妻の味は? それにしても、俺の妻・・・ しっかり感じてるじゃねえか! このメス豚め!

そこで、妻が本当にイってなかったのかどうか確かめてやるぜ・・・ってことで男にも詳しい話を聞ける。

男は差分多めのCG付きで、ありのまま話してくれる。
「さすが人妻」というセリフもいいですね。
これも一度は言ってみたいものだ。
人妻のテクをなめるなよ?

挿入直前の「・・・好きにすればいいじゃない」というセリフが
ツンデレぽくって興奮する。

モヤモヤを楽しむ、雰囲気重視のゲーム性


宿屋の掃除をすると何故かお金が貯まるのだが、それは雰囲気づくりの為で、
お金が貯まったらストーリーが分岐したりするわけでもない。
だが、シナリオを楽しむゲームなので、それが悪い訳でもないし、丁度よいバランスだと思う。
例えば、部屋の掃除をすることによって、妻が寝取られる前には
「この部屋で妻が寝取られるのか?」と想像して興奮できたり
寝取られた後ならば、「ここで妻が寝取られたんだな」と想像して興奮できる。
エッチな汚れかたをした部屋を掃除するのも良い演出だと思う。
どんな汚れ方かは、ご自身の目で確認してもらいたい。



いくつか分岐があり、選択肢によって結末が変わる。
選択肢を間違えるとイベントが発生しなかったり、バッドエンドになる簡単な分岐だ。
最後に今までのエロイベントを回想することもできる。

プレイ時間40分くらいのお手軽な作品ですが、個人的には十分満足のいく内容でした。
要望としては、もうちょっと続きが見たかったかな・・・という感じです。
ただ、『春頃のアップデートで客を2人ほど追加する予定です。』
という作者のコメントがあるので、とても楽しみです。
どんな客なのか妄想が膨らみます・・・

なにより、美人妻の絵が好みなので、ちょっと幸せになれました。
胸大きいなぁ・・・(うずまりたい)

ちょっと変わった姓癖の宿屋の主人ですが、夫婦の仲が凄く良くて
後味が良い良作だと思いました。