*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

初級編
中級以上、大会編

参戦フレンズは現在9人 個性強すぎ!?な各フレンズを簡単に紹介


キャラクターセレクト画面

本当はもうちょっとシステムがあるのですが、ちょっとだけレベルの高い話になりますので、先にフレンズの紹介にまいりましょう。
現在のバージョン(1.2)段階での情報、しかも私自身そこまで上手ではないので、トンチンカンなことを書いているかも?
フレンズごとの個性がものすごく強く、アニメ版の再現なんかも出来ちゃったりするので、各キャラを操作しているだけでもものすごく楽しめますよ!
ちなみに、本作のコンボは「モン娘★ファイト」と比べると、「スーパージャンプ」でのキャンセルが多め。ちょっとだけ操作が忙しめになっております。

また、各フレンズには何かしら「隠し技」が用意されています(1人だけもしかしたら無いかもしれない)。
ここでは、有志の実力別サーバ「しょしんしゃちほー」で、たまに見かける技のみコマンドを記載します。
残りの隠し技は、実際にプレイして確かめてみるのだ!基本的には、「とある方向キー+C」で発動で出せるぞ!

(以下、通常攻撃はA・スキルはC・野生解放技はDと記載、隠し技名はけもフレふぁいと!Wikiより引用)

サーバル
▲爪を使って戦うサーバルキャットのサーバル。基本的にはオードソックス。でも、隠し技を組み込むと急にマニアックな戦い方も……!?

【サーバル】
けものフレンズの顔、と言っても過言では無いフレンズ。
「みゃみゃみゃ!」とひっかいたり、回転しながら突進したりと、爪を使った戦いが特徴的。
爪を使って戦う関係上、手数が若干ゃ多くて相手の攻撃を相殺しやすい。

突進のスピードの緩急がすごく大きく、その中でも隠し技「ヒョーバルキャット」は高く鋭いジャンプ力を活かしたすごく強力。
外した隙こそ大きいものの、スピード・威力共に絶大。「ヒョーバルキャット>投げ(通称:イズナ」が安定して出来るようになれば、一気にレベルアップ!
基本コンボは簡単なものもあるが、「無敵+対空+相殺」と3拍子揃った「↓C」からの高火力コンボが大人気。
でも、急降下や相手の高度が絡む関係上、安定させるのはなかなか難しいので、実戦で使うには結構練習が必要だったりする。
ちなみに、鳥のフレンズ以外で唯一サーバルは空中ダッシュが可能。でも、鳥のフレンズとは違って二段ジャンプだから、使い処には注意しよう!
【隠し技:ヒョーバルキャット 斜め上(前後問わず)+Cで発動。その後、降下中にAを押すことで、相手との距離に応じ攻撃が2種類に派生する)

かばん
▲道具という名の人類の叡智を持って戦おう!ボスは正直画面内にいるだけでものすごくプレッシャーを与えられるぞ!

【かばん】
アニメ版の主人公にして、ヒトのフレンズ。
他のフレンズと比べて、「スキルゲージが上がりやすい」という特徴を持っている唯一のキャラ。
主な強みは「まじかるかばん」という、何が出てくるか分からない飛び道具。それと、対空技である「松明」。
まじかるかばんはアイテムによって挙動やダメージが違い(大ダメージ・ガード不能のものも!?)、そのうちラッキービースト(ボス)が出た時は攻める大チャンス。
ゆっくりと前進して、例え相手のコンボ中だろうが割り込むラッキーさんを盾に、様々な方法で攻めていきましょう!
【隠し技:食べないでください! 発生3フレームの当て身技。相手の攻撃を受け止め反撃する上、反撃がスカっても完全無敵なので隙がない)

トキ
▲てれってーな北斗のフレンズ。君は驚異的な機動力に立ち向かえるか!?ちなみに例のビームは攻撃等で相殺できちゃうので、使うとたまにピンチになったりします。

【トキ】
ニコニコ動画内でも話題になったトキのフレンズ。ジョインジョイントキィ
ナギッな移動技や例のビームを搭載、通常攻撃の段階で手数も多く相殺合戦に勝ちやすいのが特徴。
その代わり、体力が低めに設定されているのと、操作難易度が高いことが主な弱点。
投げから簡単に空中コンボに持っていける上、中距離からのナギッ(朱鷺琉舞)>投げは「素早すぎて見えない」。
鳥類である関係で空中ダッシュ持ちであるなど、素の機動力も高いため、使いこなせれば恐ろしいほど強い。
ただし、前述した「見えない投げ」をやるとスキルゲージを2本使ってしまうなど、ゲージ管理の大変さも弱点の一つだったりする。
【隠し技:朱鷺破流(仮) かばんちゃんと同じ当て身技。トキ版は当て身技判定が出るまで完全無敵なので恐ろしく有能】

ツチノコ
▲アプリ版からの野生解放技も実装されたキャラクター。ジャパリコインが生命線だ!ヘーイ!

【ツチノコ】
中距離での尻尾攻撃「しっぽ使い」と、コイン攻撃を投げる「ジャパリコインだっ!」が主軸のUMAなフレンズ。シャー!
ジャパリコインは軌道が変えられる(一応隠し技扱い)ため、軌道を利用した独特な戦い方も出来る。
通常攻撃の攻撃判定とやられ判定がほぼ被っている(=蹴りを繰り出す脚にすら食らい判定がある)ため、「他のフレンズに一発を当てる」だけでも大変。
また、ジャパリコインも1回の相殺で無効化されるため、立ち回りでとことん苦労するキャラクター。
スキルゲージを使った立ち回りが軸になるため、ゲージ管理が難しいなど全体的に上級者向け。勝利の鍵は愛だよ!愛!
ジャパリコインをヒットさせることで、中距離攻撃「しっぽ使い」がレベルアップ。
1回でもコインを当ててしまえば、しっぽ使いで相手を浮かせられるようになるので、オートコンボ中や牽制でコインを当てて頑張るのだ!
【隠し技:ジャパリコインだっ!(軌道変更) 斜め下(前後問わず)でジャパリコインを投げる軌道が変わる】

アライさん
▲技はネタっぽいが生粋なインファイターとしては強力なアライさん。フェネックは、ロケットなアライグマっぽくアシストしてくれるぞ!

【アライさん】
けもフレふぁいと!随一のネタキャラにして、使い手もそれなりに多いオードソックスなキャラ。
プレイヤーがうっかりキャンセルミスすると露骨に隙を晒してしまう、という奇妙な特徴持ち。
その関係で、「プレイヤーのドジっ子レベルが、アライさんのドジっ子レベルに直結する」という謎の原作再現がされている。初心者アライさん同士の対戦は和む。見ていて和む。
スキルは、低確率で明後日の方向にダッシュ(逆走)する突進技「あさってダッシュ」から、元ネタからしてカオスな「うどんをうつアライさん」「アライトルネード」まで様々。
如何にもセットプレイに使えそうな、フェネックを呼ぶ「フェネック〜!」も含め、「攻撃が全体的に相殺されやすい上に、まともな飛び道具もない」ため、相手に近づく段階で苦労しがち。
しかし、一回相手を捕まえてしまえば、高火力コンボが相手を襲う。立ち回りが重視されるため、上級者になればなるほど、アライさんの動きが常軌を逸した動きになったりすることも。
様々な動きで相手の一時の迷いを生み出し、勝利を捕まえるのだ!
【隠し技:真・アライトルネード アライさんがフェネックに蹴られる安心安定のアライトルネード。「ばすてき!」よりもダメージは低いが、結構当たりやすい(※外したら地獄)】

ライオン
▲使用人口が少ないイメージのあるライオン(対戦経験も少ないのであまり細かいことが書けなかったり)。原作再現技の格好良さと、HP回復技の可愛さがたまらない!

【ライオン】
ゲージの自然回復が遅いフレンズ2人のうちの1人。
鋭い突進技・咆哮など多段技が多く相殺合戦には強い。
スキルはサーバルと似ているが、コンボはタイミングが難しかったり、アドリブ要素が絡んできたりと結構操作は難しめ。
全体的な技の挙動に癖があるものの、サーバル強化版な技が多いため、使いこなせるようになれば強い。
野生解放技が地上版・空中版共に名シーンを再現しているので、使っていて楽しいキャラでもある。

【隠し技:HP回復(仮) ゴロゴロして体力を回復する。爪カリカリが可愛い。意外と知っている人は少ない。……発生までに2秒弱かかるし】

ヘラジカ
▲リーチの長さと火力の高さが最大の強み。動きは思わず「重い!」と言ってしまうほど鈍重だが、2Cなどを使いこなせば恐ろしく強い。

【ヘラジカ】
ゲージの自然回復が遅いフレンズのもう片方。
一人だけやたらと鈍重な動きながら、リーチのある武器を使ってのバトルはなかなかに強力。
相手の間合いの外から攻撃できる上に、ナチュラルに相手のバーストも透かせたりする。
いわゆるパワーキャラ枠で、オートコンボの3段目が吹っ飛ばしとなっているので、オートコンボ2段目までに「どうコンボに繋ぐか」の素早い判断が迫られる。
密着しての殴り合いには向かず機動力もないが、攻撃・防御力が高いためワンチャンスであっさりと勝負をひっくり返す。
野生解放技も強力で、コンボから繋ぐ高火力技「助けに来たぞ!」はヘラジカの手数の少なさもあいまり、「相手にバーストを使わせずに倒しきる」ことが可能だったりもする(※発生が遅いので繋ぐのは結構難しい)。
【隠し技:なし 見た覚えがないし、何かしら出した覚えもない…… もしかして唯一の隠し技がないフレンズ?】

ハシビロコウ
▲メンチビームの後、相手が爆発する野生解放技!……シュールだけど元ネタもよく原理分からないしね。ハイデルンが悪い。

【ハシビロコウ】
防御力が低めなものの、鳥のフレンズなので機動力が高く、初心者でも割と扱いやすいフレンズ。
大体「KOFのレオナ」だけで説明が済むくらいにはレオナしているものの、けもフレふぁいと!のシステムの恩恵を受けた関係で凄まじいキャラに。
主力技は発生が遅いものの、出てしまえば相手側としては対処に苦労する、設置型飛び道具「クラッタリング」。
これに超低姿勢・投げ無効の突進技「ハシビロセイバー」などを織り交ぜて揺さぶっていくキャラクター。
ちなみに設置型飛び道具かつ多段技のクラッタリングを空中で相手にガードさせると、地上吹っ飛ばし攻撃が空中ガード不可な関係でかなり愉快なことに。
【隠し技:じぃ〜〜〜………… (仮) 相手のスキルゲージを減らす技。発生まで2秒強かかる遊び技ではあるが、発売記念大会ではクラッタリングに苦戦する相手に対して使用され、見るものに衝撃を与えた】

博士
▲助手とのコンビネーションはまさにイリュージョン!様々な技で翻弄しよう!

【博士】
博士+助手のコンビ。例によって、鳥のフレンズなので機動力が高いが体力は少なめ。
アライさんのフェネックと比べ、助手を呼び出す技は攻撃判定が2回あるため相殺されづらく、セットプレイが行いやすい。
オートコンボの4段目が2ヒット技であるなど相殺合戦に勝ちやすい上に、4段目で止めて後ろでスーパージャンプしてからの急降下攻撃「コノハダイブ」は結構見抜きづらい。フッダーイ。
助手とのセットプレイの他、無敵技にして真上以外をカバーした飛び道具「コノハフェザー」も、なかなかの恐怖。
技が全般的に相殺しやすいため、相手をバンバン押していきやすいキャラでもある。
【隠し技:シュッ 一定時間打撃を無効化し、Aを押すと反撃を行う。可愛い。投げに無防備であるため、使いどころが難しい技と思われたが、まさかのシュッ組み込みコンボが最近開発された。何なんだこのゲーム】


明日の掲載へ続きます。。。
けもフレ癒やし動画