ラティスSOS!〜Happening&Panic〜 (体験版)

RPG, R18

超豊富な立ち絵! 可愛い可愛い二人のWヒロインですよ

お話としては、
スパッツなピンク髪元気っ娘が、友達のおっとりおっぱいエルフ(に似た種族)を訪れた際、何だかこの辺りの精霊が弱ってると気付き、これを回復するエリクサーの材料を二人で集める事にしました……と。
という事で材料を求めて、近所のダンジョンや村に赴いてはすったもんだ。
割とオーソドックスなゲーム運びと感じました。

エナオ豊富な表情2 エナオ豊富な表情3 エナオ豊富な表情4
▲元気っ子の、凄い立ち絵の数々。ポーズはもちろん、フクロウみたいな帽子も><とかなるのだ……

言わば小規模な旅物語なわけで、その道中での二人のやり取りはとても賑やか。
まず一番目に付く所のは立ち絵でしょう、
OPを5秒見たら驚くと思うんですが、ポニテな髪が活き活き跳ねる笑顔、かと思えばたくらみ顔、そしてコミカルな崩れ表情までこなす豊かさなんですが、
この数多い立ち絵は全部、新規で描かれてるというスゴさ。(差分で表情だけ変える……とかじゃない)
おかげで所狭しとポーズや衣装で物語り、可愛さ……、いや「真性の可愛さ」とでも言うべき物が窺えました。

ラティス豊富な表情1 ラティス豊富な表情2 ラティス豊富な表情3
▲相方のエルフっぽい娘。身長も高め、天然なおっぱい美人さん?

そして今作はWヒロインですから友達のおっぱいエルフもしかり、こちらは元気というより、たわわに実ったお尻やお胸が分かる服装やしゃなりとしたポーズ、そしてそこからのギャップの恥の表情が決め手ですね。
キャラの表情が豊か……とだけ言うと、割とどのエロRPGでも目指す地点に思えるんですが、そのある種当たり前の所に桁違いの力を注ぐと、頭一つ抜けた体験になるのだなぁ……と発見でした。

常時立ち絵 メニュー プロフィール
▲これは常時立ち絵も分かろうというもの(目パチもする)メニューやプロフィールも良い出来だ

そんな二人の会話劇ともなると、
天然なエルフ娘がボケる→元気で実は意外にしっかり者のピンクが諌めるといった凹凸、
あるいは稀にピンク娘がボケた時なんかは、エルフ娘が更にノって収拾付かなくなる……などなど、役割がしっかりした上での動かし方。
ああこの楽しさに浸ろう……という気分になるのでした。
(村のモブに話し掛けた後でも、ほとんどの場合に二回目の会話変化が用意されてたり、この辺り相当に凝ってる所だと思います)

ノーパン・おしっこ・セクハラ! 羞恥とハプニングにまみれたエロスが

スカートめくり 尻揉み
▲スカートめくりをスパッツで封じてドヤ顔。でも恥ずかしいには恥ずかしかったり……

一方でエロとしては”当たり前”の所は避け、序盤は羞恥エロにほとんど終始しています。
立ち寄る村ごとに大体3,4のエロ箇所があるのか、
体験版範囲ではスカートめくり小僧にめくられて、でもスパッツだから恥ずかしくないよとドヤ顔するもまじまじ観察されて恥ずかしいピンク娘に(可愛い)
やはり目立つエルフ娘は、道行くオッサンに乳揉み・尻揉みされるという憂き目に。
エルフ娘の方が肉感的だからか、より直接的なセクハラを、
逆にピンク娘は貧乳スパッツなので、よりフェチティッシュな羞恥が多いと感じましたね……

寝間着1 寝間着2
▲寝間着もわざわざ用意。商業じゃ絶対やらないような割の合わない力加減、これが同人スタイルだね……。

寝間着半ケツ
▲かがんで半ケツになってしまう、ありそうなエロ

他にも宿に泊まったら泊まったで部屋着に着替えてイベント。
エルフ娘はやたらとセクシーなネグリジェで意識せずともえっちを誘発しそうな気配を出し、
ピンク娘は落とした物を拾おうとして、ジャージがズレて半ケツが見えてしまうエロ……
など、「ああ、旅と生活の間でエッチが待ち受けるんだなあ」という感じが。

ツタエロ1 ツタエロ2 アンモニアゲーター

ダンジョンのエロとなると一転、ハプニングエロスが多めで、
結界にうっかり踏み入っちゃってツタに絡まれ、あたふたする内につるつるまんこが露わになってしまうピンク娘というシチュに始まり(うむ)、
通せんぼしてるワニの魔物が……はっ、これはまさか「アンモニアゲーター」!
おしっこをあげないと、どいてくれないぞ……!(エルフ娘がお外で尿意を思い切り出してしまう快感+直飲みされてる所を見る恥ずかしさ描写)
それを越したら、ダンジョンを先導するジジイ(村長)が何とかエロイ方向に持って行くのに何度かキレたりした末、
結局やや押し切られる形で「ここはXYの洞窟、XYのポーズを取らないと仕掛けが作動しない!」
というアドバイスを聞き入れ、お股を広げる恥ずかしい恰好を取らされるのでした……など。
作品説明によれば

偶然と必然が巧みに入り混じった、2人に降りかかる羞恥にご期待ください。

との事ですので、まさになんて巧妙なエロ、そうしないと進めないんだからしょうがないよ……!
というシチュが待ち構えてました。
そもそもの大元のコンセプトが

キャラクターに感情移入をすれば、Hシーンはより多くの興奮を得られるだろう。という理念

らしく、確かにこの可愛さーエロが結び付いた時、”おちんちんふわっとなるー!”という感覚にもなりそう、そういう予感はしましたね……。

場所移動 コダマ
▲ダンジョンの途中でたまにいる、小精霊的なコダマ。出会う度にちょっとパワーアップして貰おう

ボス会話 戦闘1 戦闘2
▲女の子ボスとの戦闘も。負けてみたけど、敗北エロ自体はあんまり無さそうな気配

ちなみにダンジョンですが、シンボルエンカウントでの横戦闘もあり。
バランス的にはダメージは大きいものの、回復手段が豊富なので割と油断さえしなければ負けない、LVアップとかもほとんど必要なく進めて、ちょっとしたアクセントになりそうでした。
ここでも攻撃・ダメージ・状態異常と様々にグラフィックが用意されていて、
ぽこんと杖で敵をぶったり、攻撃を喰らってセリフと共にしゃがみ込んでしまったり、
なかなかの可愛い無双ともなっていて、嬉しい・楽しい有様なのでした。

いよいよ本番エロの気配も出てきて、製品版に期待。二人の関係も……?

面白いけど、あえて言うなら世界を救う的な大きな目標が無いので先のモチベが湧かないかも……
とか、羞恥も分かるけど、やっぱ乳頭と甘イキくらいは早い段階で見せて欲しいな……というちょっとした物足りなさを覚える頃に迎えるのが、
初ボス退治と、その後に待ち構える選択肢。(大体プレイ1時間ちょっとくらいかな)

村長会話 授乳手コキ

ずばり天然で騙されやすそうなエルフ娘が一人の時に、村長のジジイに言い寄られ、「授乳手コキ」か「本番か」を選ばされる……という事ですが、これはエロとしては勿論、それ以上に重要なシーンではと思いました。
つまり、いつも快活なピンク娘ですが、時々おっぱいが大きくて美人で落ち着いてる友達のことを
”自分に無いものを持ってる・遠い存在な気がして”
たまに疎外感を抱いてるという、内面描写が挟まれるのですね。
そしてこれも作品説明からですが、

2人旅ということで、Hなイベントの整合性にはいつも以上に気をつけております。

という事で……、つまり、この時取った選択肢やエッチ状況で、後の会話も少し変化するのではないかな? と予想しました。
自分が一方的に犯されてしまった事を親友に黙ってる……、嘘を付いてるような状態。
まさに軽快なやり取りから始まる物語なだけに、この尾を引きそうな部分、これは今後を牽引するのに十分なトーンを持っているのではないかと。

タイツのみ
▲体験版範囲の最後、沐浴中に上だけ盗まれてタイツのみになってしまったエルフ娘! 一気にフェチティッシュ度が上がった……、すばらしい

作品タイトルからして「Happening&Panic」なので、この後どれだけエロが過激化するのか、ぶっちゃけ本番エロはどれだけあるのか……とかは気になるのですが、
きっとメインは、この小冒険で二人の関係はどう変化し、修復されるのだろうか……なんて所にあるのかな、と思いました。
製品版の感想は、暇だからゲームでもするかさんが書かれていました。

RPG, R18

Posted by 111