Lust Grimm
Lust Grimm[むに工房]

2017/08/22予告時の感想です

定期的な需要があるBF(バトルファック)。過去作を良く研究した上での+αかも


予告での事前お気に入りが1500超えたBFのRPG……という事で興味を持ってプレイ。
BFはエロRPGの中でも歴史が深く、その割には散発的な発売なので定期的に求められている……と思うのですが、分けても本作は、ゲーム感という意味では[Succubus Rhapsodia]辺りに近いものを覚えました。

分岐
▲初めの村を出ると二又に分かれた道が。片方は強めの淫魔が、もう片方は状態異常耐性のある防具が無いと苦労しそう……? いきなりどっちに進むべきか悩む

つまり見知らぬ世界に放り出されてスタート、
初めの村から出ればもう道が幾通りかに分かれ、どこを目指そうと自由ですし、淫魔もガンガン襲って来る。

ゲーム性としては他にも抑えてるデザインがある一方で、エロは今のBFシーンからすると初見ではやや淡白な印象か。
例えばBF自体は淫魔がアニメで動くとか、こちらの責めに応じて体位変更するとかは無しで([ROBFEOY][Sexy GIRLS HUNT]みたいな)
グラフィック的な派手さは控えめ。
かと言って執拗に煽ったり苛めるようなM系のセリフパターンが潤沢でもなく。

BF BF脱衣
▲出て来る子は軒並みおっぱいが大きいぞ。脱衣もあってこれが励みに

ただしイラストはなかなかの高クオリティ、更に
登場キャラクター数40体以上、基本CG50枚

なので、登場する敵はかなり多そう……、
全キャラに敗北逆レイプやダメージ脱衣もあるぞと相まって、
まさにいきなり召喚された異世界のなか、この世界の理を探りつつ、
たむろする淫魔たちにぶち当たっては撃退、新しい道・エリアを切り拓く……という手応えが面白そうなところ。

やり込み、探索感。遊べる手触りもしっかり


遊べるゲームデザインについて。

[Succubus Rhapsodia]似と述べましたが、あれほどタイトではなく、恐らく”初心者でも楽しめるカジュアルぽさ”がコンセプトにありそうな感じ。
(あちこちに居るNPCがツクールの基本操作まで説明したり、オプションで難易度設定もあり)
その上で遊ばせようとする煮詰め方が、なかなか面白いなと。

例えば一戦一戦は比較的易しいけど、でもエリアの最奥まで強引に進もうとしたり、油断してるとあっという間に敗北エロへ……という緩急あるバランスですね。

 サキュバス立ち絵 大技カットイン

淫魔が使ってくる技は拘束・状態異常系が多くて、万全の体制ならまず喰らないけど、
LV差があったり
(マップ上の淫魔にはあらかじめLVが見えていて、これが1ならラクだけど、2,3だと一気に危険に。
油断してるとピンチに、あるいはあえて挑むも良し……という選択感)
連戦連戦で主人公の発情度たる「Rust」という値が蓄積してると、回避できる確率もがくりとダウン。
一つの状態異常からあれよあれよと責め込まれて負けちゃう。

ボス
▲いかにも強そうなエリアボスにも行き当たる画像技もう一枚?

その状態になると敵のメッセージも変化して追い込まれを演出、
またRustが限界近く溜まってる時だけ繰り出される、カットインありの責め技や、
ある種の定番ですが「もっと責めて欲しい?→はいorいいえ」な選択肢も挟まれたり、
また敗北エロは相当な贅沢仕様(後述)だったり……
苦戦するに伴い、じょじょに淡白だったエロの印象も覆っていきます。

恐らく長い冒険の旅で、次第にエロの発見があるよう考えられた設計なのかなと。

バストアップ会話1 バストアップ会話2 デモ
▲どうも主人公が召喚されたのは本の中の世界、淫魔たちによる物語改変を防ぎ、呼び寄せた張本人の赤ずきんを探す……みたいな事もあるようですが、体験版範囲ではその辺はぼんやり


▲シリアスかと思えば、あちこちに変なノリの意味無しモブも配置されてるがまぁ先に進む楽しみと考えよう……

勿論というか、基本的な探索の手応えに、キャッチーなやり込み要素も備えていて、
前者はあちこちの寄り道ダンジョンに、隠し通路、
「暗いダンジョンなので、他で灯りアイテムを見つけてから来ないと」みたいな、あそこやってからこっちだな……と攻略順番を考えさせられたり。
フィールドで何か使い途の無い小アイテムをよく拾うなあ……と思ったら、それが後の合成屋で、縄×10でロープになって井戸に降りれる……といった発見の嬉しさ。

後者では、何だかんだあちこち進んでは死に、拠点に戻される事が多いものだから、その度にいつの間にか、新しい施設やお店がオープン。
BFで使ったスキルに応じて、「口・胸・お尻」それぞれの部位に熟練度があって、これが一定以上溜まると、実績解除で能力値がちょいプラス……みたいな事がたまにあると、続けようかなって気になる。

エロさ嬉しさの刺激を受けつつ、なかなか長時間、わくわく遊べそうな手触りだなと思いました。

テーマは”依存”? 2回めで、降参で、回想で……細かくテキストが変化する敗北おっぱいエロ


しかしエロであえて言えば、どうだろう、優等生的ではあるかも知れないけど、[Succubus Quest]から[Succubus Rhapsodia]にまで連なる淫魔・サキュバスへの畏怖さえあるような雰囲気が足りない(そもそもサキュバス縛りでもなく、割とモン娘的な子も出てくる)
あるいは[幻想世界マインディア]みたいな色仕掛けとか、
Mで言うなら、暴虐とさえ言えるほどの搾精(例えば敗北後、HP0でひたすらループで責められるフェーズとかは無し)
みたいなフェチさに今ひとつ欠けてるのでは……と感じたりも。

しかしそれも敗北エロの仕様に、”快楽への依存”こそテーマかとハッと気付かされました。

1回目敗北 2回め敗北

まず本作の特徴として『依存度』という値が採用されており、
これは一回負けると次からは”以前の敗北逆レイプを思い出し、負けやすくなってしまう”、
言わばもう同じ敵には快楽を刻み込まれてしまう、というものらしく。

そしてその状態で更に負ける……つまり二回目の敗北エロともなると見所で、
テキストが心なし”甘やかすように”差分変化、
「快楽に飼いならされた」「調教された」「依存させられた」といった表現で、むしろ初めての敗北エロより長いくらい……という始末です。

ここに本作、表紙絵からしても推してる
巨乳以上によるおっぱいプレイが大部分を占めます。
パイズリ・ぱふぱふ・授乳手コキ・騎乗位etc

で、エロシーンの構図はほとんどが大きな乳房に顔を埋めてたり、ムスコを柔らかに包まれたり……というもの。

ゴースト ゴースト1回め敗北 ゴースト降参エロ

そして更に驚くのは、そこだけで留まらずあと一段階用意されてること。
つまりBFにはほぼ付き物の「諦める」スキルを選んだ時で、
これも即死ダメージ、すぐ敗北エロに入る……なんてシステム的な物で済まさせず、主人公は「奉仕を全面的に受け入れる(嫌がってるのに射精させられる……ではない)」みたいな態度に、
そして相手の淫魔もそれに応じ「降参したカワイイ相手をがっつり責めて泣かせてやる」というテキストに差分変化。
まさに”降参”という内容になるのでした。

ただでさえ敵種が多そうな所に、このボリューム仕様。
プレイしていて、何かどんどん負けたくなる……まさに依存という、突き抜けた予感がありました。
(全ての敵に用意されてる訳ではないみたいですが)

ラミア立ち ラミアエロ
ハーピーカットイン ハーピーエロ
▲モン娘も割と多い様子。モン娘ならではの体躯を活かした描写もえろい

ちなみに回想の扱いも凄くて、
淫魔ごとに落とす特別アイテムを持ってると(つまりこれもやり込み仕様ですね)
回想部屋での再戦が可能になるのですが、
製品版ではここを特別に「ラブイチャエロ」仕様にする事も出来るらしい……という。
(力で負けて依存、降参で全力責めの後に繋がる……という事でしょうかね)

なかなか首尾良く作られた、BF冒険記でありそうです。