NTRが一大嗜好になった風情がありますけど、実際どうなんですかね?
ガチの寝取られ、モヤモヤに興奮するのは実はやっぱりニッチで、皆が好んでるのは「感じてはいけない相手なのに、イカされてしまう」だと思うんですよ。

それならスワッピング・寝取らせの方が、より戸惑いながら堕ちる女の子を堪能できるんじゃないか…? と開眼したのが[アモル魔法学園]でした(個人的には)。

今作はそんな寝取らせに、さらに「おさわりモノ」…!?
しかも主人公の女の子は褐色ギャルなのに純情…とこれは面白い。
さっそくプレイしてみました。


見た目褐色ギャル、でも純情な女の子。大好きな彼氏に頼まれ、チャラ男に抱かれる…


ノリも少しギャグめ、絵的にはwiiのアイコンみたいな、微妙な3D感が出てて人を選ぶと思いますが(だからこそ基本枚数も多いのですが)
そこで切り捨てるには、あまりに勿体無い作品かと思います。

一言でいえば、寝取り・寝取らせの”じわじわ”感がとんでもない。

立ち絵 コンドームカットインOPから「先輩大好き・流されやすい・恥ずかしいのでまだNGあり・学生なのでコンドームはしっかり」と前振り…

ストーリー的には寝取らせ性癖を抱える、熱血体育会系の男・夏次郎が、後輩で彼女のギャルぽい女の子(主人公)を説得、
女グセの悪さで有名なチャラ男に託すまでがOP。

その際にも「薬物は禁止・強引にヤるのは禁止・必ずゴムを付けること…」といったルールを課している事からも分かる通り、
しっかりと前振りのお約束あり、それを寝取り男が手練手管で押し切っていく…(女の方からおねだりさせれば問題無い、ですね)
という描写も実に執拗。

正直かなりシコでした。

チャラ男立ち絵彼女を愛してはいるものの、性欲絶倫かつ寝取らせ嗜好を持つ夏次郎は、最悪のチャラ男を呼ぶ…

”全裸になるとか無いです””キスは好きな人とだけ”と初めは警戒してた女の子も、
「酷い事をされると思ったら、頭を撫でられるだけ」
「エロ行為を依頼されてるから、擬似Hだけして口裏を合わせよう」という優しい提案にじょじょに心を許してしまい、あれよあれよと巧みに押し切られていく事に…。
(体験版でも確認できる範囲ですね)

彼氏に手コキ 立ち絵2ギャル風ですが、凄く尽くす主人公。大好きな先輩に説得され、寝取らせを了承した後も不安です…。描写の積み重ねがかなり上手い

また主人公の女の子像も良くて、見た目に反し実は純情、彼氏の先輩の事を慕っていて大好きで、
ギャル男にもじもじしながらNGを口にするも、たっぷり責められると、つい快楽とその場の雰囲気に流されてしまう。

そんな女の子の責められながらの内面描写と、
浴びせるようにチャラ男の豊富なセリフ、裏腹に完全に性欲の対象としか見てないモノローグ…というやり取りが終始興奮を煽りつつ、寝取りを進行させていきます。

凄まじく執拗に進行する寝取り・寝取らせ…! チャラ男の仕事が光る


主人公に近づくチャラ男立ち絵 寝取り男頭なで体験版でも見えますが、寝取り男も用意周到。初めは力づくではなく、まず信頼させる所から…

おさわりとして特徴的なのは、日をまたぐ事なく、ほとんど一回の長い長いHシーンとして展開してること。

ゆえに初めは頭撫でで信頼させ、”うっかり触っちゃった”みたいに胸を触って、少し感じてるのを確かめたら、“これくらいは普通でしょ”とブラも外す…とじょじょにエロ行為を広げていく感じです。
この段階がとてつもなく多い。

これにより、とてつもなく寝取りが執拗に・自然に押し切る感じになっています。

主人公に近づくチャラ男立ち絵2 おさわり1おさわり自体はクリック&ドラッグだけの簡単なものですが、次第に解禁していくのが実に寝取られとシンクロ。

まずお互いに下着を身に付けた状態で、格好だけの擬似Hをして終わらせよう…という事になり、
パンツの上から素股、そしてパンツの上から弄るはずが、
チャラ男特有の軽いノリで直に突っ込まれて手マンに、
抵抗むなしく一回イカされてしまってからは、濡れたパンツを脱ぐのもおかしくないムードに。

そして”もう一回”素股する頃には、もう傍から見れば、完全に全裸での絡み。
素股だから…と言い効かせてる所に、先っちょだけ入るも「先っちょだけならまだ浮気じゃないよね」となぁなぁに、
「バイブなんて今時、誰でも使ってるよ」と今度は”異物を奥まで入れる”事に慣れさせていく…。

「これだけ気持ちよくしてくれたんだから、お返ししてくれるよね?」と奉仕強要…とズルズル許容ラインを下げていく。

寝取りメールお触り中、いつでも”一方、寝取られ男は…”と確認可能。寝取りメールが届いています…

「先輩って紛らわしいから、本名で読んでよ。俺も名前で呼ぶし」とズカズカ距離を詰めるという要素もあり、
女の子の”先輩はこんなに愛撫してくれなかったかも”という心理描写、優しさと快楽でときめきつつある、みたいな比較ももちろんあり。

行為を指して、初めは”擬似H”だったのが”浮気”、”セックス”と重たいものになっていくとかも、実に芸が細かいです。
(またそれが既成事実として認めさせる事になり、女の子の行動を縛っていくのですね)

おさわり2快楽に葛藤するのが可愛いんだなあ

やがて「キスは好きな人とだけって、もうセックスもしちゃってるのに?
それとも、好きでもない人とセックスしちゃうビッチなの?」
と頑なに守ってたキスを奪ってからは、ピストンしつつ
「別に好きな人が二人居ても、本気で好きなら、それは浮気じゃない」
と”付き合う”ことを宣言させ、優しさに慣れさせてから、呼び方もじょじょに”お前”が混じり始め、横柄に。

ゴムありのルールを破っての生挿入に、女の子が「中出しは怖いです…」と嫌がる素振りを見せると、
「あっそ。じゃあ付き合ったばっかだけど、もう別れようか。なんか萎えたわ…普通好きなら中出しさせるだろ」
と不安にさせ、中出しを許可させる…。

おさわり3 おさわり4責めの組み合わせがめっちゃくちゃ豊富で、じょじょに堕ちを演出 「絶頂させる」も「寸止め」も場合によって加わります

二回目以降の中出しに至っては、
「そろそろ出るぞ! 一番気持ちよくなりたいな〜、どこに出そうかな〜」と男が言うだけで、女の子は嫌われたくなくて、
「中でっ、中でお願いします! そっちの方が私も気持ちいいし…っ!」と懇願してしまうように…。
(寝取り男のセリフがいちいち光りすぎですが、これでもほんの一部です)

寝取らせのじわじわ感に特化した、おさわりモノ


おさわりの動き的にも、その辺りを強調すべく作られていて、
例えば濡れたパンツを脱がす時も、わざわざドラッグ+クリックで糸を引くソレを脱がす動作あり、
奉仕段階ではちんぽを突きつけて、
「俺のちんぽどうなってるか分かる?」
「…先走り汁が出ています…」
「なら、どうすればいいか分かるよね?」と促した後に、首を傾けてちんぽを咥える、ってのがわざわざ3コマで細かくアニメしたり。

逆に言うと厳格に攻略の順番があるので、快感メーターがあって初めから好き放題できる…みたいのと比べると、窮屈ではあるかも。

シックスナイン基本の体位以外にも69・騎乗位・バックなどの体位あり。ボリューム的にも満足

だからこそ快楽で押し切ったぞ感があると言えばあるんですが、
当たり判定の表示とかも無く、途中、割と進まなくなって詰まることも…。

実は今も、バックから進まなくなって困ってます…
(基本は新しいコマンドを重点的に選べば良いぽいですが…。
正常位の中出し後にクンニに入ると、もう戻らなくなったり、バグもちょっとある?



輪姦編。男3人、女の子1人の場で、罰ゲームありのノリ… 描写上手いなあ


最終プレイの輪姦に入ってからがなかなか長くて、これはプレイと言うより、「輪姦編」だぞと…。

いかにもクソヤンキーとアホで調子乗りな男友達が駆けつけ、怪しいノリに。
でも即レイプとはいかず、初見だしゲームでリラックスしようよ(目隠しして、触った物を当てるゲーム。女の子の場合は当然…)
とか、この”じょじょに断りづらい罠にハメていく”をやりたいんだってのを、ひしひしと感じました。

クソヤンキー「一晩のSEXでここまで行っちゃった」感…。主人公の”大人しいけど、ヤリマンになっちゃう子”の雰囲気もリアルかも知れない

やっぱり描写上手いなぁって思ったのは、
アナル拡張のほぐす過程をきっちりやるとか(アナルビーズを1つずつクリックで挿れ、反応が変わっていくのを楽しめるナイス仕様)
アナルプレイで汚れたので風呂で洗いっこ→目の前で放尿させる→他の奴ら来るけど、服を洗濯しちゃってるのでエロ水着を着させる、という流れの自然さ(巧妙さ)。

輪姦の時も一人は童貞だったり、そのまま叩き込む一辺倒じゃなく、
一回3Pした後に、あえてまた一対一の奉仕に戻して、他の二人に見せつけて、また興奮してきたわ…となる緩急や(女の子は休めないので、まさしく輪姦)
そういう立て続けの中でも、人数が増えて生挿入・中出しへの抵抗が薄れてるって細かい所をちゃんと抑え直すとか、上手いなと。

輪姦一歩手前やばい雰囲気でもすぐ挿入にはいかず、こういうカットを挟む煽り方、良いよね…。微妙に怯えてる表情かわいいよね?

総じて、たっぷり前戯で女の子押し切るのも好きだし、その上、パイズリ、目の前で放尿させる、アナル拡張、輪姦…と、
プレイも意外に幅広くて、改めて満足度高かったな…と思いました。

ただ一点言えば、クリア後のフリープレイは任意に段階戻したかったかな(特に前戯)