*この感想は[エローン大君]さんに書いて頂きました。

アメコミ風ヒロインを待つ、様々なトラップや細かい演出に要注目


油断したら犯されるベルトスクロールアクション

普段はRPG・横スクロールACTを作る「アンコクマリモカン」さんが、ベルトスクロールアクションに初挑戦した「UNBREAKER」。
アメコミ風ヒロインならではの格好良い技を用いて、雑魚戦闘員やヴィランを倒すアクション!
とは言っても、そこはアンコクマリモカン製。エロ要素やリョナ要素をふんだんに盛り込んだ「エリョナ」な作品。
コンティニュー画面では「プレイヤーがヒロインをいじめられる」など、面白い要素が用意されておりました。
詳しくは、この予告版記事にてご確認を。技が出にくい人のためのアドバイスもあるよ!

「拘束されながらの悪退治」も出来る!?豊富でユニークなトラップが面白い


さて、予告版ではステージ1しか遊べなかったので、ステージ2以降のゲーム部分についてレビュー。
予告版の記事でも書いた通り、強力な技を出すにはゲージを溜めることが必要(一部技は体力を減らしても出せる)。
ということで、基本的には雑魚戦であっても泥臭い殴り合いが基本です。

偽ゴールに引っかかると様々な機械で犯される

ステージ2以降では、ステージ1にあった露骨な罠以外にも、床に置かれた爆弾や「偽ゴール」(入るとダメージ)など様々なトラップがてんこもり。
予告版記事では、「コンティニューすると拘束された状態で出てくる」としか書きませんでしたが、拘束された状態でそのままプレイ出来ることが発覚しました。
もちろん、攻撃能力も移動能力も著しく劣りますが、何だかんだで戦えてしまうのが面白いところ。
クリアにはもちろん向きません(というか多分無理)が、拘束状態特有のエロHアニメなども用意されていますので、楽しんでみてはいかがでしょうか。

全クリア難易度は低めも、鬼門面はあり ゲーム性は大味だが見どころはあり


実質的な難易度は全7面中、3面までは一緒ぐらいで、4面終盤あたりから上昇。
その中でも「5面ボス」は、インパクトある女ボス+見えづらい縄罠。
そして、唐突にシューティングになり、txtの方の説明書を読んでないとまず初見殺しの「6面」が鬼門になることでしょう。

シューティング面。操作に慣れないとかなり難しい。

シューティング面に関しては、ただでさえ自機が大きい(一応当たり判定は小さい)のに、弾避け・出るのが妙に遅い溜め撃ちなどが悩みどころ。
個人的には、通常ショット・溜め撃ちのボタンと、オートショットのボタンが分かれていれば、もうちょっと遊びやすくなりそうな印象です。

全体的な難易度としては、コンティニューのしやすさから低め。
ボス戦に関しても、脱衣コスチューム前提で作っている攻撃が多いためか、着衣状態だと出されない技が多かったりします。
そのため、ボス戦で負けても、コンティニューして技連発か、服が脱げるまでにボコボコに殴れば大体勝てます(5面ボスの縄罠も脱衣しないと出ない)。
ゲーム性を一言で言えば「大味」ではありますが、様々なギミックを使った「ベルトアクションらしさ」の表現は秀逸。
特に、罠の中でも「偽ゴール」は、「ゴールの後に進める道がある」のを見せてから、いやらしい位置に配置されていたりして感心しました。

「初ベルトアクションで、ここまで凝った作り」というのは、素直に賞賛すべき事だと思います。あと、一部エリアで配置されているタイヤで敵を一網打尽に出来るのは気持ちいい……。
ところで、先ほどゲーム自体の難易度は低めと言いましたが、意外なところで、このゲームの難易度は牙を剥くのです……。

ヒロピンのドリームランドを行く!?想像以上のボリュームのヒロインピンチ!


アンコクマリモカンさんと言えば、様々な趣向を凝らしたエロ!
というわけで、安産型の尻!ファイティングポーズを取るだけで揺れる胸!と、ムチムチな主人公のドットHアニメなどが予告版でも見どころでした。

ステージ2以降でどうなったかと言いますと、登場する雑魚敵などが増えた分、シチュエーションが一気に広がっております。
なぜか悪の基地内に紛れ込んでいる一般市民に犯されたり、女戦闘員にスパンキングされたり、定番の触手シチュ・異種姦など恥辱・屈辱的な場面がマシマシ。

ギシギシときしむ肉体、これぞリョナの定番

その他、「リョナの定番」とも言える、キ○肉バスターでのリョナ&ピチンと閉じたマンコ晒しなども沢山あります。
また、前述したコンティニュー後の拘束状態のまま進むと、拘束状態で無理矢理レイプされるドットHアニメも用意。
普通の人ならまずしないゲームプレイにまで目を光らせる、非常に細かい演出が光る作品です。
ちなみに作品全体としては、リョナよりはエロの方に寄った作品となっておりました。
個人的に期待していた、「プレイヤーが主人公をいたぶれる」コンティニューシーンに関しては、数こそ多いものの思いの外弄れる部分は少なめ。

 失禁しているヒロインにダイナマイトを挿してみたり、触手でアヘらせてみたり

1面のコンティニューシーンの自由度と比べると、「マンコとお尻にダイナマイトを二本挿し出来るだけ」だったりと、微妙に期待外れな部分がありました。
しかし、個人的に推したいのは、主人公・アンブレイカーではなく、背景で描かれた犯されているスーパーヒロイン達。
様々な趣向でモブのヒロイン達の犯され・事後シーンが描かれており、これがまた芸が細かいのです。
事後で描かれる姿から、「元々どんなスーパーヒロインだったんだろう」と、思わず想像させるよう作り込まれています。

 上に描かれたスーパーヒロインの顔が妄想を捗らせる

晒し台でのHがあると思えば、壁に尻だけが見える状態で、その上ヒロインの元気だった頃の写真が貼られていたり。
面によってはダルマ状態だったりして一部グロですが、面ごとに異なるのでついつい「次はどんなヒロインの無様な姿が見られるのだろう」とワクワクしてしまいます。
まさにヒロピンのドリームランド。主人公の痴態を見ながら、ドリームランドを巡るという意味では最高のゲームです。

より素晴らしい、自分だけのヒロインピンチシチュエーションを求めて……


実は、この作品で恐ろしく凝っているのは、ゲームオーバーCGだったりします。
コンティニュー時にNOを押すと、街の人がざわざわしている(この演出もなかなかクる)中、様々な形で辱めを受けるヒロインの姿が描かれます。
このゲームオーバーCGは、ゲーム中にレイプされた数によって変化します。

 レイプ回数が増えるほど無惨な姿に

これがステージ1の第1・2段階のCGですが、ステージ1の道中用ですら5段階用意されています。狙わないとまず出せません。
クリア後にCGモードで全解禁されるとは言え、ヒロインピンチ&陵辱は一連の流れがあってこそ興奮するもの!
そんなヒロピン大好きな方にこそ、このゲームはオススメです。

基本的に低難易度ではあるものの、油断をすれば犯される本作。
レイプ回数を限りなく抑えたゲームオーバー、逆にレイプされまくりでのゲームオーバーなど、様々な試行錯誤をついついしてしまう。
基地に乗り込むところから、ゲームオーバーで無様な姿を晒すまで、理想通りのプレイをしようとすればするほど、本作の難易度は牙を剥くと言えましょう。
自分の望むヒロピンストーリーを作る。そこにこそ本作のやり込みどころがあるのです。