DL同人エロゲのベテランサークルさんによる6年ぶりの新作、そして横視点ARPG…!
この手のものは[Kurovadis]しかり[ヴィータ大脱出]しかり、やってみるととても楽しく、たまに思い出したようにプレイしたくなりますからね…。
という訳で、さっそく予告版やってみた次第です。

⇒製品版の感想はこっちに書きました

たまに遊びたくなる探索ACTを、最高の形で


まさに”欲しかったもの”をそのまま堪能できる…という言葉が相応しそう。

まずゲームを開始すると、ジャンプがあと一歩で届かない高い足場に、鍵が無いと開かない扉…など「新スキルやアイテムを手に入れたら、いかにも通れそうな」場所を意識させられ(自動マッピングもあるから安心)
仕方なくそこを後回しにして進むと、立ち塞がるのがザコ敵たち。

通常戦闘 渡れない箇所
▲もちろんゲームパッドにも対応してます

こいつらと戦うにもキーレスポンスなどまったく過不足なく、ストンと腑に落ちる操作感で華麗に倒せば、レベルUPで能力上昇、攻撃力とか移動速度を任意に上げてみたり。
あるいはメニューから装備のチェック、途中で手に入る強化宝石をスロットに挿して好きなパラメーターを伸ばしたり、
後には敵が落とすクリスタルで新しい装備を購入できる場所もあったり…。
(アクションでお金とか装備の概念があると、ワクワクするよね)

まさにメトロイドとかロックマンXぽいというか、探索ARPGの”ああいう”面白さを出すのに尽力しているのでした。

装備 能力向上ステータス
▲装備や、能力付与のステータス画面。これだけでワクワクが捗る…

ちなみにクオリティ的にも、敵造形はうにょうにょ蠢き、何か汚い液体を飛ばしていくる…といういかにも後のエロ(丸呑み)に繋がる雰囲気をプンプンと出してたり、ふりふりした服装の主人公含め、全体にとてもアニメが細かい。

他にも面のテクスチャもかなり重々しい出来だったり、同じ状況でも主人公の発声が何パターンかあって華やぐ…
など、”最新の、リッチ感ある横視点ARPG”と感じました。

脇 入手後メッセージ
▲脇を見せながら細い管を掴み移動! ジャンプからの自動判定なので、特に説明されなくてもすぐに「分かる」この操作感ね…

そうして、乗ってる間だけ扉が開くスイッチに、少し離れて押せる空箱がある…みたいな定番なギミックをははぁと解き、二段ジャンプ・でんぐり返りという重要スキル習得に辿り着けば、「やっとお預けを喰らってた先に進める」嬉しさが。
”これであそこが行けるようになるな、それでこの先には鍵があるんだろうか?”
”あぁ、こことあそこは繋がってたのか…”みたいに把握できる気持ちよさを味わって予告範囲は終了。

まぁ面白くてつい続けちゃう気配が、既にひしひしとありました。

ブースター目視 ブースターメニュー
▲揃えたブースターや実績解除を眺めてにんまり

あえて言及するなら、そういう「ここを取った後に、こっちに戻って来て」という誘導が強制チックで鼻に付く作品もあるのだけど、本作は重要な行動スキル以外にも、能力を僅かに底上げする「ブースター」という物があちこちに散らばっている。
これが少し取りにくい箇所にありまして、例えば怪しい壁を壊した隠し通路の先とか、厳しめな飛び石の先とか。

他にも敵の撃破数や、足を踏み入った部屋数といった実績解除で上がる事もあって、”小さな成功体験”を連続で挟むテンポでもあるのですね…。

水中

先に挙げた通り、能力アップの方向や武器スロットではプレイの幅が大きく出るようにして、「部屋内のモンスターを殲滅しないと出られない部屋」とか、いかにも腕試しできる部分を設けたり、
逆に軽い謎解きギミックに、もちろんメインの新しい所へ進める…という楽しさも。

うーん、抜かり無いデキです…。
(逆に確立されたゲーム性すぎて、同人らしい捻りが見たかった…気もするくらい。まぁそこはエロ部分でしょうか…)

エロは丸呑み。力尽き系だけじゃなく、じっくり絶頂系も欲しい所だけど…?


のまれそう
▲主人公のふりふり衣装、アニメがかなり手間なはずですが、呑まれた時のギャップ重視で採用したのかな

本作は丸呑み御用達のアクションとなっており、(恐らく)エロもそれ系オンリー。

敵が飛ばしてくる汚い液みたいな飛び道具がうっとうしく、えぇい、一思いに近づいてばっさりと切ってやる…と近づくと、今度は敵の近接攻撃…ぽっかりと空いた口で急に襲い掛かってくる…に不意を突かれてしまう事があると。

戦闘丸のまれ1 戦闘丸のまれ2
▲丸呑まれてもがくボイスは、ちゃんと「くもぐった感じで」収録されてる? そのこだわりに驚きました。

そうなると丸呑まれ状態になってしまい、ボタンを連打して脱出するまで、じわじわ体力を削られてしまう。

本来なら主人公のスペックはかなり高く、そうそうやられませんが、長い探索で消耗しており、そのままHP0&ゲームオーバーとなってしまう事も。
(体力回復場所がほとんど無いのも、たぶんエロを誘発する為かな…?
ちなみにヤラレても手前の部屋からすぐリトライ、体力全快しますし、ほとんどデメリットは無い様子)

ムービー1-1 ムービー1-2 ムービー1-3

ゲームオーバーでは特別にムービーが流れる仕様となっており、
敵胎内のひだひだに取りこまれ、服を溶かされて、触手で犯されてしまう、
スライムに包まれ、じたばた暴れるも、やがて力尽きてしまう…
といったシチュを、大画面アニメで強調するのでした。

ただ一つ不満だったのは、個人的な嗜好ですが…、予告の3種の丸呑みは全てかなり荒っぽい丸呑みで、暴れて抵抗→やがて静まり返るというフローはあるものの、
(自分の好きな)愛液みたいなヌルヌルまみれで、性的に敏感にさせられ、じょじょに絶頂させられる…というじっくり系は無いのかなぁと…。

ムービー2-1 ムービー2-2 ムービー2-3
▲ザコ敵全てに丸呑まれムービーは用意されてるみたい?

ただ予告ムービーを見るに製品版ではレズ触手モンスターとかも居るみたいで、その辺りも気になるところです。