まだ予告:
タイムクライムパラダイム[どくりんごサワー]
*この感想は [さたける]さんに書いて頂きました。

マザーリスペクトな世界観とゲームシステム、そして独特のアヴァンギャルドでポップなイラストが人気となった「まりもエクステンション」。ゲーム内全てのキャラ、タイルが自作ドットで、全てのモンスター、立ち絵が自作絵、そしてキャラを動かす楽しさがある街並み……本当に素晴らしいゲームでした。

そのサークルさん「どくりんごサワー」の最新作はADV風のRPGですが、相変わらず全て自作のドットとイラストで独自の世界観を作り上げています。ゲーム性は前作と全く異なりますが、独自のシステムが輝いており、ただのADVとは全く異なる面白さが出ています。

本作はタイムループ物で且つそれをシステムに組み込んでいるのですが、それでいて話が破綻していない点が凄い作品です。近年ADV物のループは増えましたが、ループを自分で体感するゲームはまだあまり例がありません。

洗練された操作性を保持しながら昔ながらの懐かしさもあるUI


主人公は未来からやってきた息子のショタと共に過去改変を企む悪徳企業を撃退するため、暗躍する未来人が隠れ蓑にしている中華街を捜索することになります。

シュタインズゲートにリスペクトを受けたようなキャラ設定が見受けられ、「主人公が将来的に開発するタイムマシンは、スマホで連絡すると過去の自分に今までの記憶を引き継がせる機能」「主人公が彼を息子だと信じたのは、自分のみが知る恥ずかしい秘密の合言葉を知っていたこと」など同作を既知のプレイヤーは期待せざるを得ない状況です。

息子1 息子2
▲右側合言葉。シュタゲとは逆に、合言葉を話す側が恥ずかしがっています。

敵企業の目的は主人公がタイムマシンを開発する未来を残したまま、且つレジスタンスの旗頭である息子を殺す事。そのための手段は主人公に本来結ばれるはずの男性とは別の男と交尾・妊娠させて、息子の存在そのものを消すこと。そのため、ゲーム中で敵によって主人公が殺されることはありませんが、不用意な行動は貞操の危機に。

それに対抗するため、こちらもタイムマシンをフル活用して敵の謎に迫っていくゲームです。

本作はADVで、ツクールMV製ながらマウスクリックに対応(タッチスクリーンにも対応?)。自作オンリーのマップチップで作られた中華街の街並みを眺めながら人々と話してフラグを立てストーリーを進めます。中華街は横視点、建物中は全方位マップ。また、画面右には常に主人公の立ち絵が表示され、会話などで表情や立ち絵が変化します。

マップ1 マップ2
▲前作はマザーライクなので温かみのある自作マップが多かったのですが、今回は中華街や裏組織などダークさが漂うので雰囲気もそれに合わせているようです。

キャラの個性はしっかり作られており、未来でも母に振り回されたんだろうなーと思われる息子と主人公の漫才会話、ショタ狂いのファイナンス女社長に狙われる息子、見た目に反して損得勘定がしっかりしている中華料理店の店長など会話がなかなか面白く、物語としては細部もしっかり作り込まれています。

キャラ1 キャラ3 キャラ4

サブキャラとの会話は前作に引き続き大きなキャラの顔アップ画像が表示される中、アイコンを押下して主人公の行動を選択する形式。アイコンそれぞれに主人公のアクションがあり、SEEだと調べてTALKだと話しかけるなど。話しかけたら、たまに選択肢を選んだり……と、ここまでは普通なのですが、他のアイコンに遊び心があります。

HITだと殴り、PATだとナデナデして、SINGだと歌い、DANCEだと突然歌い出し……。主人公の突然の奇行にそれぞれ相手キャラの困惑した反応を楽しめます。そしてKNEADでおっぱいモミモミみたいなエッチなアイコンも。
製品版ではえっち度(淫乱度)が高くなるとHUG(抱きしめる)、LICK(舐める)、KISS(キス)、SEX(セックス)などの選択肢も。ただの冗談で終わるのか、それとも本当に実行してしまうのでしょうか。

踊り
▲同級生シリーズやEVEシリーズ、YU-NOもこんなシステムで、変な選択肢で主人公が突っ込んだり変な行動をしたり。90年代後半〜00年代前半のゲームもリスペクトしてるのかな

キャラ2
▲現在の年齢は姉弟ぐらいの差しかありませんが、果たしてエロアイコンは息子相手にも発揮するのでしょうか。

犯され戻りで知識を増やすADV、タイムリープを上手に生かしたシステム


平行世界系の旅をシステムに導入した事例は、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」、「ラジアンヒストリア」などがありますが、それ以上はあまり思い浮かびません。本作がインスパイアを受けたであろうシュタインズゲートはあくまでADVの域に留まっています。(偶然ですが、共に最近、YU-NOはリメイク発売ラジアンヒストリアはリメイク決定しましたね。)

おそらく、一つの要因は開発の複雑さですが、ツクールでもそれは難題で、最低限「プレイヤーだけでなく作中キャラも記憶を保持する仕組み」「並行世界を自由に行き来できる仕組み」「アイテムの制限(未来のアイテムを過去に持ち出せたら変ですよね)」などが必要になります。

本作はこの問題をそれぞれ解決しています。まず、核となるタイムリープ機能ですが、アイテム欄のスマホで息子に話しかけることにより、いつでもゲーム開始時点に戻れます。また、処女喪失や妊娠もタイムリープで無かったことにできます。これだけだと強くてニューゲームと同じ機能なのですが、「主人公が知ったことは次のループで活かすことができる」ことが特徴です。つまり、凌辱前提で情報を入手することも可能(と作中キャラも認識している)。

これに合わせて、解決するために複数の手順があることが特徴です。

第一章はあるホテルに潜入することになりますが、ファイナンス社長に紹介状を書いて客として一泊するか、ファイナンス社長から100万円を借りて中華料理店店長で鍵を購入して侵入する2通りの方法があります。ところが鍵を購入して侵入すると、それがバレていてあえなく囚われることに。ただ、この時に入手した鍵の形状を主人公が覚えたため、タイムループして鍛冶屋にいくと鍵を複製できます(体験版では不可能)。

おそらくですが、侵入がバレた原因は鍵を売った店長の密告だと思われるので、鍵を複製すると100万円がいらない(別のことに使える)&見つからずに侵入と2点のメリットが浮かびます。

紹介状ルートだと普通に宿泊できますが、情報は見つからず。上階のお客が従業員専用階への侵入を100万円で手伝ってくれることに。翌日に再侵入し最上階でボスを倒して一章クリア……という流れ。

つまり章立てで話が進み各章で「複数のクリア方法」があり、「タイムループを使ったトリックがあるルート」があるのが特徴ではないかと。また、ボス直前まで辿り着くと、タイムループ初日のみ、この時間・場所にワープできる機能が追加されるので、今後も一定の時間軸でワープ機能&様々な分岐で探索する複雑なゲームになりそうです。

ちなみに体験版でクリア可能な紹介状ルートだとホテル2Fの探索が不可能。おそらく製品版の侵入ルートではここを探索できて2章以降に役立つ重要な情報が入手できるのではないかと考えています(体験版では鍵を作れないため不可能)。

借金
▲100万円融資の担保に息子をショタ好き社長の質に入れてしまう母親。ちなみに紹介状ルートクリア時は100万円を使用済みなので、もしかすると侵入ルートは鍵のコピーを使って借金せずにクリアできるのかも。

また、面白そうな仕組みがアイテム。当然ですが、タイムループすると全てのアイテム・所持金が初期状態となります。その限られた中で戦闘用の体力増加アイテムと体力・スタミナ回復アイテムを購入して、イベントで使用できそうな重要アイテムを購入してはたまた、もっとお金が欲しければファイナンスではスタミナ消費でアルバイトができたりと考えるのはパズル要素が強くて楽しくなりそう。

アイテム
▲妊娠するとアウトなので妊娠を避けるアイテムやパールやナイフなど特定イベントや場所で使えそうなものまで販売しています。

安全な場所をクリックする避けゲー + 霊による凌辱エロ


ダンジョン(体験版は侵入時のホテル内)などでシンボル敵にぶつかるとエンカウント。戦闘は敵の飛び道具に当たらないにする避けゲー。画像のように画面上に敵の武器アイコンが並んでいて、この武器が下に落ちてきます。基本的には一直線に落ちてくるけど、遅い場合もあれば早い場合もあり、落ちる途中で左右に移動する場合もあれば、一番下まで落ちずに途中で喪失する武器もあり。落ちた後は再び画面上に補充されます。

戦闘

画面をタップすることで主人公がその位置に移動するので、武器に当たらないように避けていきます。武器アイコンにぶつかると体力が減り、0になると敗北してストーリーが進みます。また、ハートマークはエロ系の攻撃、ぶつかってしまうと右側の立ち絵を利用した戦闘中エロが発生します。

戦闘エッチ1 戦闘エッチ2
▲一瞬表示のカットイン演出

エロ攻撃の場合、体力は減りませんがスタミナが減少します。この値が低いと通常画面で歩く速度が遅くなるデメリットが。

これを避け続けると勝利し戦闘が終了。ボス敵などは攻撃速度が速かったり、武器が変則的な攻撃をするなど避けにくい攻撃を行い、そして攻撃がなかなか終了しません。

戦闘2
▲ボス戦は進むと敵の会話が変化し、それと同時に攻撃方法も変化します。

独創的な戦闘方法なのだけど、高い反射神経を要求するため、ADV,RPG好きのプレイヤーがこの部分で詰まってクリアできなくならないかは心配点です。私の場合、体験版ボス(Stage1ボス)の時点で体力増加アイテムを使用してギリギリ勝利できるバランスだったため、今後さらに嫌らしく強力なボスが出てきたら太刀打ちできないかも。アクションが苦手なユーザーのために、なんらかの救済策を用意して欲しいところ。

あらゆる手段で妊娠を迫ってくる敵組織、でもエッチは悲壮感少なめ


体験版で登場する敵はボス以外は性霊2種。そのため、霊による凌辱になります。霊なので服透過、処女膜も透過で犯されてしまいます。明るめと言うか、いざ犯される場面になると諦め気味で普通に主人公も楽しんでるのであまり悲壮感はありません。避けゲーの途中なので性霊エロのテキスト描写は控えめです。

戦闘エッチ3 戦闘エッチ4 戦闘エッチ5
▲スタミナが低い状態でエッチ攻撃を受けた場合に凌辱が発生します。と言っても凌辱成分は低め。

そして、肝心なのが戦闘で体力0になって敗北した時とホテル侵入ルートで拘束された後。ホテルの一室に監禁されます。アイテム没収状態なのでタイムループに必要なスマホがなく……。

敗北

そしてショタな男の子が宛がわれ1日1回中出しを強制されてしまいます。ここで母性反応に目覚めたのか、ショタを慰めつつエッチな手ほどきをして筆卸し。性のお勉強をしながら気持ち良く中出しします。

ショタエッチ1 ショタエッチ2 ショタエッチ3 ショタエッチ4
▲主人公はあまり気持ち良くなかったらしい。もしかするとエッチ度が関係するかも。もし同じ時間、同じ場所、同じシチュで段階差分があるなら面白い試みですね。

主人公の精神を破壊してタイムマシンが作れなくなる危険性が敵の事情にもあるわけで、深刻な凌辱とかはなさそうですね。1日1回なので段階的にエッチが進みそうですが体験版は脱出ルートしかないので1段階のみ。そして敵の幹部の会話を盗み聞き(情報を得たので何かのフラグになる?)して脱出するも見つかって永遠に監禁されることに……。これも体験版では確認できずでしたが、盗み聞きしなければ脱出できそうな気配もあります。

敵1 敵2
▲敵の内情を知れるのは現時点ではこの敗北後の脱出ルートのみです。

敗北後エロルートは第一章で共通のようですが、これだけでもショタと仲良く子作りエッチで妊娠、脱出がバレて永久監禁バッド、さらに別ルート?と分岐するようです。なお、永久監禁バッドでも何故かここでタイムループ発動。現時点で理由は不明ですが、謎の男が関わっています。

謎の男
▲冒頭とループ戻りが不可能な状態でのみ現れる謎の男

そしてエッチはえっち度や心の穢れが増加します。気になる点はこれらが知識と同じようにループしても蓄積される点。登場人物にセクハラのアイコンを試すことや様々なエッチが出来そうだし、穢れが溜まった状態だとバッドエンド系のシナリオもあるかもしれません。

エロステータス1 エロステータス2
▲プレイ方法によっては、淫乱処女とか作れそうですね。

また、製品版は服の開発や着替え機能なども搭載されたり、シナリオ分岐も多々に渡りそうで、それらを回収しながら謎が解明されていく様は、考察好きにも追及できそうな、ある意味YU-NOに通じる楽しみ方ができそうです。前作はマザーライクなゲームで人気を博しましたが、今作も別の意味で話題になりそうです。ホテルで情報を入手した親子は、今度は危険な旧市街に……どうなっていくのでしょうか。

機能
▲体験版未実装の機能。