111のデジ同人感想

気になったDL同人ゲームの感想を書いていきます。(18歳未満、閲覧禁止です)

2017年04月

SelectWorld〜勇者アミルの選択〜 (製品版)

RPGR18
2017-4-29

[SelectWorld〜勇者アミルの選択〜]の製品版プレイの感想です。エロRPGとしての求められるものを定番のエロやダンジョントラップ等で満たしながら、ゲームとしてのパーソナリティも前述のプロフィールシステムと親和性の高い豊富なキャラでアピール出来ています。それだけでなく、一般的なRPGとしての「スケールの大きい背景」「世界の謎」「大味ながらも面白いゲームバランス」という要素も持っているなど隙の無さも見逃せない所。ゲームバランスに関しては救済策がエロと一緒になっているので稼ぎが苦じゃない。ゲーム設計に関してはUI等も含めて制作者の方も一度目を通してもいいんじゃないかと思いました。

サリィの犯され売春白書 (体験版)

RPGR18
2017-4-26

[サリィの犯され売春白書]の体験版の感想です。ゲーム的には恐らく戦闘もない、「一つの街の人々に話し掛けてエロ」なADVタイプで、五章立てで分けられており、じょじょにお嬢さまが転落、ビッチになっていく様が描かれていく……のだと思います。ただ凄いのは、そこに登場するマップチップ素材は恐らくほぼ全てオリジナル、男女に限らず出てくるNPCには全て立ち絵が用意されている……という、製作者として一度は考えはするけど普通はやらない、ある種の力技を成し遂げてること。

ルシア・スクリプト〜千年王国の姫君〜 (製品版)

RPGR18
2017-4-22

[ルシア・スクリプト〜千年王国の姫君〜]の製品版の感想です。隣国の皇帝からの侵略を防ぐため、国内唯一の魔導士である王女が辺境のいざこざを解決する話です。エロのためのRPGとして作られており戦闘は簡単でレベルもサクサク上がり、頻繁にあちこちでエロが発生するRPGです。ボスには2回敗北すると戦闘前に撃破できる強力アイテムが入手できるため、凌辱ルートを目指すならレベルを一切上げなくてもクリア可能です。基本システムなどは体験版の感想をどうぞ。

クイーンズレガシー (体験版)

ACTR18
2017-4-21

[クイーンズレガシー]の体験版の感想です。淫乱にならなければ生き残れない!?女戦士が過酷な街で女王を目指す物語。ジャンルとしては「探索型アクション」ということですが、クエストや強化要素などRPGじみた要素も多分に含んだゲーム。注目すべき点は、やはりエロシーン。売春・敗北陵辱・ポールダンスなど、予告版内だけでも様々なエロシーンが想像できる内容となっております。

ルシア・スクリプト〜千年王国の姫君〜 (体験版)

RPGR18
2017-4-14

[ルシア・スクリプト〜千年王国の姫君〜]体験版の感想です。露出・恥辱をメインに据えたシチュが中心ですが、「大勢の前で輪姦・スカトロなど」「エッチのテレビ中継」「淫乱度が低い状態で強制全裸徘徊」など、ハードエロに属するシチュがほとんどのサークルさん。初期作からコンスタントに短編RPGをリリースし続けていますが、どの作品もサクっと普通のエロRPGだと中盤ぐらいかな……と思うエロから始まって、すぐに激しいレイプ描写に変化するお手軽さと実用性のあるゲームでした。本作はそんなサークルさんが初めて手掛ける長編RPGです。

August Arm[オーガスト アーム] (製品版)

ACTR18
2017-4-11

[August Arm]の製品版の感想です。August Armは、「倒した敵の武器を奪って、あらゆる敵を屠る」のがコンセプトのアクションゲーム。魂斗羅やメタルスラッグを彷彿させる爽快感ながらも、遠距離武器や近距離武器、多彩な武器を組み合わせる戦略性の高いゲームとなっております。使える武器は、分かりやすい強武器もあれば、癖の強いもの、どこで使うんだこんなものなど様々。しかし、場面によっては意外な武器が活躍したりと、プレイする度に様々な発見があり、恐ろしく中毒性が高いゲームです。