私の剣になりなさい!v132

ACT, 一般向け

waken (3)私の剣になりなさい!v132
 ★★★☆☆(星、3.0)
 プレイ時間:約6時間
 え? 「わ剣」? フリー版もあるのに何言ってんだよ・・・とお思いのあなた、わ剣シェア版(105円)は駄菓子屋のオバちゃんが手当たり次第にお菓子を詰め込んだのかよってぐらい、すごいボリュームなんです!
 まず全体的に難易度が上がっている印象を受けました。これにより必殺技の取捨選択の必要に迫られ、素直に良い改良だと思います。
 ミクみたいなレッドアリーマー「みっくりアーマー」が強かったり、「エッチな洞窟」なんてのがあったり・・・(シナリオの追加)
 クリア後にむちゃくちゃステージが出てきたり・・・
 そのステージでは主人公が変わって、都合4人にもなったり・・・
 ボス*2体でフルボッコにされたり、新ボスも追加されたり、
 チャレンジモードとかも用意されてたり。
waken(2)
 なんと「双子鏡VS想鏡」というゲームも収録です!(*数値を指定して対戦するゲームですが、雰囲気がいいのでかなり良い感じです。リトライして試行錯誤するのが楽しいゲーム。)
 
 先にあかん点を書きましょうか。
 『そもそもアクションエディターというツールだから』とあげつらうのは簡単なのですが、上げようと思った大体のことがこまフルで解決されてる事もあり、あんまり書いても意味ないのですが、あえて言うなら
 ・全体的に(自分味方問わず)動きに「タメ」がないのが、なんかスカスカした印象の原因か
 ・各ギミックによって、かなり真剣に取り組む姿勢が求められるけど、この操作感覚のせいで長時間遊んでるとどんどん気が抜けてくる
 ・ステージ多いけど同じステージで主人公違いってのも割とあるから、やっぱちょっと飽きる・・・
 ・「双子鏡VS想鏡」のキャラ絵と比べると、ドット絵の違いがスゴかった(でもこのドットはドットで、味があると思う。ネコとか好き)
 ・ますらおバリアーでガード成功しても(ダメージ食らった時と同じように)点滅する。仕様もあるかも知れませんが、やっぱり間違えがちなので、なんとかして欲しかった・・・
 
 ぐらいですかね・・・。
 でこの「わ剣」、作者・礼門先生のアクションに対するコダワリやギミックを端々に感じたので、それを受け取っちゃったモノとしては書かざるを得ない。気付いただけ書きましょう。
 ・選んだ必殺技によって、ちゃんと楽になる面などが存在する
 ・コインを取りに行ったらブロックに潰され死んだ(潰されて死ぬ指定はけっこう面倒い・・・と思う)
 ・ブロックに乗ったら天井まで昇っていって圧死(やられた・・・)
 ・ジャンプ台が追加されている
 ・敵だけど上に乗れる敵が存在している、これを利用すると・・・ってつい考えちゃいますなあ。アクション好きの性でしょうか
 ・ボスのメイドさんと戦うと、遠い距離からビームを放ってきた。こっちの撃った遠距離攻撃と交差する、しかしメイドさんはビーム中無敵だったので、こっちだけダメージ・・・
 なんかシチュエーションを感じる一コマでした
 ・遠くから遠距離攻撃を使うと撃ち合いになる敵。近づこうとすると途中に穴、そこを飛び越えると乗れる敵。穴と乗れる敵のちょうど間に着地しないと、敵に乗った瞬間上昇して天井死、あるいは穴に落ちて墜死。という場面もあったり。
 無事着地すると、さっさと近づいて敵を倒せる。
 試されてるな・・・と思った。
 ・飛び道具ラクショーじゃん、と思ったら効かない敵がいた。しかも丁度倒しづらい位置に配置されてたりするんだな、これが・・・。
 天井が狭いのでジャンプで後ろに回る訳にもいかない、歩いて近づく、正拳突き食らう、みたいな。
 waken (4)
 ・111は妖刀ますらおプレイにハマる(そういうカスタマイズが出来るのも魅力)
 遠距離攻撃が出来ないので、まさに男のプレイ。と勝手に決めつける
 ・ただしバリアーが張れるので、一部のボスキャラ戦がむちゃくちゃ楽になったぞ
 ・もう一つの特殊能力、強攻撃もMPをかなり使うので、配分を考える。様子を窺ったりする リスクとリターン。ヒットアンドウェイ。楽しい
 ・スコアアタックの最後に大量のコインがあり、スピード上昇の技とかあったけ・・・武器だけを強化するますらおプレイが裏目に出た、と悲しい思いをする
 ・そしてG獄めぐりなどの強いザコ敵ワラワラで挫折、必殺技のチョイスに走る
 ・やっぱり最終兵器の双子鏡と想鏡は強い
 ・バリアみたいのを置くのが面白い、ボスを罠にハメておろかものめ! かかりおったな! とかやりたい(しかしあまり有効利用できず)
 ・このバリア、みっくりアーマーにひょっとして有効だった?
 ・双子鏡最強じゃん! と思っていたら、今まで意味がないと思っていた、ふわふわ浮遊してる石版に、オート照準の必殺技が飛んでいってしまう・・・ やられた 計算されとる・・・
 
 ・剣振った時に姫野の上部に当たり判定がある。タイミング良く攻撃すれば、飛んできた敵を迎撃できるから。昔はこういう仕様のゲームあったねえ・・・
 ・大治プレイに入る。敵の細かい弾を除去できぬので、バリアみたいの中に入っていれば安全だ! ただしバリアにもHPがあるというバランスぶり
 ・大治はジャンプが高い、それに合わせてトラのボス(甲伊)は間を詰めてきやがる、どうりで難しいわけだよ・・・
 ・しかし緊急回避で空中に静止できる、なるほど。攻略。
waken(1)
 ・ボス2体が同時に出てくる。ネコとメイドさん。
 ネコは遠距離、メイドは近距離、しかもネコの方がHPがあって厄介・・・という煮詰め方、度重なるテストの結果でしょう
 ・実は超必殺技があるので、それに頼るとイケることに気づく
 ・どんどんダレて来たので、HP10にする(そういうカスタマイズも出来る)
 サクサククリア出来ると、これまた楽しい。飽きてきたら試すといいっす。
 ・水で逆方向に押し流される、という、割と面倒でほっといちゃう部分も作っております。そして流れに苦労してると、サカナがひゅん! と飛んできやがるという計算
 いやはや、105円なら全然OK、むしろグー! な内容でしょう。世の中には420円で1面を売ってる作者も居ることですし・・・・・・、すんません・・・