色々考えても、絵柄の違いだけで違う層にヒットしたりしますからねエロRPG 今週のまとめvol.208

今週の作品まとめ

 
今週(10/16~10/22)発売の作品から。

今週よく読まれた記事

1位
http://super-game.net/archives/China_Inferno.html
2位
http://super-game.net/archives/The_Revenge_of_Summoner_Jace.html
3位
http://super-game.net/archives/2051490.html
4位
http://super-game.net/archives/LAB2-UndeR%20GrounD-.html
5位
http://super-game.net/archives/MelticeQuest.html

(ブログに書かなかったけど)気になった作品

全部、体験版触った程度ですが。

[姫騎士屈服譚]

姫騎士を脅す立場になったおっさんが、発情薬とかに必要な素材を揃え、城内の特定の箇所(馬小屋など)を探し出して、そこにまつわるエロシーンへ……という事かな。
低価格ながらエロシーンがちょっとアニメ、加えてやり甲斐方面もきちんと。
素材集めのために結構広めの村やダンジョンが用意されてて、好きに出歩く。
敵が強いと判断したらドーピングアイテムを拾いまくったり、謎のちんぽ状の魔物を倒して仲間にしたりと工夫、強くなっていくのでした……と。
(一方でちょっと投げっぱなしの不親切さは感じた、かな?)

[陵辱施設]

むっ今回もよくあるツクールの見下ろしACTか、と思いきや(いやそれは[Qross]の方か……)
エロACTから着想を得たのでしょうか、
敵にぶつかると拘束され、感度ゲージが溜まる前に十字キーガチャガチャで逃げ出すのだ……
早くしないと立ち絵のエロがどんどん展開してしまうぞ……
というのは、少しだけアイデアな気がした。
他にも軍人設定の女性とか割と珍しいと思うけど、
結局始まってみるとダンジョンはただっ広く、軍の秘密実験みたいな結構重々しかったOP描写もあんまりヒロインを活かす方向には絡んでこなさそう……?
あと立ち絵エロももう一段階欲しかった、ピストンアニメとかも出来れば……という気持ちも。(誤字もちょっと気になる……)
これ系列のサークルさんはホントにあともう一、二歩練れば……って思うんだけど、まあ長打を狙うより、小型の作品を次々出す方が、何だかんだリスクもコストも少なく済むんでしょうね……。

[淫魔学園〜生徒会長『千堂彩華』の奮闘RPG〜]

まぁ内容的には広めの学園内をフラグを求めて歩き(これがヒントとかあまり無し、そもそもフラグ立てに必要な「自分で考えてる」感覚が薄くてタルい感じ……)
それを見つけたら戦闘へ、戦闘中のエロや敗北エロもあるぞ……、
戦闘で負けないよう、道中でアイテムとか拾い集めておくと良いかも……? というスタンダードかつ、そんなにゲーム性には期待出来なさそうなんですが、まあこの、妙齢の女性みたいな絵柄が非常にツボですね……。
OP初エロのオナニーシーンからして、ただのまんずりに留めず、
クリしごき・アナルいじりも兼ねたオッ、ナイスデザインであって、
しかも戦闘中脱衣の乳首ピン勃ち、裸ストッキング感に至っては、あぁ絵柄もですが性癖もフィットしてますねえ……と確信、
ツクVXAceだけど海外の謎技術スクリプトで解像度もかなり高くしてますし、うーん悩む、感がありました。
(もうちょっとゲームが面白そうだったらなぁ……)
なるほどプールや運動場に行くため水着や体操服に着せ替えたりも出来るのかー、なんて、当たり前の事でさえ絵柄がツボるとドキドキするから実にエロRPG、十人十色になるはずだわね……。

[真夏の夜の招宴〜The Midsummer Night’s Sabbat〜]

ボス戦へ向かう道中でランダムイベントが待ち受けててダイスロール、
そこを越えていざBF(バトルファック)に入っても、責め・回避などで逐一ダイス判定。
なかなか時間は掛かりそうですが、それだけにじっくり腰を据えたら面白そうなRPGかも。
(少しだけ[りりすばとる!]ぽくもあるかな)
ボス戦までの経過が良ければ準備万端で戦いに挑めますし、それがダメなら引き返して拠点でしこしこと強化するも良し……という流れかな。
このサークルさんも早3作目、1作目[性豪伝説〜桃色息子の一人旅〜]とかに比べると、絵とかはまだだいぶ癖がありますが……、だいぶ地に足着けて遊べるようになって来てるなーと。
(いや[性豪伝説〜桃色息子の一人旅〜]も「何かスゴそう」なんだけど、システムが優先してちょっと理解しづらいBFだった覚えがあるので……)
ダイスロールの機会が多すぎて実際ゲシュタルト崩壊する、
「そもそもこういうロールが面倒で、自動で確率判定するようになったのがコンピューターRPGなんじゃなかったけ」
とか思う所なんですが、相手の正体が不確定な状態で成否の値が伏せられたままチェック、
推測してみたり、1ターン費やし相手の正体を暴くか……みたいな駆け引きはなかなか面白く感じましたね。
(あとまぁロール、敵の得点から離れすぎてると「大失敗」で2倍ダメージとか、そうか、そういうのもアリか……と勉強になった)

[ぶらっどすくぅ〜る♪ 〜ときどきケガしちゃうけどツバつけとけばヘーキヘーキ(^0^)v〜(通常版)]

素材絵だしタイトルがこうだし、やたらグロいしで奇ゲー扱いされてそうですが、これ結構面白いと感じました。
[サキュバス・レイプ残酷物語]のグロ規制を考えると、DLsiteでは出なさそう?)
女子高生がゾンビひしめく学園から逃げるぞ……って見下ろしARPGですが、
武器が揃うまでは机とか花瓶を投げて抵抗するしか無いのだ、
敵に捕まれば結構な勢いでHP削られるし、死ねばグロだしという緊張感、
マップを移動してもどこまでも追ってくるボスのチェンソーゾンビ……
なんて、等身大の描写とパニックな抑えどころが結構分かってる感じ。
(なのでサバイバルというより、狭い学園で必死に逃げまくるのに近い)
ただおかげで難易度が結構辛い事になってて、せめて死亡時のリトライは直前スタートにして欲しかった……
セーブ箇所がこれまた、少ないんだ……。
(*[学校に潜むもの]の人なのか! 通りで地力はあるはずだ……)

[Nona]

丸みがあって、しかもどこか無機質で……という、SFグラがちょっと雰囲気出てる全年齢ゲー。
ゲーム的にはクオータビューのACT、ゆえに敵の後ろに回り込んだり、遠距離攻撃スキルを活用して戦うのが肝心だ……
って事なんでしょうが、斜めアクションをキーボードでプレイするのは慣れるまでかなり大変、でもそこがまた面白くもある……という。

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ
いたずら淫魔と願いの塔

[サキュバステイマー]はTRPG風、[りりすばとる!]では淫魔をパートナーにするアクションぽいぞという、毎回異なるゲーム性で面白さとエッチさを出してくれるBFサークルさんの最新作。
そして絵が何かいじらしくて可愛いというのも自分の好きなポイントでして……
今作の表紙も見て下さい、妖しいグラマラス淫魔が飾るのが通例なところ、
なぜかお料理をしてる女の子が!(しっぽそういう風に使うんだ)
システム的にはランダムダンジョンだそうで、これもサークルさんで初めてかな、楽しみ……。
初作[サキュバスハンター]が何故かツク2000製だったのも今は懐かしき思い出なのだ……
なりすまし催眠〜知らない間にあなたの子を身ごもっていました〜

安定作と実験作、あるいはそれらが混ざった作品……ってな具合にリリースされる商業同人さん、
今回はジャンルRPGとなってますが、恐らくADV寄りの催眠モノ?
置きに行った作品かな……?
アヘアヘ赤ずきんのえっちな散策

赤ずきんを題材にした作品って[逃げて!!赤ずきんちゃん〜捕まると犯される追いかけっこ〜]とか[本当はエロかった童話〜赤ずきんちゃん〜]とか[ドットエロ赤ずきん]とかもう定期的に出て、
しかも話が話なんで大体ゲームの流れも決まっちゃうんですが、
今作はタイトルから「アヘアヘ」を持って来る勇気、表紙から舌出しアホ面だ!

お金に困れば身体を売っていくことも可能。

微妙に「マッチ売りの少女」が混ざっているような……とも思いつつ、破壊していく姿勢がちょっと見てみたい

最近やってることを一言で

何やら[夏のアダルト創作祭2017]というのが開催されてる模様です。
(自分の乳頭エロトラップダンジョンβも参加すれば良かったかな……?)
後でちょっと感想、書いてみようかしら……
書きました。

他の方のブログ

うちに毎回、良い文章を感想寄稿して下さっているさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

【エロRPGレビュー】操魔の器 | ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜 – ゲーム中毒R18版 〜エロ同人ゲームの攻略・感想〜

エロRPG「操魔の器」の感想です。複数のダンジョンが存在するステルス系RPGです。ステルス系特有のエロイベントと戦闘エロが組み合わさっています。

過去作から今作までの3作を通した概観がさすが。
今回は対人エロ多め、しかも[オーレクタ砂漠の魔術師]みたいなステルス……!
なんなら今までの中で、個人的に一番好きそうな感じかも。

ハソユアが初めての方はどの対象に襲って欲しいかで初プレイ作品を選ぶのもありかなと。

単なるフォロワーではなくハソユア式ステルスゲームとして昇華したゲームだと感じます。

と、バシバシ分かりみのある文章が決まってるのも小気味良い。
さたけるさんが書いて下さった前作の感想↓
http://super-game.net/archives/%E8%8A%B1%E9%96%8B%E3%81%8F%E9%AD%94%E7%A8%AE-seihun.html
自分の初作の感想……↓
http://super-game.net/archives/1943579.html