アイリーン~ふたなり淫魔の呪い~ (製品版)

RPG, R18BF(バトルファック), 製品版の感想

体験版プレイ

製品版クリア プレイ5.5時間、エンディング3種類コンプ

超乳・爆根・ふたなり嗜好のBF。受け入れやすいライトな絵柄で良いインパクト

体験版でもふたなり同士のBF(バトルファック)、
しかも敵のチンポ生えたモン娘が戦闘中でも欲求不満のようにギン立ちペニスをへこへこ振るったり、負けると自分に白濁をぶっかけてしまうアニメとか、更に(体験版範囲の最後で垣間見えた)エッチ絵がある訳では無いものの、倒したモン娘を仲間にできるってなかなか無いぞと。
そんな「他には無い、ちょっと良い」箇所が幾つもある作品だと気になってた所に、いつの間にか割引対象になってて購入しました。

製品版では更にその数段上を行く「良い」ポイントがあちこちにあり、かなり贅沢な経験だなぁと満足しました。
……そうですね、個人的なゲームとしての実感を述べるなら、4000DL〜5000DLくらい行っても良いんじゃないかコレは、と思う程に感心致しましたね……。

超乳や複根みたいな嗜好の問題もあるでしょうが、認知の問題も多々あるでしょうから、製品版での驚きを幾つか述べてみますね。

汚いポケモン感覚でふたなり仲間を集めよう! ボスを味方に出来るとかなり嬉しいぞ

まず敵のモン娘、体験版ではタマ付き・大きめの巨根を見せつけて来る……くらいでしたが、
製品版範囲で迎える初の中ボスは、大きな乳房・ふたなりペニスが2本(言わば複根)というラミア。
で自分の性的嗜好だと複根まで行くと普段はけっこうキツイんですが、絵が割とライトだからかな、むしろ倒した時の両方の竿で射精してトロ顔ひくひくするみたいなアニメが余計いやらしいなと、ごく自然に受け入れられました。
これも絵柄の一つの上手さだと思う(ちなみに超巨根・複根・超乳キャラはいても複乳キャラはいない、というバランス)

あとワーウルフなんかは、これでもかとデカケツを向けたポーズでぽっかり空いたお尻の穴が物欲しそうにくぱくぱ。
おっ今度はアナル強調の構図かと、出て来る敵、出て来る敵に楽しみがありました。

細かい事を述べると、BFものとしても割と「状態異常」系の文脈にトライしているのも感じて、
例えば敵にスパンキングされる→「マゾ状態」になって、次ターン以降打たれるままになってしまうとか、
サキュバスの催淫→「催淫状態」になって、選べるスキルが「オナニー」だけに。
主人公が毎ターンふたなりオチンチンをコキコキするしかなくなっちゃう、みたいな演出ですね。
あと「膨乳」状態で、早く全部のミルクを出さなければ! と自分で搾る、というのが凄くツボでした。

そして更に、ラミアは複根ですから「挿入」攻撃されると膣・アナルの両方が拘束状態に、二つの穴から「抵抗」で脱出しないとみたいな表現がありますし、
あと、主人公が挿入してると、仲間の技が「挿入」から「Wピストン」に変わるとかも良いなあと。
(本作、細かい良さが目立つ作品でもあります)

でそうした強力なボス戦もあり、ただでさえダンジョンの道幅が狭くてシンボルが避けにくいうえ、BF故に一戦闘が長引きそうな本作、そこを切り拓けるのは仲間……と収集を目指す事になります。
遭遇する敵はぜんぶ捕獲可能、「精液を注いだ分だけ捕獲確率UP」というのも、言うなればふたなりの汚いポケモンをやってる感覚さえ少しありました。
(仲間が増えるごとに図鑑のキャラプロフイールが埋まっていくのも、手を掛けるべき所にちゃんと手を掛けてる楽しさですね)

実はちょっと頭を働かせると、マジメにザコ戦闘で捕まえる必要は無く、
序盤で買える「淫魔の耳飾り」から回想が可能に、ここでのバトルでも捕獲可能だし、あと昔戦ったボスとの戦いも回想できる=(通常では仲間にできないだろう)ボスも仲間に出来る、と気付いた時にはドリーム感ありました。

という事で、ある程度BFに苦労しつつダンジョンを進むのも楽しいものですが、過去のボスを狙って(捕獲率UPする方法とかを練りつつ)仲間にすると、かなりの強力さで世界は一変。
そういうきちんと考えて攻略できる、RPGの進行を抑えてるのも面白い所ですね……。

回想戦ってBFにおいては一つの重要な箇所になり得ると思うんですが、その通り、ここから戦闘負ける→敗北エロも見られたり、あと特殊戦闘の初期状態とかも調整できたり。
凄く研究してるなーと、ニンマリしたものです。

ギミックと納得感が楽しいシナリオ

でもう一つ「これこれ」と感心したのは、2つめの村ですよ。
DQとか昔のRPGを振り返ると、思えば村がただの通過点ではなく、それぞれ特徴を帯びた、特殊なイベントがある村とかあったじゃないですか。その感覚が蘇りました。

具体的には乳房が大きい女性しか居ない村がありまして、まぁエロRPGでよくありがちな(あんまり意味の無い)スパイスかなぁと思ってたんですが、
なにやら道具屋で売ってる母乳チーズとかが、今までの2倍くらいの回復量で半分くらいの価格。
設定ミスか? こんなん当然買うだろ……と購入しまくっていた所、後に「やられた!」となる逆手に取るようなギミックがありまして、非常に良く練られたRPGだなぁと確信しました。

性癖がネックになるかと思うので画像を張っておきますが、
中盤を過ぎるとかなりの巨根や超乳のボスとも対峙、でもそんな敵でもライトな塗りのおかげであんまり気持ち悪い感じがしない、ただただ頭が「いやらしいなー」というインパクトで埋め尽くされるのは良い経験でした。
ふたなり主人公 VS 超乳のBF、果たして今までこんなのがあったであろうか。
(このボスも頑張ると仲間にする事が可能で、スキル「超乳パイズリ」の説明が「相手のペニスが大きいほど大ダメージ」なのが素晴らしいなって……。
終盤は超巨根のボスがいて、そのイチモツを全て包み込んでる超乳って景色が目に浮かぶ……。(特別なカットインとかは無いものの、実際大ダメージでかなりチート級))

過去の作品的に元々謎解きADVの人だからでしょうか、こうなったからこうなるんだなという、
説得力とギミックの作り込みの部分と、性癖やゲームバランス的に「ここはもう思いっきりやっちゃう」部分が共存してるのが、かなり楽しいなと。

そのセンスが一番現れてるのは、エンディング分岐でしょうか。
(以後分岐のネタバレですが、書かないと説明できないのでご容赦を……)

___________ネタバレ_____________

というのも実は途中から日数がカウントされており、掛かった日数次第で

1.現魔王をそのまま倒すルート
2.(主人公の宿敵である)淫魔に現魔王が倒されてしまい、代わりに淫魔と戦うルート
に分かれるのですね。

1.のルートを見ると、現魔王は高貴で強いけどロリ可愛いのが、
2.のルートだと淫魔の呪いのせいで、だらしないキンタマと爆根を持て余し、とにかく穴があれば突っ込みたい、性欲お化けにされてしまっている。

そういう、ルート回収してこその楽しみがありましたね……。
(ただ分岐条件、注意深く観察してれば初めの村から「日数経過がある」と認識させる伏線はあるのですが、大体はいざ明かされてみて気付く……くらいだと思うので、そこはちょっと謎解きADVの筋金入りかつ不親切な所でしょうか。
時系列的に1.→2.は出来ても、2.→1.に戻る事は出来ませんからね……)

あと細かいなぁと思うのは、2.のルートに入る前、現魔王を倒すまで日数的に淫魔はどこで何してるの? って事で、実は途中で寄り道的に見つかる塔を探すと、そこで戦力を蓄えてる淫魔を見付けられるのですね。
そこで倒すとそのままED、ボーナストラック的な設定が分かる……という時系列を感じさせるシナリオの作り方、玄妙で頷く所でした。
(難しい印象を抱くかもですが、基本的にはセーブ分散してれば対応出来ると思う)

あとBF上の捻りとして、1.の現魔王ルートだと、出て来る敵はまだ魔王配下の普通のモンスター……
つまりふたなりポコチンではなく、駆け出し冒険者として普通の戦闘をしないといけなくて、セックスアピール満々だった仲間を急遽(役に立たないと思っていた)武闘派な子に交代して育成したりで結構苦労する、というのも意表を突く仕掛けでした。
(そして現魔王は普通に戦うとメチャクチャ強いですが、セックス技には無防備。
ロリなのを良い事に、嫌がる魔王をチンポ堕ちさせる主人公という構図に……)

逆に言えばまさに「セックスで世界を制覇しようとする淫魔」「普通に魔法力が強い現魔王」という関係性に納得が行く構造になっていて、うーむシナリオとゲームシステムが噛み合ってて唸る感じがありましたねえ……

_________ネタバレここまで_____________

テキストのあるエロシーン自体は少なめ、ではありますが

という事で実に楽しませて頂きましたが、ネックになりそうなのは

エッチシーン11

でしょうか。

エロシーンの大半はボス敗北、あと町でのイベントが少しですね。
(個人的にはBFだけで充分えろかったなーと感じましたが、やはりザコ敵ごとに敗北エロが欲しかったり、エロい名称の衣装が複数手に入るのに、主人公の衣装チェンジ無いのかーとか、あんなに持て余してそうな立ち絵なのに、NPC全員にエロイベある訳じゃないの? とかはどうしても思っちゃいますかね……)

数は少なめなものの、ボスですからその圧倒的な体躯を活かしたエロ描写が多く、どれも「とりあえず」なエロシーンが無いのが印象的でした。

例えば主人公の宿敵であるボス淫魔なら、超サイズのふたなりですから、周りを囲んだザコ淫魔たちにハーレム的にあれこれ奉仕させてやっと完勃起、お礼とばかり周りの淫魔を手マン、秒で潮を噴かせてその性技のスゴさを披露した所で、主人公に近づく。
基本的に女性器は普通な主人公、一体そんなの入れちゃったらどうなるの(完堕ち)……であるとか、
現魔王は一番の超巨根ですから「一度挿入すると、膣内で傘が拾ってもう抜けない」描写がえぐいなとか。

シチュをがっちり拵え、なかなかの長さで執拗に描けていたなと思います。

私もふたなりは強気な姫騎士が敗北で肉体変化([CrossinG KnighTMarE ~穢れ逝く聖女達への讃歌~]みたいな)
とかが唯一許容範囲で、それ以外はあんまり……という感じでしたが、いやはや、フタナリBF。
本作をプレイすれば、巨大なおちんちんやタマタマをぶらぶらさせ、性欲のまま、あーっという感じで射精してる女の子、
いかにもちんぽ快楽に支配され、相手も女子なのに一切配慮などなく、巨根を膣に入れたがる女の子……
といった嗜好がどんどん好きになっていきました。

あ、あと自分もそうでしたが、体験版冒頭で詰まった人は警戒するかと思うんですが、製品版の謎解きやギミックはあそこまでノーヒントでは無い、基本的に考えれば分かるので(作者さんブログで色々解答も出てるし)
ご心配なく……。

関連:
敵が仲間になるバトルファックって所で

[サキュバステイマー]


[淫魔の遊戯]

とかがが浮かびました。

あとふたなりBFって所で

[東方バトルファックジーコ ふたなり魔理沙は射精してからがキモチイイ変態女の子]


[CREATURE HUNTER]