少年退魔伝アシタ~決戦!鬼ヶ城の段~ (製品版)

ACT, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

モン娘の逆レイプHアニメ・CGが魅力 かなりガチめな横スクロールACT

▲敗北からの逆レイプシチュがたまらない一作 アクションゲームとしてもかなりガチです。

▲ちなみに上の動画は恐らく作者さんがプレイされたもの。無敵技の使い方が巧すぎる……。

マルメワークスさんの「少年退魔伝アシタ ~決戦!鬼ヶ城の段~」の感想です。
本作は、主人公の少年・アシタがモン娘達と戦い、ボスを退治していく横スクロールアクションゲーム。
完全無敵になれる技や、自動的に敵の攻撃を防いでくれるお札、攻撃力の高いダッシュ斬り。
性能が高い主人公ですが、それでも油断するとあっさりやられてしまう、難易度が高めなバランスです。
ですが、様々な救済措置が用意されている上に、様々な技・ギミックを使いこなせば一気に楽になる。
操作性も良く、慣れれば非常に爽快感のあるアクションゲームとなっています。

純粋にアクションゲームとして面白いのもウリですが、個人的に推したいのは敗北時のエロ。
やられてしまったアシタの周りをモン娘たちが取り囲み次々と逆レイプされていく……。
そして、お持ち帰りされてしまったアシタとモン娘のその後を描かれる。
アニメーション・CG共に高クオリティで素晴らしいエロさ。それに、画面上部に表示される臨場感ある台詞が加わり、興奮度は更に上昇することでしょう!
モン娘の種類も幅広く、ゲームとエロ共にクオリティ高い一作となっておりますよ!

様々な技を使いこなして敵を倒すのだ 救済措置はまさかのバトルファック!?

ストーリーとしては、

かつて世界を滅ぼした天魔王が復活し、あらゆる都市を破壊。
あらゆる人類を性奴隷にしていいという御触れに、配下の魔物娘達は人類を犯しつくしました。逆レイプ祭り。
そんな中で立ち上がったのが、おっちょこちょいでお調子者。スライム退治をして自分が剣の達人だと思い込んでいる少年「アシタ」。
世界が魔物娘達に支配され人類が絶望する中、アシタは強い使命感に燃えて、天魔王を倒しに旅だったのでありました。

と言ったもの。
状況的にはシリアスな感じですが、これらのストーリーが語られるOPデモはゆるゆるな雰囲気。
一度倒したボスキャラに会いに行くとスナック感覚でリベンジ戦を挑んでくるなど、結構コミカルなノリだったりします。

とは言え、アクションゲームとして本作はかなりの本格派。まずは軽くゲームとしての概要を紹介しましょう。
本作は、方向キーで移動やしゃがみを行い、攻撃・ジャンプ・ダッシュの3ボタンを使いこなして敵を倒していく、オードソックスな横スクロールアクションです。
主人公のアシタは剣の使い手。三角蹴りや兜割りなど様々な技を持っており、それらを上手く使いこなすことで敵をバッタバッタと倒すことが出来る、かなり爽快感のあるゲームです。
目指すは全7ステージ踏破! ……なのですが、本作は「コツを掴まないと難易度が高く感じる」アクションゲームなのです。

敵が多く登場するため、下手をすると1面でボコボコにされてしまう本作。
ですが、実はアシタ自身の性能は、横スクロールアクションの主人公としてはかなり高め。
上手く技などを使いこなせさえすれば、あっさりとクリアできるような難易度になっています。

小難しくなりますので詳しい話は一旦置いておきまして、本作ならではの特徴をピックアップ。

横スクロールACTとしては、盾のようなものがあったり、そもそも発動中はずっと無敵の技があったり、「主人公の防御・回避手段が多い」ことが、凄く特徴的です。
とは言え、盾や無敵技自体には攻撃力が全く無いため、物凄い数のモン娘達に囲まれてジリ貧になってしまうことに……。
矢を放ってくる敵、刀で攻撃してくる敵。個性豊かなモン娘達に合わせて防御や回避を切り替え反撃し、上手く場をしのぎ切った時は物凄く気持ちいい気分が味わえることでしょう。

一方で、雑魚敵を一撃で倒せるレベルの強い技が、何の縛りもなく出せるのも特徴でしょう。
もちろんモン娘によっては防御をしてくることもあるので万能というわけではありませんが、刀で切り裂くような「ズシャッ」と言う心地よい音と共に敵をサクサク倒すことができます。
心強い防御・回避・攻撃手段を上手く利用することがこのゲームのコツであり、楽しいところです。

しかし、これらの技を使ってもクリアできない……という方もいらっしゃることでしょう。
そんな方のために、経験値を使ってステータスを上げたり、パワーアップアイテムを購入できたりする、救済措置も用意されています。
純粋に敵を倒したりすることでも入手できますが、一番安全で稼ぎやすいのは「おっぱいに耐えろ!」という、いわゆるバトルファック。

パイズリをしてくる狐娘の指示に従い、素早くボタンを押すというちょっとしたミニゲームです。
一応バトルファックでありますが、アシタには反撃の手段はなく純粋にド根性で耐えているだけ。
ボタンを押すたびに回復こそすれど、徐々に減っていくド根性ゲージが無くなってしまうと射精してしまいます。
出来るだけ間違えないように素早くボタンを押し、可能な限り長くパイズリ攻撃に耐えればたくさんの経験値が貰えることでしょう。

ちなみに、「救済措置ありでもクリアが難しい……」という方のために、クリア済みのセーブデータも用意されております。
本作はエロアニメとCGが物凄く上質ですので、アクションゲーム自体が苦手でエロが楽しめないか不安……という方も安心。
後述しますが本作のエロシーンは非常に充実しております。モン娘達の逆レイプ姿目当てで買うだけでも、十分元が取れる作品ですよ!

コツを掴まなければ難しい難易度 攻略にオススメの技紹介

さて、これまでの紹介を読んで何となく分かる通り、本作はかなりガチの横スクロールACTです。
作者さん自身がかなりアクションゲーム好き&巧い方なだけありまして、一見すると高難易度。
しかし、強い技やテクなどに慣れてしまえば、縛りプレイなんかも楽しめる良バランスなアクションゲームとなっております。
様々な敵の数々や使える技など、ポイントとなるところを詳しく紹介していきたいと思います。

敵として登場するモン娘達は、攻撃手段も含めて個性的な娘達ばかり。
ジャンプで翻弄しながら近距離戦を挑んできたり、アシタの攻撃を防御してきたり、中には剣が届きづらい空中から攻撃してくる敵もいたりします。
そして、ステージ最後に登場するボスはどれも特殊な攻撃を持っている上、途中から雑魚モン娘達も集まってきて乱戦状態に!
それが故、「下手をすると1面でボコボコにされてしまう」本作でありますが、前述した通りアシタの技を使いこなせば実は楽にクリアできたりします。

ちょっとした「攻略記事」のようになってしまいますが、アシタの持つ強いシステムや技をいくつか紹介いたしましょう。

まずは、アシタの目の前に浮いている「お札」から。
近距離攻撃を防ぐことこそ出来ませんが、高ささえ合っていれば敵の遠距離攻撃を全てガードしてくれます。
しゃがみやジャンプと組み合わせることで、矢や火の玉を放ってくる厄介な敵の攻撃を防御しつつ、攻撃に転じたり様子見をしたりと色々な戦術を取れるのがいいところ。
いわゆる「盾」でありますが、この手のシステムがある本格派横スクロールACTは意外と珍しいので、敵の攻撃をお札で上手くガードするたびに物凄く楽しい気持ちになりました。

一方、技を見てみますと「↓+ジャンプ」で出せる「空蝉」の性能が物凄く高いです。
なんと空蝉は、その場でぴょんとジャンプして、敵の攻撃を全て避けてしまう完全無敵技。
ダッシュと空蝉は組み合わせることが出来るので、敵に囲まれてしまった時に使えば、移動しつつノーダメージで切り抜けることができます。
ダッシュ攻撃「雷鳴突き」も含め、ダッシュ絡みの行動がかなり気持ちいいのが本作の特徴ですね。

攻撃面では、「雷鳴突き」と「兜割り」が凄く重要。
雷鳴突きはいわゆるダッシュ攻撃で、兜割りはジャンプからの下突き攻撃。
どちらも攻撃力が高く、ほとんどの雑魚モン娘達はこの攻撃を食らえば、一撃で倒れてしまいます。
ただし、こちらの攻撃を防御する相手に雷鳴突きを使ってしまうと、反撃されてしまうことも。
そんな時はジャンプして下突き攻撃の兜割り。力強く振り下ろされた刃は、敵の防御をある程度無視してくれます。
これらを上手く使い分けて、自分を取り囲む敵達をバッタバッタとなぎ倒すのは非常に爽快感がありますよ!

さて、4つの技を紹介しましたが、実はこの技達を使いこなすだけで一気に難易度が下がります。
特に移動をしながら完全無敵になれる「ダッシュ+空蝉」と言ったテクや、攻撃力の高い兜割りや雷鳴突きでのゴリ押し戦法。
これらベーシックなテクだけでも、上手く使えば救済措置を使わずともラスボスまでいけることでしょう。

「たくさんの敵に対して、様々な強い技を持つ主人公で挑む」
技の使い方に慣れない初めこそ高難易度に感じますが、何度も挑戦して技を磨いていくうちに、高難易度に見えて実はもの凄く良好なバランスでステージが作られていることが分かることでしょう。
ちなみに、(一応難易度は下がっていますが)ギミックが分からないとクリアできないステージもあります。
ギミック自体は簡単ですが、焦って操作ミスすると一見「詰み」のように感じてしまう状況に陥ることも。そんな時は、上の4つ以外の技を試してみれば、案外何とかなるかもしれません。

惜しいところというより、エロACTであるが故の宿命で仕方がない部分ではあるのですが、ストレスが溜まりそうな部分が一つありまして。
先ほど紹介した技「兜割り」ですが、こちらは「剣術スキル」というものを身に付けていないと出すことが出来ません。
問題は、この剣術スキルが一定の体力減ると無くなってしまうことでして、体力が減れば減るほどジリ貧になっていきます。
剣術スキルには空を飛ぶ敵に有効な「朧斬り」という技もあるので、今まで普通に使えた技が使えなくなるのは、人によってはストレスが溜まるかも?と感じました。
ただ、本作は「モン娘が敗北した主人公を逆レイプする」というところがウリですので、追い込まれて負けてしまうというのも一種のロールプレイとして楽しめると考えれば、逆にいい演出なのかもしれません。
これは、本格的かつ出来が良いアクションゲームすぎるが故の問題ですので、個人的にはこのようなストレスが現れることは逆に素晴らしいことだと思います。

アクションゲームとしてのガチ感も素晴らしいですが、もう一つ個人的に凄くいいなぁと思ったところをご紹介。
本作では画面の上部に、アシタやモン娘達の掛け声や負け台詞などの台詞が表示されます。
勝負の臨場感を盛り立てるというのもありますが、台詞だけでもキャラ達の性格が伝わってきて、自然と愛着が沸いてくるんですよね。
あと、ボスが名乗りを上げてる間に攻撃しちゃうと、ちょっと台詞のサドっ気が上がる(※ボスの体力も上がる)など、思わずクスッと笑ってしまうようなものもあり、ステージを進めるのがかなり楽しかったです。

敗北すれば魔物娘達に取り囲まれ連続逆レイプ ゲームオーバー後のHCGの質も高くオススメだ

プレイしているうちにキャラ達に愛着が沸くということは、その分エロさも高まってくるというわけでありまして。
本作はアシタが敗北した時、モン娘達に逆レイプをされるという分かりやすいシチュではあるのですが、

このような感じで「倒れたアシタをモン娘達が取り囲む」という、素晴らしい図が展開されます。
まずは「野外でやるか屋内でやるか」を選び、そして「どのモン娘達に逆レイプさせるか」を選ぶ。
愛着が沸いているだけに、どんなHな姿を見せてくれるのか凄くワクワクしてしまいます。

こちらでのHシーンは全てアニメ。上に表示されている台詞と一緒に楽しむのがオススメ。
ピストンの加速・減速はもちろんのこと、アニメをズームすることも出来ますので、各モン娘達の細かいところまで堪能できますよ。ゲーム中では「クールな娘なのかな?」という印象だった娘が、逆レイプでは積極的な意外性がいい!

また、「選びたいけど悩む」ですとか「ハーレム(?)状態を味わいたい」という方のために、モン娘達が代わる代わるアシタを犯していく「オートモード」などが用意されているところもいいですね。
オートモードでは場のボルテージという概念が用意されており、ボルテージが上がると逆レイプが更にエスカレートすることも!
様々なモン娘達に好き勝手に弄ばれている感を煽る演出として、なかなかに素晴らしいシステムだと思います。

そして逆レイプ終了後には、お持ち帰りされたアシタの「性奴隷としての末路」を描いたHCGを用意。
敵キャラの数だけ基本CGがあり、台詞差分が1枚用意されているなど、こちらもまた楽しめる要素となっています。
ぼんぼりに照らされた部屋の中で言葉責めされるなど、絵や台詞のクオリティが高く感じ「ゲームも面白いのにエロまで凄いとは!」と驚きました。
ちなみに、敵キャラは全部で24体で、なんとそれぞれにHアニメやHCGが用意されております。本作のボリュームは本当に凄い!

ちなみに回想モードでは、複数のモン娘を選んで敗北後でのHアニメパートを再現することが出来ます。
機能の便利さもさることながら、「奴隷調教許可証」などインターフェイス自体も面白いのがなかなかに好みだったり。

コツさえ分かれば誰もが楽しめるゲーム Hコンテンツの充実っぷりも見逃せない

というわけで、マルメワークスさんの「少年退魔伝アシタ ~決戦!鬼ヶ城の段~」の感想でございました。
一見すると高難易度。しかし、強い技を上手く活用したり救済措置を利用することで、難易度がグッと下がる。
「強い性能を持つ主人公」を前提としたバランスの取り方が面白く、そしてかなり良好なバランスな点が凄いゲームだと感じました。
かなり歯ごたえのあるゲームですので、アクション好きはまずクリアを目標に。自信のあるアクションゲーマーは無強化縛りでのプレイで楽しむことをオススメします。
もちろん、アクションゲームが苦手な方も、クリア済みセーブデータを利用することでエロシーンを満喫することができます。
まずはゲームに挑戦しながら、そのエロさを堪能してみるといいでしょう。エロだけを味わうというのは、本作の雰囲気的に勿体ないですしね。

エロ面に関しては、「敗北した主人公をモン娘達が取り囲む」という絵面がまず素晴らしい。
そして、倒されたアシタが次々と逆レイプされていくHアニメ。シチュ・台詞・アニメ共にたまらないものがあることでしょう。
また、Hアニメだけでもかなり満足できる内容なのに、それにHなCGまで付くという豪華な仕様となっております。
ゲームパートで愛着が沸いた敵キャラ達が、逆レイプアニメやCGの時に見せる別の顔もたまりません。
凝ったHシーン・Hコンテンツの量ともに素晴らしいので、モン娘好きなら非常にオススメですよ!

ちなみに、本作のセーブデータを引き継げる次回作「少年退魔伝アシタ ~天空の城・アルマガーデンの段~」が発売予定となっております。
本作はタイトルからして和風な雰囲気ですが、次回作の舞台は魔法の国!
ゾンビにサキュバスに狼女に、様々なモン娘達が登場する予定ですので、非常に楽しみです。