SUPER 117 〜帰ってきた天気予報〜 (製品版,アップデート追記)

ACT, R18製品版の感想

2018/05/22、計6人めの新キャラの追加……という事で、地道に重ねられたアプデ内容が気になり、3年(以上)ぶりにプレイ。
面開始時の「ヤマーン」のボイスとか、あぁこんな感じだったなぁと思い出しつつ、作品発売時の感想だと今いちその凄さが余り伝わってない気がするので、アップデートで重点的に充実した箇所、すなわちエロについて改めて言及してみる。

3年半でエロボリュームは倍に。改めてこのエロドットアニメの凄さ

ゲームの原点という事だろうか、少し市場が落ち着くと定期的にドットエロが見直されるというような所があって、最近でもドットエロをちょっと面白い形で見るアプリがヒットしている訳ですが、初登録からキャラが3人追加、ボリュームが倍となった本作、まずその側面でも誇れるなと。

そもそもキャラ一人と書けば軽いけど、その一人ごとの段階が相当、用意されている。
感度を一気に上げるクスリが購入可能になった事で分かりやすくなったので改めて数えてみると、女の子一人に付き、
基本体位・2回くらいイカせた後に紅潮しだす差分・いつの間にか服がはだけている脱衣差分・イカせまくり、快楽に喘ぐようになった辺りで体位変更・そしてそこから尚も繰り返し責めると、マグロのようになる失神差分……
と段階変化が凄い。

段階エロがえろい、それは分かっているけども、なかなか手間が多すぎてそこに真っ向から取り組みにくいのがドットエロアニメ。
でも本作は脱衣といった差分だけでも苦労なところ、途中でまったく別体位=新規アニメにも移行する、という凝りよう。(ドットの大きさも結構大きめだと思う)

そして更に捕まえた時のオプション人数に従い、輪姦にも発展する。
おまんこをパンパン犯し抜きながら、口でも別の男が勝手に動き射精する、背景では交代待ちの男がシコシコ……
なんて組み合わせが全員分あるに至っては、エロドットアプリとしても、エロACTのエロシーンとしても驚きの充実でしょう。

ドット質だけでなく、エロシステムもしっかり確立しているからこそのアップデート

そしてもう一つ改めて言いたいのは、このドットエロが単なるアニメの再生じゃなく、システムを伴い、そのえろさを底上げしているということ。

基本的には抵抗する女の子を強制的に感じさせ、イカせまくって言いなりにする……という嗜好、
その為にGスポを探し回れ、一度や二度射精したくらいではまだ理性が残っているぞ、精力剤を買い込んであり余る精液漬けにしてしまえ……
という事で、これだけ取れば、例えばFLASHのおさわりとかでもあったかも知れない(嫌がっててもゲージ上がると反応が変わる、とかね)

ただ初めは快楽ダメージが余り捗らず、ゲージが微動だにしなかったのが、一度二度とイカせるうちにダメージ量が増えたり、クスリを投入すると(専用の反応はそれほど無いものの)一気にダメージ量が激増して、今してることの雰囲気が出る、方向キーで快感スポットを手探りするなどの
『数値がエロの意味を重くする、なんなら数値だけ見るだけでもエロイ』
というのは、まさに当時の説明から書いてある通り、バトルファックの真髄にRPGとは別の形で迫る趣だなと。

……などと難しく考えなくても、ゲージが0近くなり女の子の切羽詰まったセリフと共に方向キーを入れてると、本当に「おらっ、イケ、イケッ!」という猛る気持ちのシンクロ度が半端なく、実にシコれるのである。

このシステムは本当に優秀だなぁ……と思うわけで、ならばただキャラを増やす、コンテンツを増やす、というアップデートに取り組んだのも充分に納得だった。
(ただ新奇性には欠けるだろうから、改めてこうして書いている次第……)

やり込みを考え、改めてゲーム部分も楽しむ

ACTとしてはどうしても画面の下部でなにやらチマチマ戦い、パワーアップすると賑やかかつ、しっちゃかめっちゃかになってしまう印象だったのだけど、
今回キャラも増えたし、お金や精力剤を集めてクリア後リザルトのイキLV4を目指すぞと取り組んでみて分かったのは、けっこう1プレイごとに幅が出るようになっているんだなと。
その中でも定石はあって、カメは二段ジャンプを落としやすい、ネコは爆弾発射数+を落としやすいってんで初期のタイミングでもフォーメーション攻撃を使っていこう……
とか分かると、なかなか面白い。

一回死んでも残機が残ってる限りパワーアップは残るんで、じゃあ初めの方は強くなる為のプレイなんだな、って考えると、もうさんざんネタを仕込んだレトロキャラを眺める余裕もあったり。
いわば繰り返しプレイに耐えうる為の賑やかさであり、ルート分岐の多さという意味で、(元々のネタの)再解釈をされてたんだなーと。

ちなみに恐らく今後、割引キャンペーンとかには不参加っぽいので、気になった時がまさにその時、購入タイミングと言えるかも知れません……!

関連:
レトロラブな感じ、

[スモモシアター]
とか

[SAKURA Town 三丁目の男ver1.8D]
とか

[マイティフェイタルファイト]
とか

[URBAN CHIMPON]
を思い出したのです