シーイルサーバー (製品版)

ACT, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

シーイルサーバー
シーイルサーバー[ふろねずみ]

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

攻撃は全て仲間頼り。特殊に見えて、とっつきやすいシステムなのだ

「攻撃できない主人公」で敵を倒すのだ!レッツ非暴力・不服従!
ふろねずみさんの「シーイルサーバー」の感想でございます。
本作は、画面内にいる女の子な敵達を倒していくアクションゲーム……なのですが、システムが非常に特殊。
何しろ、主人公であるエキシルは直接攻撃の手段を持たず、ゆかいな仲間達(モンスター)を召喚して戦うのですから。
特殊なゲーム性故に新鮮な楽しさがあり、エロとしての楽しみ方も独特な本作。
ただ、体験版の説明書を見たら一見「難しそう」なんて思ってしまいそうなシステムなので、簡便かつその面白さをお伝えできればと思います。

進め進めものども 仲間達を呼んで戦わせる他力本願系アクション

シーイルサーバーは、女の子の主人公・エキシルが博士に見送られ、(現在)全3階のステージを攻略していくアクションゲームです。
ステージをクリアして、探索していくと様々な資料を発見。
これらの資料から「一体何が起きたのか、主人公は何者なのか」などのストーリーが明かされます。

操作に使うキーは「方向+7つのキー」と比較的多めですが、基本的には「攻撃」「ダッシュ」「仲間召喚」の3つ。
残りのボタンは場面に応じて使います。

まず、本作の一番の特徴的な部分は「主人公が敵を直接的に攻撃が出来ない」というところ。
その代わり、主人公は「MP」を消費して、仲間を召喚。
仲間に攻撃をさせることで、敵となる人間を倒していくのが、本作の基本的な流れとなります。

召喚する時はまず「仲間株」を召喚し、方向キーで動かしながら仲間を召喚する場所を決定。
出来るだけ敵の近くに召喚したいところですが、仲間株が敵や障害物にあたると破裂してしまい、仲間が召喚できなくなるリスクがあるところがなかなかにニクいです。

エキシルの仲間達は、

ゾンビ:体力・攻撃ともに本作ではオードソックスな性能。動きがノロいのがたまにキズ。
カエリーヌ:カエルっぽい生物。動きが早く攻撃性も高いが、体力が低い。
ウーリン:触手。自分からは一切動かないが、接触した敵を捕まえる。
スティーブ:豚顔のオークっぽい生物。体力高い、敵を吸い寄せて捕まえると高性能だが、動きはやはりノロい。
コンチウ:飛虫。カエリーヌの上位互換のような性能だが、いかんせん虫なので体力が無い。

の5種類となっています。最初に呼び出せるのはゾンビのみ。「元珠」というアイテムを入手すれば、他の仲間が徐々に召喚できるようになります。
召喚する仲間は、2つのキーを使って瞬時に切り替え可能。
ですが、ゲームスピードが遅め&MPの制限があるので、焦らずゆっくり考えながら切り替えましょう。
ちなみに、スティーブ・コンチウはそれぞれゾンビ・カエリーヌの上位互換……と思いきや、別の弱点を持っていたりも。

MPが無い時でもHP消費で召喚できますが、結構ガッツリHPを持っていかれるので要注意。
力尽きた敵の女の子が犯される際にHP回復ができるため、強引に乗り切ることもできますが、できるだけ避けたいところです。

仲間を攻撃してわざと破裂させる!? 仲間達の死をチェインさせ、敵を全滅させるのだ

ゲームのジャンルとしては、メトロイドヴァニア+ベルトスクロールアクションを足して2で割った感じ、と言ったところでしょうか。
エキシルが探索するエリアには、扉が設置されているエリアがあります。
部屋に入ると、犯されたモブ娘がいたり、資料やエロアニメの収集ができたりと、様々な恩恵が受けられます。
しかし、扉に鍵がかけられていて、入れない部屋も出てきます。そこで重要となってくるのが、「敵全滅」ボーナスです。

エリア内にいる敵の女の子を全滅させると、HP・MPの全回復のほか、最大MP増加や扉のカギなどのアイテムが入手可能です。
そして、敵が無力化=エロも見放題ということで、倒れた女の子達を人外な仲間に襲わせて、ドットアニメを堪能できるのでグヘヘヘ!
敵全滅ボーナスでMPが充実しているから、仲間も呼び放題だぜ!

ちなみに、扉のカギは敵全滅と同時に外れる仕様なので、わざわざ1つのエリアにある鍵付き扉を開けるために複数のエリアを探索する必要はありません。
そのため、鍵付き扉が無いエリアは、HPやMPの温存のために、戦わずそのまま駆け抜けることもできます。
しかし、召喚できる仲間が増える最大MP増加アイテムは、ゲームだけではなく「異種姦乱交」を重視したエロ面的にも超重要。
どのエリアの敵全滅ボーナスに、どのようなアイテムが隠されているか分からない以上は、全エリアでの敵全滅踏破を目指したいところです。

また、一見普通のベルトスクロールアクションのようですが、実は「ライン」が引かれており、その中で主人公・敵ともに動くことになります。
「どのラインにどの仲間を召喚するか」という戦略的な部分が重要になる本作では、ベルトスクロールアクションのY軸を細かくしてしまうと複雑になってしまうので、非常に良い割り切り方だと感じました。

もう一つ、操作方法の説明の時に「攻撃」と書きましたが、本作では主人公が直接攻撃することはできないはず……。
では、誰を攻撃するかというと、そう「仲間」です。
ゾンビなどの仲間はHPが尽きると破裂し、同じY軸に仲間がいると連鎖的に破裂します。
この連鎖的な破裂によって敵へのダメージは増大。多数の仲間が一気にチェインすれば敵は地に伏すことでしょう。
ちなみに、チェインで破裂した仲間はMP回復アイテムを残してくれるので、きちんと立ち回ればMPで困窮することはありません。

もちろん、敵からの攻撃で破裂した際も連鎖的な破裂は起きるので、
「仲間を別ラインにあらかじめ配置した上で、わざと攻撃をさせ誘爆ダメージを狙う」こともできます。
パズル的な楽しみ方が出来るので、すごく面白いシステムですね。

実は「仲間を召喚するための株」に関しても、敵の女の子や障害物に当てた際にチェインの火種となるため、
「敵の女の子をゾンビ等で囲む → 株を敵の女の子に当てる」
で大ダメージが与えることができたりも。
敵の配置や性能、そしてステージ次第なので通用しない場面もありますが、チェインの演出も相まって成功すればかなり気持ちいい……。

仲間の組み合わせで変わるエロドットアニメ 敵の倒す位置を調整すれば、ウハウハな乱交状態に……

本作のエロは、主人公自身が犯されるアニメデモと、敵を倒した後に仲間に襲わせるドットアニメで構成。
アニメデモはゲーム中で探索すると埋めることが出来ます。
ピストン速度などをかなり柔軟に操作できるほか、アニメデモの精液のあり・なしも切り替えられたりも。
エロドットアニメも含めてですが、全体的に「おっぱいの描写へのこだわり」が強く、アニメデモをスピードアップさせた時のおっぱいのバルンバルンと動く様は必見です。

そして、本作で核となるのがゲーム中に行われる、ゾンビ達によるレイプなエロドットアニメ。
ご想像の通り、倒した女の子達にゾンビ達を差し向けて犯すアニメがメイン。
とは言っても、背景などの演出のみに登場するドットエロアニメもあり。もちろん体験版では見られない部分が多いので、製品版でのお楽しみですね。
稀に、エロに巻き込まれていない女の子がいて、本編のゲーム性やストーリーとのギャップでかなり和みました。そんなことしとる場合かー!

さて、敵女の子がゾンビ達に犯される様子を見る、それだけがシーイルサーバーのエロシーンではありません!
何せ、「SP」というゲージがMAXになった時は、主人公まで犯されてしまう可能性があるのですから!

「SP」は主人公の持つ「HP」「MP」に次ぐ、第3のゲージ。何を表しているかと言うと、「性感」であります。
敵の女の子達は犯された時、ハートのアイテムを出すのですが、HP回復などの効果が得られると同時にSPが上昇します。
その結果、SPゲージがマックスになると、画面がピンク色になって場はまさに発情空間!

ゾンビ達の仲間の動きが明らかに活発化。発情空間ならではの特有な攻撃(SP攻撃)を繰り出し始めます。
敵の女の子達を蹂躙していく様子を見て、これはチャンスと安易に近づくと、なんと攻撃対象が主人公に代わってしまうのです。

そのまま攻撃を食らってダウンしてしまうと、仲間であった者達に犯されることに……。
敵だけではなく、状況によっては自分まで犯されてしまうのが、本作の特徴の一つと言えましょう。
仲間に近づくだけで自分まで犯されてしまう。ちょっとした四面楚歌な状況はまさにカオスで面白いのですが、敵の攻撃に巻き込まれては一たまりもありません。
SPMAX状態を解除するには安全地帯に逃げてから、オナニーを行いましょう。
SPゲージが空になる代わりに、MPが全回復するのでゲーム攻略的にお得。

そして、「カエリーヌ(カエル)とコンチウ(虫)を組み合わせる」など、仲間の組み合わせによってもエロドットアニメは変化・派生します。
本作に出てくる敵の女の子は4人、それに加えて主人公なので、かなりのパターンのエロを見ることができるでしょう。

もう一つ、本作のゲームとエロ、双方を結びつけるエッセンスであり、個人的に推したいのが「EXP」というシステムです。
一般的にEXPというと経験値を表す概念ですが、本作では「チートアイテムの購入」「回想モードでのキャラ解放」に使えるゲーム内通貨。
EXPは先述したハートのアイテムを入手した時にたまる他、「犯されている敵を画面内に収めている時」も徐々に溜まる特徴を持っています。

敵がたくさん出てくる上に、仲間達を呼ぶことで一気に犯すことが出来る。いわゆる異種姦+乱交ものと言える本作。
「いかに1画面に収まるように乱交状態にするか」は、シチュエーションを演出する上でも、プレイヤーにとってはこだわりどころです。
仲間の攻撃による敵女の子のノックバックなどを利用して、無理やり1画面に収めようとムキになることもしばしば。
その心理を後押しするように、「ただ絵的にエロくさせるだけでなく、ゲームシステム的にも上手く乱交させることが重要」というシステムを用意しているところが、さりげないところながらニクいと感じました。

EXPで買えるチートアイテムの中には、ゲームを攻略するためのものだけでなく、「ドットアニメを拡大する」「キャラを大きくする」など、エロをより堪能するためのものも含まれているので、EXPの稼ぎ所=乱交のしやすい場所を探してみるといいでしょう。
ただし、敵の攻撃に巻き込まれるなどして、主人公のHPが無くなり力尽きてしまうと、復活するためにガッツリEXPが減らされます。
乱交という名の芸術を取るか、安全策を取るか。なかなかに難しいところです……。

パズルのように己のエロを演出せよ! 追加ステージも予告あり

というわけで、シーイルサーバーの感想でございました。
かなり独特なゲーム性かつ、ゲーム的にもエロ的にもどこかパズルのような戦略を求められるところが面白い一作でありました。
デモ・ドットともにアニメの質が高く、揺れたり、ガラスに押しつぶされたりするおっぱいが、なかなかにエロスを感じた作品であります。

ちなみに、本作は全3ステージで、手軽にストーリーを追えるようになっておりますが、実はバージョンアップでステージ追加が予定されています。
実はこの追加ステージ、大胆なシステム変更が作者さんのブログで示唆されていたり……。
仲間を連鎖爆破させて遊んだり、いい具合に乱交出来ないかと位置を工夫したり、様々な遊び方が出来る本作。
まずは体験版だけでも、触れてみてはいかがでしょうか。