Asmodeus Delta ~パンツを求めて~ episode0 (製品版)

RPG, R18製品版の感想

体験版プレイ


システムを利用した、本編の前日譚となる感じでしょうか。
体験版でクリアまで出来る……のですが、とりあえず45分くらい遊んでみました。

主人公歩行グラの横向きがかなり可愛かったり、あと基本あわあわした子なのに、なぜか戦闘のSEボイスでたまに突然調子乗る発言が入って面白い(距離感ミスっちゃった感じで好き)
完成が楽しみですね……

製品版プレイ プレイ3時間、クリア

体験版で最後までプレイ出来る……とは聞いていましたが、魔人のラーニングスキルの項目とか見てたらふつふつとコンプリート欲が湧いて来て、腰を据えてプレイしたくなったので購入。(新しいHシーンもあるしね)

まさに往年のRPGぽい配慮、レベルデザイン、ちょっとやり込み

初めからやり直したのだけど、最初のボス戦の前に全体睡眠のアイテムが手に入るよう設計されてたりする事に改めて気付く。
基本自分は「とにかく戦闘を繰り返し、新しい装備を買えるまでお金をひたすら貯める」我慢の子スタイルなのだけど、初期からちょこちょこ手に入る全体睡眠、あと全体攻撃アイテムなどに刺激を受け、新しいゾーンに入って敵が一段強くなった頃合いにまずこれらのアイテムで一掃、一気にレベルアップを図るのだ、みたいに自分で考えて進めるのは良い。
またそんなこんなで特殊アイテムが尽きる中盤〜終盤頃だと、敵の攻撃ダメージがだいぶデカくなる代わりに、こちらも状態異常系をラーニングで覚えており、ここらが運用しどころかと。

近付いたら光る、隠しアイテムぽい要素で少し感心したのは、途中のダンジョンエリアの「バケネズミのかぎ」もこの手のタイプに属するのだけど、普通に考えるとこれを先に進むフラグに使っちゃいそうなところ、この鍵で進めるのは、あくまであると嬉しいアイテム……いわば寄り道の扉、という配慮にちゃんとした設計を感じた。
(奥へ進むには、あくまでボス戦という明確な通せんぼキャラを倒す。いつまでも隠れたアイテムが見付からずウロウロしなくて済むのだ……)

やり込み要素の「(モンスター)図鑑」とかも、初遭遇した時点ではまずグラが埋まるだけ、3体倒した時点でちょっと味がある説明が追記されるんだよね。
確かに往年のRPGの感覚があったなと。

ただ基本やる事の流れは早くから見えていて、そこから外れないので、やや”ついやっちゃう”ような継続性には乏しい面があるかなと……。
1時間強くらい続けてプレイすると、ちょっと一休みしたくなる感じ。
(そこもまあ、昔ながらって事ですが。
覚えば往年のレトロなRPGからソシャゲという所を考えると、一番進化したのはこの何となくの継続性って部分なのかもとか思ったり思わなかったり)

Hシーンも実は結構変化していたのだね

製品版のみのエロは「バックから」の三択かな……、主人公まぁ手だけなんですが、そこは謎の白濁液を中出ししたり、いわゆる本番ぽい出し入れも。

体験版さっくりプレイした時には気付かなかったんですが、このセクハラエロも、同じ責めが大体3段階くらいに変化していくんですね……。
ここも、初めは立ち絵エロかーと思っていましたが、最終段階では特別なスチルが用意されたり。
(つまりエロシーンは9×3?)

次回本編は……新しいパンツはもちろん、仲間、広い舞台、かな

体験版でクリアできるって書いてあったし、短いのだろう……と思ってましたが、意外に厚く遊べて、クリアまで約3時間。
ラスボスはそこまでLv上げしなくても倒せるので、どうせならやり込み用のエクストラボスみたいのも一体設けて欲しかったかな……というくらい。

あくまで今回はノーマル・戦士・魔法使いという3枚のパンツ(ジョブ)で戦い、最後に世界中に散った他のパンツの存在が示唆される……という事で、その辺が0章たる所以ですね(なので本作、本編の「1章を先行公開」じゃなく、まさしくスピンオフとして独立した前日譚的な位置づけなのでそゆ。念のため)
他にも本作ではずっと二人旅ですが、能力ステータスの空きや、予告の画像から本編ではもう一人ヒロインが加わりそう?
それと今作はダンジョンとセーブポイントを中心に駆け回っていましたが、次の舞台はさすがに広くなりそう、そうなると独自マップチップで大変そうですが待望の「街」とかも垣間見られそうかな……なんて、予想が捗る所です。

過去作感想: