Avalor-星間救済 (体験版)

ACT,R18AI生成作品

AI生成絵で横ACT、しかもSF!?
やたらと派手で目を引くエフェクトにグラフィック。異種姦犯し。

OP、危険な惑星へとワープで降り立つ少女、(CYBER PANKみたいな)Avalorというタイトル文字…というムービーでテンション爆上がり。
AI生成ですがエフェクトをゴリゴリ効かせた派手な横ACTってコトであり、これは(現状の売上げを考えると)AI生成ゲーム隔離ってのが余りに勿体ない力の入れ方を感じる作品かな、と。

操作的にはWASDで移動、マウスで照準を操作して群がる敵をガシガシ撃っていけ、というアクション。
実際、エイリアン2じゃないけれど惑星に降り立つやとんでもない量の敵が押し寄せ、それを殆どリロード時間が無い無限マシンガンでガンガン射殺、敵は弾が当たる箇所によって? のけぞりが違ったり、血は飛び散って大地に残り、あと目を引く禍々しい色をした背景も何か細かくアニメしている……とまぁ大変細かく、重要な「撃ち込み感」があります。

そうして次のエリアへと入る度に、例えばアイテムを集めて扉を開けよ……だったり、制限時間内に敵を殲滅しろだったり、様々なミッションで緩急を付けようとして来る(後には”機甲や戦車に乗って、エルフと協力して戦う”なんて事まで……??)

その間も大火力・ド派手な新しい武器を拾って発奮……なんて事も。

他、エロ箇所(犯され)はやられてしまった時に敵種に応じて、一度やられた敵は回想部屋も埋まるぞ…って一見至れり尽くせりみたいですが……まぁちょっとプレイして不親切さ・分かりにくさはやっぱあるかなぁと…(恐らく海外サークルさんで、言語の問題もあると思いますが)

まず始めに操作説明、右クリックで「雷」みたいな事を言われてますが、これいきなり押しても発射できません。
雷光=手榴弾はまずBキーでメニューを開き、セットしないと投げられない。
なお、このBキーに関しては説明も無いと思う…

美しい背景は良いんですが、何が壊せるオブジェクトでそうでないか分かりにくいという欠点はあって、そんな中で「カウントダウンが終了するまでに戦闘を戦わなければなりません!」というミッションが課せられるエリア。
私は必死に辺りに設置された(カウントダウンの原因であろう)爆弾を壊して回ったんですが、それでも爆死してしまう……
何度かトライして分かったのは、結局、制限時間ギリギリ(本当にギリギリ)まで湧く敵をちゃんと倒す、がクリア条件でした……。

あとボスの犯されエロ見るか~ってわざとやられてみたら、なんか巨大蚊みたいのが一目散に飛んで来て犯され。ソイツのエロはもう見たから! ってなるという(後ろで悲しそうに待機するボス…)
この手の犯しの場合、射精したらそのザコ敵は消えて他のが続けて犯す、といった仕様の方が輪姦ぽいし、エロシーンも見易いかと思うんですが、この作品は射精してもくっ付いたまま……

あとはアクション場面ではspineでの綺麗なアニメ付けが光り、正直AIかどうかなんて細かいコト良くなるくらいのクオリティーですが、犯され→諦めるで見られる画面一杯の敗北エロとなると、さすがにちょっと動かし方に無理がある、かな?
ただ乳がぶりんぶりんと揺れたり、射精液だったりとインパクト残せる動き付けはされてる……。

そういう意味では不思議なことにエロACT、そんなに作品数が無くても別にいいというか、「クオリティがそっちの方が高いなら、(寡作かも知れないが)手描きのACTの方を重視する」土壌があって、つまりそこまでAI生成の利点は感じられないか…? とも。
横エロACTともなればそもそも流れは割と被るし、性癖もそこまで差別化される訳でない……、そこがエロRPGにおけるAIとは違う話になるのかなぁと。

予告時の体験版で遊んだ。
体験版はまっすぐプレイ出来れば15分くらいだけど、分かりにくさに詰まって、35分くらいになった
犯されは意外に射精の描写、表現が上手いと思った(こういうのだと案外、そこは手を抜かれがち)

以前もAI生成のエロACTとして[オーク征服者:アクションゲーム オークの将軍が貴族の少女で溢れる街を征服した]がありましたが、さすがにクオリティーが全然違うんだ
全然違うんだけど、[オーク征服者]の方が微妙な「新しさ」感じるのはなんなんだろう……不思議なものである

・この作品のゲーム実況はここでしてます

関連:
SF、サイバーパンク感で

[DECOY 群青の魔女]

ちょっちエイリアンみたいな造形で

[A○ien Quest EVE]
を、
異種姦の感じ……で

[ヴィヴィと魔法の島]
を、銃撃ちまくり! で

[イドラの影~The Shadow of Yidhra~]


[ルテラリアの封印]
を、思い出したわけです