BABUBABU (製品版)

製品版の感想です。某赤ちゃんのような主人公に強烈な個性を感じる作品。アクション、シューティングなど、様々で理不尽なミニゲームをこなして進んでいく。見た目でクソゲー臭を漂わせているのだが、ちょっと待ってもらいたい。全年齢向けでいいのか?と思えるほどの狂気にも似たバカさがあるのだ。ストーリーも斜め上方向過ぎて、もはや頭に入ってこないレベルなのだが終わってみると中二病をこじらせて高次元のお笑いの世界にたどり着いたような世界観に魅力さえ感じてしまった。