エルフさん撃 (製品版)

STG, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

エルフさん撃
エルフさん撃[あすなる]

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

倒れた数だけ強くなれる! エルフさんと一騎打ちするシューティングゲーム

シューティングが苦手でも大丈夫。自機を強化しゴリ押しだ!
あすなるさんの「エルフさん撃」の感想でございます。
本作は魔法使いを操り、様々な攻撃を繰り出すエルフさんと戦う固定画面型シューティングゲームです。
最初は「体力が低い・攻撃力が無い・移動速度も遅い」と、良いところが見当たらない自機。
それに対しエルフさんは恐ろしく強い!初プレイでは、1分以内にあっさりとやられてしまうことでしょう。
しかし自機は、エルフさんに与えたダメージなどの「ポイント」を使って、強化が可能。
下積みを経て、徐々にエルフさんを追いつめていく独特の楽しさが魅力的な作品となっております。
エロ方面では、ゲーム中でもヌルヌル動く、美麗なエルフさんのアニメが魅力的。
勝利することが出来れば、首輪・ピアス・タイツなど様々なアクセサリを、好きに付けた上での陵辱アニメを見られるので、こちらも要注目です。

どのように強化ポイントを集めるかがカギ どのステータスを上げればいいかを練りまくるのだ

「エルフさん撃」のゲームの流れとしては、

・エルフさんに挑んでボコボコにされる
・それで得られたポイントで自機を強化する
・またエルフさんに挑む

の繰り返し。

この流れを見て思い出す方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログにて紹介されている「ねこばと」「魔女っ娘STG」などと似たシステムになっております。
3作に共通するのは、「自機をいくらでも強化できるので、どんなにシューティングが下手でもクリアできる」という難易度面での緩さ。
最初こそ「クリア不可」ではありますが、プレイすればするほど有利になっていくことから、「ヒロインを追いつめていく」楽しさを演出しているのも特徴です。
だからと言って、ただ何も考えずにプレイするのは非効率的。様々な武器や独自のシステムを利用することで、「如何に効率的に強化するか」がこれらのゲームのキモとなっております。
ちなみに、「ねこばと」「魔女っ娘STG」はこちらの記事を参照。

どちらも似たシステムではあるものの、ねこばとは「敵が負けそうになると逃げ出す」、魔女っ娘STGはテクニカルな攻撃手段が豊富(あと実は製品版だとエンドコンテンツが……げふんげふん)と特徴的なシステムが用意されています。

さて、それを踏まえた上で本作の強化要素を見てみますと、

特殊な攻撃方法が全く無く、純粋にステータスを上げるだけ。他2作と比べて物凄くシンプルなものとなっております。
「それではゲームとしての深みがないのでは?」と思われるかもしれませんが、実際に遊んでみると「先述した2作とはゲーム性自体が違う」ことが分かってきます。

自機が強化するためのポイントを如何に効率的に入手するかが肝心、というのは本作も同じ。
「エルフさんにダメージを与える」>「☆アイテムを取得」>「時間経過」の順で、たくさんポイントが入手できます。
第一の本作のポイントは「強化要素がシンプルであるが故に、効率的なステータスの上げ方がたくさんある」というところ。

死なないための体力などは最優先。ですが、MP・攻撃力・弾数・オプション、攻撃面ではどれを強化するのが悩みの種となることでしょう。
MPは攻撃を行うためのステータス。豊富であれば連射が効きますが、切れた途端に1発1発ずつしか発射できなくなってしまいます。
攻撃力を上げるのが一番ダメージ効率は高いですが外れてしまうことを考えると難しいし、弾数・オプションは意外とお高い……。
「与えたダメージが強化用ポイントに直結する」という仕様が、シンプルなシステムとマッチして独特の面白さを生み出しています。

ちなみに、私の場合はエルフさんに勝つまで大体2時間ほどかかりました。
「クリアするまでMPシステムに気付いていなかった」という事情もありますので、実際には1時間~1時間半ぐらいがクリアまでの目安になると思います。

「避ける」のではなく「受ける」STG オプションやボーナスアイテムが生み出す深いゲーム性

さて、強化を行った後はまたエルフさんに挑むことになりますが、ここでもう一つのポイントが出てきます。
実は本作、敵の攻撃は「避ける」のではなく「受ける」のが基本なのです。
例えば、最序盤ではこの程度の弾しか飛んできませんが、

ダメージを受ける毎に攻撃は変化。
中盤以降になると段々と怪しくなってきまして、

徐々に何だか凄いことになってくる敵の攻撃ですが、自機の当たり判定が1ドットなんてことはありません。
回避不可な攻撃が出てくる以上は、どのようにして被害を最小限にして敵の弾を「受ける」かが重要にしてプレイの基本となってくるのです。
もちろん、攻撃は上のスクリーンショットだけではありません。
ネタバレになるので避けますが、時には「弾幕シューティングとは何なのか」という哲学を突きつけるような攻撃もしてきます。
大体の人がそれを見た瞬間、あまりの絶望感に頭を抱えることでしょう。乗り越えるには……乗り越えるには体力も攻撃力も足りない……っ!

避けずに受ける以上は、HPや防御力を上げるのが基本。
ですが、本作ならではのステータスにして、攻防両面を兼ねる「オプション」もかなり重要になってきます。

オプションは、見た目からして何となく分かる通り、「自機を追尾してくるオブジェクト」。
このゲームにおけるオプションは自機と一緒に攻撃してくれるだけでなく、当たり判定・耐久力を持っているため、いざという時は自機を守る壁としても作用してくれます。
どんなにオプションのステータスを強化しても画面内に出せるのは4つまでですが、オプションが破壊されるたびに余りのオプションが瞬時に補充されるため、いざという時も安心。

具体的な使い方としては、

縦に並べることで、動きが緩慢な時のエルフさんを集中攻撃!
横に並べることによって、絨毯爆撃的に素早く動き回るエルフさんを狙う!
それ以外にも、防御重視で自機を守ってもらえるように配置するか、それとも攻撃重視でオプションを守るように自機を動かすか。
自機を追尾してくれるオプションは多々あれど、様々な戦略を考える楽しみがあるのは、「自機と敵の1対1」というプチゲームならではの面白さだと感じました。

ちなみに、ステージ内に現れる「☆アイテム」を取得すると、ゲーム終了後の強化ポイントが増加します。
ただ、強化ポイントとしては「エルフさんへのダメージ量」への比重が最も大きいため、とってもあまり美味しくない……。
かと思いきや、実は微量ながらHP回復・MP回復という恩恵がありまして、防御力を上げて被弾によるダメージを軽減すれば、敵の攻撃によっては「回避しつつ☆アイテムを重点的に取る」ことで徐々にHPが回復していくのです!
もちろん、激しい弾幕の際も☆アイテムを取ることができますが、被弾覚悟で行くか行かないかは貴方次第。
生存するために防御力が必要なのは分かっていたとは言え、☆アイテムが攻防に直結するとは、かなり深いぞこのゲーム!

ちなみに、エルフさんは高速で移動したり、ワープしたりとなかなか狙いをつけさせてくれません。
隙を見せた一瞬に攻撃を叩きこむのが攻略のコツになりますが、瞬間的な攻撃力に影響する「MP」の概念もありまして、独特の緊張感が生まれています。
また、MPが回復する間に「自機を生かすか、オプションを生かすか」の判断を迫られるのも興味深いところ。
クリアを狙うか、あくまで強化ポイント稼ぎに徹するか。
どんなプレイスタイルで挑むかによって大きく立ち回りが変わってくるのも、本作の面白いところでしょう。

プチゲームでありますし、ねこばとや魔女っ娘STGも抱えている問題ではありますが、「ある程度強化をしてしまうと作業じみてしまう」ところが欠点気味。
特に本作の場合はHPや防御力をむやみやたらに上げてしまうと死に辛く、攻撃力を上げていなかったり、MPシステムに気付かない限りは火力が出ないため、膠着状態に陥り中弛みが激しくなってしまう傾向にあります。
その対策として、ステータスを上げ下げできる機能を作ったり、撤退(自爆)できるようにしたり、☆アイテムのボーナスポイントを弄ってみたり。
色々なアプローチがあるので、中弛みを可能な限り避ける作りがあれば、もっと楽しくなりそうだと感じました。

ヌルヌル動くHアニメの数々 様々なアクセサリを購入して自分だけのシチュを作ろう

先ほどの弾幕のスクリーンショットで、気になった方は多いでしょう。
ゲームシーンでもダメージを食らえば表情を歪めたり、体を動かしたりするエルフさん。
本作ではそのアニメーション技術をいかんなく発揮したエロアニメがたくさん用意されています。
当たり前ではありますが、Hアニメを見ることが出来るのはクリア後。

クリア後に出現するおまけモードには、このような形で全5シーンのHアニメが登場します。
どれも非常に滑らかに動く上、イラストのクオリティも高いため、なかなかに素晴らしいものがあるのですが、本作はそこだけが売りではないのです。
それが、ステータス画面にて購入できる「アクセサリ」。

用意された様々なアクセサリを組み合わせることで、かなり自由度の高いHアニメを見ることが出来るのがポイント。
目隠しをして「何をされるか分からない」と怖がらせつつも期待させちゃうみたいなシチュを作ってもいいですし、乳首ピアスなど様々なアクセサリを駆使して如何にも堕ちてそうなシチュを作るもよし。
個人的には、結構細かい装飾がされた「タイツ」を使ったHアニメが結構お気に入りだったりします。

シーン数こそ少ないものの、それぞれのアニメーションの質は折り紙つき。
様々なアクセサリ差分を使って、自分だけの「抜けるエロシチュ」を作ることができるのが、本作のいいところだと思います。
各種アクセサリは強化ポイントで買うことになりますが、どれも3万ポイントを余裕で超える高額なもの。
エルフさん1回撃破ごとに入手できるのは大体10万ポイントですので、「より早くエルフさんを倒す方法を考える」とゲーム部分をより盛り上げる要素になっているのが面白いところです。

ただ、非常に勿体ない部分がございまして、実はこのHアニメ「ボイス無し」でございます。
「プレイヤー側で喘ぎ声ボイスを流す」というのも有りなことは有りなのですが、セリフや地の文といったテキスト表現も無いので、抜くにあたっては少々手軽さに欠けるように感じます。
Hな音声素材集自体は様々売っておりますし、ゲームで使われているサークルさんもかなりいらっしゃいますので、出来ればボイスを付けくだされば嬉しいなぁと感じました。
よく見かけるのは、タイガーリリーさんの「凌辱&純愛エロゲ制作用あえぎ音声素材集」シリーズ。他にも、StudioSさんの「姫騎士リヨナ」などがあったりしますね……。

STG苦手な人でも時間をかければ確実にクリアできる! 本作独特の緊張感や葛藤を楽しむべし

というわけで、あすなるさんの「エルフさん撃」の感想でございました。
シンプルなシステムのプチシューティングながらも、STGが苦手な人でもクリアが出来るシステム。
そして、オプションなどを使った様々な戦略など面白い部分が多々ある作品でございました。
特にMPシステムや☆アイテム絡みは非常に面白く、「限られたMPで瞬間的に攻撃を叩きこむ緊張感」「被弾覚悟で☆アイテムを取るべきか否かの葛藤」など、一見変哲もないシステムに見えてゲームをかなり奥深くしております。

その一方で、様々な差分が用意されたHアニメの数々も見どころ。
現状でボイス無しなのは寂しいところではありますが、勝利した後に犯したりフェラさせたりするだけでなく、様々なアクセサリを付けることで自分だけのシチュを作ることが出来る。
様々なシーン・カットが用意されておりますので、「何回負けたとしても、その先にご褒美がある!」とワクワクしながらプレイできることでしょう。

ちなみに、体験版では5分間のみ遊ぶことができます。
徐々に強くなっていき「楽しくなってきたぞ!」という絶妙なタイミングで終わってしまいちょっと悔しくなるところ。
本作ならではの駆け引きをある程度は楽しめますので、是非とも遊んでみてはいかがでしょうか。