幻想エロトラップダンジョン敗北陵辱冒険記2 淫惨なる陵辱の悪夢 (体験版)

SLG, R18エロトラップ, 興味深い

▲流れとしては昼間のダンジョン探索→夜の陵辱パートの繰り返し。初期状態のダンジョンでは東方冒険者たちはなかなか捕まらないので(昼)最初から居る妖精たちを売春させたりして、並行してお金を稼ごう(夜)

▲日々の売春や孕ませ調教で、おかしくなっていく妖精たち

▲冒険者として凱旋を果たした乙女たち。名声の蓄積が楽しいのですが、それも後の陵辱の引き立てにしか過ぎないのだ……

▲強い東方の冒険者たちですが、不運が重なれば、やがてパーティーからそれぞれ孤立していき……(いきなりエロに行かず、孤立パートを設けてる辺り上手い)

▲そのままならず者に捕まってしまい、日々削られて行く抵抗値。助けが来なければ……やがて……

▲日数経過による連日の激しい輪姦のすえ、えーりんが遂に肉奴隷宣言。ちんちんがグッ! となる興奮がありました

▲オークションに賭けられるえーりん。大金を手にしてダンジョン強化するも、そのまま自分の肉奴隷として売春させるも自由なんです

▲エロトラップやモンスターを購入してダンジョン強化だ!

▲一度捕まったが華麗に脱出する咲夜さん。キャラごとの描写の違いは無い(体験版だから?)みたいですが、イメージぴったりでナイス。もしかしたら初期能力とかに違いがあるのかも

▲エロステータスの蓄積を楽しむも良し……

抵抗→脱出orレイプ→肉便器宣言といい、ランダム性に持ってくるイベントと値の蓄積が他の興奮にも繋がるって所が的確ですねえ……

東方で冒険者でって割と突飛なイメージでもあると思うんですが、そこはそこ、従来のこういうダンジョンTRPGめいた描写を入れて雰囲気作ってるのも何か上手いかも知れない(想像が捗りやすい)

自分のエロトラップダンジョンはこんな形になった訳ですがなるほど、こんなゲームデザイン、読み物としての楽しみもありなんだと……。

ツクールもそう、あの形式内だからこそ目が行き届いてこだわれるって部分があるので、文字だけにしたからこそ出来た冴えたデザインなんだろうか。ううーむ……!

関連:

[レミャードリィ]
が浮かびましたね……。

あとは定番ですが

[東方の迷宮2]


[東方少女綺想譚]
でしょうか
(妄想力を期待し、あえての全年齢)

エロRPGならこの辺?

[みこぱこッ!〜ねっとりおやじの家に霊夢ちゃんがヤッてきた〜]


[てゐとちょっと面白くなる薬(不健全版)]


[東方バトルファックジーコ ふたなり魔理沙は射精してからがキモチイイ変態女の子]


[メイジズメイズ ~迷宮の主の玩具にされる冒険者~]
が割と似たゲーム性ですかね……