成仏させ子ろろろろろ (製品版)

ベルトアクション, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

ゲーム・アニメ・漫画が一作品で楽しめる。 和風アクション、ここに参上

村を襲う邪霊を倒し、Hな術で成仏させるのだ!
スフィーミキャッツさんの「成仏させ子ろろろろろ」の感想でございます。
本作は見出しにもある通り、ゲーム・アニメ・漫画が楽しめるベルトスクロールアクションゲームです。
肉弾戦で倒すのはもちろんのこと、霊気を飛ばすなどの必殺技を用いて邪霊を倒して、魂を入手。
その魂を使って、邪霊にフェラやパイズリなど性技を尽くして成仏させつつ、漫画などのコンテンツを解禁!という非常に特殊な作品となっております。
様々な場所で擬音や効果線が使われるなど、徹底的に「漫画風」を意識した作風に、きっと「エロの新しい表現」として新鮮さを感じることでしょう。

邪霊を倒す基本はパンチ&キック! 性行為でレベル上げをして必殺技を習得するのだ!

ゲームとしての本作は、全8ステージのオードソックスなベルトスクロールアクション。
方向キーと「パンチ・キック・ジャンプ・必殺技」の4つのボタンを用いて、様々な邪霊達を倒していきます。
ダッシュキックで倒れた敵を蹴っ飛ばし他の敵を巻きこんだり、急降下パンチで攻撃をすると跳ね返ることを利用して連続で敵を攻撃したり。
ゲームシステムに慣れれば、軽快に「やりたい放題大暴れ」が出来る、爽快なゲームとなっております。

そして気になる「必殺技」は、魂にHなことを行う「成仏術」により、主人公のレベルを上げることで解禁できます。
最初は飛び道具しか使えませんが、敵の後へと瞬時に回り込んで反撃したり、操作が出来る飛び道具を出したり。
より戦いの幅が広がり、「どのように邪霊を倒してやろうか」と考えるだけでも楽しくなることでしょう。

味方を守り、味方に守られ ゲーム内に溢れる漫画的表現にも要注目

正直言いまして、初期状態の主人公は弱いです。
邪霊は倒せれど耐久力は低い上に、ベルトスクロールアクションでおなじみ「敵に囲まれた時の脱出手段」もありません。
最初のステージですらクリアは大変。前のステージでボス的な脅威を放っていた敵が、次のステージでは雑魚として登場することもある本作では、初期状態でのクリアは至難の業です。

そこで、クリアするためには2つのアプローチがあります。
1つは前述した「主人公のレベル上げ」。必殺技習得だけでなく、HPや必殺技ゲージが上昇するため、確実にクリアできる正攻法です。
と言いますか、エロ部分の解禁に絡んできますので、1周目は普通に最大レベルの7まで上げることを推奨します。

しかし、もう一つのアプローチとして、村人や拳法家などステージ中にいる味方を利用する方法があります。
例えば村の中には、ガタイのいい若者やおじいさんが仲間として登場します。しかも強い。例えおじいさんであっても普通に強い。
しかし、そんな彼らも放っておくと邪霊に倒されてしまいますので、敵に囲まれている味方を守りつつ、自分にとって厄介な敵は味方に任せることで、ステージクリアの難易度を下げることができることもできます。
主人公のレベルを引き継いだままで最初からプレイ、いわゆる「強くてニューゲーム」が出来る本作ですが、あえて2周目は仲間を上手く利用するなどして、低レベルクリアを目指してみるなど縛りプレイをしてみると楽しいですよ。
(ちなみに、「強くてニューゲーム」ではなく「ニューゲーム」を選択しても、1周目クリア時のレベルはきちんと保持されてますのでご安心を)

さて、本作のゲームのもう一つの見どころが演出面。
モノクロの漫画のようなゲーム画面はともかく、ダッシュをすれば効果線が走り、敵を叩けばバッコーンと擬音が出る。
「漫画風ベルトスクロールアクション」を謳っているだけありまして、まるで和風アクション漫画を再現したかのようなグラフィックとなっております。
文章で表現するだけだと「何だそれだけか」と思われるかもしれませんが、実際にプレイしてみると「格好良さ」が一層増すことに気付が付くと思います。

べれべんべんべん べれべんべんべん べん
和風であることを意識した本作では、BGMなどもかなりこだわって作られております。
各面スタート時に「べれべんべんべん」から始まるBGMは、「華美なもの」や「新しいジャンルと合わせたもの」のようなものではなく、どこか土着的なものを感じさせるもの。
しかし、そのBGMと同時にステージが始まり現れる主人公の姿は、それだけでもどこか格好よさを感じさせるものがあります。
ビジュアル的にも、荒々しいタッチながら「ポップな劇画」とも言うべき、見やすさと格好良さを併せ持った独特の背景など、見どころはたくさん。
「どろろ」などのレトロな和風漫画を彷彿させるグラフィック面に要注目です。

広いステージ内を駆け抜け、敵を倒すだけでもただただ気持ちいい。
「操作感だけではなく、見た目でも爽快感を出す」ということは様々なゲームで行われていますが、漫画的な表現でのそれはかなり新鮮味があります。
背景の描き込みが凄くて思わず見入ってしまいますが、「漫画的なゲーム画面から浮かない程度に、各キャラクターに青みを加えている」というのもさり気なくすごいと思います。
全てモノクロにしてしまうとプレイに支障が出てしまう、そういうところまで配慮されていて非常にありがたいです。

一方で、スフィーミキャッツさん特有の「シリアスの中にコミカルを混ぜる」という作風も健在です。
「邪霊と戦う」という性質上、村人が倒れて消滅してしまったり、まるで地獄かのような場所にたどり着いたりと、おどろおどろしい場面もある本作。
そんな中で、こういう演出は一種の清涼剤となって、ゲームとしての気持ち良さを保ってくれています。

さて、ゲーム的な話に戻りましょう。
個人的に割と意見が分かれそうだなと思った点は、「Y軸の当たり判定が主人公・敵ともにかなりシビア」という点。
私的には「味方を守り、味方に守られる」というフレーバーを活かすという点で面白いと感じておりますが、「敵を一塊にして倒すことをしづらい」ということにストレスを感じる方も出てくるかもしれません。

特に空中を浮遊する敵に関しては、「見た目的には当たっていそうなのに、実際には当たっていない」ということが頻発する(一発で倒せるので問題はないのですが)ところは、気になる部分かもしれません。
ただ、「Y軸が合ったら敵が攻撃してくる」というベルスクの基本にきっちり沿っているため、それを意識して攻撃すれば問題ないですし、単なる好みの問題かも?

あと、ベルトスクロールアクションは「狭いフィールドでの戦い」→「次のフィールドへの移動」→「狭いフィールドでの戦い」の繰り返しが基本なのですが、本作は「戦う一つのフィールドが広い」のが良くも悪くも特徴かな、と感じました。
既存のベルスクにおいて「狭いフィールドで戦う」のは、「無駄に広くすると敵を探す手間が出来てゲームテンポが悪くなる」という面が強いのですが、「味方が存在する」本作は結構特殊なんですよね。
ダッシュ速度が速いため、比較的敵を探す時間も短いのでそこまでストレスにはならないと思いますが、個人的にはもうちょっとだけ一つのフィールドを狭くした方が遊びやすかったかな、と感じました。

ゲームを普通に遊ぶだけで、自然にHアニメもH漫画も楽しめる 豊富な種類のエロ要素に注目

漫画的表現がウリの本作では、ゲーム中のHアニメ・HCG・H漫画の3種類のエロ要素を楽しむことができます。
レベルを上げないと高難易度である本作では、「レベルアップをすることでエロ要素を解禁する」という形をとっていますので、普通にプレイするだけでも全解禁はできることでしょう。
(一つだけ隠し条件付きのコンテンツがありますが、こちらは実際にプレイして探していただくことにして……)

ゲーム中のHアニメに関しては、「村人や拳法家達が襲われる」ものと、「主人公による成仏術」を用意。
まずは、村人等のモブHアニメの説明から。
本作では、頼りになる仲間である村人や拳法家の他にも、モブとして女性の村人も登場します。
邪霊は主人公だけでなく、彼らも狙って攻撃してくるわけですが、何度も攻撃されると男女ともに倒されてしまいます。

倒れてしまったが最後、服を剥がされ邪霊に犯されてしまうのが彼らの宿命。
男性が倒されてしまえば逆レイプさながらに女性の霊に手コキや騎乗位で犯されますし、主人公含めた女性がやられても霊的なものに犯されます。
一作品でレイプ・逆レイプが楽しめるのが、本作のHアニメの特徴と言えるでしょう。

そして、次はゲーム部分にも関わってくる、主人公による「成仏術」。こちらは主人公による自発的なHですね。
成仏術を行うにあたっては、ステージ間やゲームオーバー時に出てくる選択画面で、「魂を呼ぶ」ことが必要。
ゲーム的にはレベルアップして主人公を強化するための手段ですが、成仏術自体が「主人公が体を張ってHなことをする」以上、様々なHアニメが用意されています。
Hアニメと同時にCGが表示されるのも、臨場感が出て非常に楽しいところ。キスやフェラ・パイズリなどの他に、もちろん本番行為も用意されています。
実は「キス」一つをとっても複数のアニメーションが用意されておりまして、徐々にエスカレートしていく様子はなかなかにたまりません。

成仏術モードは、主人公が様々なプレイを選んで「魂が好きなプレイ」を探りつつ、魂を絶頂させるのが目的。
魂の顔がムスーッとしている時は別のプレイに切り替え、目を回すほどに快感を感じていたらそのプレイで攻めまくる!
好きなプレイは毎回かなり気まぐれ。どういうプレイが好きなのかを探りながら、魂を女のテクで攻めていく快感というのも味わえますよ。

魂が絶頂するギリギリまで持っていったら、必殺ボタンを押すことで絶頂アニメーションとCGを見ることができます。
アニメーションも非常に素晴らしいですが、ここで表示されるCGがモノクロでダイナミックに表示されるものですから、非常にたまらないわけですよ。
ゲーム画面やHアニメでは比較的ポップな絵柄で描かれているのに対し、CGはガッツリと描き込まれており、そのギャップに思わず目を見開いてしまいました。
すごく贅沢にあらゆるエロを味わっている感じで良い……。

前述しましたが、本作のエロコンテンツは主人公のレベルアップにより解禁。「本番」などのプレイや各種アニメーションもレベルアップしないと見られませんのでご注意を。
地味にゲーム中ではゆっくり見られないモブキャラのHアニメーションも見られるので、バンバンレベルアップしていきましょう。

そして、本作の最も特徴的なエロコンテンツが「漫画」でしょう。
成仏術中、主人公がある程度レベルアップするごとに表示され、それ以降はギャラリーで読めるようになります。
本作の特徴である「和風でモノクロ」な絵柄で、ダイナミックに淫らな様を描いております。
こちらは「自分で操作をして魂を快楽責めする成仏術」とは異なり、漫画というプレイヤーとしては受け身となるメディアを用いて「主人公が邪霊に攻められる」というシチュエーションをメインに楽しむことになります。
主に「必殺技を新たに習得するレベルに達した」段階で漫画が解禁されますので、技を習得する際に起こる様々な出来事を見るという楽しみもありますよ。
(※一応ゲームオーバー時の敗北CGもありますが、いかんせん1枚絵なので漫画のインパクトには叶わないといいますか……)

様々なエロコンテンツに大満足 演出に惹かれ何度もプレイしたくなるゲーム

というわけで、スフィーミキャッツさんの「成仏させ子ろろろろろ」の感想でございました。
まず本作を語る上で、真っ先にウリとしてあげるべきはエロ部分。
「時代劇かつ退魔物」というシチュエーションもさることながら、アニメ・CG・漫画と様々な形で表現を一作品で行い、それぞれの質も高いことは非常に素晴らしいと思います。
絵のタッチは、以前感想を書かせていただいた「August Arm」と変わらないのですが、「モノクロで描かれているというだけでここまで印象が変わるのか!」と驚くほど独特の良さが出ているな、と思いました。
また、ゲーム面に関してもY軸がらみで若干癖はあるものの、慣れてしまえば暴れ放題。
ダウンした敵をダッシュキックで蹴っ飛ばすのがとにかく気持ちよく、上手く敵を巻き込めればものすごい達成感。
わざとダメージを使って、残影術で敵の後ろに回ってみたり、様々な「格好いい女主人公」を演じられるのが非常に楽しいゲームでありました。
また、レベルMAXでのプレイも縛りプレイも楽しいので、ベルスクが好きな方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

アニメの良さを追求した「August Arm」、様々なエロ表現に挑戦した本作と、ゲーム面も含めて1作1作新しいものにチャレンジしているスフィーミキャッツさん。
次はどのような作品が出てくるのだろうと、個人的にワクワクしているサークルさんです。