駆錬輝晶 クォルタ アメテュス EG (体験版)

RPG, R18興味深い

*体験版0.13での感想です

体験版はボス倒すの目指すだけなら35分くらいかな、敗北エロとか組み合わせパターンとか色々試してたら1時間超くらい掛かったかも。

敵の淫魔が「強いヒロインをエロ罠の快楽によってのみ、じょじょに屈服させる!」と宣言するキャラで、これがある種の戦闘中エロのメタ的にもなっていて、この嗜好もそういうネタが出るくらい増えたって事かなーとか感じたり。
(むしろサークルさんが同じ嗜好のヒロインシリーズを沢山出してるからか?)

ただ戦闘中エロ・バッドステにこだわってるのは凄く分かるのだけど、ピンチ、スリル感は若干薄い? 気がしたかな…。
敵の攻撃=エロオンリー(HPはエロのみで減る、割と回復も出来る)
からなんだろうか。

母乳体質を敗北スチルに反映とか、戦闘中で責める時とかに敵が言及するセリフ差分とかは無いみたい?
(まぁバッドステかなり多い様だし、重ね掛けされてる時とかどうするんだってのもありますしね……)

製品版の感想は以下のサイトさんが書かれていました↓

関連:

[パンドラの森 ~ソウセイの淫魔と堕落の牧場~]


[マーレと黒き海の迷宮]


[Jumble Jokers]


[風紀剣士アサギ]

とかを思い出したのだ
(アサギは戦闘中のパーティー拘束も革新的だったのですが、敗北後でパーティーがばらばらに、個別に色々と恥ずかしい目に遭わされるドット芸から、助けて再開の流れとかが良い緩急になっていたのだなあと(戦闘エロ→負け→負けてからの措置))
ヒロピン度が強い……、ヒロピンとはそもそも何だろう……

片方が掴まって、助けるまで輪姦されまくる

[ミーシャ戦記]
とかもヒロピン度高いよね?(ヒロピンってなんや、一般的にはアンリアルコミックスとかの感じを指すのだろうか?)