今週の売上No1はFLASH格闘ゲーにゃのよにぇ 今週のまとめvol.232

今週の作品まとめ

今週のまとめ

今週(4/02~4/08)の人気だった記事は
1位


2位


3位


4位


5位

1位、3位は売れ筋の作品ですね。
[終焉のイヴ 影の章]はお願いして10ヶ月前に書いて頂いた予告感想……、発売に合わせて浮上と。
最近は予告で書いたりしてませんが、やっぱり予告はPV伸びるのよね……。
(別ブログですが、同筆者さんの製品版の感想はこの記事末尾からリンクさせて頂きました)

3位[格闘令嬢カレン]はエロRPGの勢いにもさすがに若干の陰りかという所で、さすがの売れ行き……(実際今週のDLsiteで1番売れた作品らしく)
強い娘っこと向き合ってキックモーションのぱんちらとかにちょっとムラムラしつつ格闘、何度も挑んで強くなって犯しまくる奴だ。
昔からのサークルさんだし、やはり面白さやシコさを想像できるものって強い。
(今更ですがFLASHって、ゲームツールとしてはかなり優秀でしたよね……)

2位、4位は製品版の感想。
SFCとか往年のRPG風のやり甲斐を感じさせる作品、今回はスピンオフという事で短編ですが、たまにはじっくりした物をやりたくなり購入。
パンツ強調ばかりかと思ったら、意外にパンツ以外のセクハラも割とあった。

[格闘令嬢カレン]と同じく主観視点での格闘というミニゲーム感を出してた[闘う性犯罪者タンクvsアンナ]も製品版プレイ。
製品版以降は実はミニゲーム感は鳴りを潜めるのですが、二人掛かりの卑怯なツープラトンでピチピチした肉体の女性格闘家を痛めつける、というのを堪能できました。

5位は興味深い作品でしたね……、固定画面(スクロールしない)STGであり、しかも自機はブーストを焚くと全方位に流れていく。
こんな状態で迫りくる敵を殲滅するのだ!
(類似のレトロゲームが喉から出掛かってるけど出ない……なんだっけ……)

他に売れ筋としては、今日発売でさっき書いたばかりですが

とかが挙げられるでしょうか。
絵に相当上手さが窺え、それだけじゃなく簡易だけど微妙にゲーム心をくすぐる独自戦闘も良い。
ストーリーは基本ギャグ・コメディぽいですが、この点はエロRPG的にはどう出ますかね……
(でも[NTR騎士物語 ―最愛の人が寝取られてるとも知らずに俺は戦う―]ほど不条理ではなく、実は世界観の設定をきっちり抑えてるよな、という所も見えるのですが)

あと体験版無いので記事にしなかったんですが、他に興味深いものとしては

[Slave Matrix]

が気になり。
数値が蓄積していって無茶苦茶できる系のSLGでしょうか、責めはアクティブにがしがしやれる感じ?
この奇形なモン娘感、なかなか尖っておる……

あとこのブログでもちょっと書いたので、自分でも「おおっ」とよろめいた割引情報をシェア。それぞれ体験版の感想も置いておきますね……


[エッチなリトライフ! 主さまの精液をくださいませぇ]

が6割引。
最初からラスボスの超強い女ボスに挑めて、しかも食らわせたダメージは残る。
何度も死にまくってのリトライで少しずつ削って行くも良し、準備をたっぷりして、石化など特別な状態異常を負わせて弱らせた状態で犯したりとかも。
ボリュームとかは心配でしょうが、ちょっと良いアイデアかな、と思いましたねえ……


[剣士スフィールとHなダンジョン奮闘記]

が6割引。
フロアごとに戦闘か謎解きか、エロトラップか、という選択を迫られる迷宮を進む。
いまどきマッピングが必要な(といっても方向だけ抑えておけば大体充分なんだけどね……)
アナログ感を盛り込んだのがちょっと偉くて、気になってました。
……女の子がこのすばとかで見た気がする……?(そこまででも無い?)


[S.C.A ~再生する世界で淫乱になる少女~]

が6割引。
荒廃した近未来で、ロボットのパーツを取り戻して行くRPG。
つまり初期状態だと四肢が無い状態のロボットがヒロインであり、珍しいのだ。
既に挙げた他の作品より少しだけDL数多め? やはりヒロイン像なのか

それから結構大幅なアップデートが来てたので注目。

[ワルプルギスノヨル]
新規エロCG10枚や追加ストーリー、”攻略ガイド”が増量。

そしていつの間にか作品ページにサンプル動画も来てますね……。
体験版ではどことなしに魅力は感じるんだけど、微妙に分かりづらい……って印象だったのが、少し変わって行きそうなアプデかなと。

少なくともサンプル動画を観るに、やりたい事があるのだというカッコ良さは伝わって来るでしょうか。

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

アスモディウスの召喚

表紙からするにこれはいかにも[アリバイ]系列のサークルさん、ぶっちゃけ[Exclusion Zone]みたいなシステム?
しかし今度はよりファンタジー、ARPGぽい雰囲気で確かに事前お気に入りの人気も納得ですね。

[クイーンズレガシー]みたいな感じかな……と少し頭に横切る。

コン狐との日常 ~ぼっちでかわいくてほっとけない妖狐~

あまーいデレデレな音声作品サークルさんが遂にADVを!
実はエイプリールフール企画だというので体験版ちょっと触ったのですが、
まあ「終わりの無いコミニュケーション」という事と、UIとしてはかなり[奴隷との生活]寄り、
でもガチャを販売してくれる狐が居るぞ……みたいな明るいぶっちゃけ感は、今作だからこそ出来る事でしょうねえ

敗北の孕み姫~子種を求める王女~

もうタイトルからして既に圧倒的な孕み嗜好。
それだけじゃなく

敵に負けて犯されることで、妊娠、出産し、旅の仲間が増えていきます。
生まれてくる仲間にもHシーンが用意されています。

という表記に、エロRPG黎明期のとりあえずやったろうみたいなワンダーを感じて熱い。
なるほどなるほど……

ソフィア王女と秘宝の書 Windows版

むっむっ、雰囲気ある厚めの塗りに全編アニメーション……
確かに期待が高まるのも分かりますが、

遊びやすい昔ながらのRPG

とか、初サークルさんって辺りにちょっと警戒もしちゃう、かな……

EVILIZE

”悪堕ちステルスアクション”!
なかなか響きの良いコンセプトに好きな感じの絵。
気になりますが、面白くなるかは実際のゲームの運び、運用次第かな……。

潜入とかしつつ村イベントもあるよって事で[タスマリン洞窟の秘宝]とかもちょっと思い出すか。

他の方のブログ

うちに毎回、良い文章を感想寄稿して下さっているさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

この作品に「読み物として」真正面から向き合ったさたけるさんの感想。

体験版ラストのような面白さが何度も登場します。

体験版は最後辺り、2話から演出が相まって一気に面白くなりましたし、
そう、あのボスもむしろ主人公たちより”人間に近く”、環境での苦悩があるので、「まぁそうかもなあ」って共感がありましたね……。
これだけの世界観を描き出してる割にあれ、意外にダラダラしないな、テンポが良いなと思ったのも確かに。

戦闘はなるほど、召喚獣の選出が重要な、敵の弱点を突けるかって物になると……、なるほど。

どこかで語りたかったのですが、氏の作品はフリゲ時代のゴリッチュ氏の影響があると思ってて、それは演出と絡まった時に激アツになるって所に継承されてると思うのだけど、
ただゴリッチュ氏自身はあんま絵が上手くないのよね……って所で、[終焉のイヴ]を顧みるに、この絵の上手さ、世界観のスケールでしょう。
……なんでしょう、ゴリッチュ氏から息付くものがいま目に見える形として、こういう形で表れて結実しているような、表現されているというのは、何か……胸を打たれますね。
DLsiteーSteamパブリッシングの第二弾にならないだろうかなぁって思うんですが、長編RPGですし英訳とか考えると、やっぱキツイかなあ……
(あと今考えたんですけど、DLSiteパブリッシング、投票ランキングで月1作決まるみたいなシステムにしたらどうでしょうか……。
まぁ色々考えると、オリジナルタイトルでやって行きたいのでしょうが……)

今回は「影の章」なのであと2作、ですね。その時に見る光景は、どんなになっているのか。