支援とどう向き合うか、って示唆に富む作品もぼつぼつと 今週のまとめvol.234

今週の作品まとめ

今週のまとめ

今週(4/16~4/22)の人気だった記事は
1位


2位


3位


4位


5位

今週は作品登録、多かったですねえ!
PVランキングの方もさすがというか、2位のDLsiteのGW半額キャンペーン以外、全て売れ筋の作品ですね……。

1位[イニクィタティスの器]はまさに良く出来たローグライク。
武器をどんどん合成するぞとか、操作自体のプレイしやすさもあって、最近のローグのデザインだなーと思いました。
3位[ゼヴェンの孕姫]は今週一番の売れ筋でしょうか。
元々フリーのエロゲでならした方が、DLエロ同人に初参入したのが異種姦の交尾パートナーになって戦って貰うという変わり種の[生殖の檻]、そして続編たる今回は女主人公RPGとしてかなり作り込んだ感じ。
女主人公モノと言えば段階エロが人気の嗜好ですが、段階ごとに設定も絡んだ解禁を設けてそうだったり(初めの段階ではそもそも男たちは触る事すら出来ない)
体験版でも執拗過ぎるセクハラが光りまくっておりました。

4位[-LOVE KNIGHT STORY-]は若干の操作しにくさがあるものの、それさえも味になるような「ドットで、オフラインでソシャゲをやったら」というRPG。
これが予告の段階から擬似的に「期間限定イベント」も開催していたという凝りっぷり、自分もなんだかんだとハマる物を感じましたね……。
DLsiteが始めたCi-enが今後、こういうコンテンツ展開の助力となると良いのですが。
(”ソシャゲ風”とはいえゲーム内課金は出来ない訳で、マネタイズ的にはやっぱり買い切り=新規ユーザーに依存せざるを得ない問題が出てきちゃうと思うので……。
それともパッチとしてDLCみたいにするか……)

5位はおっぱいRPG。
いや、オリジナルのドットアニメ横戦闘や、厨二心くすぐる用語辞典、学園生活と人類の敵とのバトルを行き来するストーリーとか色々言うべき所もあるのですが、
やはりふわふわもっちり爆乳・インパクト高飛車爆乳・きれいめツンとした巨乳など、おっぱいエロのこだわりがやはり超弩級でな……

他にランクインしなかったけど、興味深いものとしては

前からツィッターなどで度々見掛ける事が多かった作品。
それもそのはず、fantiaといった支援サイトで活動して発売に漕ぎつけた作品で、
内容的にもなるほど、こういう造りになるんだなあ……みたいに感心する所がありました。

個人的に[イニクィタティスの器]と並ぶくらい面白いシステムだな、今週の双璧だな……くらいに思ってたんですが、売上的には歴然の差が付いてて、ぐぬぬ。
ええーっ、こっちもかなり面白そうじゃない? なんでやろうな……
(「ちゃんと練られたローグライク」みたいに、一言で喚起できるような説明ってのも大事だとは思うんですが……。
[エルフとゴブリン]はちょっと象徴するキーワードが無いのかなと……。
あとやり甲斐ありそうなのに、全体のプレイ時間が短めなのもハッキリしないかな、って感じなんですかね……)

記事にはしなかったものの、面白いなと思ったのは

[Ghost Hunter Vena]

海外サークルさんのACT。
初め英語だけだと思い込んでて、分からねーとなってましたが、
オプションで日本語にできるよって教えて貰って、腰を据えてプレイしたらエロかった、面白かった。
後でちょっと書いてみる予定……。
(体験版なんで、何か今さらみたいな、旬逃しちゃった感じになってますが……)


[ハメスタシア王国~勇者と4人の女神たち~]


これも絵的な意味で、売れ筋ではあるかな。

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

SEQUEL awake

ぷにっとした女の子がカワイイぞ、でも女性上位で責められちゃうRPG第二弾!
前作[SEQUEL blight]見たら、もうすぐ1万DL目前で驚きましたよ……。

RPGとしても面白いようで、今回も

ゲームの攻略のみで25時間程度

と説明文にありますね。
最近やり甲斐RPGが多いすな……、一時期の風潮が反転したようだ

プリンセスディフェンダー ~精霊姫エルトリーゼの物語~

むおっ、きれいな絵だなと思ったら、それを活かすように? ジャンルは『ラインディフェンス』と。
あれですね、[淫獣と魔女とその娘]みたいな……。

こういう横視点のタワーディフェンスで主人公も動かせるっていうの、ラインディフェンスって呼べば良いのですな……、なるほど。

狐姫

ろり狐娘だっ!
とにかくシェーダー及び映像がキレイだった印象がある[中二病パラダイス]に続き、リアルタイム3Dのエロアプリかな。
ともすればリアル寄りになりがちな3D表現の中で、キラキラしたものを追求するぞーという姿勢が感じられます。

他の方のブログ

うちに毎回、良い文章を感想寄稿して下さっているさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

作り込まれてて面白い(その割にあんまり売上が奮わない……)この作品をしっかりプレイされていて、さすがだなと。
そして自分が体験版で感じた通り、「一回詰まってから」が面白くなるゲーム性だよねと……。

その辺の感覚はやはりプレイしてみて感じたい所だ……というか、実は自分ももう買ってあるんだけど、今週はなかなかやる時間無かったのよね……。
暇ゲさんも発売直後に書いてたので、自分は「1週間経って、忘れた頃に推す」タイミングで行くのも悪くないかなー、なんて思ったのだ……

このゲームの雰囲気は魅力的でしたね。
モン娘と「仲良くなる」道を選んだ時の、ほんわか癒やし的な雰囲気は、まさにけものフレンズのようだ……、それだけにいきなり「斬り付ける」とかした後の、逆襲搾精は印象深い物がありますよね。

体験版以後の展開が気になってたんですが、少し弱いかなと思ってたADV的な所も、「モン娘たちの特徴が絡んだ」ミニゲームがあるってのは面白そう。
そしてお供のへっぽこ夢魔の誘惑……うん、これは良いものだ……。
世界観全体が伝わって来て、良い感想ですねー

まさかの8段階差分!
そしてそのエロ構造に正面から向き合って書いてる感想ですね。
妊娠・出産、イチャイチャプレイ……水着の露出に躊躇してた頃とは大変な落差よ

ただし1シチュが4,5シチュ分を複合した内容と考えると実質は通常のエロRPG換算だと軽く500シチュを超える分量です。
これほどエロテキスト量を完備したエロRPGは史上初ではないでしょうか。

絵柄からかな、何かあまりド濃い印象を抱かれてない気もするんですが、エロテキストの長さといい量といい、とんでもなく濃厚な作品ですよね……

考えてみればある種定番の、金髪お堅い姫騎士からスタートでもあり、ある意味、この手の女主人公RPGの決定版足り得ようとした作品なのかなと。
しかもそれが無難という意味じゃなく、要所要所の要素が突き抜けまくりという形で実現されたのかなぁと……