ぽんぽこ面白いキャラ像や久し振りに売れるSTG、パロ元を組み合わせるときはアレンジ力だみたいな 今週のまとめvol.246

今週の作品まとめ

今週のまとめ

今週(7/9~7/15)の人気だった記事は
1位


2位


3位


4位


5位

1位は先週末に書いた製品版の感想ですね、クッソしこれた爆乳フェチRPG。

他に、今週書いて頂いた製品版の感想としては

がありますね。
割と古参なゲーマーにはアステロイドと言えば通りが良いでしょうか、
迫りくる隕石の破片や敵機を全方位STGで撃ち抜くのだ!
しかしセーブは数面ごと、有限のポイントで機体のどこを鍛えるか・どんな装備にするかの攻防がアツイ。
個人的にはあの[Kurovadis]の作者さんが共同開発してると聞いて、驚いたなあ……

2~5は興味深い作品でした。
[レムと淫らな女神の衣]、新規サークルさんながらエロシーン100超え、というボリュームにまずやられたミニRPG。
絵の方は恐らく外注で、基本枚数も少なめに感じますが、割と金髪ギャルっぽいデザインが良いなと……。
あとエロイ身体の主張が強い。
そして何より、毎回のシチュを作り出すテキスト量、これに手が掛かっているなぁと思いましたねえ

[新妻ゼフィラ ~寝取られたエルフ嫁~]、なぜかメガネタイプが選べる、新妻巨乳エルフの寝取られRPG。
チャラい元同僚にじょじょにほだされて孕んでしまうのか、富豪に言いように種付けされまくってしまうのか……結末やいかに、という感じでしたね。

[デンジャラスバイオロジー ~ゾンビVS女捜査官~]、謎の実験でゾンビが溢れた洋館を探索する、なんかケバくてエロい気がする女捜査官!
当然道中でエロい目に遭い……と、このコテコテした感じは好きなんですが、
ガチのアクションアドベンチャーとして見るとちょっと退屈、
エロおバカお色気アクションとして見ると割と異種姦でハードに犯されるのと、エロ頻度が少ない、謎解きもそれなりにむずいか……
と微妙に位置になっちゃってるかも。
明らかにLilith風を伺わせるキャラだったり、ドット感であるとか、かなりソソられるので、あと一歩、元ネタのアレンジに長けたらかなり化けそうでもある?

[Rabbit Burn]、リアルタイム3Dでビリアードを撞つと、乱闘と乱交のサバイバルが始まる!
何を言ってるか分からねーと思うが、体験版触るとまじでそうなんだから仕方ない。
体験版が登録される前から気になってたのが、プレイしてみたら想像以上だった……と肝を抜かれつつも、面を重ねていくにつれ、じょじょに戦略性や実績解除でのめり込みそうな所が肌で分かって、これはただカオスなだけじゃ済まなさそうなんですよね……
(エローン大君さんに製品版プレイをお願いしました……!)

あとPVランキングには入りませんでしたが(今さら気付いたんですけどこの方式、月〜土測定なので、週の初めに書いた作品の方が入りやすいよねそりゃ)
今週は興味深いのが多かったです。

魔女っ子との1vs1のドッグファイトだ。
初めは相手も強すぎますが、何度でも挑戦して2WAY攻撃や地雷など、好きなアイテムを購入して追い詰めて行くのだ。
これ、もちろん100円だからってのもありそうですが、この18禁STGという過疎ジャンルにおいて、1週間で500DL以上も売れてて驚きました。
(これより前にこのDL数超えとなると、3ヶ月前に一つ、ちょうど上でも挙げた[Aster]が……という位なので。
ちなみに更にそれより前となると、いわゆるFPSを除くと1年以上前という……)

確かについやりたくなる面白さありますし……、ふむ

プレイしてて割と好みだったので、もうちょっと売れて欲しい……かな。
狐娘のRPGを過去に作られて来たサークルさんが放つ、たぬき娘エロRPG!
そのキャラ像はというと、ねっとりしつこい京弁に、ザコ戦闘に勝っても負けてもエロみたいな淫乱ぽんぽこだったのです。

たぬき娘と言うと、あとは喪女的なデザインしか思い浮かびませんが、さてさて根付くのでしょうか……。

Unity製の3DダンジョンRPG。
ちゃんとゲームパッドとかにも対応されてて敷居は低く、モリモリ強くなって先に進み、エロシーンを迎えるのだ!
登場するのは軒並みつるぺたの少女たち、すじマンが可愛い。
何って訳じゃありませんが、ダンジョン中のちょっとした演出に時折おっとなりながらも、ついふんふんとやりたくなるなあと。

そして今週、売れ筋だったのはやはり

予告版で感想を書いたのが1年半前……、正直もう諦めていたのが、まさかの発売!(以前のスクショと比べてみると、塗りが変化している)

触手と罠に満ちたダンジョンに全裸で放り込まれた主人公、ADV的に探索もしなくちゃならないんですが、何倍にも高まっていく感度、部位開発のすえに消えないバッドステート。
連続絶頂、変化するエロシーン! と今までのエロRPGにも時折見られた様な(最近だとやや小型ですが[異種姦迷宮と淫乱巨乳魔法使い~パチュリーさんが苗床になるまで~][触装の聖職者]とかもそうでしょうか)
淫靡な流れを踏襲するもので嬉しいですが、
とりわけ今作、実はダンジョンが3つ用意されている……、つまりただ触手迷宮から脱出して終わりじゃなく、散々なバッドステータスを負わされた後で再び騎士団の皆の前に戻る(なのでOPで、この件を巡るいやらしい策謀がかなり描かれている)
そしてまた卑猥なダンジョンに向かわされる……
というのがポイントなのかなと。

クリアまでのプレイは10〜15時間……、ねちねち触手責めされる物にしては長そうですが、
それだけに留まらない物がありそうですね。

制作テンポほんと早くて羨ましいな……という事で「大人の道楽」さんの最新RPG。
今回もノンフィールドRPGですが、主人公はショタ魔王。
1歩進むたびにイベントが起き、ショタの唇とお尻とちんちんの貞操が危ない!

エロRPGを定期的に作るに当たって、毎回新システム(と高いクオリティ)を……ってのは実際しんどくて、例えば[アンコクマリモカン]さんもそうですが、複数のフェチな引き出しを持つと有利だなぁ、と思いました。
場合によっては同じシステムで、それぞれ違った層にアプローチできるかもですからね……

そもそもエロ同人で長く活動しておられると、割と性癖が多重発症するというか、爆乳フェチなら超乳に行くかフタナリかの派生があり、フタナリになると脇毛やニオイ、あるいは悪堕ちかみたいなルートがあるものですしね……

あ、あと、[リズベルのアトリエ-聖王国の錬金術士-はじめての物語]が発売再開したようです。

[Lizbel-リズベル-]

タイトルは[Lizbel-リズベル-]に、何故か主人公のキャラデザも微妙に変わっていて、これ、着衣絡むシーンは全部描き直しでは……と、今まで掛かった理由が窺えますね。
しかし一体何があったんでしょうねえ……
(*それでもこの手のクレームというか注文で、”もう全部オジャン”とせず、粘り強く落とし所を探り続けた? DLsiteと作者さんを労いたい……。
こういうのって一回、極端な前例が出来ると企業としては次も当然その処置を、ってなるものなので……)

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

むっち無知 カンちがいなか生活

おっ、作者さんの徹底した無知シチュのエロRPG第三段。
1作め[むっち無知 田舎生活]は相当なアップデートや半額になったりして、7000DL超えしてるので、プレイされた方も多いのじゃないでしょうか……

https://super-game.net/archives/1860382.html

さすがに過去2作の主人公とは交代のようですが(幾ら何でもエロされ過ぎ、無知を保つにも限界がありますからね……)
んっ、けーこはゆたかのお姉さんだったような……
過去話なんでしょうかね

ルクスリア遺跡

割と毎回言ってますけど[アモル魔法学園]は衝撃でしたねえ……、
そんな作者さんの嗜好は、寝取られというより(こっちの描写も上手いんですが)
寝取らせ・スワッピングなんですよね。

絵が正直微妙ながらも、シチュ力で狂おしい気持ちになる、というのをもう一度見せて欲しいのだ……!

他の方のブログ

うちに良い文章を感想寄稿して下さっていたさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

RPG部分もちょっと凝ってたりしますが、やはり寝取られシチュがメインの作品ですよね……。
そう、自身も敏腕冒険者だった事から負けん気強い性格の女エルフって所から、かつての同僚の冒険者や富豪に当たり前のように犯されながらも、それぞれ割と頼れる所があり、惹かれる描写がありますよね……とは体験版で思ってましたが、製品版では、もう一人の寝取り♂が?
しかもこちらは一切惹かれない代わりに、催眠による常識改変……と、なるほど上手い。
そして当然のように淫乱娘に……という流れも、やはり定番のシコさを抑えてそう。

前作[魔術師エリシャのさいみん貸出奮闘記]の自分にベタ惚れ(催眠)の子を、体よく寝取らせて金を稼がせるってのが割とインパクトあって好きだったのですが、サークル的には、エロRPG市場の的を少しずつ絞れて来てるようで、そこも今後期待しちゃいますね……

おっ、こちらの作品も。

数か月に1度ほど、とてつもなく熱量を感じるゲームが登場します。
それが同人ゲームを楽しむ1つの理由ですが、本作はこの数か月に1度に当てはまる超力作です。

に大きく頷き、しかし改めて見ると1エロシーン3~5分の文章って……、本当に凄いボリュームだなと。

そして物によっては6段階発展エロイベ!?
ゲーム的にはミニRPGの長さでそのエロ数だったら、そりゃエロしまくりにもなるよなぁと。
言われてみれば体験版でもおしっこシーンがありましたが、じょじょにおしっこに快楽を感じ始めるとか(おぉ……)
更に……というシチュ発展は凄いなと。
そう、言われてみれば第一段階では、女神の衣の呪いで淫乱化しながらも、行為の途中で
泣き出して中断したりしてましたね。
あれも後の段階の多さを考慮しての事だったのだなぁと。

うーむ、ミニRPGの範疇にがっつりと組み込まれた、エロへの熱意を感じる作品なのですねー