1プレイでさくっとエロスタイルを描けるRPGか…… 今週のまとめvol.259

今週の作品まとめ

今週のまとめ

今週(10/7~10/13)の人気だった記事は
1位

2位

3位

4位

5位

製品版の感想は3位[荒野の雷鳴少女]、エローン大君さんに書いて頂きました。

これは埋もれがちですが興味深い作品でして、西部劇のような街にやって来た、凄腕女ガンマンの早撃ち勝負という。
ゲームの歴史的に言えば星のカービィーとかの「刹那の見切り」みたいのが浮かぶのでしょうか、
そんなワクワクする舞台であり、そしてまた賞金首を次々と撃破していくと、じょじょに解き明かされていく黒幕の謎。

毎回早撃ち勝負してたらそれはマンネリもちょっとあるよねとか、一勝負数秒な訳だからボリュームが……とは思いましたが

「体験する映画」

とはなるほど、言い得て妙かと思いました。

2位、4位は売れ筋の作品でした。

[オークと美女奴隷~堕とされた麗しき戦士たち~]、
割と本格SLGぽかった過去作[オークの野望:全国版]を彷彿とさせるコンセプトですが、
ゲーム的には簡易的な、オンナオカス、オークフヤス、オレ ツヨクナル!
と時間さえ掛ければ、誰でもクリア出来そうなSLGかな。

それだけにやっぱ商業クオリティだよなあ、というエロ絵(とかボイス)を楽しみやすくはありそうか。
”勝ち”が確定したヌルい状況でのプレイでエロを見るってのも、自分、実はちょっと好きだったりする……

[エルミア剣闘物語-少年剣士VS戦う乙女たち-]、
いつもはサークルとして[戦乙女ニーファ ~女難のショタエルフ~]など、ちょっとむっちりした感じの絵を描かれてる方を絵師として迎え、
戦闘中のパンチラで勃起、敗北エロで躾けられ、それ以後は見るだけ・攻撃されるだけで勃起(勃起しすぎ)
そのうち戦闘中射精で身動きできなくなって嘲笑される……というM度高い、女の子との戦闘に。
地面に這いつくばって女の子を見上げる(パンツ)アングルなんか、制作サークルさんの指定もあったと思うのですが、
良い感じにMなツボを刺激されており、改めて上手だなぁ……と思ったものです。

またRPGとしても、チップ素材なんかは一見ツクールのデフォですが、ダンジョンの攻略方法が数ルート用意されてたり……
なかなか「おっ」と楽しめそうでした。

興味深いのは1位、5位の作品でした。

[蒼月忍法帖 桔梗の章]、
たぶん[シェルター]のサークルさんかな? と思うのですが(つまり海外・台湾のサークルさんかな……)
くノ一的な場面ごとに探索ステージを用意、
例えば国境へこの密書を届けるのだ、捕まっちゃって脱出だ……という場面ごとに奮闘するのは
なかなかマッチしたシステムですし、
エロ以外にも豊富に用意された華麗なスチルが、女ニンジャ感を高めてくれます。
(と同時に、やっぱりパラメーター上げて戦闘中のお色気忍術で敵を誘惑だよなあ、とかやったり)

要所で入るエロ、テキスト面がちょっと短めで寂しいかな、ってのはあるでしょうか……

[異種姦敗北ドスケベダンジョン]、
いわゆるぶつかったら犯されるツクールの見下ろしACTという奴ですが、
少女漫画みたいな、女の子のハッキリした目が可愛い。(東方の二次創作でもありますね)

しかもそんな子が、ダンジョンを進むときもい虫とかにも犯されるらしく……
また犯されすぎると異種姦を心待ちにするハート目状態に、子宮断面図は精液でびちゃびちゃ、なぜかダンジョン中にトイレが設置されてる、あと可愛い着せ替えはエロスチルにも反映だ……
と、システムはよくある物ですが、嗜好的になるほどなー、という物がありました。

他にPVランキングに入らなかったけど、売れ筋な作品としては[巨乳女アヤに〇したり〇したり〇されたりするRPG]、

待って……いた……っ!

私が過去作を大体買ってる[巨乳女の~]シリーズの3年ぶりの新作。
[New!剣と魔法のイムドリア]辺りから見られるシステムだと思うのですが、
RPG内の刻々とした時間経過により、イベントの場所があちこち変わるぞみたいなシステムで、
主人公のアヤ(過去にレイプされ経験、出産経験もありっぽい……?)
という押しに弱いハッキリしない態度でネガティブ思考だけど、
凄いおっぱいボディの子を犯したり、ラブしたり、犯されてる所を助けたり……というイベントを見つけまくって、エロストーリーを紡ぐのだ。
(普通に考えれば悲惨なんだけど、それでもどこか”隙がある”というか、”イジメたくなる”距離感が名人芸だと思う……)

いま製品版やってますが、レイプしたか、出産した後か、好感度高いか……
といった条件で変化するセリフと距離感に、まさにこうだったよなぁ、という興奮が。
というか3年ぶりだけあって前よりもずっと執拗になっており、
(危険日のSEXだと絶対孕んでしまうアヤさんですが、組み合わせにより勿論その相手の男は多様。
だいたいの男が病院でアヤさんに詰め寄られ、「本当に妊娠するとか、知らねーよ」と責任放棄するんですが、この逆ギレセリフが男ごとに違うという。
そして二人目以降は開き直って「いいからSEXだけさせてればいいんだよ!」「どんどんエロい身体になりやがって」みたいなのも用意されてるという……)
主人公が服を抜けばレイプモードへの切り替えだ、あと連れ回してる状態でアヤさんの服を脱がしたり、出産後の体型変化、妊婦状態でのセックス(レイプ)もあるぞ……! と、
今回はいつでもエンディングを迎えられる関係上、
強姦魔に孕まされても縋るしかないアヤさんNTRルート、
アヤは俺(主人公)の所有物だからという隷属ルート、幸薄いアヤさんに酷い事はしない、絶対幸せにするんやルートなどを、1プレイの度に堪能してシコるゲームになっているよなあと。

PVランキングに入らなかったけど興味深い作品としては[びゅるるラビリンス]、

極細ビキニと背中にしょったロケットのぷにぷにしたロリが(エロパワーを変換してるらしく、❤を噴射して飛び回れるのだ)
迷宮を探索するメトロヴァニアなACT。

良いなーって思うのですが、アートコンセプトとしてはもっと迷宮内とか、素敵なぷくぷくピンクまみれにした方が振り切ってたのではとか思ったり。
機械姦のイカされまくりドットアニメや、
ゲーム部分をへんに甘く見ちゃって、そんなに集中できない……という、どっち付かずになっちゃってるイメージもあるか?
体験版の最後まで進むと手応えあって、おっ、面白そうかもってなるのですけどね。

[愛玩人形アイディール~ヒミツの防犯記録~]、

歪んだ主人への絶対的な忠誠を違う自動人形(アンドロイド)という設定。
だがその身体はそもそも愛玩用として作られている為、邪な使用人に挿入されてしまうとすぐアヘってしまうのです……、果たして忠誠を貫き通せるのか……という。

エロイベ起こす為の流れがちょっと退屈かとか、
アンドロイドならSEX時にも無感情クールがええんやあ! とかあると思うのですが、
お澄ましな主人公キャラデザ、瀟洒なマップなど、全体的な雰囲気としてやりたい事分かるなーと。

記事にはしませんでしたがほほう、と思った作品は


[セックス&ヴァーデンリッテ]

…なんてツイートした後、正直自分の予想よりずっとずっと売れてて驚きました……。
やり込み需要ってあるなぁと……。

あと半額情報↓

[プリズンファンタジア~亡国の聖騎士~]

ところで割と危機感を覚えた事なので書いておきます。
まず、DMM・DLSiteで「レイプ」って検索してみてくれ……(DMMは「強姦」「凌辱」もかな)
どうなった? という事で、これ↓

どの筋のクレームでこうなったか分からないから不気味なんだが、「レイプ」がダメとなったら次は痴漢とかも当然範疇に入って来そうで、まぁそれ言い出したら売春もだし、ロリ・リョナなんか当然だめ。
あと人妻も不倫だしなぁとか、とか……

*面倒臭い文章
女性の生理とかを大変だと訴える漫画が割とバズってて、まぁそうなんだろうけど、逆に男の性欲は気持ちいいから良いでしょみたいな事にされる、こっちは”その方が生殖に効率良いから”みたいな原始的な、獣のような性欲を望んだ訳でもないのに持たされたまま、この現代社会で何とか折り合いを付けなくちゃいけない訳で、女性の月のものは月1で重いのは知ってるつもりだけど、男としても毎日、社会的な立場を失いかねない欲求を、えいえい! この!! 勃起するな! となんとか抑えて、やっつけて、仕事をしているのやぞー、無理にご理解ご協力をなんて言わないが、せめて自衛の手段くらいは取らないでくれ~~

……まあここは楽しく、エッチだったりエッチじゃなかったりするゲームのことを読むブログですから、そういう主張は内に秘めておくのだ。

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

エミリアーナ-魔契の聖女-

[Mystic traveleR -淫謀のヴェールクーラ-]でタイトル画面からとにかくオッパイが揺れ、前作[アールココ-片翼の愛玩姫-]でおっぱいの大きい天使に戦闘中に挿入だ、といったRPGを作られて来たサークルさん。

今回は(やっぱり)乳房が大きいシスターが頑張るという事で、アニメが強いサークルさんですから、そちらにも期待でしょうか。
軽めの冒険、エロでもそれなりに酷くなり過ぎない感じで、堪能できそうかなあと。

他の方のブログ

うちに良い文章を感想寄稿して下さっていたさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

ADV・ノベルについて過去(なぜ衰退したか)、現在、そして未来……に渡って書かれた考察記事。
大変読み応えありますね。

自分はそもそも普段から小説を読まなくて、ノベルゲーも全然やらない人間で、なんというか、”読み物や物語を求める気持ち”が少ないので、どうしても鈍感になってしまうのですが……。

ただおっしゃる通り、自分のメルマガなどを通し、
最近はRPGの適用枠が広すぎて、本来ADVにすべき事でもRPGになってる同人作品とかあるよね……と思っていまして、
そう、本来はADVの枠組み上で描写した方が、より魅力的に映えるシチュや設定、システムなどがあったはずで。
あとそうですね、歳を取るとより「概念」の入り組んだ奥深さを堪能したくなって、この場合でも、より文章というのが表現しやすいメリットがあるのかも知れない。
(さたけるさんに感想寄稿をして頂いていた時、たしか[亡国のクルティザンヌ]の時だったかな、
「111さんもビジュアルノベルをやられた方が良いですよ」とおっしゃって下さったのは、
私のその辺りの無知さと、楽しむことが出来るのにーと見込んでくれたのかなと…)

ノベルの「過去」に関する事ですが、商業メーカーで生き残ってる所は、やっぱり投資をきちんとして来たか、娯楽産業ですから、新しい物を提示できたかだろうな……とは思ってましたね。
(メルマガの一問一答みたいな形式より、こうして長文読んだほうがスッと来やすいですね、この場合)

そして「現在」にあたる、同人でも一時期はADVが栄えた頃があったのだけど、現状、ストーリー的な面ではRPGの一強状態になっちゃってる、というのもそうでしょう。
(その原因が”ADVの粗製乱造”かは、自分はその頃のDL同人を見てないのでピンと来ないですが……。
でも読み物と考えると、確かに満足させられる構造や、手の込んだものは少ないかも)

その点で言うと、RPGは作りやすいってのは本当にそうで、

エロビジュアルノベルで大切なのは、エロシーンですが、ビジュアルノベルの場合はエロシーンへ至る道筋もテキストで表現しなければいけません。

凄い私的な話になるのですが、自分も10代の頃に小説とか書いてた頃があって(エロではないけど)
もう、ここですよね……。
書きたいシーン以外の、なんか日常的な背景描写とかが全然出てこない(物を知らないからというのもある)
絵だったらばしっと一枚描けば済む、
RPGツクールだったら素材チップでいけるんだぞ……と悟った時、以後はゲームを作るようになっちゃいましたね……。

気になるのは「未来」、では同人においてもADV、読み物の変化があるのか? ですが、リアルタイム3Dでもその手法が活用されつつあるってのは、
言われるまで気付きませんでしたが、なるほど確かに指摘されてみれば、目から鱗。

とかでも思ったのですが、進行チャートがADVぽくなるのですかね……。
(この作品、ルート分岐の条件(制限時間以内に◯回イカせる)がやたらシビアでそちらに目が行きがちですが、
進行によっては、本来プレイヤー男とドS優等生で女の子をイジメる関係だったのが、イジメられっ子が逆転して責めに転じたり、男をふたなりでガン掘りしたり、そういう関係の逆転性が提示されるんですな……。
確か、場面はずっと同じ部屋で完結してましたが……。
これも密室劇ってのを意識すれば、もうちょっと捻れた? 捻り過ぎ?)

そしてそこから一般・海外のノベルにまで視野を広げるのは自分の範疇を超えていて、「読み物」を求める人の興味って、そこまで行くよねと……、知的で凄いなあと……。
自分は一般ゲーに読み物を求めるなら、漫画とか映画とか観ちゃいますかね……

あえて言えば、「エロゲ」としての観点、
つまりADVのエロとRPGのエロの違い、後者の方がよりプレイイングで興奮しない?
といった事もあるかも知れない……
(それだけに「ADVで良いじゃん」みたいなエロをRPGでやると、白けるのだけども……)

ただゲームが今後も更に新しさを求めて行くならば、いつかどこかで「概念」とか、そういった物にぶち当たらざるを得ないと思ってるし、恐らくそれを活用し、ゲームのなんたるかをデザインするようになるだろう、
その時にノベルの影響も少なくないかも、なんて思いますかね……
(例えばエロRPGの、RPGって呼ばれてるけど、もう戦闘無しでエロイベだけで良いじゃんとか、
敗北エロの「一般ゲーでは禁忌だけど、エロゲでは戦闘に負けて良いんです」とか、無意識に概念破壊してたなぁと思いますね……。
これらにはノベルの影響見られませんが、きっと今後は……?)

レベルデザインって言葉があって、要はこれは(3D的な)ステージの地形、でこぼこを作って
どう辿らせ、どう体験させるかってのが発想の大元にあるのだと思うのだけど、これって要は、目に見えるからそういう事を考えられる訳じゃないですか。
形而下での制作だなぁと思って……そこから形而上の事まで……って、ここまで考えたら良く分かんないか。

こういう事を書いてるのが毎週発行の111のメルマガなんだ(ほんとかーー?)↓