昨今の地固めしていく流れの中でも、それぞれのサークルの特色が出るのだなあ 今週のまとめvol.338

今週の作品まとめ, R18

今週のまとめ

今週(4/12~4/18)の人気だった記事は
1位

予告で書いた作品ですね。
元々ミリタリー要素の強いゲームを開発していたサークルさんでしたが、[深淵の探索者 完全版 ~さらなる深みへ~]が1万超えの大ヒット、
そしてDLCを出して来たり……とした訳ですが、こうなると気になるのは次の展開、つまり本作……とプレイした訳です。

お馴染みの童話のヒロインを追い詰めて犯すのだという基本ラインに、絵師さんも続投。
割と定番、インパクトは薄いかな……とも思ったのですが、
追い詰めるゲームフェイズがありがちな見下ろしACTとかではなく、主人公とヒロインが交互に行動するターン制、
何とか接近したり、ステージのギミックを利用して歩みを止めるのだ……としたのは一捻りを感じました。
ヒロインが赤ずきんなら主人公は狼なわけで、このまま最後まで行っちゃうのだろうな……と思ってたらそこからの意外さ、
主人公で言えば、そもそも童話を改変しようとする”悪意”そのものなのかも、と思わせられる展開にもなかなか深い物が。

思えば[深淵の探索者]もそんなにインパクトって作品では無かったので、今、色々なサークルさんが大きく地固めをしていこうとする中、
このサークルさんは(長い活動を誇る、前までの形もあってか)もしかしたら「安定度」で売れるっていう特色を備えるのかなぁと……。

2位

予告で書いたものが、先週の日曜日発売。

本作はツクMV製ですが、場所移動→移動先であれこれ調べたり会話したりなんて、
往年のADVを彷彿させるシステム(同じコマンドを何度も選ぶと新しい反応が……)
画的にも、手前に主人公の背中があり、奥に女の子が並ぶ……と立ち絵の並べ方からして、
単に横並びじゃなく、ばしっと決まってる感じが良い(背景も改めて見ると、それに合わせてかなり大胆にパースを効かせてる……ような?)

さてADVにはADVらしい得意な語り口というのがありまして、
例えばそれは個人の目線で、何か圧倒的な世界やら概念やらを、足元から描き出したりすると、ズガーンと良い訳ですね。

本作は恐らくそれを踏まえたシチュで、噂によれば夢魔に支配されたという国に潜入、
まずどこかに身を隠してる人間の王族に合流しなければ……という筋書き。
見つかれば命が無い、慎重に調査を重ねねば……という流れかと思えば、
これが案外、支配されてるはずの人々が平和そうにしてたり、酒場でバイトする夢魔なんてのが居たり、等身大での生き様が掴めていくのでした。
もちろんそれは表向きで、「スラムの浮浪者の精を啜る夢魔」なんて、いかにもらしい現場に鉢合わせたり……。
そんな、まさに”発見した”という感じのエロイべから、
ひとたび街の外に出ればもう道は4,5つに分かれており、どこへ向かうかが問われる自由さが。
日数経過で入る、拐われた仲間の調教(エロシーン)に焦らされ、でもその描写から推測してみるに、意外に近くに居る……のか?
なんて、複数の目的やら、観察や推理やらを働かせられる、ADVな視点の持ち味を活かした、良い運びになってるなあと。

その上で街の外での戦闘、しっかり準備して臨むのだ、でなければ押し倒されて夢魔のエロ攻撃に晒されるかも……? なんてのは、紛う事なきRPGらしさでもあり。

昨今はLive2Dのぬるぬるアニメが全盛なところ、こちらは手描きアニメ……なんて(塗りも相まった)重厚さもあって、なかなか一本筋が通ってるのかなと。

まぁ移動がちょっと面倒、みたいのは付き物ですが、なんだかんだ見下ろし視点以外のRPGには戸口の狭さも覚える界隈、最近はちょっと華やいでる感じも?
https://super-game.net/archives/matome325.html

3位

先週の「今週のまとめ」。

4位

DL同人に限らず、よく言われる事に「一言~二言で紹介できるのが良い商品」というのがありますね。
それで言うとまさに今作はその通りというか、
黒髪孤高クール(でも爆乳、むっちり尻)の女の子が、ひょんな事から汚いおっさんに興味を持ってしまい、河川敷に通う……というSLG。

当然そうなれば……と、予告では汚い・臭いじじいにグイグイ来られて、チンカスちんぽを手コキ、軽いフェラまでしてしまう。
そもそも何故そんな物に興味を持つんだという所で、孤高ですから、人とは違う目線に優越感を持つみたいなエリート意識、
あるいはそこからの転落を密かに期待する、隠されたマゾ性みたいな内面も描かれて行きそうでした。

お相手はじじいの他にも、別のおっさんホームレス、学校では脂ぎった校長なども。
調教度や変態度なんて値や、露出や場所を探索するコマンドも窺えて、
「校長に命令されて、学校で露出」
「あるいは自ら住宅街での露出に目覚めていく」
といったエロ模様を示してくれそう、と期待が掛かるのでした。
(ただSLGとして色々値の変動を試すというよりは、条件が整うと選択肢が増える、ややADV的という感じも覚えたかな?)

関係ないのですが、どこを探索する>河川敷>別のホームレスのテント
といった辺りの、言わば「河川敷探索感」はなんか面白いなと……。
これが住宅街だったら別にワクワクしませんが、河川敷だったら何か起こるか分からない、そういうのあるよなあと……。

アクの強いおっさんと、ただ移動するだけで何かが起きそう……みたいに固唾を呑むのは、
[性教育は蜜の味]とか思い出しますね(こちらはロリですが。ヒッチコックもかくやみたいな固定アングルが効果的なんだよなあ……)

5位

先週から引き続きランクインですね。

踊り子なのに、変身戦隊! 敵の基地に潜入! ピンチ&エッチな目に! という前作[踊子戦隊ソードダンサー]とか、設定や運びが面白くて目を見開きましたね……、
そんなサークルさんの最新作。
今作はクラシックなRPGとして、がっちり作り込んである一作。(といってもPS1辺りの気配・時代感。これが大切。)
体験版だと1時間くらい掛かりましたが、まったく切れ目なく遊べましたね……

システムを述べると、フィールドエンカウントゲージ、
PS1の頃を彷彿とさせる、わざわざ画面がぐるんって回り込む演出もあったりする、斜め後ろ視点でのバトルだ(ポリゴンじゃないけどね)
食べ物をたくさん確保、食糧値を保ってると普段から戦闘が有利だぞとか、ジョブチェンジ(衣装チェンジ)に、陣形なども。
モブキャラとの会話に妙に「人生」みたいなものが見えたり……。
パーティーは二人まで、旅の途中でゲストキャラを迎え、別れたり……とかも、どこか懐かしさある流れでしょうか。

面白いRPGで、そして敗北レイプや、ときおり隠し切れない旅の仲間からのレズっけが出る、
それで充分かと思うんですが、まぁちょっと地味ではあるかも知れない……という所、
製品版では「娼館バトル」「戦闘エロからの受精スロット」
といったニギニギした要素があるのにも、制作の腕を感じました。
https://super-game.net/archives/matome337.html

PVランキングに入らなかったけど面白いもの:

自由に娼館を立て増していける[魔王様の風俗街経営記]、何度もゲムオバりつつ、よく分からない物体からスタートして肉体を取り戻してく[復讐のゾンビ少女]と、
何か「フラットな絵で、気の利いた小規模作品」を作られてる感じのサークルさん。

今作は言うなれば、にゃんこ大戦争みたいな(スマホゲー詳しくなくて、例示が貧弱ですが……)
手持ちの仲間をわらわら召喚、ステージをがんがん突破していけると思ったら、どうにも歯が立たない相手が出てきて、ぐぬぬ悔しい(課金ポイント)みたいな。
スマホゲーにありそうな、横視点の召喚RTSといった具合なのでした。

1ステージを1分くらいで片付けて、がんがん重ねる強化。
同じユニットがダブったら強化だ、ユニット以外にも魔法を編成だ、
お金が溜まったらレアガチャだ……と、やはり何となくハマる感じで嬉しい。
そして力で圧倒してて満足感を覚えてたら、ある時に手こずるようになり、くそう、こんなはずは……と歯噛み、初めから強くてリトライ。
一時的に戦力は下がるにせよ、いずれかのタイミングでレアキャラを組み入れて育てて行かねば……
と、強い敵が出てくる波に合わせ、成長曲線を見極めていく事になりそうでした。

絵のフラットさに白黒の画面、まぁシコとかは期待できないのですけども、何かそういうの遊びたかったって所にスポッと嵌りそうな感じ。

元々はフリーゲームのAngel Girlとか、更にはその元ネタである海外のエロフラッシュであるとか歴史がある訳ですが、ともあれ第一弾たる[SHINOBI GIRL]は空前のヒット、長くエロACTの売上1位として君臨してきた訳です。
そのシリーズの最新作、第三弾が到来!

ゲームとしての基本構造はそんなに変わっていないかと感じましたが、
しかしこの、キーボードを片手で操作、残った方の手で股間を甘刺激しながら、進めそうで進めなくなる、
ゴール手前なのにイカされて負けちゃう、有利になるので仕方なく、自らオナニーで絶頂しちゃう……
なんて、不思議にゲームの女の子へのシンクロ感が高まってどうにもシコれるシステム、やはり良いものだなぁと。
アニメの質も細かさがいかにもツボ突く感じ、シコる為のオプションも初作から10年蓄積していて、安定の充実度。
思うのは、エロFLASHってなぜこんなにも抜けるのか……?(うーん、懐古主義なのか……?)

特に今回は、色カスタマイズの適用範囲の広さにも驚いたり……(前作も部分的にはあったのでしたっけ……? なにしろ前作から3~4年とか跨いでるので……)

今回も長らくのアップデートを予定している様で、伝統、伝説。そういった風情さえ感じるのでした。

毎週、製品版の感想を書くぞーという第二弾ですね。
最近の111は手触りの良いミニゲームとか、ちょっと遊べるものが気に入ってる次第で、
今回はリアルタイム3D・物理演算で(アミューズメントパークとかにある)コイン落としをシミュレート、しかもエロ(おさわり)と合体させた……なんて作品をピックアップ。
どうです、知らなかったでしょう。

製品版の感想としては、コインが山のように溜まった後に崩落、ゲットしまくるあの感じが出てるよ出てるよ、やっぱ好きだなあとニコニコしつつ、
もうちょっとステージ数を増やして欲しかったなーとか、
そもそもエロの形としては、もっとこうした方が一体感出るのでは……とか、偉そうに抜かしております。

皆も閃乱カグラのエロピンボール(PEACH BALL)とか良いじゃない、ってのは分かると思うんですが、
そう考えると、ヌキゲーとエッチゲーというこの……、プレイヤー的には明確には違うんだけど、産業としては、実はあんまり分かれてる訳ではない……みたいな所に想いを馳せられては如何か。
実は今、エッチゲーが一番立場辛いのかも知れぬ。どうだろね。

次の製品版の感想は、あのスカトロサバイバルRPGの予定です。普通に書くのが遅くなったよね……

記事にしなかったけど興味深いもの:


[女勇者イルルと淫魔法の森ミニゲーム スライム鬼ごっこ]


[えっちな錬金術と幼馴染巨乳メイド~イチャラブSEXで村を救え~]


[ケモミミ少女と同棲性活]


[学園脱出RPG 委員長ちゃん対セクハラゲーム]


[戦い中に時間を止めて戦隊ヒロインに淫乱薬物を注射してみる]


[勇者の寝取られの冒険]


[装備制限の呪い メイド騎士アリシア]


[PIGTAIL JANKEN]


[アザー・ディスカード]


[桃狐の対戦型オナサポ調教~のじゃロリ狐っ子編~]

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

魔法闘姫リルスティア

初サークルさんで、事前お気に入り3000超え?
これは一体……体験版がそれだけ良いって事なのか、気になる……。
とりあえず、シナリオ協力とかは[念動少女セーラースプレンダー]の方だったりするのですね。なるほど、そんなラインかと

魔王のハーレムは冒険者町にて ~分裂乱交日記~【ボイス&イベント追加】

DLC、DLC!
[魔王のハーレムは冒険者町にて]に音声&Hシーン追加のコンテンツだ。
そもそもCG集の時点で、万超えとかしてるスケベ絵のサークルさんですからねえ……

イモートコントロールダンジョン!

エロRPG黎明期から、そして今に至るまでコンスタントにヒットを出し続ける根強いサークルさんの最新作。
短編寄り、妹主人公にセクハラする兄……というと、過去作[クロッシングメア]が浮かびましたが、
しかし今作は、”ローグ風RPG”・”エロトラップダンジョン”と!
これはシステム的に凄く気になる作品……
(あとタイトル、よく咀嚼してみたら”イモートコントロール”(リモートと掛けてるのでしょうか)に何か脱力するウマさあるなぁと)