お約束と個性 今週のまとめvol.351

今週の作品まとめ, R18

今週のまとめ

今週(7/12~7/18)の人気だった記事は
1位

過去作1万DL超えの作品もある、いい肉付きのCG集サークルさんの初エロRPG!
しかも出てくるヒロインは実母・人妻・未亡人と、MILFと言えば聞こえは良いが、平たく言えばトウの立った女性のみ……。
むんむんとした色気に主人公(勇者)は冒険を無事に続けられるのか、
体験版の冒頭でさえ、行き遅れスケスケ巫女(一度セックスすると愛が重たい)にだらしないカラダととろマンで誘惑されて筆下ろししちゃったけど……、という塩梅なのでした。

正直なかなかのニッチでは…と思っていただけに、初日の勢いには驚き。
(ただ普段のCG集のファンが買ったと思えば、実はそんなでも無い数字なのかな?)
言えるのは、「エッチが楽しそう・面白そう(H後のおばさん同士の会話や絡みも含め……。あとサンプル画像見るとやっぱお母さんにも、ぱっくんお下品フェラとかされちゃうのだなあと……)」な個性がある事でしょうか。

2位

先週から引き続きランクイン。
(製品版買いましたが、なかなかプレイする時間が……。
男も齢三十五となると、ハード嗜好なエロゲプレイにはおちんちん耐久度との要相談となるのだ……)

一言で言えば、淫靡さが凄い。
作品説明に記されてる所の
『エロいRPGではなく、エロのためのRPG!』
といった辺りが、プレイ後にまざまざと噛み締められるというか……。
ただ同時にこれは、ノクターンノベルズの作家さんも迎えたという文章方面からの凄さ(描写力、そして設定ですね)
であって、スクショだと伝わりにくのかな、とも……。

ゲーム的な流れとしては、呪いを受けた主人公が毎晩、「自らの願望が作り出す」ダンジョンに挑む事になる、
モンスターの低俗ちんぽに堕ち、出産絶頂まで晒された姉達と違って、
自分は絶対にそうならないぞと強がる主人公でしたが、
臭さたっぷりと漂う醜悪な造形の異種が現れ、「敗北し、諦めるまで」続く戦闘。
(まさにその事自体が、自身のマゾ性を匂わせてもいる……と)
日々堕ちていくだろう精神と肉体(膣の使用され具合など、事細かなランク付け……)って所こそがメインディッシュ、RPG的な所はフレーバー……と割り切っていたり、
設定のじわじわと浸透していくイヤーな気配、翻って言えば”エロい予感”が凄い。

クリアも、実はダンジョンを突破する事がゴールじゃなく、そのダンジョンが見せるもの、その真相を解き明かす事こそが鍵となる……(でないと、いつまでも堕ち続けていくのみ)
って辺りも目から鱗。

淫靡さの為に設定があり、ゲームの諸々があるという点で、文章界隈の才能を改めて見直すというか、
「他のエロRPGと明らかに違う」的なのを、何か直感で感ずる予告なのでした。
(そしてまぁ記事の中でも懸念してる通り、こうして文章で書いてもその魅力を再現しにくいのよね、淫靡さって……)
https://super-game.net/archives/matome350.html

3位

予告で書いたものですね。
過去作[村娘のNTR冒険][NTRハウス]など、全国を旅したり、あるいはダンジョン攻略でカードバトルをしたりする傍らで、急がないと離れ離れになった恋人が寝取られの餌食に……といったラインから、完全新システムを構築。

幼馴染み二人と借金だらけの酒場を上手くやり繰り、酒・食材の仕入れとかしよう……というSLGですが、まぁ莫大な借金をマトモにやっていたら返せる筈も無く。
面白いというか、エロゲのテンポをさすが分かっているなというのは、
酒・料理の他に「女」、すなわちお金を払えば合法セクハラみたいなサービスも解禁し出したり、
身内の叔父さんからは”Hが上手くなった方が稼げるだろう”と定期的に性指導が発生、
更にヤリチンのコックに料理を頼むほど、幼馴染と仲が良くなる=寝取られの危機また危機と。
「酒場の好調な運営を目指すほど、あちらこちらで寝取られエロが捗る」様に、要所でエロ箇所が設けられているのですね。
(もちろんそれを嫌っても、毎週のノルマを返せなければ、借金のカタにガツガツした寝取られ調教もありますし)

[ナンパビーチを誰とでもヤリまくりヌーディストビーチにしよう!!]なんかでも感じた事ですが、最近のエロSLGではこのテンポが気持ちいいよな、エロイよな、というのがありますね……

もちろん元々NTRの描写で名を挙げたサークルさんですから、
初めは幼馴染みと一緒に青姦御用達みたいになってる乱交公園に足を運び、こんな所で……信じられない……! みたいな事をこぼす、みたいな”前振り”もあるのです。
まぁエロステータスで値や状態は逐次見られますからね、その後、あれいつもの場所に居ないぞ……まさか……とドキドキできる盛り上げ方。
他に壁一枚越し・カーテンのシルエット越し(そして絶望的なまでに察しが悪い主人公…)等々の煽りも、効果を挙げているなーと。

4位

予告で書いたもの。

これも何やら、凄い作品の予感がしましたね……、
確かに背景・敵やNPCモデルはリアルタイム3D描画、そしてオープンワールド。
こんな単語が出たら、次は自由に動けるアクションぽいものかな……というのを連想するかと思うのですが、
実は主人公の立ち絵だけは(恐らく)Live2Dで描画、
ゲーム的には町で盗み・モンスターと戦闘(あるいは村人NPCを襲撃)・売春とかのわきわきした要素を満たしながらも、
アクション要素は少なく、主に移動中心のADVのような……、不思議な感じ。

それら自由な行動の顛末は、大体ガツンガツンとひたすら凄い勢いで犯されるLive2Dのアニメエロ。
もちろん排卵期に当たってしまえば、異種族だろうと妊娠・出産してしまう……
描き出される自由な行動でのひたすらなH、そういう意味でのオープンワールドかと。

まさに3Dの迫力、2Dのエロとでも言うかの様な融合具合でした。
その利点を充分に感じながらも、プレイしてみると若干、短所も何となく分かるか……と、ともかく私的には見た事ない新鮮な感覚に唸りましたね。

Unity製な訳ですが、そう、もしかしたら最新の技術力があれば[性教育は蜜の味]もこういう感じになっていたのか……? みたいな。そんな妙味が。
([性教育は蜜の味]も”箱庭の中でのエンドレスアドベンチャー”を謳っていますし。しかし、バイオハザード1,ヒッチコックみたいな超印象的な(パースが効いた)カメラアングルはここだけか……)

5位

キツめの釣り目でぴちぴちした服装のヒロイン、ずばりサークルさんは過去作で対魔忍アサギの[二次創作作品]とかも作っておられますが、そんなサークルさんの「悪の組織(支部)運営SLG」。
どことなく緩い雰囲気を醸しつつ、
街並みや新しい怪人を作成した時のレゴっぽいドット雰囲気、
女戦隊が変身した時には、三色の煙がどどーん! という、ヒーローショーさながらの演出になかなかニンマリとしたものです。

ただSLGとしてはやや浅めだったり、返り討ちにした変身ヒロインの調教モノとしては少し寂しそうか……?
着任するや、「モブだけど、えろいカラダの女戦闘員にすぐさま奉仕を命じられる」とかはおおっ、とゾクゾクした物を感じたのですが。

[ポーチャメイダー 潰せオークエンパイア!世界豚人間計画!!]とかもテキスト読んでると実に楽しいものですが、
そういう……やってくれてると嬉しくなる、一般的なヒーローもののお約束と、もう一つ、エロ的な意味での鉄板さ……、これをやれば1シコ、2シコは堅い……みたいなお約束のエロ嗜好も定着すると、この分野も捗るのかもですねえ…。

PVランキングに入らなかったけど面白いもの:

この日は3本も興味深いゲームが来て、面白い日でしたね……。(しかし想像出来ないとは思うけど、3本もプレイして記事書くと、大体一日がそれで終わるのだ……)

同人エロゲでも最近はやっとローグライクな物が増えて、色々な差でヒットしたり、しなかったりの明暗が分かれたりする訳ですが、
ざっと眺めた限り、過去の金字塔から最近のヒットまで、どれも「女主人公」なんですね……

それはエロRPG自体が女主人公に偏っていったのと同じ、
まずエロ箇所に困らないし、その上、段階エロとかでアレンジも容易くエロくなるし、という利便性は分かるのですが、やはり作品が相次げば、変化球・挑戦は欲しいもので。

という所に本作、男主人公のエロ・ローグライクですよ。
まぁハッカードールの3号くんですから男の娘(ショタ)……というのも良い具合に作用、
出てくるお姉さん敵は皆巨乳で、射精を狙ってシコシコ攻撃してくるものですし(残念ながら文章ログのみ)
こちらのお胸揉み攻撃には、おっぱいがポインポインと揺れるアニメが入るぞ! と、なかなかイカせ合いも意識したものになっているのでした。

他に「HP0になっても、射精回数が残っていれば再び立ち上がれる(これ、BF系のRPGで見られる要素なので、そこから発想したのでしょうか)」
「強制脱衣させられる弓矢」「モンスターハウス=お風呂部屋(出てくるお姉さん達が全裸)」
などなど、なるほど、男主人公ならこういう要素入れると確かに道中がHかつ楽しくなるなぁ、と頷ける要素が諸々窺えましたねえ……

エロRPGだとM系、逆レイプ搾精とかは鉄板の嗜好かと思いますが、ローグライクでは出来んものかね……とか、考えちゃいますね
(ただテンポは悪くなりそうよね……。微妙にアイテム等の要素と噛み合わなさそうだし。もう一捻り要るか?)

例えばフリゲ界だと『余命100歩』とかが有名なのでしょうか(他にも色々ある様な)
個人的には3分ゲーコンテスト出身者な事もあり、「いや3分ゲー界隈にも昔から近い発想のものはあったし」とか言いたくなる所ですが、それはさて置き。
ともかく「一画面内にスタートもゴールも収まった世界で、さあ冒険せよ!」みたいなコンセプトの物がある訳です。

そんなフリゲで多く見受けられそうな流れが、同人エロゲにも……と垣間見る様な作品で、
マップが5×5マス規模の圧縮世界、各マスにぎっしり詰まったキャラに話し掛けて進んで行くのだ、と。
お約束と言いますか、スタートから僅か1歩の所にボスが隠れてたりするので、まさに話し掛け順が大事。

アイデア一点主義……と思われるかもですが本作の「始まるや世界が(分かりやすく)崩壊寸前の危機」、
そして「(マス上のキャラが消えないと進めない訳で)終末を悟った人々が、主人公にアイテムとか色々託し、満足したかのように誰も彼も凄い勢いで消えていく」というの、
この何でしょう……、インスタント感動、1分で即クライマックス、みたいなのには思う所ありましたね……。
煮詰めたらゲーム性的にはWWAぽくなるのでしょうが、この即盛り上がり、という風情は独自な所だろうなぁと。

ただまぁエロゲとして、H要素との関連性はそんなに無いのが、ネックではあるでしょうか……

すごろくRPGだ! なんか好きなんだなあ……。
毎回言ってますが[出たな!中に出すごろく ~強制中出し団がゆく~]のぶっ飛び加減、駆け引きと華が咲くような悪堕ち具合の[淫魔化すごろく]は凄く個性が光る作品だと思います。

本作で驚いたのは、魔物の襲撃で偶然、牢から解き放たれた悪人の主人公が、囚人の首輪のせいで女の子を助けざるを得ず(孫悟空の緊箍児のロジック)
なんだかんだ女の子を連れ合いに、魔物を倒す事に。
不敵に魔物と対峙した主人公が掲げたのは、まさかの小さなダイス――
そう彼は、「悪魔の賽」を振り、出た目で攻撃するのだ!
という、少年漫画の読み切りである、こういうの! という出だしでしょうか。
髪がガンガンに逆だった主人公の立ち絵デザインも、なかなかその要件を満たしていたと思います。
(Hシーンでは悪人らしく、けっこー酷い事をするようですが…)

ボードゲームとしては(体験版では見られませんが)
止まったマスによって着せ替え・女の子とH、などもある様子。
また指定ターン数以内にゴールに辿り着けないとゲムオバという条件もある絡みで、
とにかくサイコロの目を大きくするようなアイテムが手に入るのも、なかなか豪快で良いなと。

これも一つのお約束というか、すごろくRPGみたいな、ジャンルを見ただけで大体流れが察せられるシステムに、
ちゃんと「(すごろくである)意味」をなぞるキャラを入れ、物語の定番を楽しませる……。
こういう価値の出し方もあるのだなぁと、勉強になった気分ですね…。

記事にしなかったけど興味深いもの:


[三枚のおふだ 鼎 コドクの妖己]


[イモートコントロールダンジョン!]


[えるふどろっぷ!~自称天才探検家の犯されトラップダンジョン~]


[魔王(♂)の側近(♀)が寝室へ行くおはなし]


[退魔士水菜穂-MINAHO-]


[乳辱の暗殺者リーシア・エト~パイズリで堕ちていく爆乳姉妹~]


[エロリンちゃんファイト]


[長谷川麻衣のメイド飼育調教]


[なつあそび]

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

NurseryDimension ~迷子の苗床と触手の世界~

これは予想外……!
[Lilia’s Livelihood ~少女と触手と不思議な島~]などで触手孕まされボテ腹、もしくはお胸がやたらおっきくなったりの……肉体改造的な嗜好のエロRPGを出されているサークルさん。
しかし今作は、その性癖は保ったまま、なんと横ACT!?
これは予想外で、でもどんな展開になるのだろう、という楽しさがありますね。
ニッチでしょうが何故か「正解」という気も猛烈にする、これは面白そうな物が来ますねぇと……。

ふと「斬りを多用してると乳が、キックなら尻がどんどんデカくなる」なんていう横ACT、[ムクムクウォー]を思い出したのでした(そう、歴史を辿ればこんなゲームもあるのです……)

他の方のブログ

うちに良い文章を感想寄稿して下さっていたさたけるさんが、ご自分のエロ同人ゲーのブログを起ち上げられたので、紹介します。

自分もまぁそうなんですが、「記事にしてないからと言って、プレイしてない訳ではない」というのが、感想マンとしてはままありますよね……。
リストを見て、私的にそうですねぇとか、分かるーみたいな作品もちらほらと。
(この中だと、初めのシステムに優れた辺りが特にそうかな。
[フェアリーミラクルファンタジー]とか、2000DLくらいもう行ってるのかな? みたいに思っていたんですが……)

一方で、分かるまである程度時間が掛かるからでしょうか、シナリオの面白さを誇る作品には、個人的にほほうと発見する物が多いですね。