歳喰っても普通にエロACTはやるなあ 今週のまとめvol.359

今週の作品まとめ, R18

今週のまとめ

今週(9/06~9/12)の人気だった記事は
1位

(たぶん)予告無しでいきなり登録された、初サークルさんのRPG。
どういう感じかと体験版遊んでみましたが、これがなかなかNTRを踏まえていそう。

かつては隆盛を誇りながらも、今は少数種族である鬼(ショタ)と、精霊(クールお姉さん)のコンビが冒険者稼業で稼ぐために新しい街にやって来たところ、街の監督官に目を付けられてしまう……と。

Lvアップはなく、能力が上がるのはダンジョンで拾った素材による合成で武具を作るだけ、
しかも一回にダンジョンに潜れる時間はごく限られている……と探索がなかなか捗らないシステム。
だが日数を掛けるほど、精霊のお姉さんの「カラダから作り変えていく」と形容される、寝取られ墜ちが進んでしまう……(マルチEND)という塩梅。

かなり腰が座ったRPG感と、こってりとした調教描写。
DLsiteレビューも、”どこまでも堕とすことに執着したNTR”・”非常に満足度の高いNTR、そして…”と高評価ですね。

2位

予告で書いた感想ですね。
メインヒロイン一人に絞った拉致・監禁計画!
3日間で女の情報を収集し、隙を探るのだ、
そしていざ決行の拉致パート、その後の監禁犯し(孕ませ?)パート……という3段階の様ですが、体験版ではその1つめの情報収集パートまで。

それでもこれが侮れぬみっちり具合、
毎朝、挨拶代わりに痴漢して淫乱度アップ、犯行の為に睡眠薬やクロロホルムを調達したついでにモブキャラをも手に掛けてみたり、
全ての計画(フラグ立て)が上手く運ばなければもういっそ襲い掛かってのレイプへ……
情報を探る為に話し掛けたりプレゼントしていたのがいつの間にか仲良く、あれ、これもう純愛ルートでも良いんじゃないかな? という展開をも見せたり。
ここのこれが後でこう変わるのか……とか、とにかく後に繋がる分岐が豊富そうなのでした。

スチルもさらさらした清純ぽい髪の感じと、対照的に余りにもなデカデカおっぱい、その両方を強調するライティングを意識した塗りで映える。
正味、体験版でもフラグ立ての把握が大変そうかも……とは思いましたが、手を掛けただけ、たっぷりとシコれそうなエロさ、
色々できる違法行為の楽しさってのが垣間見えましたね……

3位

予告で書いたものが木曜日発売(アーリーアクセス)。

デザイン性、そして骨の入ったゲーム性……というよりは、全体における何というか”遊び性”の徹底かな、それが好きで、過去作をかなり購入させて頂いてるサークルさん。
その最新作の発売が近そう……? という事で、予告でプレイ。

最新作のスクショはちらほらと散見していまして、
正直、キャラが少し地味かなとか、勝手に[SAKURA Town 三丁目の男ver1.9c]がベースにあるのかな、でも女主人公で広大なマップの探索横ACTだし[女帝囚人H 特盛じゃ]をよりリアル等身でやった感じかな……
なんて想像していましたが、プレイして即、一触で空気を吸うように”分からせる”のだから凄い。

今いちハッキリしなかった主人公のメカクレ女子の袖長・脚丸出しデザインに感ずる所が。
敵のカートゥーンぽい? 敵も動いてみれば、なるほどこういう感じかと……。
(特に謎かつ面白い犯され演出に顕著ですが)今回も底が見えない、でも触ると面白い……というプレイ感覚は健在だなあと。

探索ACTとしては隠し通路や分岐、コイン集めに、今回は物理演算オブジェクトを使った見せ場も……などなどゲーム的な所も取り揃えているんですが、
まず独特の存在感に惹かれる、ちょっと時間を置いてからあれは何だったんだと語りたくなる、特殊なサークルさんなんですよねぇ……。
https://super-game.net/archives/matome350.html

4位

先週から引き続いてランクイン。初サークルさんですがやはり見た目で分かるというか、売れ行きもスゴイ。

“90年代頃のゲーム雑誌を思い出す絵柄”なんて書きましたが、果たして伝わっているのか……(企画連載の挿絵とかでこういう立ち絵の感じの、あったよね、ね? コピックで塗るようなさ……)

そんな恐らく長年のベテランじゃないかなーという方が描かれる絵、どこか懐かしいんですが、水彩みたいな瑞々しさかと思ったら、一枚のHスチル絵では最近のデジタル的な良さも取り込んでおられて。
とかく皆がオシャレ感覚でビキニアーマーを着ている世界ですので……、
そのデザイン性も含め、あぁ上手だなあ、可愛さが、まるで砂糖がふんだんに使われたケーキのように(?)飽和している……!
飽和している可愛さ……! などと、いちいち震撼しながらプレイしたのでした。
(これだけ描いて、全然最近デビューされた方だったら、すっごい恥ずかしいな…)

RPG的には、すぐ魔王の襲来が、世界の危機が、と期待してしまうのは悪いクセで(まさしく自分もそうでした)
年寄りばかりの辺境、イケてないテント村集落から、都会への冒険を夢見る女の子たち……というのをじっくりと描写しつつ、少しずつ冒険の範囲が広がっていくのでした。
まさに旅で世界の広さを感じる。”冒険”といった足取りのRPG。良さそうなものでしたよ。
https://super-game.net/archives/matome348.html

5位

むっ横ACT。こういうシンプルなのは案外好きですよ……、と予告で触ってみたところ、これがツボ突く好きさでしたね……

突然拐われ、ほとんど全裸みたいなボンテージに、乳首とクリトリスにピアスを付けられた少女が、銃とナイフを手に脱出を試みる……!

背景には様々に拘束され、愛液をぶちまけてうなだれる少女、
敵として行く手を阻むアンドロイドも、どこか性的に恍惚としているようだったり。
キリッと軍人然と構えたボスでさえも、乳首ピアス……(むしろ装飾で彩られ、より弄ばれてる感じでやらしい)
また主人公自身も走り飛び、つまり動く度に恥ずかしい部分に付けられたピアスが揺れ、絶頂ゲージが溜まってしまうのだ(危機に陥らぬよう、安全な時を見計らってオナニーしておくのだ)というね……。
良いな良いな、エッチだなと。

イカれた研究所? からの脱出というのは、最近のエロ同人ゲーの流れだと探索ACTってなりがちな中、あえて1面ずつクリアしていく横ACTを採用ってのも良い。
ステージギミックの挙動なんかもアスレチックな、クラシックな楽しさを思い出させてくれるものだったり、
Hシーン開放アイテムを全部集めようと頑張ると、こんな所にも行けたのか、みたいな発見感も。
だがモチロン攻撃がジャンプ……なんて事は無くて、
銃撃、でもリロード自体は無制限に出来る……みたいな、新鮮さを保つ感じの、横ACTのゲーム性との落とし込みも上手いなと。

PVランキングに入らなかったけど面白いもの:

みんな『バトルシティ』とか何気に好きなんじゃないでしょうか。
色んなハードに移植されてる覚えがありますが、つまり、マス単位にごちゃごちゃ街だの建物だの障害物がひしめく中を、戦車で進み、敵の戦車と相対してはぶっ潰していく、というゲームです。
戦車ゲーってまあ……男の子ですし、ぷちぷち敵やら障害物を破壊していくなんて原始的欲求も加わりますし。

そんなゲームを、個人的に伝説的なフリーゲーム作者(HENTAI FILM)が、
その安定なドット技術でやってくれたら……という事で、もうこのフィット感、ワクワクが溜まらない。
合間に挟まれる演出、色んなミニゲームやらエッチ、戦車の増強も出来るぞ!
もうこれは小粋だな、気が利いてるなと。

さくっと製品版を買ってプレイしてみるつもり。
(最近、製品版を買うは買うんだけど、「これはエロ同人ゲーの未来のために重要な一本ですゾ」と確信する様な物にはどうしても心が華やがぬなか、
結局強いモチベになるのはもっと個人的な理由、
まぁニッチ性癖もそうですし、また思い出とか、身贔屓なんかもそうなんじゃないかと……。
「(周りに釣られて)買わなきゃ」じゃなく、「俺が買わねばどうする」なのだ。
(単に歳を取って、変化を拒む様になって来ただけでなのでは? こうして世の中に、20年前のIPのリメイク企画とかが横行するのか……))

記事にしなかったけど興味深いもの:


[スカーレットプリンセス]


[召喚士レンとエロダンジョン]


[原始惑星:終戦天使]


[フィルナの淫魔錬金!!!]


[サキュバス村でレズ売春]


[Japanese Sushi Art Show VR 2020]


[超僧大戦Z]

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

PhySex Witch ContractoR

サークルさんの前作、[らびっと工房]は絵と音声が可愛いRPGでした。
そして次なる作品は、なんとその可愛さを保ったまま? リアルタイム3DのTPSと。
ふーむコイツは気になる……、
最近3Dでもアニメぽいモデルがこう……、のっぺりしてないというか、更に可愛さが一段研ぎ澄まされて、おにゃのこだなあ、という気がしてるのですが、
VR界隈の影響もあるのか、それとも元々2Dやってた人が3Dに参入みたいな事が増えたからなのか……?
(でも以前からメタセコイアとかで、その辺は割とラインとして提唱されてた気もするし。単純にマシンスペックが上がって、二次絵にありがちな、可愛い為だけの装飾品とかが付けられる様になった?)
ふふーむ……!