オタクコンテンツとしての同人と、同好の志としての同人とが、ぐるぐる混ざり合ってんのよね 今週のまとめvol.360

今週の作品まとめ, R18

今週のまとめ

今週(9/13~9/19)の人気だった記事は
1位

な、なんだこれはー! モンスター娘と言えば例えば「妖しさ」などが代表されると思うんですが、こちらは更に暴虐というか、ロックでゴテゴテしい画風が炸裂。
そして同じくモン娘ゲー的には、なんだかんだ男主人公で搾精バッドエンドに悩みつつ進む……というのが定番かと思いますが、
今作はむしろ「男を倒し、逆レイプする」側。
手足の無い、絶対君主感を漂わす主人公がそんなモンスター共を引き連れて進む、疑似3DダンジョンRPGなのです。

まんま怪物やんけみたいなメスゴブリンによる「お前がパパになるんだよっ!」な集団強制射精、贅肉を蓄えたオーク娘は顔騎放屁、
ダウナー系幽霊とかやり様によっては今、割とニッチながらもエチチな所になるかもと思うんですが、
今作がそんな幻想を許すハズも無く、恨みがましさが前面に出たガリッガリの体型で、きんたまをドレインタッチで直接にぎにぎ。
そんなモンスターならではの尖った(Mな)Hシーンが待ち受けるのでした。

割とみっちり探索&戦闘しつつも、確率で「捕食」が発生して強くなったりと、割と長く腰を据えて遊ぶ事が出来そう。
そしてなにより、ロック! ってなキャラデザやストーリーが一際尖ってて印象的なのでした。

なにより初のゲーム作品にしてはすごく真っ当なシステムを構築して、その上で自分の「色」も出せていて偉いと思いますね……。

2位

大体ツクール2003の頃でしょうか、あの頃を代表するフリーゲームを作られていた作者さん。
ギャグかと思ってたら実は伏線、そして予測の付かない残酷で不条理だったりもするストーリー展開、そして磨かれたドット絵……という取り合わせはあの当時、とても良い経験で楽しませて頂いたものでした。
(こう俺が力説しても、若い人にはほんとぉ? ってなるだろうから、サイトからDLしてプレイしたら良いのだ。
オススメは……うーむ、[サイコ・プラトーン]かな……?
今のwindowsだと、RTPのダウンロード以外にも色々準備が必要なんだろうか…)

そんな作者さんの同人エロゲ三作目を、製品版プレイ。
これまた懐かしくもワクワクさせられる戦車同士の市街戦、ファミコンの『バトルシティ』ぽいと思ったら、あれよあれよと戦車の範疇を飛び越えるバトルになって驚かされたり。
ボス戦のギミックや動き回りにはさすが気持ち良さを覚えたり、
軽いおさわり程度に構えていたエッチシーンが、意外にマニアックさがハマってエッチだったり、
あるいはわんこそばに熱くなる……、ミニゲームな企画感もちょっと面白かったり。

うむ、良かった、次はどういう製品版をやろうかな……と弾みが付くような作品だったなと。
(歳を取ってくる度にRPGよりはACT、RPGならば新規なシステム感を求める……というか、何というか「一本の意趣」を重視するようになってるのを自覚するな……。
でも世間的にもシコ的にも売れるのは、やっぱ胃もたれする様なコンテンツ感なんだよな……。

ただでさえ作者と距離が近い同人な訳で、SNSがあれば前者のスタイルでも、
ゲームが終わった後も延長的に関わったり、話題が続いて、これもコンテンツ、言わば後者ぽくなるんじゃね……とか思っているのですが、中々そうはならんものかね……)

3位

これまた”意趣”が楽しいゲームだ! っという事で予告でプレイ。
分かる人には「閃乱カグラのpeach ball」で伝わるというか、自分もたまたま動画で初めて見たとき衝撃だったのですが、
女体を台に見立ててピンボールだ、更にそれを18禁でやる訳です。

フリッパーで玉を弾き、あそこに思い切り当てたら絶頂、
女体の姿勢を変えさせ、レーンに入れ易くして、役物が起動したらまさかの大回転……と、
まさに台そのものを楽しめるムードがありました(逆に細かい点数稼ぎとかが疎かになってしまうのは、やむを得ない所か)
煙草を燻らす様な大人の楽しみとしては、
閃乱カグラが全体にキュートでカワイイ造りに腐心しているのに対し(どこかで言いたかったのですが、ステージ開始時に必ず一回女の子の顔に玉をていやっとぶつけて、
「これは痛くないボールだから安心だよ」っていうアピールと、その反応で「女の子の可愛さ」をしっかり強調するのが凄いと思った。いや自分は動画で観ただけですが、申し訳ない……)
今作は『芸妓』の名の通り、不健さ、いかがわしい目出度さ、縁日や花札を連想する台の装飾も良きものだなあと。
まさに和装なアーティスック。

バニーガールを用いた人体ビリアードな [Rabbit Burn]Steamで人気な様ですし、
こうなればコイン崩しとおさわりを両立させるという[メダル堕としGAME]の意趣の面白さってのもきっと間違ってなかった、
あと本作としては、巨大きぐるみ女の子と南海の孤島で戦車で対決! という[モンスターアイランド]を作られたサークルさんというのもあって、分かるかなあこの感じ……。

今は同人的なもの=オタクコンテンツという図式がありますが、
即売会で言うならコミケよりコミティア、両方ともオタクには違いないのだけど、
この、かそやかな、同人と言っても文豪・アララギやらホトトギス的な……、志を同じくする人の集まり(同人)だ、という感じを覚えているのでした。
(いやまあ、ばんばん売れてくれないとアフィとしては困るんですけども……)

4位

予告で書いたものが(先週)日曜日に発売。

毎回変わった性癖と、一癖あるシステムを盛り込んでくれるサークルさんが、再び横エロACTに挑む……という事で、気になって予告でプレイ(こちらもUnity製ですね)

高スペックなエルフ主人公の「動き」にかなり力が入っており、広大なエリアを駆ける……という探索ACT的なプレイ感に、過去作ACTの[魔天使サクラの冒険]シリーズとの違いも感じながら、
性癖の方は体験版でも、狼に丸呑まれる・大きな敵に捕まり、パイズリが如く乳で全身をシゴかれる・キノコの菌糸まみれになる、など刺激的なもので、楽しく感じられました。

やられH以外にも、敵の怪しい粉で母乳が止まらなくなる……など、”状態異常”的なのを負いそう、というのも嬉しい傾向。

個人的に、倒したちっさいコウモリを拾い上げ、おつまみ感覚でちゅーちゅー吸いながら歩く主人公……(新型の病気になってしまうっ)
という辺りに、リアルなエルフ(野生)らしさを感じたり、そういう何となくのおかしさも含めて、何か”らしいなあ”・”でもオモシロイなあ”と感じたり…。
https://super-game.net/archives/matome357.html

5位

予告で書いたものが先週から引き続きランクインしてますね……、確かに私自身期待しちゃう作品ではありますが。

メインヒロイン一人に絞った拉致・監禁計画!
3日間で女の情報を収集し、隙を探るのだ、
そしていざ決行の拉致パート、その後の監禁犯し(孕ませ?)パート……という3段階の様ですが、体験版ではその1つめの情報収集パートまで。

それでもこれが侮れぬみっちり具合、
毎朝、挨拶代わりに痴漢して淫乱度アップ、犯行の為に睡眠薬やクロロホルムを調達したついでにモブキャラをも手に掛けてみたり、
全ての計画(フラグ立て)が上手く運ばなければもういっそ襲い掛かってのレイプへ……
情報を探る為に話し掛けたりプレゼントしていたのがいつの間にか仲良く、あれ、これもう純愛ルートでも良いんじゃないかな? という展開をも見せたり。
ここのこれが後でこう変わるのか……とか、とにかく後に繋がる分岐が豊富そうなのでした。

スチルもさらさらした清純ぽい髪の感じと、対照的に余りにもなデカデカおっぱい、その両方を強調するライティングを意識した塗りで映える。
正味、体験版でもフラグ立ての把握が大変そうかも……とは思いましたが、手を掛けただけ、たっぷりとシコれそうなエロさ、
色々できる違法行為の楽しさってのが垣間見えましたね……
https://super-game.net/archives/matome359.html

PVランキングに入らなかったけど面白いもの:

発売延期しておりましたが、予告で書いたものが金曜日、遂に発売。

2段ジャンプ・空中ダッシュ・空中での必殺技発動・降下はゆっくり・落下攻撃も……なんて高スペック仕様で、
実際、空高く打ち上げた敵にボコボコ打撃コンボを入れられる暴力魔法少女の横ACTだ。
軽快な操作性もですが、それ以上に本気を感じるのがボリューム。

女主人公なので敵の男やモンスターに犯される……は勿論、女の子敵ならレズっぽい犯されも。
果ては倒した女の子に対し、触手的な犯し(つまり女主人公→女の子敵へのエロ)もあり。
敵一体につき複数の犯しパターンがあったり、感じて来るとただピストンが速くなる……みたいな速度差分だけじゃなく、
もっと大胆に体位が変更したり、ステージクリア後にはスチルにより弄くりイベントエロもあるぞと。
(説明によれば敵は全部で49とのこと。それぞれに複数犯されがあるとすれば……?
とんでもない数になりそうな)

そして拠点では装備や、ポーション、投げて敵を巻き込める爆弾などのアイテムも作成できる……と、ゲームプレイ的なボリュームも忘れていない。
(そもそも結構な広さを持つステージが全部で9というのも、割と同人では抜きん出た規模のような)
https://super-game.net/archives/matome346.html

予告で書いたものが土曜日発売。DLsiteから15%クーポンも出てるし、買おうか迷う……(しかし最近、ACTの感想ばかりでな……)

むっ横ACT。こういうシンプルなのは案外好きですよ……、と予告で触ってみたところ、これがツボ突く好きさでしたね……

突然拐われ、ほとんど全裸みたいなボンテージに、乳首とクリトリスにピアスを付けられた少女が、銃とナイフを手に脱出を試みる……!

背景には様々に拘束され、愛液をぶちまけてうなだれる少女、
敵として行く手を阻むアンドロイドも、どこか性的に恍惚としているようだったり。
キリッと軍人然と構えたボスでさえも、乳首ピアス……(むしろ装飾で彩られ、より弄ばれてる感じでやらしい)
また主人公自身も走り飛び、つまり動く度に恥ずかしい部分に付けられたピアスが揺れ、絶頂ゲージが溜まってしまうのだ(危機に陥らぬよう、安全な時を見計らってオナニーしておくのだ)というね……。
良いな良いな、エッチだなと。

イカれた研究所? からの脱出というのは、最近のエロ同人ゲーの流れだと探索ACTってなりがちな中、あえて1面ずつクリアしていく横ACTを採用ってのも良い。
ステージギミックの挙動なんかもアスレチックな、クラシックな楽しさを思い出させてくれるものだったり、
Hシーン開放アイテムを全部集めようと頑張ると、こんな所にも行けたのか、みたいな発見感も。
だがモチロン攻撃がジャンプ……なんて事は無くて、
銃撃、でもリロード自体は無制限に出来る……みたいな、新鮮さを保つ感じの、横ACTのゲーム性との落とし込みも上手いなと。
https://super-game.net/archives/matome359.html

長らくDLsiteのACTでDL数No1であった[SHINOBO GIRL]のサークルさんの最新作。
といっても少し前からサークルさんは外注の力を取り入れ、例えば[Sister Fight]というエロ格闘ぽい物も出されてたりする訳ですが(割引き中)、
今作は看板として[SHINOBO GIRL]シリーズと同じ系譜、同じ形式の横スクロールACTである訳です。

気になる内容はUnity製、女剣士が剣を振るい、敵の弾をジャストガードで弾く……
とアクション性がやや多めになったでしょうか。
そしてグラフィックの表現方法はドット(ドットですが、動き方は最新のぬるぬるアニメのように、メッシュで変形したりして動く)
主人公の女剣士のむちむち感や、ボスだろう女の子の明るいデザイン、コインを集めてSHOPでの買い物……などの要素が加わった事も、
結構今どきであり、また外注のクリエイターさんの色が出ているのかなと思います。

ドットの表現には目を見張りますし、これはこれでクオリティ高い、凄いぞ……というものがありますが、
同時に、[SHINOBO GIRL]、もっと言うとその前のHフリーゲームの[ANGEL GIRL]から、
なんだこの異常ないやらしさは……と戸惑いつつもとりあえずシコる、みたいな所からは少し離れたかな? という気も(まぁ体験版の1ステージめだけで言う事でも無いですが……)
〜GIRL系譜のエロさというのは、結構、属人性が高い事だったのだろうか、と色々考えさせられるのでした。
(そう考えると、作者さん本人は新作は外注メインにして、ずっと[KUNG-FU GIRL -EROTIC SIDE SCROLLING ACTION GAME 3-]のアプデに集中されているのも、その事を分かった上での体制というか……、
つくづく才能の運用こそが、作品という形の出力に変わるのだなあ、って痛感しますね……)

戦闘中に拘束されたり、犯されたり、時に複数人だったり、あるいはくすぐられたり。
我々は色んな物事を「戦闘中H」として表現して来た訳ですが、今ここに新嗜好が舞い降りる!

という事で、敵の攻撃によって女の子が、平面化されてぴらぴらと敵の攻撃に回避オンリーになっちゃったり、箱化されてただガタガタ震えるだけとなったり、ボールみたく球状にされて、転がって体当たりするしか無くなったり。
そんな哀れさや、ブザマさと隣合わせ……なのでしょうか、マニアックな状態異常/形状変化のラインなのです。

分からない人にはニチアサでも入れられそうな展開(石化とかね)、
分かる人にはそれが「グッ」と来る。
同人RPGとしては高価格、更にR15作品ですが、それでも一定の数が出るのも納得でしょうか。

戦闘としてはいわゆる普通の「毒」とかの状態異常よりもずっと厄介な訳で、
気を張りながら戦う必要がある……と、性嗜好次第で、いつもやってるような戦闘のトーンがちょっち変わるのも面白いよなあと。

奴が再び帰って来た、鍛えた忍びの技を女子トイレの覗きにだけ費やす「覗き忍」が……! という、スカトロ+おもしろACT。

上階ではスカートをめくってオシッコやウンコに励む女子たち、
下階ではそれを見守り? 何故か湧きまくるネズミやヘドロ、大蛇と奮闘する忍び……。
上から降り注ぐ尿で敵も主人公も足止め、でも時に敵を打ち払っては見上げる蠱惑的な光景に力を貰い、必殺技を放てるように。
上と下の状況を見極めながら、宝箱を開ければ回復アイテム、爆弾や手裏剣などの新武器が。
逐一これが、なんかワクワクして来るような、小気味良さとドットぶりがあるのだよなあ……

実はサークルさんの3年振りの新作でもあり、シリーズ前作で初作でもある[覗き忍]の頃と比べると、
スカトロだからなのか? どうしても地味感あったゲームプレイが、ゲーム制作の腕を凄く上げられたのでしょうか、
小粋なシステムと見た目のインパクト、そして遊んだ際のカジュアル感に仕上がっていそうで感嘆しました。

人生の教訓とか愛だの勇気だの、有意義な事はきっとこのゲームからは得られないだろう、
でもスカトロ(覗き)と、プレイしてる間の楽しみだけは全力で与えてくれる、
そんなゲームだという風格がある……!

記事にしなかったけど興味深いもの:


[Daydreamer ~淫魔と天使ともんすた~娘の思い出~ 前編]


[インビジブル]


[カルト教団なんかに負けたりしない!]


[メイド騎士アリシア ニンフの秘宝]


[DAGON BALL 超 -LOST EPISODE-]


[勇者と悪魔の笛]


[股間に巨根を生えさせられ塔の最上階を目指すゲーム]


[うさぎ帝国の侵略]


[ウォークスルーアドベンチャー「New World」]

アップデートとかのあれ:

[淫紋魔女と変態エロエロダンジョン]

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

新米騎士ラティ~催眠で常識改変される騎士~

初サークルさんのエロRPGですが、いかにもスケベそうなエッチ絵、しかも催眠で常識改変ですか……。
これはもう、シコれる奴ですねえ……。
こうなると、エロメインの短編RPGというのも、むしろその割り切りがソソられるもので。

Thanatos -タナトス-

おおっ……、[アルテミスパール~海賊姫ルビナと幻の秘宝~][Charming Mate ~女王サキュバス育成日誌~][PrincessProject -プリンセスプロジェクト-]
といったサークルさんの新作。
(ちなみに作者&絵師さんは、[アルテミスパール]と一緒のコンビですね)

より強い魔物に転生しながら、女を倒して犯す?(効率的な異種姦の摂取でしょうか……)
しかもアニメーションのBF(バトルファック)?
まさに大型RPGといった風格があると共に、システムでも新しく楽しませてくれそうで良いですねえ

イリス誓約 -深く大地の底へ-

[閉鎖エリア ブロックZ]を出された所の新作ですね。
[閉鎖エリア]は絵が大変エロでDL数も高いですが、結構作品ごとに作風が変わる海外サークルさんでもありますからな……。

今回は、ダンジョン攻略ARPG? しかも性別選択可能と。
日本の同人エロゲには無い感じが面白かったりもするんですが、さて今回はどうなるでしょうか。