コンテンツは常に新しいモードと古い(鉄板)との鬩ぎ合いだにゃ 今週のまとめvol.361

今週の作品まとめ, R18

今週のまとめ

今週(9/20~9/26)の人気だった記事は
1位

ロリガキ改め、パイガキがよ……。
今週は火曜日に発売、パイガキを如実に表した絵も良いこのRPGの売れ勢いが、目立った週でした。

コンセプトとしてはサークルさん前作[騎士姫クラリス]の強いヒロインに憑依・催眠・常識改変というのを続投、前作の時点でも売れてるものでしたが、そこにパイガキ分を充填、
(稀にエロRPGにある)「Lv99、最強のヒロインをあれこれ手を尽くして弱くする」って文脈をもっとカジュアルに。
自分でも分からない内に痴態を演じさせられ、気付くとうえっ〜となってるのはまさに堂に入った、生意気ロリな虐められ加減だなと……。

更に催眠やロリガキ状態でのエロも! と、一つのシチュごとに差分も充実……と、まさに”売れる為の刺激”・”欲しいライン”ってのを抑えた作品の気配だったなぁと。

2位

前作では王都に出て来た無知っ子がなんだかんだ笑顔でエロい事されちゃう、という無知エロシチュが際立っていましたが、
続編たる今作、その頃から口にしていたファッション業界に勤め、先輩女の子と組むWヒロイン製にもなり、「ファッションリーダー」に憧れるようになったのだ……! と。

エロRPGとしては、主人公のエロは相変わらずの無知シチュ、相棒となる先輩は逆に、Mぽい羞恥?
ダンジョンに繰り出しては軽い素材採取で(ここの辺りの探索具合も、ちょっと捻られてて楽しいんですが)
新しい服を作り、なんだかんだ二人分の新しいエッチ箇所が解禁されていくのだ……。
という流れかと思うんですが、それ以上に貫かれてるのが「キャラ」であり「物語」かな、と。

ひたすら笑顔の元気っ子な主人公に救われる先輩、新しい服装で新しいスタートを切る依頼人たち、
新しいモード(服飾)を作った時の、主人公をモデルにした一人ファッションショー、先輩の過剰テンション……と、お話にもかなり力を割いてます。
そんな味が好ましい人にも、響いて欲しいなと。

なにしろメインストーリー分は体験版でも全公開、そこに合わせる形で取り入れる筈だったH箇所が多すぎて(例のコロナとかもあり…)
間に合わなかった、当面アーリーアクセスとして、随時アプデしていくようです。

3位

予告で書いたものが土曜日発売。スタートダッシュの売れ行きが凄い……!

事前お気に入りの高さが目に留まって、予告でプレイ。
調べてみると[魔法少女ノーブル・ローズ]のサークルさんが制作に関わっているそうで、まさしく新たな魔法少女誕生、TVアニメ新シリーズ(次クルーだ)という風情さえもあるのでした。

章区切りで魔法少女の物語を追っていくようで、
体験版の第一章では、ボスを追っ掛ける→逃げられる→また追っ掛けつつ戦闘……と、RPGとしては意外にもシンプルな感じ?
しかしその合間にもかわいいスキルアニメやイラストでキャラ性盛り上がり、
そんな子が戦闘中Hとなると、押し倒されて挿入され、強制的にイカされるまで出し入れされてしまう。
ボロ雑巾の様に輪姦されてしまう敗北エロ。
これは次章以後のシチュが楽しみ……と、やはり頷かされる所があったのでした。

それとワンポイント的な部分ですが、犯されてる時の不定形のカットインが、ずんずんと”枠だけ”赤く光る(処女喪失ピストン感が募る)、
また戦闘スキルのぐるぐるパンチで枠から飛び出して攻撃する、そういうUIがかなり効果を上げているなと。
UIというと分かり易いもの、小綺麗なものが最上に思われがちですが、
コトがエロゲとなれば、Hには淫靡な雰囲気が大事……と一端のエロゲプレイヤーなら気付いてる筈で、つまりエッチ度捗るUI・エッチなUIとは何かみたいな尺度も、諸々考えられると思うんですな……
(例えばエロRPGの、メニューから開くエロステータス……なんて、まさにその最たるフレーバー感だと思いますし)
https://super-game.net/archives/matome358.html

4位

おさわりというと、女の子が寝ていて、股を開かせたり下着を脱がせたり……といった、暗いイメージはこのゲームで変わる!(?)

出会いの立ち絵会話から肝心のエロまで、全てLive2Dの実装でぐりぐり動きまくり。
主人公=兄やんの帽子を大事にする、子分兼妹分として懐いたロリが毎日自分の家に来るので、愛でて、愛でて……、愛でる内に性的な感じになってしまうのさ……。

相手がロリだけあり、幾つにも章立てて、
ふざけて電気あんましたら、満更でも無い反応が、まさか……? とかであったり、
試しにオナニー指導、きちんとイケたら頭を撫で撫でして褒めてあげるからね、
なんて”禁断の展開”を踏んでいくのは、おさわりとしてもかなり嬉しい迫り方なんじゃないでしょうか。

そうした二人の関係を描写するメインストーリーの他に、
トイレ鑑賞からのお股ふきふき、クンニで綺麗にしてあげるからね……など、エロ充実のサブが揃ってるのも実用的。

家に帰ってみたらロリが慌ててる、どうやら隠れてオナに耽っていたらしい、とか、
足がぴーーん! となって、はぁはぁ……という息遣い、もはや言葉にしなくても、あ、絶頂したんだ、と分かるモーション。
そこまでエッチを堪能してるのに、初めてちんこを見せた時は笑ってそれをビンタするみたいになってしまう幼さ。
これなんだね……

おさわりとしては画面スクロールを活用、ロリがどしーん! と乗っ掛かって来るシチュからの69で、上にずらせば無垢おまんこが、下にずらせばおちんぽに夢中な女の子が……というのはロリの元気っぽさから流れる様に、エロさを強調できる要素だなぁと思ったり、
兄やん喋りで舌っ足らずなのに、聞こえてくる内面セリフはしっかりと丁寧な喋りである……
というギャップの仕組みとか、
かなりエロ同人に集中、本気で取り組んだ気配が見えるのでした。
(書いていいか分かりませんが、自分が感動に震えた[四季の狂剣]の作者さんだと思うのですが、エロ同人においてもこのクオリティには驚いた……)

5位

予告で書いたものが金曜日発売。
これはさくっとプレイして感想書くぜー、と製品版買ったのだが、例によって買ってから1分も触れてない…くっ……
(大体この”今週のまとめ”が月曜日投稿になっちゃってる時点でな……)

分かる人には「閃乱カグラのpeach ball」で伝わるというか、自分もたまたま動画で初めて見たとき衝撃だったのですが、
女体を台に見立ててピンボールだ、更にそれを18禁でやる訳です。

フリッパーで玉を弾き、あそこに思い切り当てたら絶頂、
女体の姿勢を変えさせ、レーンに入れ易くして、役物が起動したらまさかの大回転……と、
まさに台そのものを楽しめるムードがありました(逆に細かい点数稼ぎとかが疎かになってしまうのは、やむを得ない所か)
煙草を燻らす様な大人の楽しみとしては、
閃乱カグラが全体にキュートでカワイイ造りに腐心しているのに対し(どこかで言いたかったのですが、ステージ開始時に必ず一回女の子の顔に玉をていやっとぶつけて、
「これは痛くないボールだから安心だよ」っていうアピールと、その反応で「女の子の可愛さ」をしっかり強調するのが凄いと思った。いや自分は動画で観ただけですが、申し訳ない……)
今作は『芸妓』の名の通り、不健さ、いかがわしい目出度さ、縁日や花札を連想する台の装飾も良きものだなあと。
まさに和装なアーティスック。
https://super-game.net/archives/matome360.html

PVランキングに入らなかったけど面白いもの:

エロ同人、良い意趣やアイデア感あるけど、荒削りで売れないかも……という物がたまにあり、だからこそ、それを見出した時は”分かっているのは俺だけ”みたいな愉悦が募るもの。
(自分の制作に活かす事を考えると、一本の作品として隙無く完成されてる大型作品よりもずっと、参考になったりするんですが……)

自分ももう8年以上前となりますが、エロSRPGを出していて、その時から色々他のを研究してみたり、自分でも実装しつつ考えてたのが
「エロSRPGという以上、ステージ中でエロしながら戦わないと(エロで戦わないと?)嘘だよなあ」
という事でして。
ところがこれをいざやろうとすると、SRPG studioではシステム上かなり厳しい、
仮にシステム的にもっと自由度のあるツールで構成したとしても、
ゲームテンポが悪いこと著しく、SRPGとしてもそれは面白いのか……? といった問題が山積。
SRPGはちゃんとやればそこそこ面白くなる物ですから、やっぱり普通に戦って、勝ったり負けたりでエロシーンへ、という方向に落ち着きがちなのです。

そんな所に本作……”ジャンルはシミュレーションRPG 集団レイプを的確に表現できます”といった謳い文句にそうだよなあ、まさに果敢に(性癖に)挑む者よ……と襟を正したくなったのでした。

前振りはちょっと長めですが、ツクMV製のSRPG、余計なターン演出などを極力省いたシステムは、
結構ゲームテンポとしても悪くないんじゃないかな、と。
メニューを開いてみると、犯されてる娘たちが一堂に会してて状況を確認できる……なんて要素もフェチかつ、面白い。

やはりシステムの自由度=新しさなんだ(ただしクオリティを上げるのはその分、難しくなる……)
なんて事を頷きつつ、意趣に共感する所多かったですね……

記事にしなかったけど興味深いもの:


[少年勇者ケン ~幽霊屋敷を調査せよ!の巻き~]


[英雄姉妹アリアナ&マリア~淫欲の苗床~]


[催眠同棲性活 ~あの娘と全裸でえっちライフ!~]


[ワルキューレの葬列 Restraint Prison Gag]


[ブレイブ・プリンセス ~勇敢な姫と悪魔の核~]


[KukkoroDays]


[妖狐が転がりこんできた]


[桃狐のゲーム型オナサポ調教~ミニゲーム集編~]


[砂漠の街の夜の踊子]


[ドジっ子忍者アゲハ]


[キャラクタージェネレーター CPSV3モデルY]


[妊婦とジャンケン]


[鉄壁!女戦士]


[らせつ封魔伝]

アプデとか割引きとかのあれ:

[Guns of Succubus -ガンズオブサキュバス-]


[パンドラの森 ~ソウセイの淫魔と堕落の牧場~]


[紅髪エレーナは搾精したい!]

[女勇者イルルと淫魔法の森 序章]

7日間予告ランキングを覗き見!

DLsite予告の7日間ランキングで、今週浮上してきた作品を見てみよう、という企画なのだ(この時点ではまだ体験版触ってないぞ)

セレスと契約ギルド

催眠RPGとして、ちょっと街を巡るうちにどんどん催眠が深化、エロい事されちゃうという感じだった[ソニアと催眠都市]のサークルさんの最新作!(いつの間にか2年弱経ちつつあるんですね……)

今回はけして催眠メインという訳でもない様ですが、”ハイテンポRPG!”という看板はそのままに、あれよあれよと翻弄されまくる女の子を楽しめそう?

囚われの冒険者

ほう…『おっぱい特化脱出RPG』・『パイズリ高めの脱出系RPG』とはウリが分かり易い。
えぇ……、好きですよ…。

乳魔というか、[ゆあ・すいーと・はうす ~サキュバスママと異界の館~]とかの感じも思い出すでしょうか。

カボプリ!-早熟- カボチ王国の交尾姫

む、ちょっと懐かしみがある感じの横エロACT。これも気になりますね。

同じシステムですが、別ヒロイン(ママヒロイン)の別作を同時リリースというのも面白い売り方かも。
(娘の方は剣士、母の方は魔法使いなので、少し戦い方も変わるのかな?)

そうですね、何かの理由でCGが大量に用意できたり、
このシステムは苦労したぶん良い出来だ、これで一挙に狙いたいぞ……とかであったり。
(勿論、内容ありきではありますが)セールスの方法で一躍躍り出られる事もあるので、結構興味深いなと。