QuietGirls 〜淫欲と静寂の少女達〜 (体験版)

RPG, R18QuietGirls

まだ予告:
QuietGirls 〜淫欲と静寂の少女達〜[Kachusha]
ロリぷにで、SFホラーで、RPG…!
表紙から窺えるマップだけでも独自で、そのこだわりの制作姿勢が伝わってきますね。
さっそく予告版をプレイしてみました。
⇒先行版の感想はこっちに書きました

抜群のSFホラー+ロリぷに感!

全体に素晴らしいデキで…、ちょっと感動すら覚えたくらい。
予告体験版が終わるまでは2時間ちょいですが、初めから最後までしっかり遊ばせてくれる。
(最後の衝撃といいオマケといい、これだけで遊べるよう作られてる?
コミケとかで配ったのかな)

廊下アングルウディタ製です。底力を見た…というより、もう作者さん次第、ツールはそれ程問題ないのかも…

基本の流れは、少女が謎の施設で目覚め、脱出を目指す…という事で、道中で色々調べてフラグを立てたり、謎解きをしたりというRPGですね。
そこだけ聞くと普通ですが、しかしその凝り方が凄い。
ホラーと言うと最近は心霊系が多い印象ですが、こちらは自分の置かれた状況に戸惑う少女をしっかり描き、正体不明の機械に不安を煽られ、襲いかかる触手に恐怖する。
別物の臨場感となっています。

女の子1 女の子2他の子と出会うや、ほっとしてしまってしばらく泣き合うんです(幼女ですから)

具体的には、例えばマップチップやSE。
(チップというより一枚絵の手法、初期のバイオハザードみたいな感じですが)
毎回、鍵を開けてようやく踏み入った部屋が様々なアングルで描かれ、まるで映画のごとき効果をもたらしますし、
側溝の上を歩けば足音が変わり、大掛かりな機械に近づけば駆動音がけたたましく聞こえ、そして暗闇に触手の這いずる生々しい音が。
もちろん対照的な少女愛も忘れてなくて、
つるつるでお腹がぽっこり、その割には乳首がピンと主張している…という立ち絵・表情の多さから、
少女たちが集合してお話したりする際の、歩行グラフィックの可愛さまで。
(ぺたんと座る専用のグラとか、あと少女たちは裸ですが、よく見ると靴下だけは履いている…?)

メニュー 装備戦闘中も敵触手はアニメしていて、一味違う臨場感が

謎を解いて進むタイプにしては、展開がかなり起伏に富むのも特徴的かと思いました。
てっきり予告では、初めの部屋からなんとか脱出、他の子と会えて良かったくらいで終わりかなと思ってたら、基本メンバーが揃う所までやるという。
初めの部屋からの脱出ではひたすら調べ、
ようやく出てからは手持ちのアイテムで工夫する事になり、
他の子を見つければ、まさしく触手に犯されているのを眺める格好で大変えろく(助けるかどうかの選択肢も)
ようやくメンバーが二人になれば、先頭を入れ替えて調べるメッセージが変化する、という。

シャワー発見 シャワー絵皆揃ってシャワー。ちょっとロリ百合ぽい、そういうテイストもあるんです

次の子が仲間になる頃には、敵も凶暴化でランダム戦闘解禁、
4人めのロリ巨乳が(この事自体もちょっと変化球ですが)
例によって触手に犯されてる展開も、今度は強化ガラス越しの光景で、手出しできずに見るしかない…と一捻り。
ようやく全員揃えば、女の子同士のロリ・百合百合しさへ…と。
本当にこれでもか、というくらい、ぐいんぐいんと展開に緩急を付けてます。
まるで映画のような、漫画のような…という感じが相応しかったですね…。
勿論それでいて、不安の中を調べる、ゲーム特有の面白さとやり甲斐もあり。

リミテッドアニメ。まさしく効果的です

更に遭遇するエロシーンは、全て”リミテッドアニメ”。
これにも感動しました。
幼女とか普段興奮しないにも関わらず、シコでしたよ…。

エロ1 エロ2幼女の膣口から流れる、つやつやの液体…。えろい

リミテッドとは例えばフルフレームでぬるぬる動く補完(変形)アニメと、手描きアニメとの中間…くらいの意味だと思うのですが、
これは妥協というより、”これそのもの”のエロさがある。
恐らく効果的なカットのみを抜き出し・動かす所と動かさないをハッキリさせてるので、見てる側に脳内補完する作用があるのでしょうか…。
ようじょのおなかの息遣い、カットインでのアナルと膣口のすぼまり、反比例するかのように触手の荒々しい動き…、端的に言えば”めっちゃ動いてる”感じがしました。
(初めのシーンで、ロリの驚き・見開いた目がぴくぴく動く所なんか、フルアニメでも手描きでも不自然になる、
合間を効果的に抜き出すリミテッドアニメならではだ…とか感じましたね)

エロ34人めはロリ巨乳ですが…、鬼のように揺れる乳がもう凄い。ホント凄い。

自分なんかアニメ枚数多い=良いなんて思っちゃうのですが、引き算でこうもえろくなるとは。
言われてみれば、ぬるぬる動くフルフレームの補完アニメも、全体的に不自然に変形させて動かしたり、今いちピンと来なかったりしますしね…
アニメエロさとはそういう事でも無いのであろうか。
エロRPGのアニメは正直、おまけぽい感じのも多かったですが…、今まで見た中で一番効果的だったかも。
そしてもちろんテキスト的には、触手による異種姦を気持ち悪がる・嫌がる描写たっぷり、なのに汚され、強制絶頂へ…という描写も抜かり無しです。

戦闘エロ 戦闘カットインカットインでもアニメ!

更に製品版では戦闘中エロ(その片鱗が初めの戦闘でも見えてますが。じょじょに膣に侵入されるうち、噛みつく→思い切り倒れるとかなる、必死の抵抗感が実にソソる)
淫乱度が100%溜まってしまうとオナニーなども。
敵の落としたお金で買い物とかも出てくるそうで、
予告体験版ではやや空気だった、戦闘部分も変わってきそう。
更にボイスが付くかも知れない…? となれば、震撼させられます。
かなり面白いので発売したらぜひ買いたい…のですがただ一つ、自分はこういう謎解き系が苦手なんだよな、と…。
実は今回の範囲内でも、巨乳ロリの部分でちょっと詰まりそうになった…。
「会話」でヒントがあったり、それ程いじわるでも無いとは思うんですが…、ともかく期待です。