陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG (製品版)

タワーディフェンス, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

異世界で様々な女を陵辱しまくり雌奴隷に!強制的に服従させて戦わせるのだ

サークル暇乞いさんの「陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG」の感想です。
本作はタイトルにもある通り、陵辱を行って仲間となる女の子を増やしていくタワーディフェンスゲーム。
ソードマン・アーチャーなどの通常ユニットや、高性能でスキルを沢山持つヒロインを組み合わせ、如何に敵を撃退するか。
「中出しすれば強制的に言うことを聞かせられる」という設定もあいまり、徐々に増えていくユニット&エロシーンが楽しいゲームとなっておりますよ。
また、本作のエロシーンは「半脱ぎ」に拘っているのも特徴的。ファンタジー世界ならではの服装なヒロイン達に、あんなことやこんなことが出来たりも……。
ちなみに、サークル暇乞いさんは処女作がアクションゲーム・前作が脱出ゲームと、様々なジャンルに意欲的に挑戦されているサークルさんでもあります。
そんなサークルさんが初挑戦したタワーディフェンスゲーム、果たしてどのような内容になっているのでしょうか。

なお、今回の感想は「Ver 1.03」での感想となっております。
感想を書くに当たって他サイトさんやプレイ動画を確認させていただいたところ、「グレードアップ」なる概念があるなど疑問点がございまして、色々と調べた結果「バージョンアップによってゲームシステム自体が変わった」ことが判明致しました。
「弓が圧倒的に強い」「敵の進行経路が分からない」などのお話は過去の話。どのように攻略すればいいか、なかなかに考えさせられるものとなっておりますよ!
また、「イベントシーンへのボイス追加版」がVer 2.0となるアップデートとして予定されていますので、そちらも非常に楽しみなところ……!

ガチニートから勇者に転職!? タワーディフェンスのおさらいとストーリー紹介

まず、タワーディフェンスというゲームジャンルの概要についておさらいしておきますと、
「侵攻してくる敵を、味方ユニットを配置し迎撃して、敵の目的地まで到達させないこと」が目的となります。
様々な種類の味方ユニットがいる上に、配置するためには「コスト」が必要。
そのため、如何に効率的に迎撃できるよう味方ユニットを配置できるかの試行錯誤が、タワーディフェンスの醍醐味と言えましょう。
Flashなどでよく作られている一般的なタワーディフェンスは、敵の進路の外側に砲台などのユニットを配置して迎撃する単純なもの。
しかし本作はそれらとは違い、DMM.comでサービス中のソーシャルゲーム「千年戦争アイギス」「御城プロジェクト:RE」のように、敵の進路を足止めする味方ユニットを配置できる、より戦略性の高いシステムとなっております。
タワーディフェンス初心者はもちろんのこと、「アイギスっぽいエロ同人がやりたい!」というタワーディフェンス大好きな人でも楽しめる作品です。

本作のストーリーの概要は、

主人公でガチニートの毒島フトシが夢を見ていると、ナタリアという美少女から「世界を救う勇者になってほしい」と頼まれる。
目を覚ますとそこは別世界。ナタリアから与えられた「性交した異性を服従させることが出来る能力」を使って、仲間を作ってさあ冒険だ!

という感じ。

第一人称が「拙者」だったり、語尾が「~お」だったりと、如何にもステレオタイプなオタク。
ことあるごとにクズい発言をすることもあり、若干プレイする人によってはキツい主人公かもしれません。
ですが、「クズい発言をする→ヒロイン達に白い目で見られる」というシナリオが、お笑いで言う「天丼」になっておりますので、ストーリーを進めれば、特に気にならなくなるのではないか、と感じました。

ステージ数は大体40ステージほど。ゲームクリアまでのプレイ時間は人によって異なると思いますが、装備品などが入手できる「クエスト」という要素の存在もあり、かなりの時間遊べるゲームだと思います。

育成とヒロイン達のスキルは超重要 本作のシステムと味方ユニット達を紹介

タワーディフェンスと言えば、限られたコストの中で如何にユニットを配置するかが面白さの華。
本作では、ステージ開始時に一定のコストが配布され、まずはそのコストを使ってどのように迎撃をするかを考えることになります。
一番最初から使える、いわゆる通常ユニットは以下の4種類。
本作のユニットは「近距離ユニット」「遠距離ユニット」に分かれ、またそれぞれ特別なスキルを持っています。

ソードマン(近距離):敵を足止めできる重要なユニット。一度だけ体力の30%を回復できる。
アーチャー(遠距離):矢で敵を攻撃するユニット。射程が長いのが特徴。一度だけ3本の矢を「乱れ打ち」出来る。
マジシャン(遠距離):魔法で敵を攻撃するユニット。敵の防御力を無視できる攻撃力の高さが魅力。ユニット設置から60秒経つと攻撃力が1.5倍になる性質を持つ。
ヒーラー(特殊):周りの味方を回復する特殊なユニットで、前線維持がメイン。一度だけ範囲内の味方全体を回復するスキルを使える。

「ソードマンで足止めをして、アーチャーなどで攻撃をする」というのが基本戦略になりますが、時にはソードマンが置けないステージも……!?
ステージのバリエーションは豊か。ステージ開始時でもあらかじめ敵キャラの進路を見ることは出来ますが、想定外の順番で辿ることもありとても楽しめました。

とは言え、最初に配られたコストだけでは、ユニットの数が足りません。
本作でのコストの増やし方は「敵の撃破」がメイン(※「ユニットの撤退」で設置コストの半分だけ回収することもできます)。
つまるところ「敵を撃破できない=詰み」ですので、初期配置の段階で撃破できなかった場合は何かしらの失敗に気付くことが出来ます。
タワーディフェンスは基本的にトライ&エラー。その点ではかなりの親切設計だと言えましょう。

大体の問題は「初期配置自体が間違えている」か、「ユニットのレベル上げ」が出来ていないか。
本作では、ステージクリアで貰える「マナ」を使うことで、ユニットを陵辱、もとい育成することが出来ます。
体力や攻撃力などのステータスが上がりますので、純粋に火力不足を感じたら育成を行うのがオススメです。
ただし、「レベルアップをすると、ユニットの設置コストが上がってしまう」という仕様があるので、そこは要注意。
育成以外に「装備」の要素がありますので、ユニット毎に装備の組み合わせを吟味するだけでも大きく変わるかも……?
(ちなみに、前述した「アイギス」ではレベルアップをするとコストが下がるので、本作の仕様は結構興味深く感じました)

様々なステージをクリアしてストーリーを進めていくと、たまたま出会った女の子などを陵辱して、更に使えるユニットを増やすことができます。
その中でもヒロイン・重要キャラに当たる5人は、複数のスキルを持っているため非常に重要な存在。
ネタバレ防止のため、ヒロインになる3人を軽く紹介しますと、

遠距離ユニットのメリリは心優しい魔法使い。攻撃射程が長い上、敵への範囲攻撃や、味方への攻撃を2回まで無効化できるスキルが強み。

近距離ユニットのハンナは、様々なスキルで攻撃力を高め一閃、更に威圧で敵の足を鈍らせるツンデレ剣士。必殺技の紫電一閃は敵の防御を貫通するぞ!

遠距離ユニットのルナは、他ユニットへの支援が得意なロリ(?)巨乳錬金術師。それぞれ1回ずつながら、精霊を呼び出したり、敵を10秒間石化させたり、猛毒の霧を出したりする。怖い。

こんな可愛かったり格好良かったりするヒロイン達が、戦場に出すと大活躍するのですよ!
本来はガチニートで、全く太刀打ちできないはずの主人公。それが、本作のタイトル通り「雌奴隷化」することで、戦いでもエッチでも支配下におく優越感というのは、たまらないものがありますね。

これらのヒロイン達は撤退こそ出来るものの、通常ユニットとは違い、倒されてしまうと新しく設置することはできません。
せっかく雌奴隷にした可愛いヒロイン達を可哀そうな目にあわすわけにはいきません。
ヒロイン達を戦場に出す際は、常に残り体力を意識。危なそうな時はきちんと撤退させてあげましょう!
……実は可哀そうという理由だけじゃなく、もう一つ重要な理由があります。

その理由こそが、本作のゲームシステムのキモ。
通常ユニット・ヒロインともに、撤退した後に再配置すると、体力が全回復&スキルがまた使えるようになるという恩恵があるのです。
例えば、足止め役のソードマンが倒されそうな時、一度撤退させてすぐに再配置することで「体力満タンかつ回復スキルが使える」状態で、再度足止めさせることができます。
撤退時には配置コストの半分しかコスト回収ができないため、多用は禁物な戦法。しかし、倒されてしまうとそもそもコスト回収自体が出来なくなるのです。
そのため、強力なスキルを持つヒロイン達を優先的に撤退させつつも、どのユニットに対しても撤退させるタイミングを見計らうことが、本作の攻略においてかなり重要になってくることでしょう。

また、敵ユニットに関しても「地上ユニット」「飛行ユニット」という区分がありまして、「飛行ユニットは遠距離ユニットでしか落とせない」などの要素もあります。
遠距離攻撃をしてくる敵ユニットもいますので、如何に凌ぐかが試されますよ!

ちなみに、バージョンアップにて色々と変わっておりますので参考になりませんが、初期バージョンには書かれていた「推奨レベル」の記載は無くなってしまったようです。
一応データとしては残っているのですが、推奨レベルに達したところで凌ぐのがかなり厳しいステージもあるので、「困ったらとりあえず育成や装備・配置の見直しだ!」という風に誘導している点が素晴らしいと思います。

バリエーション豊かなステージが超楽しい!タワーディフェンス超下手な人でもクリアできちゃうぞ

と、ここまでは簡単にゲームの説明をしてまいりましたが、実際に「Ver 1.03」でプレイした感想を書いていきたいと思います。
正直に申し上げますと、私は「タワーディフェンス超下手」な人でありまして、それこそチュートリアルステージで一回死ぬほどのレベルだったりします。
本作の感想を書くにあたり、「千年戦争アイギス」「御城プロジェクト:RE」をプレイした時も、チュートリアルで何かしら躓いていたぐらい。
そんな私ですが、本作は非常に楽しむことが出来ました。

面白いと感じたポイントとしては、やはり多様なステージの数々。
序盤の段階では「敵を安定して撃破できてる!余裕ー!」と思っていると痛い目を見る「コボルドの盗賊団」、中盤では遠距離攻撃を仕掛けてくる敵キャラがただただ恐ろしい「霊峰の尾根」など、面白いステージが続出。
割と序盤の段階から考えさせられるステージが出てくるのもあって、非常にやり応えがあると感じました。
もし、どうしてもクリアが難しいステージが出てきても、「ステージクリア時に貰えるゴールドを使って、初期コストを増やすことが出来る」という救済要素もあるのもナイスです。

また、「ポーズ」機能が付いているのも、タワーディフェンスを遊ぶたびにアワアワしてしまう自分には嬉しい要素でした。
ちょっとズルではありますが、「ヤバい!と感じた時に一時停止を押して撤退させ、その後再配置する」など、タワーディフェンスが下手な私でも「頑張れば最後のステージまできちんといけるよ」とオススメ出来る部分です。
「ゲームがクリア出来ない=エロが全部見られない」ということを、少し不安視していましたが無事クリアできて安心しました。

他に面白かったゲームシステムとしては、ただステージをクリアするだけでなく「クエスト」という要素が用意されているところでしょうか。
ステージクリアの際に貰えるゴールドや、様々なアイテムを渡すことで、有益な装備やエロイベントをゲット!
狙ったアイテムが入手できる場所も分かりやすく、やり込み要素として楽しませていただきました。
「サキュバスの尻尾」のクエストだけ「あれ?どこで1個入手したっけ?」と大慌てしていたのは秘密。

ちなみに、前のバージョンでは「弓が強い」と言う意見が多かったようですが、Ver 1.03段階ではヒロインの一人「ルナ」が本作のゲームバランスを壊すレベルで強いです。
ユニット説明の際にさらりと話しましたが、「敵を石化させる」スキルと「猛毒の霧を出す」スキルを組み合わせると無類の強さを発揮します。
猛毒の霧を出すスキル・アシッドミストは、画面全体の敵に毎秒2%のスリップダメージを与えるというもの。

敵を石化させた後にアシッドミストを出し、後は遠距離ユニットに攻撃してもらうだけで楽ちん撃破。
各スキルが1回ずつしか使えない関係上、ルナの撤退・再配置が必要なのでコスト管理こそ必須ですが、ルナ加入後の大体のステージで通用してしまうため、かなり印象深い戦略となっています。。
ただ、通常ユニット故に使わざるを得ず「弓が強い」と言われたアーチャーに対して、ルナに関しては縛りプレイとして使用しない手もあります。
ルナ無し縛りプレイをやり込み要素として、また「タワーディフェンス下手でもクリア出来る」所以と捉えれば、これはこれでいいバランスなのではないかと感じます。

というより、ラスト2ステージがえげつない難易度を誇ってますので、救済措置としてあった方が間違いなくいいと思います……。
多分、ルナのこの戦法を知ることがなかったら、私はクリアすることができなかったことでしょう。

トライ&エラーしているうちにどうしても気になる「視認性」問題

さて、トライ&エラーなゲームジャンルということもありまして、何度も挑戦していると気になる部分も出てくるもの。
一番気になったのは、「どこにユニットが置けるかが分かりづらい」という点。
本作では、緑色の魔法陣に近距離ユニットを、青色の魔法陣に遠距離ユニットを置くことが出来ます。
一種の「慣れ」ではありますし、一時停止して目を凝らせば分かるレベルではあるのですが、

極端な例を挙げますと、このような感じで魔法陣が保護色となってしまい「何のユニットが置けるのか」すら上手く判別できないケースも。
魔法陣の色分け自体が、緑も青もそこまで変わらないのも余計に助長させているように思いました。
前述したアイギス等は「デッキ」の概念がありまして、アイコンをドラッグ&ドロップするUIですので、「置くべきマスを光らせる」ことで視覚的に分かりやすくしているのですが、

本作の場合はデッキの概念が無く、「コストと魔法陣さえあればいくらでもユニットが置ける」という仕組みなので、「ゲーム的な見やすさ」がどうしても実現できなかったんだろうなぁ、と感じました。
個人的には、上のスクリーンショットみたいに、「味方ユニットが物凄く沢山いる!」って見た目は凄く好きだったりするので、「遊びやすい方が嬉しいけど、この見た目はこの作品でしかできないもんなぁ……」とジレンマに思っていたり。

また、これも「慣れ」ではありますが、ユニットを設置する際のUIも、

「どのアイコンがどのユニットになのか」が分かりづらいのが惜しい感じです。
現在ウィンドウサイズが「800×600」固定になっているが故の問題なのですが、こちらに関してはウィンドウを大きくできるバージョンがβ版として用意されているので、バージョンアップの際に解決されるかも?

他にも、「ユニット毎の攻撃・回復範囲」を見ることが出来ないなど、全体的に「ゲームを遊ぶやすくするための視認性」に欠けている印象があります。
ただ、上に挙げた物はほとんど「本作のゲームシステム上、どうしようもないもの」ですので、もし続編を作る機会があれば改善していただきたい、といったところでしょうか……。

現状で改善できそうな部分としては、トライ&エラーを行うにあたってかなり気になる、イベントがあるステージに挑戦する際にいちいちノベルパートが挟まれる点。
ノベルパートが短めなステージであれば問題ないのですが、終盤ステージのノベルパートはかなり長いもの。
そして、終盤ステージである関係上、難易度も高いため、トライ&エラーが非常に辛く感じました……。

半脱ぎ陵辱に拘りアリ! 5名のイラストレーターが描いた沢山のシチュが見どころ

本作のエロシーンは、タイトルにもある通り異世界もの。
ということで、ファンタジー風な衣装を来た女の子達が陵辱されるのがメインとなっております。
女騎士や杖を持った魔法使いのような「如何にも」なキャラだけでなく、獣人やダークエルフなども登場。
参加イラストレーターは5名とのことですが、どのCGも美麗で素晴らしいものとなっております。
CG数も20を超えておりまして、ファンタジーと陵辱が好きな人ならたまらないものでしょう。

本作のエロシーンでのポイントは、やはり「半脱ぎ」に対する拘り。
せっかくのファンタジーというシチュエーションなのに、完全に全裸にしてしまったら現実と同じじゃないか!
そう言わんばかりに、いくら脱がしたとしても帽子などの「キャラクターの記号」となる部分は脱がさない、そんな拘りが徹底されているのが特徴です。
通常ユニット・ヒロイン達それぞれHシーンが用意されておりますので、かなりバリエーション豊かなファンタジー×半脱ぎ陵辱シチュを楽しめることが出来ることでしょう。

プレイ的にもただの陵辱だけでなく、魔法で自分を分身させての二穴責め、催淫剤を使って発情させての騎乗位SEX、マナ吸引という名目でのフェラなど、様々なものがあります。
また、テキストも「初陵辱」と「2回目以降の陵辱」で、きちんと分けられているのが、なかなかに素晴らしいです。

惜しいところとしては、「回想モードが存在しない」「各テキストがちょっと短め」なところぐらいでしょうか。
各テキストが短めという点は、そもそもテキストの数自体が多いので仕方がない部分ですし、喘ぎ声や徐々に堕ちていく過程の描写が素晴らしいため、そこまで問題点とは感じていないのですが、「回想モード」だけは是非ともほしいところ。
現状では、陵辱(育成)画面が実質的な回想モードとなっていますが、一応育成である以上はいちいち使用マナを入力しなければならないのがちょっと面倒に感じます。
また、とあるキャラの陵辱イベントに関しては、そもそも陵辱画面には出てこないものがあったりも……。

☆ラストシーンのネタバレ注意☆

あと、これは「5名のイラストレーターがCGを担当した」のもありますし、仕方が無い部分だとは思いますが、もう1点だけ。
色々と戦いでお世話になったり、ストーリーで何だかんだ付き合ってもらったり、愛着が湧く各ヒロイン達(終始人間の屑扱いされてましたが)。
そんな彼女たちがエンディングに一切出てこないのは、非常に寂しく感じました。
「ヒロイン全員集合で雌奴隷っぷりを表現する」とか無茶は言わないから、せめて……せめて各ヒロインごとにワンシーンだけでも出番を!
ストーリー的には、「とあるキャラと相思相愛で主人公は満足している」ので出てこないのも分かるのですが、どうしても締まらないと言いますか薄味に感じてしまうと言いますか……。
また、エンディングでHシーンがある関係上、そのとあるキャラは回想することができず、Hシーンを見たい場合はいちいちラストステージをクリアしないといけないのも、かなり面倒くさい部分です。いや、ルナを使えば簡単に勝てることは勝てるんだけどー!

☆ネタバレ終わり☆

やり応え抜群なゲーム部分&大量のHシーンに満足 ただ遊び辛さなどの問題も……

というわけで、「陵辱×タワーディフェンス 種付け中出し雌奴隷化で異世界救済RPG」(Ver 1.03)の感想でございました。
バリエーション豊かなステージ構成・アイテムやHシーンを手に入れるためのクエストシステムなど、非常に遊びがいのあるタワーディフェンスとなっていて、すごく楽しかったです。
もしクリアが厳しいステージでも何だかんだで救済措置があり、「タワーディフェンス超下手!」な私でもクリアできるのも良い点だと言えると思います。
ただ、ゲームシステムの関係で「どこにユニットが置けるか分からない」「攻撃・回復などの範囲が分からない」など、視認性の問題が発生しているのが惜しいところ。
「アイギス」や「御城プロジェクト:RE」に似ているゲームと言えど、デッキの概念が無くチビキャラ達がわちゃわちゃしていることが多い、本作特有のゲームシステムの関係で発生している問題なので、非常に難しいところですね。

エロシーンに関しても「初陵辱」「2回目の陵辱」でテキストが変わっており、またヒロイン達や様々なユニット達の反応もそれぞれ違うところは、なかなかに素晴らしいと感じました。
各テキストこそ少し短いものの、シーン数が多い上に質が高く、またエロCG数自体も多いのできっと満足できることでしょう。
また、例えほとんど全裸だろうが、キャラの記号である帽子だけは死守するなど「半脱ぎ」に対する拘りが強く感じられるのもナイスです。
ただ、先述したネタバレ部分の関係もありまして、回想モードは非常に欲しいところ。
「すぐに好きなシーンを見てサッと抜けるようにしたい」ということも現状では操作が大変なので、実装できるならば対応していただきたいです。

ファンタジー世界が舞台の、半脱ぎ陵辱シチュエーションが好きな人。
そして、やり込みがいのあるタワーディフェンスゲームを楽しみたい方には非常にオススメな作品です。
また、アイギスや城プロREと比べますと「どのユニットを所持しているかで難易度が変わる」という要素もありませんし、コスト増加や前述したルナ絡みの戦法など救済措置もありますので、「タワーディフェンスを遊ぶのは初めて、もしくはすごく苦手……」という方でも凄く楽しめる作品だと思います。
体験版では、本編の大体30%ほど(プレイ時間にして1時間~2時間!)が遊べるようになっておりますので、そちらの方で本作の面白さを体験していただきたいと思います。
もちろん、体験版もきちんとバージョンアップされているようですので、前のバージョンで合わないと感じた方も改めてプレイしていただければ幸いです。