シチュエーションプレイ Repeated despair

その他形式, R18フリーゲーム, 夏のアダルト創作祭2017

夏のアダルトと創作際2017参加作品の感想を書いていこうという記事です。
感想一覧はこっち。

こちらはDLsiteで本編の「お試し」版が出てる作品ですね……。
当時の感想はこんな感じ
一言でいうなら、簡易FPSみたいなミニゲームのシステムは面白いと思ったけど、催眠とか実験ぽい雰囲気を匂わす「色んなシチュエーション」が体験版では分からなかったな、という感じ。
それで今回のフリゲ版な訳ですが、こちらは番外編ということで、「保健室」だというザコステージと、「電車」だというボス戦の計2面がプレイ可能。


▲方向キーで撃退せよ

DLsite版では確かマウス操作でしたが、こちらは方向キーのみでプレイ可能となっていました。
システムはほぼ変わらず、突っ込んでくる敵の位置に応じた方向キーで撃退。
キーが間に合わず、密着されてしまうと犯されエロへ……と。
エロはちょっと凝っていて、犯されアニメが進行するなかここも方向キーを使って逃げる訳ですが、
まず「抵抗」ゲージがある内は、画面に脱出のための入力キーが表示される、
しかし抵抗値が0になると次に「性感」ゲージが上がりだし、この頃は方向キーを無闇にガチャガチャ押して抵抗。
それでもダメで、最後に「精神力」が無くなってしまうとゲームオーバー……となっています。
つまり”余力がある時の脱出感と、いよいよ犯されだしての抵抗”の違いを表現してるのかなあと。
何だかんだ、「戦ってるうちに何度も抱き付かれ、抵抗してるけどだんだん感じ始め……」という状況になってみると少しエロかったり、
他にもゲムオバ後はキャンセルを押すまでループで中出しされ続ける箇所を設けたり、結構考えられてはいる。

 
▲カス子グラがぱかぱか切り替わってアニメ


▲ゲムオバってからはキャンセルで抜けるまでループ犯され

ただまぁ本気でプレイすると一切犯されずに倒せる、エロられてもすぐ逃げられちゃう、というバランス。
今いち盛り上がる事なく終わっちゃう、ってのが実際のところ。
(まあ1面だし仕方ないかもですが。ただ難易度に振り幅を作るのが難しそうなミニゲームではある)
あとテキストですね……このフリゲ版だとその辺りが非常に薄く、初めの取っ掛かりが無いので……。
一部、犯された後に記憶をリセットされてる事を仄めかしてたり、シチュ的にこれは精神系のえろさだと思うので、もうちょい湿っぽい感じが欲しかったなと……。
(一方でひょうきんなポーズでシルエットが飛び掛かってくるミニゲーム部分のシュールさがミスマッチな感じもする……)


▲ボス戦では拳を飛ばして「抵抗力」を奪ってくるので↓キーでガード。実にFPSぽい見た目に

このバージョンだと、保健室や電車で「色んなシチュエーションでエロ」と言われても、やっつけぽく感じたかも。
ただこの主観視点で戦い、組まれると犯されシーンに移行するというの(分類するならガンシューティング……と言うには照準も無いし、動けないFPSでしょうか、やはり)
単純なようで余り無いので、ここで色々作ってみたい気持ちも分かるかなぁと。
(DLsite版も自分の想像よりずっと売れてるなと)
1プレイ時間は10分くらいでしょうか。
もっと腰を据え、定番だけどやっぱり必要な描写を抑えてからミニゲーム辺りもやれば、きちんとえろくなりそう?