痴女プロジェクト ●機械の少女ビッチュ● (製品版)

SLG, R18製品版の感想, ライター:エローン大君

*この感想は [エローン大君]さんに書いて頂きました。

名作+エロの破壊力 褒めて叱って機械の少女を育て上げるのだ

スフィーミキャッツさんの「痴女プロジェクト ●機械の少女ビッチュ●」の感想です。
本作はワンダープロジェクトJをオマージュした、「おさわり」などを重視した育成シミュレーションゲーム。
ER-O型ロボット「ビッチュ」の発表会の最中、無実の罪で連行されていったジェペド博士の代わりに、プレイヤーがビッチュを成長させていく物語となっています。
用意された様々な課題をこなせるように学習させていくのですが、その中にはエロエロな痴女だからこそ出来るものも!?
段々と規模が大きくなっていくストーリー・やり応えのあるゲームシステムも含めて、やり込みがいのあるゲームとなっていますよ!

ゲームの流れはオマージュ元と同じ。物をクリックして興味を持たせるとビッチュは何らかのアクションを起こします。
国語の本を読んだり、鉄アレイを持とうとして「重い」と言ったり。
そして、ボールを投げ……お尻に入れようとしたり!?

そう、本作はエロ同人なので、時折ビッチュがHな行動を取るのです。
思っていた行動を取ってくれた時は「褒める」、そうでない時は「叱る」。
そうすることで、「ボールは投げるもの」などときっちり学習させ、章ごとに用意された課題をクリアすればOK!なゲームです。
例え道具の一般的な使い方とは違っていても、痴女に育てたいのなら「褒める」が正しいこともあるのが面白いところですね。

ある程度育てることが出来たら、課題に挑戦。
課題に挑戦するビッチュの様子は、見守ることしかできません。
どんな行動を取るかは育て方次第。親の気持ちになってドキドキしてしまう瞬間です。
例えば、一番最初の課題は「男の子にボールを投げる」ことですが、

やらかした……!さっきまできちんとボール投げてたでしょ……。
失敗ということで、「酷いことをしたな!」とお怒りの少年にスパンキングされてしまいました。
ゲームとしては失敗ですが、エロアニメを見たい我々プレイヤーとしては眼福。
わざと課題に失敗するような育成をして、反応を見てみるのも面白いですよ!

また、ビッチュ自身を呼び出すことで会話をしたり、「身体検査」という名を借りたHなことをすることができます。
チュートリアルではおっぱいを触ることができ、マウスを動かせばビッチュもそれに合わせて反応。
時折甘い声を漏らしては、上目遣いでこちらを見たりする姿はとてもエッチいです。イヤイヤと言わんばかりに首を振る姿など可愛すぎる……。
最初こそ出来ることが少ないですが、ゲームを進めていくうちにビッチュはHなことも学習して、プレイがどんどん増えていきますよ!

試練を乗り越えるためにどう育成させる? 「エロ」も絡めた高いゲーム性が魅力的

本作は章仕立て。第一章は「男の子にボールを投げる」なので教えるのも簡単です。
しかし、第二章になってくると画面右上にある「ステータス」が重要になり、一気にゲーム性が深まっていきます。
街に繰り出そうとするビッチュですが、そのためには「駅でチケットを買って、スカイバスに乗る」ことが必要。

ですが、チケットを買うことだけでも大変!
まず「ポスターの意味が分からないし、チケットの買い方も分からない」という感じ。
じゃあ、頭を良くすればいいんだな!とたくさん本を読ませると……

「痴漢」のポスターの意味が分かってしまい、怖がってチケット売り場にすらたどり着けなくなってしまった!
だったら、痴漢に対する自信をつけさせればいいのかな……?など、色々と悩みどころです。
道具の使い方によって上下するステータスをよく見ながら、チケットを買えるように調整していきましょう。

チケットを買っていざスカイバスへ!と思ったら、痴漢に出くわして犯されてしまいました。
スカイバスの中で倒れ込み、故障してそのまま帰宅。街にたどり着けないので、何らかの対応を取らなければなりません。
ここで面白いのが、「正解が一つではない」というところ。
痴漢が「嫌なオーラがするから触れない方がいい」となる場合もあれば、「痴漢なんてされるの当たり前や!気持ち良うなれ!」と痴女方向に育成すれば、ビッチュが頑張って街まで耐えてくれることも。

私は後者の「痴漢なんて当たり前」方向で教えましたが、ふと呼び出してビッチュと会話してみたところ、痴漢の善悪について聞かれました。
ちょっと罪悪感を覚えてしまいましたが、「本作はエロ同人」と瞬時に気持ちをチェンジ!ビッチュがエロいことをすることで人を救うことだって出来るのです。
本来は身体を鍛えるために使うはずの鉄アレイも、「お股にコスコスして使えばOK!」と仕込めば、その通りにやってくれます。
育成方針を状況に応じて切り替えて、ビッチュを思うがままに育成しちゃいましょう。

ちなみに、体力か気力がなくなるとビッチュは故障してしまいます。修理代はお高いので大変!
本作ではお金が重要ですが、ゲーム全体での安定した収入源はありません。
街中のショップでアイテムを買って課題をクリアすることもあれば、攻撃・知性などの種類がある「チップ」を使ってステータス調整をすることもあります。
エッチなことやトラブルで故障しないように、適度に家にあるポッドで充電して休ませてあげましょう。
お金が足りなくて詰んだりしないよう、潤沢に用意されたセーブスロットを活用するのも忘れずに!

個人的に本作で出てくる課題で驚いたのが、この一発勝負のレポートコーナー。
テレビに出ることになったビッチュが、道端に落ちている物で食レポ的をできればOK。何というかこのコーナー、体当たりすぎる……。

拾い食いを覚えさせるのは簡単です。コーナーも始まってこれは余裕だろうと思っていたところ、
「う、うんこ!?道端にうんこ落ちてるなんて想定してないよ!」と本気で動揺しました。

一見明るい世界に見えて、裏では犯罪や倒錯したものが蔓延る本作。ビッチュの前には章が進むごとに様々な課題・試練が待ち構えています。
様々な人々と関わっていく中で、スケールが大きくなっていくストーリー。
「行動に振り回されながら育てる対象」から「二人三脚で歩んでいく愛しい少女」へと自然に変わっていくビッチュとの関係。
最後にビッチュを待ち受けるものは……?是非とも遊んで最後まで楽しんでみてくださいね。

また、「ひろってたべましょう」の存在からして分かる通り、どこかシュールな感があるスフィーミキャッツさん節も健在。
ボリューミーになった本作では、独特で面白いセンスにより浸ることができますよ!
ゲームとしては全6章ですが、恐らく最後の章はエンディング扱い。
しかし、マルチエンディングらしいことが示唆されておりますので、やり込み度は恐ろしく高いゲームだと思います。
プレイ時間は一周大体4時間ほどでしょうか……。

ゲーム内エロ・エロアニメは壮観だ

スフィーミキャッツさんの強みは、柔らかそうな身体を描くエロアニメ。
本作では、「ゲーム部分の演出」と「身体検査」の2つでHシーンを楽しむことができます。
出来るだけお教えしたいところなのですが、ゲーム部分の演出エロは多彩な上に、酷いネタバレになりかねない……!
というわけで、体験版で実際に試していただくことにいたしまして、個人的におっ!と思ったところをピックアップ。

ただ「痴女」になるだけでなく、色々な形でビッチュがHな目に合わされることも本作の特徴。
街の人の話を元に、如何にも何かありそうなところに行かせれば、それ相応の目に合わされる。
エロRPGでは「スラム街に自ら赴いてエロい目に合う」的なシチュですけど、「育てている愛娘をわざと送り込む」みたいな独特の背徳感が面白いと思いましたね。
また、「異種姦」があるのもちょっと興味深いところです。
上にある画像はスライムに犯されるシチュですが、本作は課題に対して「正解が一つではない」ので、スライムに関しても他のアニメがあるのかも……?とワクワクしていたり(実際、私の攻略方法は多分正攻法ではない)

何気なくクリア後に解放される回想モード(やりべや)を覗いたところ、ビッチュが様々なエロアニメ演出に関するヒントを出していました。
まだまだ見ていないエロ演出があるようなので、是非ともコンプリートしていきたいところですね……!

ゲーム内の演出アニメも良いですが、「身体検査」のインパクトも忘れてはなりません。
大画面で行われるH行為はダイナミックなだけでなく、まるでそこにビッチュがいるような感覚をもたらしてくれます。
マウスを動したり右クリックしたりすることで、様々なアクションをとることが出来るのが本作の良いところ。
例えば、お尻を触る時は「お尻をぐにぐにと揉みしだきつつ、意味もなくパンッ!とスパンキング」なんてことが出来ちゃいます。
ただお尻や胸を揉まれるアニメが流れるだけでなく、アヘ顔を晒したり首を振ったりと、細かい仕草があることがより臨場感に繋がっていてたまらない!

また、前戯ではない正常位・駅弁などの本番プレイでは、一つの体位に複数のエロアニメが用意されています。
しかも右クリックをすると、ピストンを激しくしたり、逆にねっとりと責めたりと更にプレイが派生。
好きなアニメでHを楽しむも良し、アニメを切り替えながら楽しむも良し。
愛液で濡れたビッチュのおまんこを、グチュッ!グチュッ!と責め立てて、とことん感じさせちゃいましょう!もちろん、中出しだって出来ちゃうぞ!

イカせまくると「エロLv」が上がったりするあたり、こちらも育成に関わってくる感じもしますが、レベルを上げるとどういう変化が起こるのか、いまいちよく分かっていなかったり……。
「痴女すぎて逆にビッチュの方から襲ってしまう」みたいなシチュも案外あるのかも……?、
ちなみに、ビッチュの服やパンツは自由に着脱可能、機械少女ということで「声」も変えることが出来ますので、気分を変えたい時は試してみるといいでしょう。

体験版では、第一章と第二章を楽しめるようになっております。チュートリアルでいきなり胸を揉むことも出来ますし、本作のエロをたっぷり味わえると思います。
飽きることなく楽しめるエロアニメの数々、皆さんも色々なことを試しながら楽しんでみてくださいね。

ちょっぴりヒント 行き方が分かり辛い場所の説明

少し攻略と言いますか、ゲーム進行上で分かり辛そうなところを軽くご説明します。
本作はマップ内の●をクリックすれば簡単に場所を行き来できるのですが、「そこに行くためのフラグを立てる方法が分かりにくい」場所があるのです。
その中でも、「西にある小島」「オークの洞窟」の行き方が微妙に分かり辛いので、画像で説明です。

1.西にある小島への行き方

小島にはビーチから行くことが出来ます。絶妙に風景に溶け込んでいる「背景にある小島」(赤丸で囲んでいる箇所)をクリックすればOK。
ただし、小島までは泳いでいくことになりますので、体力などの残量には気を付けてください。
一度たどり着いて会話をさえすれば、次からはわざわざ泳いでいかなくともマップからの選択だけで大丈夫になります。

2.オークの洞窟

赤い丸印で囲んでいるところをクリックすることで行くことが出来ます。
ここだけはマップ上に印が出ないので要注意。

とりあえずこの2場所にさえ気を付ければ、あとはステータス調整など様々な行動でクリアすることが出来ると思います。
エンディングの分岐に関してはよく分からない(私は痴女プレイさせまくってエンディング3でクリアしました)ので、色々と試行錯誤していただければと思います。
私のビッチュは清純度などがゲーム中ほとんど底辺だったので、その辺りで分岐することもあるかもしれませんが、何しろ攻略法が色々あるゲームなので……。