痴漢・盗撮・覗きなど…「犯罪だけど、許されるならやってみたい」事はある訳です。
ある意味で、その夢を叶えるのがエロゲの本懐。

今作は”アクティブ銭湯RPG”という事で、子供の頃に戻って女風呂に入れる…ショタだから合法、むしろお姉さん達は優しく迎えてくれる…!
というドリーム。
こいつは気になる! さっそくやってみました。


お風呂限定、探索おねショタ!


分類するなら最近多いADV的なミニRPG…となりますが、
「お風呂を楽しむゲーム」という事で、シチュと場所を区切った故のえろさ、大変良いおねショタっぷりに、かなり”良いわー”と…。
感情移入できました。
(なにげにシチュ特化した、男主人公のミニRPGって珍しい…?
感情移入バツグンなので、個人的にはもっと欲しい所)



基本はあちこち調べまくって、Hイベントを探そう…という流れ。
しかし銭湯という一場所縛りなので、予想できるHイベントやハプニングに持っていくのは難しくない。
(分かりにくい仕掛けとか無さそうなのは、良いなあと)

 

気が利いてるのは、「主人公は子供なので、お風呂に入って居られるのは30分のみ(すぐのぼせてしまう)」と時間軸を採り入れてること。
お姉さん達は時間経過で動くので、大体5~10分ごとに状況が変わっていく。
一度最後まで流れを見た後、「あれがこうなって、こうなるからエロに持ち込めるな…」と、分かり易さの中にも、エロを見つけていく手応えがあり。
(途中で新しいお姉さんが入ってくるけど、既に身体洗っちゃってるとエロイベント起こせないとか、この時間帯だと二人きりになれないから、エロイベント発生しないんだな、とか…)

やはりエロイベント探すにしても、発生原因が推理できると、自発的に見つけられて嬉しい。
そういう意味では30分というのも、短すぎず長すぎず、良い塩梅。

お姉さんに身体を洗ってもらう…もちろんチンチンも…。と、予想付きやすいエロへ

しかも製品版は2日めもあり、3日めに(たぶんキャラごとに個別の)マルチイベントという事で、”1日めにフラグを立てておいて、2日めで…”という事もありそう。

お風呂場ならではのハプニング!

同じお姉さんの同じシチュでも、時間帯によってエロシーン変化があったり、
単に話し掛けるだけじゃなく、”近くで身体を洗った時”にも反応があったり、
石鹸を蹴っ飛ばして遊んでたら隠しCGが見つかったり…という作り込まれも良い。

ミニRPGぽいと侮るなかれ、このエロイベント探しはかなり楽しそうでした。

「こんなにもちっちゃくても、ちゃんと勃起するんだ…」等のショタ強調が良いんだなあ

そして出てくるお姉さん達は実は、禁断の”ショタに手を出す”事に興奮を覚える女性たち。
ロリ(それでも主人公より歳上)まで揃ったお姉さん達が、三者三様、主人公のちんちんに下心を隠した表情をする様はとてもいやらしく、お風呂という事で、基本、タオルか裸…というのも分かりやすくエロい。

凄いボリュームだ…タオルで隠す…そういうのもアリか…!

遂におねショタに踏み出してしまうエロシーンは、お姉さんの柔らかさ、暖かさ(と背徳感)が伝わる、なんだかふわーとなる描写で良いのでした…
これはかなりツボ。期待です。


キャラが立っていて、おねショタ描写も素晴らしく、もういちいち新しいエロを見つけるのが楽しかった。

短い中に、ちょっと奥深さを感じさせるADV(RPG)


ゲームのフローとしては、2日間に渡って周りの目を盗んで同じお姉さんとHできたら、そのまま3日めの個別エンド(セックス)。

しかも1日めでHした相手によって、次の日の銭湯の状況も変わる。
前日では入れ違いになってた3人が、2日めではみんな同じ浴室に。
ここからどうやってHに持ち込もう…!?

細かい作り込みも好き。桶の上に乗って怒られたり…

そしてお姉さんと二人切りになれば大胆なH、周りに人が居るならこそこそ隠れた感じに…と状況によって、女の子がしてくれるHも変わる。
2日めにあえて、前日とは違う子とエロを目指してみるのも良い。
まさしく”アクティブ銭湯RPG”…! と夢ワクワクだけど、造りが分かってしまうと、ゲーム的な広がりという意味ではやや寂しさも。

要は”二人きりか、そうでないか(+2回めか)”というシチュに、愛情か発情かのH差分が発生するという構造なので、
同じ浴室内にいるけど死角だから大丈夫とか、トイレに立った子が帰るまでに手早く済まそうとか、本当に振り向いたらバレる距離でしちゃう…みたいな状況の反映はない、残念…。
(Hに入るとバレるかも、という事もそんなに気にしてはいない)
バレちゃうけど、他の子とも一回Hしてたのでハーレムへ…みたいなルートも無し。

2日目のみに起きる事件とかも無いので、前日にエロした子以外は、1日めにしようが2日めにしようが同じエロだったりする。
いったんエロ発生箇所が分かってしまえば、選択肢で愛情や発情を上下して、あとは回収に務める…と作業チックに感じたり。

地味ヤンデレ子? の、この自重しないお肉…!

ただ小型なゲームだし、工夫もされてて雰囲気が出てる、それだけで十分と言えるかも(デフォルトは発情なので、愛情の差分を見るには一日の前半ではムリ…とか)
元々おねショタがメイン、人目を隠れてコソコソ…はスパイス程度でしょうし。
さっくり遊ぶADVとして、仕組みが分かったら全エロを集めやすい…と捉えるべきかも。

お姉さん達のキャラ付けがとても良い。素晴らしきかなおねショタ


逆に、エロシーンという意味ではとても活躍してた。



一日目にHしたお姉さんが、二日目の登場時に目を輝かせたり、「秘密だから、また後でしようね」みたいに囁かれる変化はとてもイイ。
愛情・発情差分もお姉さんの二面性がエロチックだし、キャラの性格の書き分けも凄く良いなあ、と…。
(甘々の愛されも、子供を襲ってしまう背徳感も、「して欲しいなら、ちゃんと言お?」みたいな、ちゃんと愛されてイジメられる、M責めぽいのもある。
そしてそれらに翻弄されて、ちょっと怖くなる少年の気持ちとかも…。
女性キャラの存在感があってこそ、興奮があるのだと再確認)

おまけCG、設定話もあって嬉しい

一つのシーンも長め。個人的には絵柄の肉づきの良さも、おねショタにうってつけ(ロリも居ますが)
体格差を感じる体位もかなりあり、少年の射精はもちろん精通、蕩けそうでとても気持ち良さそうな描写。
エロシーンの満足感は非常に高いものでした。


暇だからゲームでもするかさんもレビュー書かれています