チェッタ:The Machinery Girl (体験版)

RPG,R18遊べる,新しい

2.5DRPGの真打ち登場!
新しいグラフィック、新しいシステムが詰め込まれた中に見える往年のエロRPG要素(そう、一筋縄でいかないストレスまでも……)

このゲームを待ってましたねえ……、新ツールであり、2.5DRPGのダークホース的なツール、bakin製での新作。
プレイすれば冒頭から衝撃が走ると思いますが、
そのグラフィック表現・システム感はとても従来のbakin製、いやエロRPGとは比べられぬ物があります。

ゲーム始めてみると、まず空中を往くロボットの中で目覚める、しかもAIアシスタント曰く、貴方は機械国家に追われてます……という衝撃の出だし。
そのまま展開されるは、多数の機体を相手取った、『空中戦で円範囲で移動・戦うSRPG』。
つぶさに観察してみれば、実装的にはフィールド上で行われる行動順タクティクス戦闘バトルって事(フロントミッションの香り?)なんですが、実際に攻撃してみると、今度はスパロボ風演出!
ややレトロなポリゴンはロボット表現が合って実に良い、その割に空や海の表現は波打ち、ロボットのバニアは周囲が歪むなど最新のエフェクト系……とまさにツクール・ウディタ系とは文字通り「次元が違う」(2.5DRPGだからね)体験が肌で感じられるかなと。

そのまま追っ手から逃亡を続けるヒロイン・ティエッタ。
眼下に雲、波打つ海と見ながら、空中を乗り物で移動するというワクワク捗るシークエンス。
結局撃墜されてしまい、無人島でのサバイバル(地上パート)が始まる……という塩梅です。

ここでのサバイバルもまた2.5Dのグラフィック表現が活かされており、
4等身くらいのSDで、むちむちボディを誇るヒロインが歩いて会話、「違うなあ……」と唸ってみたり、
衣服が破ればすぐに歩行グラ(というかポリゴンモデルですが)に反映され、そこらに巨大な敵が跋扈してる緊張感も高くなる。
そんな感じで敵を潜り抜け、あちこちで採取できる素材やレシピが綴られた宝箱を発見し、ロボット再起動までのエネルギーを溜めるべしって事ですが、
ここでも項目的にも色々色々。

素材採取はキー溜め→離すで掘るというアクション性に、
採取した素材を組み合わせてアイテム等を作成、
戦闘での犯されに対抗するスタイルを設定せよ(ノーマルから、よりピーキーな淫乱・清楚・被虐まで……)
犯されるほどH値が入り、セットできるHステータスが増える?
島でのサバイバルが終わってまた空に飛び立って戦えるよう、機械の整備もあるぞ……。

本当にプレイヤーを驚かすべく色々な要素がてんこ盛りになってるのが特徴で、
湖に浸かれば「どれだけ浸かるか(浸かり続けてると「危険度」がアップ、敵に襲われる)」なんてのも。
(ここも波打つ湖面とティエッタのリラックス絵面がとてもファニーで面白い)

ちなみに戦闘は、敵の属性を解析して有利な攻撃を当てる(ただし素材採取で作っておく必要あり)……というサイドビューバトルですが、これもまた見た目が非常に新鮮で映えてる。
そして敵のH攻撃から拘束に発生……! なおヤラレまくってしまうとダウンへ、体験版では見られませんが、連れ去れた巣からの脱出なんてのもある様子……。

まさにその百出する新次元のビジュアルとシステム感は、「2.5DRPGの真価を見せる真打ち」と言っても過言では無いかと思います。

しかし……ただ言わせて欲しいのが、ストレス溜まりすぎぃっ!
その斬新さには本当に敬服しますが、同時に往年のエロRPGのエッセンスまで取り込んだ貪欲っぷりで(巣からの脱出とかもそうですね)
特に戦闘の拘束はそれ。
本当にタイミングが合わないと延々嬲られ続ける……
いやそういう拘束バトル、BFもあるんですけどね…。

ご丁寧に「一度やられた相手には苦手意識が芽生える」要素まであり、特別セリフ発生、当然の様に戦闘でも不利になる。
素材での服修繕を怠ってるとすぐ服が破られ、戦闘中も恥ずかしがって40~50%くらいの確率で動けなくなるし、
立体的なマップ地形は見栄えする反面、正直、色々と見逃してしまって詰まりそうな可能性(あと普通に敵が回避しづらい、ただでさえ戦闘が長いのに…)
そしてツールの性質上仕方無いかもですが、マップを一つ一つ移動するごとにかなり読み込みが長い……!

結果的に島での探索は一向に進まぬ訳で、一つ一つの要素は手が込んでて素晴らしい反面、そのまま反転してストレスにもなりかねない……といった塩梅で、
まぁゲーム的には本当に何度も何度もヤラレまくり、苦労して少しずつ達成していくタイプですね……
(ゲームの運びとしては直近の目的を抱かせて欲しかったかな……。
イヤ大目標としては「現地サバイバルでロボットのエネルギーを確保する」がありますが、もっと具体的に「あそこの目立つ地点に行く」とか「あの敵ボスを倒す」とか…。
目的ピンと来ないまま、苦労させられてる感じなので)

ci-enでの有料支援で長期開発されたという事で、計り知れない程の熱意と詰め込みを感じる作品ではありますが一方で、人によってはかなりの呑み込みにくさも。
現在アーリーアクセスという事で、ぜひ注目すべし期待すべし、という内容になっていると思いました

体験版はプレイ1時間30分くらいで心折れたんだ
DLsite版は15分くらいの短いやつ、作者さんのci-enから本チャンの体験版を無料DL出来ますよ(DLsite版のプレイ範囲はスキップできる)
まぁDLsite版だけだとストレス掛かる場面に出くわさない、そのスゴさにただ圧倒されるばかりなので、まぁちょっと触ってから判断すべきかなと…。

しかしこれで制作1年だという……? これがbakinの力なのか…
(読み込み時間の長さは同ツールの他ゲームもそうなので、アップデートでメモリへの圧縮・解凍率上げてくれたらなあ……とか思いつつ)

簡単に進みたい時は難易度(ゲームスコア)を弄ると良い…らしい。私はNORMALで挑んだけど

・この作品のゲーム実況はここでしてます

関連:
拘束の長さは

[Fallen Empire]
とか彷彿したなあ

この辺とかも:

[DxR-明日が良い日になりますように- v1.02]

SRPGだとこの辺を思い出したな:

[ドラマチックSF百合活劇 Put on!]


[キナとフィーネ ~夜明けに沈む街で]

ロボットが出て来る感じのRPG:

[戦甲機ソルガンテ]


[民間正義会社2]


[Steel Fist]


[ルクサスとフルメタル・ウイング]


[ママンズオペレーション]


[世界の卵~夢幻のリーリウム~]